真実一路くんのひとり言

だれがやっても同じやとあきらめず、一歩ずつ
長いものには巻かれず、真実を大切にして。

「フランス革命に近いことが起ころうとしている」

2015-08-31 | 平和
戦争法案反対の大行動を「大きな誤解」(菅官房長官)だと。ふざけるなと言いたい。

応援よろしく

音楽家の坂本龍一さんは「政治状況ががけっぷちになって、日本人に憲法精神が根付いていることを示していただいた。フランス革命に近いことが今まさに起ころうとしている」と。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150830-00003612-bengocom-soci

2015年8月30日:Sing For Peace ~自由の森学園有志大合唱@国会前~「民衆の歌が聞こえるか」
コメント

「8.30国会10万人全国100万人大行動」に呼応して京都・久御山から

2015-08-31 | 平和

 「8.30国会10万人全国100万人大行動」に呼応して、京都・久御山からもイオンモール久御山前で「戦争法案反対!」の声を上げた。新しい顔ぶれもある。見知らぬ顔ぶれもある。
 小雨であったのが、開始の午後2時になると。土砂降りの雨になった。どんなに雨が降ろうが、風が吹こうが、憲法を踏みにじる独裁者に抗して、この日を未来を切りひらく日と決めた時、私たちの決意は揺るぐはずがない。 

応援よろしく

 
 土砂降りの中で始まったアピール

 2度と戦争する国にするな!

 若者を戦場に送るな!

 子どもや孫たちの未来を奪うな!

 「抑止力」とは海外で武器を使用すること

 すすんで戦争すること

 だれの子どもも殺してきた歴史を知っている

 独裁者のまやかしにはもう騙されることはない

 これまで殺し、殺されることがなかったのは平和憲法の力

 私たちは憲法9条をふところに入れて歩んできて

 これからも憲法9条とともに未来を切りひらくのだ

 紙で作ったへりくつの「戦争法案」が

 雨に濡れてボロボロの法案になった

 戦争法案 今すぐ廃案!

 唱和が響くころ雨は止んだ

 

コメント

列島騒然 国会10万人全国100万人行動

2015-08-30 | 平和

 戦争法案反対!で国会前は車道までうめつくされる参加者で騒然。
 廃案!廃案!廃案だ!


国会前 8月30日しんぶん「赤旗」特別号外より
http://www.jcp.or.jp/web_download/bira/2015_1/pdf_6/20150830-001s.pdf

応援よろしく

コメント

戦争法案ノー 国会に届け!

2015-08-30 | 平和

 憲法違反の戦争法案成立させるわけにはいかない!全国津々浦々、久御山から


30日 戦争法案ノー 全国一つ 100万人大行動へ 京都・久御山からも

 応援よろしく

コメント

8月29日(土)のつぶやき

2015-08-30 | 政党助成金

戦争法案必ず廃案に!30日全国100万人大行動 各地の予定 (上) blog.goo.ne.jp/nomidasama/e/a… @tuneyamaisseiさんから


【拡散希望】『戦争法案廃案!8・30国会10万人大行動ブックカバー』電車の中で広げて一人車内デモができます☆どんどん宣伝して、一人でも多く集会にきて貰いましょう!pic.twitter.com/EB4o0P6ymEツイートボタンで拡散を!→ sogakari.com/?p=673


コメント

戦争法案廃案へ 熱気! 緊急府民集会に4500人 京都弁護士会・日弁連共催

2015-08-30 | 平和

 安倍政権のねらう参議院での「戦争法案」強行採決をなんとしても阻止しようと29日、京都弁護士会・日弁連共催で「平和安全保障法制の今国会での成立NO!緊急府民集会」が京都・円山野外音楽堂で開かれ、会場あふれる4500人が参加した。

小林節慶応大学名誉教授が講演を行なった。「戦争法案」は違憲、危険、不経済な愚作である。政府には答える内容がない。中谷防衛大臣は痛々しくて見ていられない。

これは安倍政権しかできないこと。次の選挙で野党が一致して、政権を奪取すること。そしてこの戦争法をチャラにすること。

 http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20150829000140 大学生らのグループ「SEALDs KANSAI」の同志社大2年齋藤凜さん(19)は「政治家には未来を想像する力が足りない。違憲とされる法律を、国民投票を飛ばして成立させる前例ができれば、権力者を国民が縛るためにあるという憲法の基本が崩れる」と訴えた。







応援よろしく



コメント

戦争法案必ず廃案に!30日全国100万人大行動 各地の予定 (上)

2015-08-29 | 平和

 「速記を止めて下さい」何回聞けばいいというのか!まともに答弁もできないこんな法案を成立させるわけにはいかない。戦後70年、今まさにこの国の民主主義が問われている。ここ1,2週間が最大の山場である。全国津々浦々で列島騒然の「戦争法案」廃案の声を轟きわたらせなければならない。

