のびたとブレイク

生き生きと第三の人生を歩んでいます
うたごえ ウォーキング ボランティア 時々花と金魚

君のハートここで射止めてロックする・・・ 夢先案内人(2)

2017年07月09日 06時47分20秒 | 旅行

年齢に関係なく 男と女 愛は心を洗い清め それは優しさとなって互いの心に行き来する

一瞬の愛で終わるものもあれば 格好良く永遠の愛で終わるのもある

若い頃 君と永久に結ばれたい 永遠の愛を誓う なんて 大した意味も分からず憧れたものだ

 

愛の実感は 年齢を重ねて ときめきから充実へ 子や孫と形を変えて心の中に生きている

恋人たちが 君といつまでも~なんて語った言葉とは明らかに重みも増してくるだろう

金婚式を済ませて お二人が健康であったり 亡くなられた方でも未だに存在感がある愛・・素晴らしい人生だ

 

 

昨日紹介した 群馬県の大理石村 『ロックハート城』

ここは若いカップルにも人気が高く 全国観光婚礼部門第一位に輝いていた

イギリス式の建物群の中に 教会や婚礼関係の部屋がある

 

若い女性には ここでウェディングドレスを着たりして お姫様体験も出来る

実際のウェディングは一生に一度だけ??だろうが こんな衣装でお城をバックに写真を撮るのも楽しそうだ

結婚式パーティで着るような衣装で撮影する方も居る 若いって良いなぁと微笑ましく感じてしまう

 

丁度 ドレスで城の中や庭で撮影している若い女性二人! 断って写真を撮らせて頂いた

私のうたごえバス 夢ではハウステンポスなど 外国へ行けない仲間たちを少しでも体感できる所へ案内したい

ここなら本物のイギリスの城 ウェデングドレスを着せて見ようかと ほんの少~し想った(笑)

 

可愛い女性だったが遠慮してシルエットにして見た

 

みんな女性だもの 恥ずかしさを忘れて 写真だけでも体験出来たらどんなものだろう? そんなことは無い??

うたごえに参加される女性たちの笑顔が眼に浮かぶ いつも言っていること 笑顔の女性は美しいですよ

 

70代でも80代でも 要は内面から生き生きとしているものがあれば 心美人 みんな笑顔美人だよ

 

映画 美女と野獣 で着たドレス

ちっっと光って見にくいが ドラマ 相棒 でも舞台になった

二人で座れば愛が通う あちこちに二人で触れば愛が通う・・・ああ 相手無し(笑)

化石や石の展示もある

  

こんな宝石要らない?(笑) 宝石は至る所にある 怪盗ルパンになるかな?

ナポレオンの時代のウイスキー

数々の香水など モンローの愛したシャネル

 

結婚式場へ 通行禁止!

シャーロックホームズの馬車

 あの鐘を鳴らすのはあなた

 

どうですか? 少しはイギリスの ロックハート城 楽しめましたか?

 

 ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

 にほんブログ村

 

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

(メルアドは入力しなくてもOKです) 

コメント (8)

皆さんを夢先ガイド連れて行く

2017年07月08日 17時51分26秒 | 旅行

私をどこかに連れて行って 高齢になっても想いは同じ 一人では出掛けられない

そして温泉でゆっくりしたいなぁ 外国? もう無理ですよと口をそろえて言う

もう女性の皆さんも高齢と言える歳になってきた ご主人は大概亡くされているか介護状態なのだ

 

本当は宿泊で温泉に入りたい 外国だって行けるならば行きたいけれど ご主人を置いては行けない

だから夢はどこかに預けて 可能性のある私のうたごえバスでも あるいは個人的に本音は一緒に行きたいと言う

60代の頃は 外国へ行ったことの無い方を パスポートの取り方から始めてタイや台湾に連れて行った

 

元気な皆さん うたごえを支えてくれる皆さん 何とか そんな細やかな夢を叶えさせてあげたいと私は思う

一昨日 雑談で話しながら 密かに 秋のうたごえバスツアーの行先を考え ネットでも調べた

ここはどうか 外国の気分は味わえるし 緑濃い群馬の山奥が浮かんできた

 

一度しか行っていないが その時はただの添乗員の仕事としての案内である

今度は 私の大切な仲間たちを連れて行って 喜んで貰えるか まず候補に挙げて昨日ドライブに出発した

行先は 群馬県の草津の手前  高山村の 『ロックハート城』 200年前にはスコットランドに建っていた

 

 

