のびたとブレイク

生き生きと第三の人生を歩んでいます
うたごえ ウォーキング ボランティア 時々花と金魚

和味わう桜吹雪と花筏

2017年04月16日 08時40分39秒 | うたごえ

晴天が何日か続き 歩いていても心地良い

桜が今年はいつまで見られるのだろう さすがに見ごろは終わり 一部 葉が出てきた

時折 強い風が吹くと 花吹雪となる カメラに収めようとしても動画でないと伝わらない

 

街の中さえ どこからか花びらが舞ってくる

桜の樹の周辺では 花弁が積り 風にくるくると回ったりしている

女の子が 花弁を集め わーっと空に放して喜ぶ 小さな花吹雪がその子を祝っているようだ

 

徳川家康によって整備された小名木川

何故か一本だけ棕櫚?

元は運河 仙台掘り 埋め立てられ長い桜の遊歩道となった

 

今朝も青空がある 小さなベランダは足を踏み入れる場所が無い

思い切り菜の花を幾つもの鉢に咲かせ 黄色い花が 日常の視野を彩ってくれる

カランコエの鮮やかなオレンジ色 ブーゲンビリアのピンク まつばぎくが太陽を喜んで花を広げる

 

 

特に 何かあったわけでは無い 

こんな晴天と 花の彩りが 私を幸せな想いに導いていく

今日もどこかへ行こうよ もう一人の私が呼びかける そうだな ぶらりと行こうか・・・

 

 

 

   最後までお読みくだ-さいまして有難うございました m(_ _)m

 

 ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

 にほんブログ村

 

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

(メルアドは入力しなくてもOKです)

 

 

コメント (11)