全国100万人大行動の各地の予定(上)    しんぶん「赤旗」2015年8月28日

 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-08-28/2015082804_01_0.html「総がかり行動実行委員会」がよびかける30日の「国会10万人・全国100万人大行動」。国会10万人大行動は、午後2時から4時まで行われます。10万人行動として、国会議事堂を包囲するように、国会エリア、霞ケ関・日比谷エリア一帯が行動範囲となります。(地図)

 スピーチの舞台として、国会正門前ステージ、日比谷メインステージのほか、各所に宣伝カーステージを設けます。

 100万人行動をめざす各地のたたかいと一体感をもった行動として、「全国いっせいコール」を、午後2時、午後3時、午後3時55分の3回、それぞれ5分間おこなう予定です。

 関西、中国・四国、九州・沖縄は29日付に掲載します。

30日 戦争法案ノー 全国一つ 100万人大行動へ 京都・久御山からも

 応援よろしく

コメント

ボロボロの戦争法案は廃案に 久御山町議会に請願書提出

2015-08-28 | 平和

 「戦争法案」廃案のたたかいは今まさに正念場を迎えている。
 参議院の審議の中でも、この法案の「違法性」と「危険性」が明らかになるとともに、ボロボロの法案であることも露呈された。政府側の答弁不能も度々。審議中断は参院特別委員会だけでも77回にものぼる。「わかりやすく丁寧に説明」は吹っ飛んでいる。聴いているほうも正直、またかと苛立ちを覚える。
 こんなボロボロの法案は廃案しかありません。
 かつてなく、戦争法案反対の運動は盛り上げっている。最後までたたかいぬく。 
 今日は、久御山町議会(京都府)に「戦争法案反対」の意見書をあげよと請願書を提出してきた。請願に反対する議員の顔をとくと見たい。

 応援よろしく

コメント

8月27日(木)のつぶやき

2015-08-28 | 政党助成金

【全国から廃案の声を!】8月30日、国会から遠い人は『全国100万人大行動』に参加して、戦争反対の意思を示そう!画像の地図は、26日20時時点のものです。pic.twitter.com/33G6UkGLtLツイートボタンで拡散を!詳細は→ sogakari.com/?p=797


コメント

戦争法案は廃案しかない  法曹界、学者300人が記者会見

2015-08-28 | 平和

 法曹界、学者が共同で記者会見。そうそうたるもの。戦争法案は廃案しかありませんね。

応援よろしく

正義と真理 総結集 法曹界・学者300人一堂に
戦争法案は廃案しかない                しんぶん「赤旗」2015年8月27日

写真

(写真)記者会見する学者・法曹関係者=26日、東京都千代田区の弁護士会館

 「戦争法案を必ず廃案に」と26日、東京都内で、史上初の「オール法曹、オール学者」のいっせい行動があり、成立阻止をアピールしました。この日の行動を呼びかけた日本弁護士連合会(日弁連)は同日夜、「立憲主義を守り抜く大集会&パレード」を開催、学生、市民ら約4000人が参加しました。これに先立つ学者との共同会見で日弁連憲法問題対策本部長代行の山岸良太氏は、「法の支配にもとづき正義を貫く法曹と、理性にもとづき真理を探究する学者の多くが集まって、同じ認識に立ち、今回の安保法制が憲法に違反し、真理と正義に反するということ、廃案しかないということで活動していきたい」とあいさつしました。 (関連記事1) (関連記事2)


 法曹界の代表と学者ら300人以上が参加し、千代田区の弁護士会館で開かれた合同記者会見には、元内閣法制局長官、日本弁護士連合会の歴代会長、各学界の研究者らが列席。参加者全員で戦争法案「廃案」「違憲」と書かれたプラカードをいっせいに掲げました。一つひとつの発言に拍手が湧き起こり、会場は熱気に包まれました。

 会見に先立ち、日弁連の村越進会長をはじめ、全国すべての52弁護士会から参加した弁護士らが学者らを拍手で出迎えました。

 「こんなに幅広い人々が総結集したのはおそらく初めてのこと」と切り出した村越氏は、「立憲主義の破壊だけは認めることができない」と語りました。

 日本学術会議前会長の廣渡清吾氏(専修大学教授)は、法律家が法案反対の声をあげ、行動していることは「心強く、国民を勇気づけるもの」と指摘。「真理を探究する仕事をしている私たち学者も市民、主権者として、法案を廃案まで追い込むため活動する」と決意をのべました。

 元最高裁判事の那須弘平氏は、「平和憲法の理念が破棄されようとしている中、戦争で非業の死を遂げた人々への誓いを果たしたと言えるのかと日本の良心に問う必要がある」とのメッセージを寄せました。



 

コメント