のびたとブレイク

生き生きと第三の人生を歩んでいます
うたごえ ウォーキング ボランティア 時々花と金魚

あやめより華やぐ女性潮来舟・うたごえバスその2

2017年05月31日 08時13分54秒 | うたごえ

大洗の海沿いには ひときわ大きな鳥居と松林がある 磯前(いそざき)神社で海の神様だ

車内から手を合わせましょう ハイ お賽銭は私が預かります(笑)

海の神様?~カムサハムニダ~ 珍島(ちんど)物語 天童よしみさんの歌の一節を乗せると爆笑だった

 

その松林の外れに 昼食場所の 大洗バークホテル がある 少し古風な感じが良い

うたごえバスで一番私が気に掛けるのが 昼食であり 質 味 量 ロケーションも下見も重ねて吟味する

何しろ全員が女性 そして高齢者(笑)だ この方たちを満足させるものにしなければならない

 

 

毎回好評である 賑やかに食事が始まる 先生!美味しいね 皆さんが私に言う

刺身や煮物 天婦羅などである デザートは 鉾田辺りの名産 メロンを付けた

美味しかったぁ 口々に言う 良かったと安心 2度も下見して変更もさせた内容であった

 

小さな売店がフロントの前にある 皆さんが群れる

お土産の買い物である あれもこれもいっぱい買い込む 意外の売れ行きにフロントが驚いていた

買い物は女性のツアーでの楽しみでもある そして 見ている私も思わず微笑む

 

 

バスは潮来に向けて 一路南下して行く ランチを食べて眠くなるだろうから歌は遠慮した

出発から ここへ来るまでに相当歌ってきた お休みの時間ですよ~

ところが いつまで経っても車内は賑やかだ 疲れを知らない女性たちのパワーである

 

 

潮来に着いた 既に船が3隻私たちを待っている 順番に乗り込む

前川あやめ園辺りの水路に入って行く 櫓漕ぎ舟もあるが 時間の関係もありエンジン付きにした

舟からは あやめは良く見えないが 家並みも途絶えて自然の中を行くのは醍醐味がある

 

 

屋根付き 雨でも運行できるが この日は晴天 気温も高く水面を渡る風も心地良い

船頭さんの説明も若干 エンジン音で聴きにくい それ以上に船内が賑やか過ぎることだ

私も会話に加わるが 出発から到着まで 笑い通しである

 

潮来の伊太郎 映画のセット

 

この潮来は花嫁舟でも有名であり 昔は実際 舟で嫁入りしたと言う

現在は まつりの期間中の休日 嫁入り舟が再現される 

市がバックアップして結婚式も執り行われる 費用全額負担してくれるのだ

 

そして 花嫁舟に乗るのは実際に夫婦になったカップルである

毎年募集がされる 年齢制限は無いようだ(笑) 抽選や審査もあるから どうです?応募しませんか?

相手が居ないのよ~ ここに先生が居るわよ~ あなたはご主人が居るじゃない~

 

まあ これだけでも大騒ぎ 私も立候補できる 誰と? 誰かだよ(笑)

出来れば 家があってピアノが有って いつでも弾いても良いよと言う女性は居ないかなぁ

居る 居る わたしでどう? そうだね ご主人が居なくなったら私が補欠になるからねと大笑い

 

 

釣りをしている若者に手を振る わぁイケメンだぁ~ 相手も渋々手を振る

実際には 舟の波など釣りには邪魔な存在だが 大切な地元の観光の舟である

草刈りをしている人たちにまで手を振る ムリだよ 相手は作業中 手を放したら危険だ

 

 

こんな騒ぎをしながら舟の発着場に到着した

近くにあやめがあるから観てきてくださいと言うと 先ほどまでの元気はウソの様 近場だけで帰ってきた

帰りのバスも東京に着くまで カラオケの全員合唱だ

 

 

