のびたとブレイク

生き生きと第三の人生を歩んでいます
うたごえ ウォーキング ボランティア 時々花と金魚

バースディ歌ってくれる仲間たち

2017年08月31日 09時02分15秒 | うたごえ

ママパスタという ちょっとしゃれたお店 私は一人では入れない

毎月 踊りのグループと一緒に 介護老人保健施設に行く 

彼女たちは毎回 終わるとこの店に入り おしゃべりを楽しんで帰るようだ

 

私は 終わるといつも帰ってしまうが 8月だけ どうぞご一緒にと誘われる

昨年も祝って貰ったが 一週間遅れになるが私の誕生祝をしてくれるのだ

添乗員時代 一時期離れたが ボランティア10数年の仲間たちでもある

 

 

ケーキまで頼まれて ローソクが一本 皆さんがハッピーバースティを歌い出す

一寸恥ずかしいが 人生の中で こんなに祝って貰ったこと 記憶に無い

終わるとお店の方が サービスのポラロイド撮影で カードにしてくれた

 

 

うたごえやボランティアなど 永く活動していて 親しく話せる方が増えてくる

こうした人の絆があること 私は恵まれているなぁといつも感謝である

健康で 自分のできることで 誰かが喜び 私も笑顔と元気になれるのだ

 

 

女性たちの踊りは 浴衣姿である

花笠音頭などは 見ているだけでも華やか お座敷小唄では 妙に艶っぽくなる

あなたしばらく来ないから~♪ の歌に合わせると 踊りがすごく色っぽいのだ

 

 

たまにゲストで登場する 民謡の女性 これは声も伸びて素晴らしい

今回だけ 師匠でもある尺八の男性が伴奏をする

佐渡おけさ これを歌い伴奏だが 施設の方も私も良く知る歌で聴き入っている

 

 

間に30分ばかりが みんなで歌いましょうの時間で私の出番 ここでは伴奏に徹する

私が書いた歌詞の模造紙を踊りのメンバーが貼って 指先棒で歌の案内をする

見る 聴く そして 自分たちも歌う 高齢の皆さんの笑顔が素敵だ

 

 

ブログランキングに参加しています

                    ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

  にほんブログ村

  コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

 (メルアドは入力しなくてもOKです)

コメント (20)

わくわくと富良野のスイカ心旅

2017年08月30日 09時27分24秒 | うたごえ

お金も無ければ暇も無い いや暇はあるかな 旅してグルメと温泉 今は夢だーになった

テレビが私を旅に連れて行く 鉄道旅 バラエティの旅 日本全国 私の夢を乗せて行く

そうだな あの景色懐かしいなぁ 何時だったかな いろいろのシーンが浮かんでくる

 

学生時代の旅 仕事で訪れた地 旅の記憶は 歌と同じように鮮やかに蘇る

そして未知の土地は 旅心を誘う 大きく変わってしまった土地もある

旅って良いなぁ 非日常の世界と 見知らぬ地と人情 味 景色に触れることが出来る

 

 

北海道も何度も行っているのに また行きたい気持ちがふつふつとある

ドライブでも道内はかなり廻ったし ツアーでもかなり多く案内している北海道

そこには広い大地と自然 溢れる湯量の温泉 大好きな海鮮 アイスや野菜も豊富だ

 

 

スーパーへ買い物に行った 目の前にどんと 富良野のスイカ! もう価格も安い

美瑛のトマト きゅうり ああ北海道だ ここへ来るまで向こうの大地で育っていたのだ

北海道の匂いがするだろうか スイカはカットしても一気には食べられない

 

 

明日 下町のうたごえがあるから 冷蔵庫のもの全部出してお茶のボトルが占領する

休憩時間に 皆さんに冷たいお茶を飲んで貰いたいから今日から入れておく

保冷剤も入れる スイカ 食べたいけれど ガマン ガマン!明後日切ろうか

 

倍も入っていて安い 味は変わらない 私と一緒だ~わけあり(笑)

 

今日も介護施設への音楽訪問 恒例の踊りのグループと行くから気は楽だ

多くの方に歌って貰い 歌の中で見果てぬ地を旅して貰おう

日本でも世界中でも 歌はどこへでも行かれるね これが私の口癖だ

 

つい眼が行ってしまう クラツーの旗!

廃線の美幸線 トロッコ 5キロも往復できる 乗りたいなぁ

 

ブログランキングに参加しています

                    ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

  にほんブログ村

  コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

 (メルアドは入力しなくてもOKです)

 

コメント (16)

往年の女優の名前今言える?

