のびたとブレイク

生き生きと第三の人生を歩んでいます
うたごえ ウォーキング ボランティア 時々花と金魚

通い妻は居ないの?だって・・!

2015年07月31日 08時47分47秒 | ボランティア

踊りのグループと一緒に行った昨日の施設 前回次はお休みですと私は挨拶した

眼の手術があって 来れないけれど 女性がみんな美人に見えるようになる

そんなことを言って別れたが 手術日が8月になり また来ましたと笑って挨拶した

 

 

踊りの女性たちが 踊っている時は私は利用者さんのそばに居て一緒に手拍子

合間に短い会話を交わしたり 写真を撮っている

車椅子で 独り離れて見ている女性が居た

 

この方が 踊りに合わせて 手だけ綺麗に動かしている

この指先に至るまで 実にしゃきっと決まっているのが感銘だった

聴くと 98歳 以前はこの施設に来て踊りを教えたこともあると言っていた

 

 

踊りの方たちの衣装 今回は黄緑がかった浴衣に揃えている

やはり女性に浴衣は どこか色気が漂い素敵である

利用者さんからも 素敵だよと声が掛かっていた

 

 

私の歌の時間 今度は踊りの方たちが歌詞の貼り付けを担当してくれる

利用者さんの周りに立って歌い 皆さんを盛り上げる

時にはメンバーの誰かが マイクを握って歌のリードをする

 

 

一番前に 比較的この中では若い女性が居た 初めて会う顔である

歌の合間に 私に 良い顔しているね 笑顔が素敵ねと何度も言う

褒められて悪い気がしないが 有難うとね笑って応えた

 

 

ボランティアが終わって 踊りの世話役の方に この後 付き会わないか誘われた

いつも この女性たちは近くのママパスタの店で ご苦労さん会をしている

私は まっすぐ家に帰るが 昨日は何年振りかで参加した

 

実は このグループ 昨日で19年の活動を終え 来月から20年目に入るそうだ

素晴らしいことである まだ介護施設がこんなに無い時代から19年である

それぞれの健康もあってこそ 笑顔の対応も出来るのだ

 

 

祝いにケーキとコーヒー 私はご馳走になってしまった

その19年のうちの半分くらいは 多分 付きあっているだろう

皆さんの真ん中に座って どちらかと言うと会話を楽しく聴いていた

 

およそ2時間 話は尽きないようだ 次から次へと話題が出て来る

さすがに 着物や踊りの話題が多く 私の入る隙は無い

話の途中で 食事を作る話題が出て来た

 

誰かが食べてくれるうちは 身を入れて作るが 独りになったら手抜きが多いと言う

私などは食べるのも面倒な時があると言った 実際に何を食べようかと思う時がある

メンバーの一人曰く あれっ 独り暮らしなんですか?と 私に聞く

 

そうですよ それでも楽しく人生を送っていますと答えた

本当?通い妻は居ないの?と私に言って笑っている

通い妻!  何と趣のある言葉 久しく聴いていない言葉 憧れるなぁ(笑)

 

 

なんなら 交替で食事でも作ってあげても良いのよ!

勿論冗談だが 私の部屋に女性は入れられない 何故なら散らかし放題だから

こんな踊りのグループ 明るくて歳を感じさせない気立ての良い方ばかりである

 

 

     最後までお読みくださいまして有難うございました m(_ _)m

 

ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

にほんブログ村

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

(メルアドは入力しなくてもOKです)

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

自転車処分して一年 警察官に不審者扱いされなくなった

2015年07月30日 08時39分44秒 | その他

マンションの自転車登録が毎年あり 今月も所有者はシールを張り替えた

1カ月100円で 置き場所が確保されるから 生活にも役に立つものである

私は昨年のこの時期に 粗大ごみとして処分した

 

それまでは 近場の買い物に多く利用していた

重いものや量が多い買い物の時は この籠に入れて来るので便利である

処分して多少不自由だが その分 車での買い物が増えた

 

 

ここ1.2年 京葉道路沿いや 幹線道路では 警察官の姿が目立つ

車で運転していても この姿を見るだけで 私はドキッとする 

何も悪いことしていなくても スピードが出ていなくても見た瞬間 ドキッとするのだ

 

この警察官は 最近 自転車の取り締まりをしているようだ どうやら注意では無い

これはと思う人を止めて その自転車の登録票を確認しているのである

本署に電話で問い合わせ 確認出来ればそのまま解放される

 