うたごえバスも皆さんに支えられて 以前から数えると17年も実施している

つい2.3年前まではカラオケは私用せず 私がキーボードを持ち込んで 揺れる車内での生伴奏だった

ところが 立って演奏 揺れには足を突っ張りこらえているから 疲れも酷くなり これをやめた

 

 

皆さんの あんなに楽しそうな顔 おしゃべりと笑い そんな時間を共有できる私も幸せである

企画からコース設定 ランチの吟味 そして当日の添乗 うたごえの講師 元気で居るから出来る

また 秋に実施しますね 皆さんも また参加するからお願いね~ こうして無事に全員若返って帰った

 

   最後までお読みくだ-さいまして有難うございました m(_ _)m

 

 ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

 にほんブログ村

 

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

(メルアドは入力しなくてもOKです)

コメント (31)

新緑に歌声乗せてバスは行く その1

2017年05月30日 08時31分27秒 | うたごえ

46名の女性を乗せて うたごえバスは 朝ドラの 「ひよっこ」の舞台 奥茨城方面へ走る

まずは その朝ドラを皆さんで見る 家で見ている方も居るが 昨日だけはバスの中だ

あの向島電気という脚本の設定 私たちは その地域に住む墨田 江東 の下町の住民でもある

 

皆さんが楽しみにしていた うたごえバス 走り出せば全員が女性 おしゃべり指数はヒートアップする

お天気も私たちに味方 晴天で 水戸あたりの最高気温は30度まで上がった

窓外は新緑 目に鮮やかである 時折目にする田んぼは 既に田植えも終わって小さな稲が整列している

 

  

  

 

友部SAでトイレ休憩するが そこかしこに ツバメが巣を作り忙しそうに出入りする

この姿が可愛く みんなで感心しながら様子を見ていた 頻繁に親が餌を運んでくる

ひなが一斉に大きな口をあけ ぴいぴいと合唱する 6羽くらい居るが一回に与えられるのは2羽が限度だ

 

 

最初の目的地は 歌謡界の巨匠 吉田正先生の故郷にある 日立市の吉田正音楽記念堂だ

その前に先生のことについて私が皆さんにレクチャーをする 添乗員から講師に変わると真面目に聴く

『異国の丘』 吉田正さんが 満州派遣の頃 同志の士気高揚のために作られた元歌である

 

「昨日も今日も」 これが原曲である

♪ 今日も越え行く 山また山を 黑馬(あお)よ辛かろ切なかろ

我慢だ待ってろ あの嶺越えりゃ 甘い清水を汲んでやる

 

終戦を迎えて多くの人がシベリアに抑留された その数60万人ほど 現地で亡くなった人も数万人である

抑留生活は過激な労働 食べるものも収容所の雑草も無くなるほどだったと 先生が生前語られていた

そんな中で この歌が密かに替え歌になり いつか日本に帰ろう みんなで励まし合っていたのである

 

先に帰国した 抑留者の一人がラジオののど自慢で歌ったところ 聴いた方の感動となりヒットして行った

先生が帰国した時は 『異国の丘』として すでに大ヒットしており その後作詞作曲が吉田正と知られた

音楽は人生を変える テレビ番組で語られていたのを私も思い出す

こうして大作曲家として数多くの作品を残していくが 橋幸夫さんは愛弟子の代表的存在である

 

 

記念館は日立市の高台にあり 視線の向こうに街と 太平洋がある

この街もあの東日本大震災の時は津波の被害を受け この記念館敷地も災害避難者仮設住宅も出来たと言う

今は平和に穏やかな歌の故郷 時にはここで 歌声喫茶も開催され 人気ですと館の方が話されていた

 

 

吉田正作曲 数多くあるが 私たちが 歌声でも歌う曲 もちろん バス車内でも歌ってきた

有楽町で会いましょう いつでも夢を 寒い朝 美しい十代 街のサンドイッチマン 伊豆の踊子

その他では 夜霧の第二国道 霧子のタンゴ 東京ナイトクラブ 再会 潮来笠 傷だらけの人生

 

