のびたとブレイク

生き生きと第三の人生を歩んでいます
うたごえ ウォーキング ボランティア 時々花と金魚

神話の時代から語られる諏訪大社

2011年06月30日 11時10分37秒 | 旅行

  日本最古の神社は 諏訪大社と言われる

  何しろ大国主命の国譲りの時から この諏訪が出てくる

  長男は国譲りに反対して 時の勢力の代表とも相撲をして負けた

  そしてこの諏訪に来て栄えたとある

  全国に末社の数は1万余ある この数は稲荷 八幡に次いで3番目だ

   

  七年に一度の御柱祭りが壮大だ

  坂道を引き落とす山だし 川を行く川越しが氏子によって行われる

  こんな神話の歴史とあわせ想い 境内を歩くのも 観光の醍醐味である

  諏訪湖を挟んで前宮 上宮と 春宮 秋宮 総称して諏訪大社である 

   

  昨年 杖突峠を高遠にドライブしたが 峠から見る諏訪湖も圧巻である

  岡谷から下諏訪 上諏訪 そして茅野あたりまで一望できる

  背後には 車山 霧が峰 八ヶ岳があり風光明媚の言葉がぴったりだ

   

    コメントは 伝言コーナー」 へおいで下さい

         のびたのホームページ

       ブログランキングに参加しています
    ↓ 応援のポチッお願いします ↓

                                 にほんブログ村 シニア日記ブログへ

コメント

お勧めの奈良井宿

2011年06月29日 12時19分02秒 | 旅行

  木曾12宿の内 奈良井は馬籠 妻籠に次ぐ 人気の宿場町だ

  だが街並みの保存や規模で比較すると 圧倒的にお勧めしたい街並みである

  総距離は1キロ 途中でかぎ型に折れるが ここからも先が長く感じる

   

  生活を維持するために 大内宿などでは 店が沢山出て景観が少し損ねる

  しかし ここ奈良井は 景観を主に 建屋から外へ突き出るものが無い 

  それだけにカメラの被写体としては どこを捉えても 江戸の昔を漂わせる

   

  各家には 屋号があり どの家も表札以上に 屋号が目立つ

  名古屋や大阪 関西方面に近く 観光客は 関東との混在地点にもなる

  人の姿も 馬籠や妻籠より少なく 逆にその分 面影を感じながら歩ける

   

  信州を代表する蕎麦 五平餅 漆器の木曾の民芸品

  木曾谷の宿場町 そして 街道は すべて山の中にある

   

      コメントは 伝言コーナー」 へおいで下さい

         のびたのホームページ

       ブログランキングに参加しています
    ↓ 応援のポチッお願いします ↓

                                 にほんブログ村 シニア日記ブログへ

コメント

ドライブで見たお勧めスポット①

2011年06月28日 10時27分07秒 | 旅行

  東京を3時に出発して 7時には東名高速は 浜名湖SAに着く

  湖岸に位置するこのSAは眺望抜群である

  ツアーだと慌しく休憩で すぐ出発になる

  洒落たレストランでは 朝食バイキングが人気で850円と少し高めだが満足 

       

  遠くに館山寺温泉が見える 恋人たちの聖地もあり 愛の鐘 カギ もある

  伊勢道を走ると 最初が名古屋港をまたぐトリトン橋 連なる橋の曲線が良い

  四日市の町は有名な湯ノ山温泉の入り口にあたる

  この日は猛暑で 人も車も猛烈に焼ける

     

    近くのスーパー銭湯で疲れを癒し シティホテルに宿泊

    駅の近くには旧い城址にある 鵜の森神社があった

   

   翌日は名古屋近辺の高速を乗り継ぎ 恵那峡SA で休憩を取る

   遠くに 恵那さんが見える 中央道は この恵那山をトンネルで貫き 飯田の町に出る

    

   私は奈良井の宿場に向かうため 中津川で高速を降りて 木曽路を北に向かう

   大桑村の道の駅に途中 寄ってみた 

   明日は奈良井の宿場を載せるが 私のお勧めスポットだ 

 

       コメントは 伝言コーナー」 へおいで下さい

         のびたのホームページ

       ブログランキングに参加しています
    ↓ 応援のポチッお願いします ↓

                                 にほんブログ村 シニア日記ブログへ

          

コメント

旅の宿にて『仁』を見る

2011年06月27日 20時15分03秒 | 旅行

  夕べの宿は 諏訪湖畔にあるRAKO華乃井ホテル

  露天風呂やサウナを満喫して 夕食を済ます

  私にしては珍しく連続ドラマを楽しみにしていた

  仁 最終回2時間放送だった

  タイムスリップして どう現代に戻るのか

  幸を始めとする坂本竜馬や その他の人の存在がどうなるのか

  サスペンスを見ているように 興味が有った

   

  現代では 自分が自分の脳を手術する 不思議な展開

  そして 江戸時代に有った記憶の地を訪ねると 橘医院がある

  揚げ出し豆腐は お好きですかの共通の想い出のセリフが出てくる

  かって愛した女性が 自分に当てた巻物の手紙が渡される

  時代を超えて 記憶に慟哭するが やがて消えていく記憶となる

  初めて 時代にさ迷いこんだ地が 錦糸掘 亀戸天神が出てくる

  昔 錦糸町には おいてけ掘の伝説もあって 妙にこの物語に惹かれた

   

     コメントは 伝言コーナー」 へおいで下さい

         のびたのホームページ

       ブログランキングに参加しています
    ↓ 応援のポチッお願いします ↓

                                 にほんブログ村 シニア日記ブログへ


  

コメント

四日市より諏訪湖へ

2011年06月26日 17時36分36秒 | 旅行

四日市のホテルを9時に出た
しばらく1号線を名古屋方面に走る
東海道は昔で言えば 熱田神宮のあたりから海上を桑名へ出る
したがって このあたりは1号線ということになる

桑名の町を抜けるが 昔なら焼きハマグリが有名だった
今は普通の街道筋 長島から高速道に乗る
名古屋の西を抜けて 小牧 多治見から中央道へ
恵那峡SAで休憩を取るが ここまでで2時間 高速は便利だ

中津川で高速を降りて 国道は木曽路を行く
12宿あるが 大桑の道の駅でも休憩
以前 介護施設に居た男性のふるさとは ここだった
妻籠 馬篭の分岐があるが ツアーでも何回か訪れた

奈良井の宿場町に寄った ここで13時30分
遅い昼食はもちろん 信州そば
この宿場の町並みは1キロも続き 日本一を誇る
各家の商売も目立たなく 町並み保存が極めて良い

ここからは塩尻の町まで 国道を走る
木曾街道を全部通り抜けた
塩尻から長野道に入り岡谷で降りる
諏訪湖がまじかに見えてくると しばらくで今日の宿泊のホテルに着いた
15時30分到着 風呂に入ってパソコンに向かう

                   コメントは 伝言コーナー」 へおいで下さい

         のびたのホームページ

       ブログランキングに参加しています
    ↓ 応援のポチッお願いします ↓

                                 にほんブログ村 シニア日記ブログへ


 

コメント