2017年08月29日 08時48分25秒 | うたごえ

さあ 旅の夜風 を歌いましょう

この映画 覚えていますか? 愛染かつら だったね

私は見たことが無いので ストーリーも良く分からないのですが 女優は覚えている?

 

こう問いかけると すかさず返って来る ああ 田中絹代さんね

相手は誰? 知っていても問いかけると 誰かが嬉しそうに答える 上原謙さん!

かなりのことを忘れていても こういうものは良く覚えている 私も同じだ

 

歌も然りで 童謡唱歌など 何十年も歌っていない曲でもすぐ歌えるのだ

そして関連して あの歌 母さんと歌ったとか あの映画は看護婦さんが素敵だった

歌は人生と共にあるから こうした記憶の呼び出しに相乗効果がある

 

 

昨日は老人健康保健施設への音楽訪問 ここは スタッフが協力的で気持ちが良い

車で到着すると駐車スペースが無い 事務所から連絡して貰うとすぐ駆けつけた

一台分のスペースを開けて 荷物も一緒に運んでくれた

 

入所の方たちも 違うフロアから車椅子で連れてくる

キーボードやプロジェクターの場所などの設置も 指示に従って手際よく移動する

終わりも 私たちがエレベーターに乗るまで 丁寧な礼をして挨拶されるのだ

 

 

さて ストーリー まじめには覚えていない ネットに記載があり こんな物語だ

津村病院院長の息子浩三は、自分のピアノ伴奏に合わせ歌った美貌の看護婦

高石かつ枝に一目惚れをする。そしてかつ技と親しくなった浩三は求婚するが、

彼女はそれを素直に受け取れなかった。実は彼女には若くして死別した夫との間に

六つになる敏子がいたのだ。そのことを浩三に伝えられないでいた。

母より反対された浩三は家を出て京都で結婚する事を決心し、かつ枝に同行を促すが

かつ枝は敏子の発熱で遅れ、新橋駅に駈けつけた時は既に発車した後だった…。

 

 

たまには こんな風に聞く 上原謙さん すごく美男子だった?

それは良い男よ 田中絹代さんと 美男美女のカップルだったわよ~

そうですか? それでは私の若い頃そっくりだね~と向けると 爆笑する

 

何で可笑しいの? 私だって若い頃があったんですよ~ この顔じゃ無いんですよ

また笑う みんな笑いのネタになる 私が良い男では無いから 余計に笑える(笑)

介護施設でも 楽しいうたごえの時間になって あっという間に終わる

 

 

皆さんが物足りなさそうに座っている もう少し歌いたいのだなと分かる

解散して スタッフがかなり高齢の女性を連れてくる 私にお礼の挨拶をしたいと・・

握手すると それは嬉しそうに また礼を言う 有難う また会えるね

 

 

ブログランキングに参加しています

                    ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

  にほんブログ村

  コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

 (メルアドは入力しなくてもOKです)

コメント (20)

衰えを示され凹みまたやる気

2017年08月28日 08時43分51秒 | うたごえ

あ~あ 衰えて来たんだ 指摘されて 家に帰り まじめに凹んだ

何が衰えたって? いや 腦では無いですよ そう 思ったでしょう?(笑)

だが待てよ 腦の衰えかも知れない 60歳を過ぎると落ちてくると何かのグラフにある

 

運転免許の更新 高齢者の第一関門は認知症の検査である

先日 これだけはパスして 次の段階の 自動車教習所で講習と実技テストがあった

まずは 視力検査である 両眼で0.7必要だが この検査では無い

 

検眼器のようなものにあごを乗せ 内部の動きに眼を合わす

夜間視力が始めにある 真っ暗闇の中に薄ぼんやりと 視力テストのあの印が浮かぶ

見えた時点でスイッチを押す これが なかなか見えにくいのである

 

次が 動態視力である 今度は明るいが そのマークが遠くからだんだん近くになる

見えた時点でスイッチを押す 印は分かるが どちらが欠けているか判定が難しい

結果的にタイミングも遅れてしまった

 

視野検査は 眼だけ固定して 印が視野から消えた時点でスイッチを押す

右 左 このテストは無事に平均値に収まっていた

緑内障の点眼を毎日続けているので 少し心配したが 問題無くて安心した

 

夜間視力 動態視力の結果が思わしくなく気楽に教習所に行った気持ちが萎えた

そして 実地運転のテストだ 車庫入れ クランク走行 段差乗り入れがある

自信はあったのに 視力検査で心が揺らぎ ブレーキ操作が満足に行かない

 