窃盗罪 逮捕の件数が自転車が一番効率がアップされるのかと思えて仕方ない

私は 自転車で通行中 何度も呼び止められ 都度 登録票を確認された

そして 終われば それでは 安全運転でお願いしますねと解放される

 

一番嫌な時は 近所で呼び止められ 調べられている時である

通行人が みんな 一応何かあったかなと不躾な顔をして通り過ぎる

マンションの住人や知人に見られたら 恥ずかしくみっともない 早く終われと願う

 

 

大体 私の顔が 不審者に見えるのか 知人に言うと見えるから止めるのだと笑う

余程相性が良いのか 止められること度々 時には30分くらいで往復呼び止める

さっき 調べたばかりだろうと さすがの私もムッとした

 

ひどい時は 銀行のATMでお金を下ろして外へ出たら 二人の警察官に囲まれた

一応 自転車の調べから始まる そこで確認されて解放された

良く見ると逃亡阻止のために 左右に少し離れて 更に二人が配置されていた

 

職務質問も2度ほどある 練馬でツアーの打ち合わせ終了後 歩いていて止められた

最近 近辺で窃盗が多いのでと言うが 違うだろうと 心の中で思った

40年前には 出入りの職工から貰った自転車で捕まった 別に留置された訳では無い

 

これが盗まれた自転車で 何も知らない私はタイヤの交換などもして乗っていた

この職工から その先へと警察が辿り 盗んだ人が逮捕されたと後で聞く

警察署で調書が作成され 私の指の押印を言われた 私が盗んだのでも無いのに

 

これを言うと 一応決まりなのでと笑って言う 仕方なしに各指で印を押す

これで 指紋が永久に残るだろうから 一切悪いことはできなくなってしまった(笑)

ここ一年 警察官に呼び止められことは無かった それでも姿を見るとドキッとする

 

 

     最後までお読みくださいまして有難うございました m(_ _)m

 

ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

にほんブログ村

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

(メルアドは入力しなくてもOKです)

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

秋保温泉の磊々峡 ( らいらいきょう )

2015年07月29日 08時58分42秒 | 旅行

秋保温泉には 奇岩怪石の磊々峡 ( らいらいきょう と呼ばれる渓谷がある

川の両岸はのどかな田園や森 ホテルや民家が散在している

どこに渓谷があるのか 東京の等々力渓谷のように 台地から抉ったような景観だ

 

 

全国どこでも 恋人たちの聖地 が続々と誕生したように ここにも看板がある

何が 恋人たちの聖地かと思えば のぞき橋から下を見ると 岩にハート型がある

人工的に思えて 何だかなぁと感じる

 

 

それでも 渓谷はダイナミックで遊歩道が整備されている

夜にはライトアップがされて 秋保温泉に来た観光客が散歩に出られれる距離である

自然が 長い年月かけて削り取った岩肌と その間を流れる川が涼しげだ

 

 

奇面岩の立て札があった どこにあるのか探して見た

樹々の葉が邪魔して 肝心の岩が見づらい

確かに良く見ると 鼻がすらりと高く 顎もあり 人の顔のようには見えた

 

 

緑が一面の田圃がある まだ 穂が出るには早いようだ

8月初旬に山中温泉辺りを旅した時は 既に刈り入れが始まっていた

ここも9月の初めには 黄金色の景色になっているだろうか

 

 

子どものように 新幹線の連結切り離しを興味深く見た

昔なら連結と切り離しは 数人の作業員が線路に降りて 連結部分の安全を見る

今は誰も居ない 発車ベルが鳴り僅かに動くと 既に連結は外れて行く

 

 

動きながら 先に出発した つばさ号の鼻の先は あっという間に閉じられる

残された やまびこ号の鼻の先も 同じく閉じて行く この間5秒と掛からない

さすが日本の技術 私は誇りに思えた

 

 

     最後までお読みくださいまして有難うございました m(_ _)m

 

ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

にほんブログ村

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

(メルアドは入力しなくてもOKです)

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

蝉と我 生をば謳う 露天風呂・・・秋保温泉にて

2015年07月28日 08時05分08秒 | うたごえ

露天風呂から緑濃い田や林を見ながら 生意気に苦手な俳句を作って見た

周りは浴槽へ流れる湯の音と ひとしきりの夏を喜ぶ蝉の鳴き声だけの静けさだ

蝉と我 生をば謳う 露天風呂 出来栄えは下手だが この気持ちに溢れていた

 

やまびこ つばさの連結 仙台方面はやまびこ 福島で切り離される

 