移動中のバスは カラオケを利用しての 全員合唱である

私が勝手に選曲して次から次へと流すが 皆さんの元気の良いこと 改めて感心する

一時間位続けても全く動じない 少し休ませると 今度は賑やかにおしゃべりが始まる

 

 

お昼近くではあるが 大洗にある 「めんたいパーク」 に着いた

めんたいの大手メーカー 「かねふく」のテーマパークである

買い物にいそしむ女性 どこにでも売店があれば 買い込んでくる 私も めんたいは好き 密かに買ってきた

ここで嬉しいことがあった クラブツーリズムの添乗員の女性と会った 退職後初めての再会である

 

 

しっかりと覚えていてくれた 私はと言うと顔は分かるが名前は出て来ない 

彼女は 初めて新人として添乗 その指導にあたったのが私であるから絶対に忘れられないと喜んでいた

そして 今は私がベテランになって 今日は新人を台数口で指導しているんですと笑っていた

 

 

どうしても細かくなっててしまい長くなるのが私の旅行記 明日へ続けますね

 

    最後までお読みくだ-さいまして有難うございました m(_ _)m

 

 ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

 にほんブログ村

 

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

(メルアドは入力しなくてもOKです)

 

 

 

 

 

 

コメント (24)

透き通るタカラジェンヌの歌に酔う

2017年05月29日 06時00分00秒 | うたごえ

本来は すみだマンドリンクラブの定期演奏会だった

ゲスト出演がすごい 元と名がつくがタカラジェンヌ 紫城いずみ さん

同期は大地真央さん ベルサイユのばら 風と共に去りぬでは 相手の娘役を演じていた

 

その声は 未だ同じ 透き通るような声は さすが宝塚音楽学校を経ての スターである

縁があって 宝塚歌劇は私も東京ではあるが数度観に行ったことがある

あの阪急の宝塚大劇場への花の道も ひとりで歩いたものだ 宿泊も宝塚の温泉である

 

  

 

神戸の中華街も歩いて 肉まんじゅうなども食べた

青春18きっぷでの旅であった そして忘れもしない あの阪神淡路大震災の一週間前だった

もし一週ずれていたら 私は名も無い旅の犠牲者だったに違いない

 

話が飛んでしまう この後 中越大地震 八戸地震 私の行った後 一週間後に大災害である

何の縁なのか不思議でならない 私が護られているのだろうか

台湾へ行ったときは さすがに一週間後では無かったが 1か月後に地震被害が出て驚いたものである

 

 

マンドリンクラブの話に戻そう もともとは明大のマンドリンクラブにあるらしい 古賀政男が師である

墨田区にも有志を募って発足させてから 28年目を数える

マンドリンだけでは 音量 曲として寂しい フルート オーボエ パーカッションが加わる

 

更には ギターやマンドラ コントラバスが入り 40名に近いフルバンド編成である

その為 演奏も迫力があり マンドリンの優しい音色が生きてくる

プログラムは クラシックも ポピュラー ラテン もあり約2時間 素敵な演奏を楽しんだ

 

 

この演奏会 入場無料である ランチコンサートやこの演奏会など 私も癒され音楽のスキルがアップするだろう

そして 6月26日には 本所地域プラザで 下町のうたごえとランチのコラボが企画されチケットが売られている

 

 

今日は下町のうたごえバスツアーで 日立から大洗 潮来と 女性ばかりの46名で賑やか笑顔の歌声に溢れる

日立は歌謡曲の巨匠 吉田正さんの故郷に触れ 潮来は あやめ祭り 大洗はホテルでのランチである

 

     最後までお読みくだ-さいまして有難うございました m(_ _)m

 

 ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

 にほんブログ村

 

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

(メルアドは入力しなくてもOKです)

コメント (3)

ありがとう花への感謝住まい替え

2017年05月28日 08時04分40秒 | うたごえ

3月ごろから咲いていたブーゲンビリア 朝起きたり パソコンなどの一休みに美しさに見惚れていた

気温が上がるにつれ 花弁が散りだして 数枚を残して葉だけが目立ち ちょっと寂しい

冬を越して咲くので 耐寒性が出来て むしろ夏の日照りには花を落として一休みをするのだろう

 