これを解体して数多くのコンテナに詰め ロシアのシベリア鉄道を経由 日本海を渡り 群馬の山奥まで運んだ

お城は当然現地の石 壮大な夢を実現したものだ ロックは石 ハートは心 意思である 名付けてロックハート城

ここなら海外に行かなくても 異空間のスコットランドの城に会えるのだ

 

 

ここには素敵なレストランもある ロケーションは文句無しだ

ただ高齢者の皆さんに和食でもない食事が合うか これは実際食べるかメニュー詳細を見るしかない

係の方とも特別オーダーとか聴いた見た しかし 正直 これは皆さんに会うものでなく不合格だった

 

 

あとは ランチの場所をどうするか これから更に検討を加えて もう一度下見や交渉がある

とある場所に泊って 今日は軽井沢を散策しようかと高原を飛ばした

だが 土曜の軽井沢 この季節は駐車も出来ない 人も多く諦めて東京へ早々と帰ってきた

 

 ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

 にほんブログ村

 

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

(メルアドは入力しなくてもOKです) 

コメント (6)

見る食べる旅の醍醐味そして買う

2017年06月12日 09時26分27秒 | 旅行

単に一泊二日のドライブで 気ままに廻ってきたが これでも私にとっては旅である

何せ 平日の予定はかなり埋められており 落ち着いた旅には出られない

但し これは負け惜しみで 本音は そんなにお金の余裕の無いことである(笑)

 

日帰りツアーでも 女性たちは目いっぱい楽しんでいた おしゃべり 買い物 そして観光 賑やかである

添乗員時代のことであるが 殆どのツアー 女性たちは旅を つばさを広げたように楽しんでいる

美しい景色には わあっ~素敵! 花を観れば きれいだわぁ~ と素直に感動を表す

 

美味しいわぁ 素敵ねぇ 素晴らしい これら 感嘆詞 形容詞 は女性のためにあるようだ

そこへ行くと 男性は本当に旅を楽しんでいるの?と思うような場面が多い

素直に感動や感激が表せないのが 日本の男性の特色でもあろう

 

見る 食べる 買う は旅の醍醐味 女性の言葉のようにさえ聞こえるが 私も好きである

お金のかかる 見る 食べる 買う はできずに 見られない 食べられない 買えない にはなっている

でも それなりに楽しむ 安価な食事 買わないけれど目で楽しむ そんな範囲で旅を十分に楽しむ

 

そんな 旅のあれこれ 写真でまとめて見た

なぁ~だ と思う方も居るが 感じ方 楽しみ方は それぞれ有って良い

みんな違って みんな良い それぞれの旅を あるいは 毎日を そして人生を楽しんで生きよう

 

小田原・厚木道路 平塚PA

横須賀海軍カレーや おにぎり弁当の数々 ちょっと朝食 昼食に良い

海老名SA 2階のフードコーナーから

イギリスパン専門店 私の遅いランチはここ 鎌倉野菜のサラダ付

一階フロアでは 九州物産展 最近ブログのおかげで この地域が近く感じる

来年の大河ドラマ せご(西郷)どん が大きくアップされている

鹿児島名産品がいっぱい

下は 大宰府の 梅の実ひじき ひじきに小さい梅の実が入ってご飯の友 これを買った

存在感のある くまもん

下は 沖縄物産コーナー イケメンの男性が立つ おばさんたちが寄ってくる(笑)

最近テレビでも評判 カレーパンにエビフライが挟まっている

箱根九頭竜神社は縁結びの神様 ここに奉納している あんぱん! ちょっと迷った(笑)

メロンパンブームは ここから始まった

おやきパン おやきがパンになった 野沢菜入りを買ってきた 美味しかったよ~

おまけ 小田原城のロウバイの実? 食べられる?(笑)

 

  最後までお読みくだ-さいまして有難うございました m(_ _)m

 

 ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

 にほんブログ村

 

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

(メルアドは入力しなくてもOKです) 

コメント (17)

乱世の天守仰ぎて菖蒲(勝負)咲く

2017年06月11日 08時04分28秒 | 旅行

先日の熱海でジャカランダを見ての帰途 小田原城のあじさい菖蒲まつりを見てきた

うたごえバスで 北原白秋記念館と小田原城へ寄って以来である

天守閣は最近補修を終えて 新たに公開されていた

 

東伊豆・河津の菖蒲園を午前中に見て 午後は小田原の菖蒲と 贅沢なドライブでもある

どうしても 菖蒲の咲き方などを対比して見てしまう こちらは無料で見られるのが良い

但し 花の姿などは 河津に軍配が上がる 菖蒲だけに勝負と駄洒落で見た(笑)

 

 