東京駅も途中の福島でも仙台でも 新幹線のホームは大きな荷物を抱えている方が多い

何よりあたたかな光景は 孫を見送る祖父母の姿である

夏休みを楽しく過ごして これから また帰って行くのか

 

東京駅で浅草のあんみつを買い 車内で食べた

 

ホテルでも いつもと違って 子ども連れが多い

我が子を抱きながら風呂に入ってきたり 祖父母が連れて来たのか楽しそうだ

平和な これが家族と言う光景は 私にも和やかさを分けて貰えるような気がしてくる

 

新幹線車内から 上は福島摺上川から飯坂方面 下は蔵王連峰

 

久し振りの新幹線 添乗員で旗を持ってお客様をご案内した時から 数年経つ

仕事と言うものは精一杯取り組むもの かなりの月日が経っても身体から抜けない

今は自由に旅モードで楽しんでいるにもかかわらず 仕事への郷愁が甦る

 

 

仙台駅では 七夕飾りがお迎えしてくれた

間もなく あの華やかな七夕である ここを初めに ねぶた 竿灯など東北は燃える

幸いに全ての祭りは仕事とはいえ 何度も味わっているので幸せなものだ

 

牛タン通り すし通り 各店長い行列で40分待ちだと言う

 

仙台の名物と言えば 牛タン うまいの巡りで専門店に幾度かご案内した

そして これが手軽に食べられるよう 専門店が軒を並べる 牛タン通りが出来た

駅の構内に 寿司屋さんも同じく 寿司通りが続く ものすごい列があり私は止めた

 

宮城交通の路線バス 因みに秋保まで800円

 

ホテルの送迎バスが平日なら仙台まであるが 日曜の宿泊は無い

路線バスの一番前に乗って しばし 助手台の気分である

約1時間 そ間半分は市街地であるが あとは山間を川にそったりして行く

 

秋保温泉ほぼ全景 

 

やがて仙台の奥座敷 秋保温泉に着く

らいらい峡という奇岩の続く名所もあるが 両岸の台地からは見れない

緑なす田が眩しいくらいである ホテルはそれぞれ離れて建つので自然の趣が良い

 

秋保 文化の里

 

文化の里がある 観光施設であり子どもたちへの催しや 歴史なども展示されている

かつては ここにも仙台の長沼から 電車が来ていたが 今は廃止され面影が無い

ここにも七夕飾りがある 各ホテルにも玄関辺りに飾られ 七夕は郷土の誇りのようだ

 

石巻の風月堂アイスクリーム 山ブドウ 春蘭入り この他にも4種類

 

帰りのバスは 来た時と違う会社が運営する路線バスに乗った

秋保の各ホテルを一周して その後は仙台市天文台のみ停まり あとは仙台駅へ直行

新幹線で食べる駅弁 牛タン尽くし を買って食べた でも 海鮮の方が良かったかな

 

帰りはタケヤ交通の路線バス 下は仙台市天文台

 

東京へ降りたつと むっとする暑さが襲う 東京は35度 仙台は33度だった

2度違う暑さの比では無い 東京はむしむしとする暑さなのだ 仙台はからっとしている

たった一泊二日の旅であるが 大きな気分転換 保養となり また普通の生活に戻る

 

 

     最後までお読みくださいまして有難うございました m(_ _)m

 

ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

にほんブログ村

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

(メルアドは入力しなくてもOKです)

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

仙台の奥座敷 秋保(あきう)温泉

2015年07月27日 05時00分00秒 | うたごえ

どこかへ行きたい 時には新幹線も良いかな もう数年乗っていない

最近は車でドライブが殆どだが 格安パックを使って 秋保温泉に来た

割安と言っても なかなか条件があって 意外と気楽な気分になれない

 

新幹線が決められた日の決められた時間限定で有る

もし 乗り遅れたりすると 無効となり 乗車券も特急券も新しく買うようになる

絶対にその列車に乗らなくてはと思うと 多少 意識してしまう

 

ホテルの宿泊は良いが 観光地を廻る時間が路線バス利用だと思うように行かない

こう言う時は 車が良いなとも思ったりする

今回は 私の気分転換 観光は無し 温泉に入って新幹線に乗りリフレッシュだ

 

車で行くと便利な地点に 秋保大滝がある

添乗では この温泉地も泊まっているし 行ったことがある

仙台も数度訪れた 間もなく 七夕祭り そして東北の祭りが一斉に始まる

 

 

     最後までお読みくださいまして有難うございました m(_ _)m

 

ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

にほんブログ村

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

(メルアドは入力しなくてもOKです)

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加