そして9月 12月ごろにまた咲いて ベランダを一気に華やかにしてくれる

花たちがある生活 雑然とした部屋 一人暮らしの心を 癒したり装ってくれるのだ

花があるから 人々は優しい心になれるのだろう 人がある限り 花が傍に寄り添っていた

 

 

 

プランターや鉢に 何の花だか 芽が出て育ち始めた

多分 おしろい花やフウセンカズラだが定かでは無い

こぼれ花 時には ヒヨドリなどが運んできたタネが育つことがある

 

あちこちにあるから 一つのプランターにまとめた

ある鉢では 植え替えようと掘ったら球根が出てきた なんだったっけ忘れている

百舌鳥があとで食べようと 木の枝に刺して忘れていたようなものである

 

 

カランコエも素敵な色合いで楽しめた

あまりにも小さいので 一回り大きい鉢に植え替えてあげた

少し手足を伸ばして?根を拡げて 気持ち良いだろう

 

一本だけあったミニバラ 昨年は小さく侘しく何輪か咲いた

今年は葉が枯れて どうやら枝も枯れそう いつもバラだけは失敗する

咲いている鉢を買ってくるが 2.3年でダメにしてしまう

 

どうやら 私にはバラは似合わないのだろう

何度買ってきても育たないのがイチゴ 一つプランターが空いているので 買おうか買うまいか

天気予報を見る 明日は晴れ やったね バスツアーは参加の女性たちの笑顔が目に浮かぶ

 

 

     最後までお読みくだ-さいまして有難うございました m(_ _)m

 

 ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

 にほんブログ村

 

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

(メルアドは入力しなくてもOKです)

 

 

コメント (16)

思い切って朝寝朝風呂気持ちシャキッ

2017年05月27日 08時16分07秒 | うたごえ

トイレにも起きたが都合6時間半は寝た昨日の朝 朝食 ブログを済ませると また眠い

他の方のブログにコメントを入れるため ちょっと考えていると また睡魔が誘いに来る

ウォーキングに出るには雨が降っている 日帰り温泉にも行きたいが露天風呂も雨ではイマイチだ

 

ええい ままよ 久しぶりに朝風呂でも入るかと 温泉の素を入れて入った

実に久しぶり 今年に入って初めてか サスペンスの本を持ち込んで じっくりと入った

汗も出てくる これが好きだ 多分 世間の毒素が体内に溜まっているから 放出したいものだ

 

 

気持ち良く風呂を出て テレビを見ていたら さあ 眠りましょうと美人がささやく これは妄想(笑)

逆らうことなくベッドに潜り込んだ 良く寝た 気が付いたら2時間余り寝てしまった

最近 昼間も予定が無ければ居眠りの日々だが テレビを見ても眠くならない

 

う~ん 眠くないことは良いもんだ 昼過ぎには雨も止んだ

そうだなぁ 普通なら 朝寝 朝風呂 ときたら 朝酒が欠かせないのだろう

これで おはら庄助さんは身上つぶしたらしいが 私は珈琲である

 

 

近くにクリーニング店が開店した オープン記念でワイシャツなど半額である

ちょっとクリーニング代惜しんで洗濯したが アイロンもかけないから何となく決まらない

やはり一応 私はエンターティナー(笑) これで馬子にも衣装 ピシッと決められる

 

 

いよいよ明後日は 下町のうたごえ 日帰りバスツアーである 天気予報も曇り時々晴れ

バス会社に最終の人員を伝え コースその他の確認もした

バス座席表もスーパーで大きくコピーしてきた あれっ 原紙をスーハ―に置き忘れてきた(笑)

 

 

 最後までお読みくだ-さいまして有難うございました m(_ _)m

 

 ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

 にほんブログ村

 

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

(メルアドは入力しなくてもOKです)

コメント (32)