菖蒲の根元のビニールポットが気にかかるのだ

どこかで手入して咲かせ ここへ移植したのかと勘ぐってしまう

花の姿は美しいから そんな下世話なことはどうでも良いか

 

 

紫陽花は石垣の斜面などに いろいろの種類が咲いている

丸い形や隅田の花火のように星の様に咲くものとが混じり合い 眼を楽しませた

本格的な雨が降れば この紫陽花や菖蒲も 更に艶っぽくなるだろう

 

天守閣は何度か入っているので 今回は櫓を利用しての展示館に入る

1階フロアは変身衣装の貸し出し 甲冑や半纏を着て外で写真を撮らせるのだ

2階は展示 甲冑や刀の展示があり 映像も楽しめるものであった

 

 

小田原で遅めの昼食をと想ったが 車で行ける店は調べていない 気ままにコースを決めるからだ

そのまま小田原・厚木道路に入って 海老名SAで昼食 最近はどこのSAも充実している

ここだけしかない?イギリスパン専門店にした 鎌倉野菜のサラダつきである これは美味だった

 

 

 

  最後までお読みくだ-さいまして有難うございました m(_ _)m

 

 ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

 にほんブログ村

 

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

(メルアドは入力しなくてもOKです) 

コメント (20)

広くなった河津の菖蒲旬を観る

2017年06月08日 06時56分01秒 | 旅行

伊豆の東海岸道路は殆ど片側一車線 それも海岸や高台を常にアップダウン 曲がり続ける

夏場や河津桜の頃 連休はいつもどこかで渋滞をする しかし 順調に走るのにも神経を使う

それは大概40キロから60キロで走行しており 少しでも安全運転するなら 後続に車の列ができる

 

前を行く車のスピードに合わせて運転するのがマナーなのだろう

地元の車が多いから 曲がりくねってもスピードは結構出ている そして私の車は軽自動車 坂に弱い

負けるものかと付いて行くが 本来は制限速度内で走りたいものだ

 

熱海海岸で見られた花たち

 

宿泊は南熱川温泉の某ホテル 海岸に立つ 以前の名前が変わって新しい名前になっていた

旅館・ホテル業の経営は厳しく各地で閉館などが目立つ中で 大手チェーンが買収して形態も変わって行く

それは宿泊料金を安価にして 食事はバイキング 布団の上げ下ろしはしない その他サービスは制限する

 

現在 鉄道もホテルも旅行会社も 観光客の差別化で生き抜いているのだ

超豪華列車を走らせ 手厚いもてなしの旅館 ゆったりした行程と豪華なツアーなどである

お金に余裕のある層は高級なものへ 私たちは安価な観光 これもうまく利用すれば結構楽しいものだ

 

ホテルから見る伊豆大島 下は利島

 

さて 2日目は伊豆東海岸を南下して 河津桜で有名である 河津花菖蒲園に向かった

先週行った潮来よりは花の開花が進んでいて 色とりどりの花が楽しめる

今年から広げたと言う一角にも 同じく各種の花が咲いていた

 

 

花びらの幅が広いものや 黄色でも普段見る黄色の菖蒲と色合いが違うものがある

あやめやかきつばたの説明版もあるが 私には分からないし 花が美しければそれで良いと思った

入場料が500円 町営である 河津桜以外には観光の目玉が無いので この花で引き寄せる

 

 

近くには河津パガテル公園もあり 洋式庭園 添乗でも案内したが一寸入園料が高い

天城トンネルを抜けて修善寺あたりの 虹の郷 ここにも菖蒲園があるが ここは今年生育が悪いと聞いた

そして私は中伊豆方面を帰途にすることは止めて 元来た東海岸を再度走ることにした

 

上は栗の花

 

宿泊したホテルで ニュースの時間に 小田原城の菖蒲 紫陽花まつりを映し出して居た

下田のあじさいも見ごろであり ちょっと迷ったが ここに行くことにした

河津から一気に小田原へ走り 駐車場へ入れた ここの報告はまた後にします

 

 

昨日は 墨田の介護施設へ音楽訪問 いつもより利用者が多く 顔ぶれも変わっていた

そして ここは比較的元気な方が多いので歌声も大きい 楽しく歌い調子が外れる方もいて伴奏が難しい(笑)

今日は 下町のうたごえ 本所地域プラザである 参加人数は少ないけれど 楽しさは私も一緒である

 

 

        最後までお読みくだ-さいまして有難うございました m(_ _)m

 

 ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

 にほんブログ村

 

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

(メルアドは入力しなくてもOKです)

コメント (14)