自分の車では何ともないのに 踏み込みが難しく ガクッ ガクッとなってしまう

焦ると 余計に ブレーキ操作に注意が行き スムースな走行にならない

車庫入れ クランクなどは問題なく通過だが 免許前なら教員が合格にしないだろう

 

運転を疎外するような問題点は無く あとは警察署に行って更新が待っている

自分の車で 普段は運転するから 心配は要らない

ただ 夜間の運転と 危険察知など もう少し要注意せよと警告をされたようなものだ

 

さあ 発奮! 新しい発見? 車の距離メーター 購入してから3万キロを超えた

3万3千333と並んだら カメラに収めようと思ったら ちょっと超えてしまった

以前はホンダのフィット このムーブは約5年だ

 

 

主にボランティアとうたごえの 極めて短い距離の運転 たまには長距離もあった

重ねてくると 良く走ったものだ 東京から世界の国へは どのくらいだろう

うんっ? ブラジル往復くらいになる 直線距離である

 

 

普段 世界地図を見続けているだけに 直線にした世界地図を見ると不思議に見える

丸い地球を平面に描くので もともと無理があるはずは分かる 実態とは違うはずだ

東京から東にずっと行くと北米が頭の中にある 実態は南米に着いてしまうのである

 

パリとロンドン ロンドンの方が日本に近い 固定概念は怖ろしい

あの世界地図が 頭の中にあって 丸い地球を忘れているのだ

こんなことを考えていると 衰えてきた頭脳の刺激には良い 視力には良くないか?

 

ブログランキングに参加しています

                    ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

  にほんブログ村

  コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

 (メルアドは入力しなくてもOKです)

コメント (24)

マンドリン聴いた後はティタイム

2017年08月27日 08時58分01秒 | うたごえ

音楽三昧の最近 昨日は墨田トリニトフォーホールでマンドリンコンサートを聴きに行く

うたごえの仲間からのお誘いもあり 毎年 このコンサートに出かける

写真撮影禁止で紹介できないけれど 20名近くのフル構成である

 

主体のマンドリンに加えて コントラバス ギター フルート ドラムパーカッション

マンドリンの音は大正琴とほぼ同じ音色 単独で聴くと少し寂しい

古くは 古賀政男指揮の 明大マンドリンオーケストラも聴いたことがあった

 

楽団員は 墨田区の楽器アンサンブルを楽しむ仲間たちで 週に一度の練習を重ねる

指揮者は女性の小篠かほるさん 演奏家でもあり カルチャーセンターの講師も兼ねる

楽器のアンサンブル 私もバンドの楽しんで来たが 音合わせ 心合わせの世界だ

 

 

曲目はクラシックから 愛燦々など そして ラテンのリズムで終わる

軽快な テキーラ 南京豆売りなど 大ホールでの演奏であるが私には何か物足りない

多分 ジャズフェスティバルや ニューオリンズバンドを先に聴いたせいだろう

 

演奏が硬いのである 折角のリズム曲も 本来は手拍子が起こるその雰囲気に無い

最初から最後まで誰も笑顔が無いのだ 演奏に集中しているのだろう

テキーラなんて 身体が踊り 楽しく笑顔で演奏できるくらいになって欲しいと思った

 

 

うたごえの仲間が ティタイムに行こうと私を誘う

この方たち 元気いっぱい若さいっぱい 毎日 何かの活動をしている

この日も終わったらカラオケなどの会 輪投げの会だと言う

 

 

先生の誕生日を祝いましょうと ビール 珈琲で乾杯!

尽きぬ話で 盛り上がり一時間以上居ただろうか 賑やかなことこの上も無い

勿論 私もその一員 何も気取らず 心を許して楽しい時間を過ごす仲間たちであった

 

 

土曜の深夜は テレビ東京のドラマ 居酒屋ふじ もう5.6回目だろうか

この物語が結構楽しい 中目黒の小さな居酒屋ふじに集う常連さんと売れない俳優

毎回 有名人のゲストも登場してドラマを盛り上げる

 

 

この居酒屋の常連 ブティックのママさん役で 平田敦子 さんがキャラクターをいかす

うたごえの仲間の平田さんの娘さんである 何度もドラマに出演するのが私も嬉しい

応援も兼ねて見るが ドラマそのものも実に楽しいものだ

 

 

ブログランキングに参加しています

                    ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

  にほんブログ村

  コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

 (メルアドは入力しなくてもOKです)

 

 

コメント (18)