たすくの空中散歩

七草店主、相沢たすくの農作業や工作や
日々の一喜一憂を記録していきます。

本日のかき氷販売中止のお知らせ

2019年08月20日 11時43分37秒 | 出品情報

誠に勝手ながら、本日予定しておりましたかき氷販売は、現時点での雨雲レーダーを参考に、雨予報の為中止とさせていただきます。申し訳ございません。

七草

今後の販売スケジュール
http://mugioyatsu.com/schedule.html
コメント

角セイロ成長の記録<5>~ガラス蓋の制作

2019年08月18日 08時54分58秒 | 一喜一憂


前回制作したトリマ台をワークベンチにセットしたところ。 →前回の記事


裏からみたところ。

ガラス板の厚みが4mmなので、4mmの歯をセット。
緊張の試し彫りは、無事に成功!心配していた木くずもじゃまになりません。
でも刃の回転の方向の関係か、ぴったりセンターに合わせて掘ったつもりだったのに、中央から少しずれてしまいました。なので、すべての溝を同じ側に寄るように気をつけて掘っていきます。
ガラスをはめ込む溝は4mmではキツキツだったので、膨張も考慮して5mmでちょうどいい感じでした。
木同士を継ぎ合わせる面にも溝を切っていきます。




ちなみに製材は
厚み→ホームセンターで20mm→14mmにしてもらった。
寸法→ふれあい工房のアドバイザーの方に丸鋸で切ってもらった。
ので、カンナ等で整える必要もなく一気に進みました。


ガラスをはめ込み、木を組み上げたら、蓋の裏側に枠をつけます。この枠が、継ぎ合わせた木の固定と、反り防止と、傾斜壁の取り付けの役目を果たします。


枠をステンレスのビスで取り付けたら、前回つくった傾斜壁をはめ込んで、こちらも、横からビスで止めます。
※前回つくった傾斜壁→


蒸気穴と、温度計用の穴を開けて、完成!!
本当は取っ手も付けるつもりなのですが、工房の時間の都合上ここまでだったのと、取っ手がない方がいい、という複数の声があったので、ひとまずここまで。


セイロに重ねてみたところ。
ずーっとなかなか作る時間がとれず進まずにいてやきもきしていたのが、一気にここまで進んでスッキリ!!


早速蒸しテスト!温度の上昇具合も、保温性もばっちりでした!!

それにしても…中が見えるというのはなんと気持ちの良いことでしょう!

今までの「開けてビックリ玉手箱」の呪縛から開放され、「蒸し中に起きていることが見たい」という、最初の角セイロが完成した頃からの夢が叶いました!!

これにより、蒸す時の火力や蒸し時間に神経質になる必要がなくなり、おかげさまで満足いく抹茶ういろうが完成しました。
今後、ういろうだけでなく、酒まんじゅうも、より一層クオリティを上げることができると思います。

失敗ばかりの毎日ですが、なんとか今回はスムーズに目的を(しかも安上がりに!)達成することができました。
あと、取っ手は、やはりあったほうが良いので(開ける時に蒸気が手にかかり危ない)、取っ手を付けるのと、「台す」をしずくが垂れないように改良すれば、ひとまず角セイロに対して感じていた不便感はひととおり解消されると思います。

同じ悩みを抱えている方は、ほぼいないと思いますが、いつかどこかの誰かの参考になることがあれば幸いです。マニアックな内容にお付き合いいただき、ありがとうございました。


<ガラス蓋にかかった費用>

強化ガラス 360×250×4 798円 
ヒノキ材 578円+大まかなカット50円+厚み加工220円
ヒノキ角材 540円
うちにあったステンレス木ネジ 0円

合計 2186円


<シリーズ目次>
角セイロ成長の記録<1>~ガラス蓋完成!
角セイロ成長の記録<2>~カスタマイズ遍歴
角セイロ成長の記録<3>~耐熱ガラスはどこに?
角セイロ成長の記録<4>~トリマ台の制作
・角セイロ成長の記録<5>~ガラス蓋の制作


コメント

本日のかき氷販売中止のお知らせ

2019年08月14日 10時31分35秒 | 出品情報

本日のかき氷移動販売は、雨天の為お休みとさせていただきます。
申し訳ございません。ご了承くださいませ。

七草

今後の販売スケジュール予定はこちら
http://mugioyatsu.com/schedule.html
コメント

角セイロ成長の記録<4>~トリマ台の制作

2019年08月03日 20時22分09秒 | 一喜一憂

前回

抹茶ういろうを作るために→ガラスのセイロ蓋を作るために→トリマ台を作る、という、なにやら大掛かりなことになってきました。
でも、トリマ台は一度作っておけば、これからの暮らしにも度々役に立ちそう!
ネットで、自作している人のを参考に、我孫子のふれあい工房にて、市販のトリマ台をみせてもらって固定方法を確認。
構造はいたってシンプルです。

反りや歪みのおきづらい合板や集成材などの板に、トリマベースを固定できるように溝を切って、穴から歯を出すだけ。
ちなみに「トリマ」はこんな道具です。


でかいモーターに直接刃が付いているような感じで、刃が高速で回転します。大きいものは「ルーター」と呼ばれます。
(刃の回転が完全に止まらないうちに材から外そうとしたり、材を固定しないで使おうとすると大怪我します。くれぐれもご注意を!!)

と思ったら、今度はトリマ台を作るために→トリマを使うために→トリマガイド(刃の通り道をガイドする道具)を自作しなくてはならないことに…。

父の自作のガイドはもう捨ててしまっていたそうなので、新たに自分なりに考案してみることに。


トリマベースの幅の木の枠と、刃までの長さに応じた板切れをつくり


切りたい場所に合わせて固定


板切れを外し、トリマで溝を切る。 *写真撮り忘れてたっぽいので、完成後に改めて撮り直してます。


無事に溝が切れました。


ネジと金具でベースを固定します。ネジ穴は鬼目ナット使用です。


トリマの刃を出す穴を開けます。


トリマの軸の中心から上下左右に正確に印をつけておきます。後で真っ直ぐな溝を切るために、とても重要になります。


材をスライドさせるガイドをつくって完成!
ほんとは台に足もつけようかと思っていたのですが、ワークベンチへの固定でも大丈夫そうなのでこのままいってみます。

これでやっとガラス蓋づくりに取りかかれます。

続く

<トリマ台にかかった費用>

パイン集成材 810円
エゾ松材 550円
金具類 327円
うちにあった端材 0円

合計 1687円 



コメント

明日のかき氷販売時間について

2019年08月02日 19時35分48秒 | 出品情報

明日は、手賀沼花火大会の関係により、かき氷販売時間が15時までとなります。ご了承くださいませ。
11時頃にはオープンできるかと思います。お越しをお待ちしております!

<日程>
8月3日(土)11時~15時頃まで。
8月4日(日)12時~16時頃まで。

<場所>
我孫子農産物直売所あびこん 駐車場

手賀沼親水広場・水の館
〒270-1146 千葉県我孫子市高野山新田193

<メニュー>
あびこトマト  200円
はちみつレモン 200円
大豆の練乳   250円
いちご     150円
メロン     150円
ブルーハワイ  150円

今後の出店予定→http://mugioyatsu.com/schedule.html



コメント