潮風に乗って-北から南から

船や港に関係する地名を訪ねて、その土地の情報を発信します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

西日本最高峰、石鎚山に遅い春

2008年05月17日 | 

2008/05/17(土) TBS NEWS
西日本最高峰、石鎚山に遅い春

TBSニュースで『西日本最高峰、石鎚山に遅い春』と報じていましたので掲載します。(05/16放映)
 http://nawata01.eco.coocan.jp/08TV_movies/TBS/0501/tbs_shikoku_20080516.wmv


 西日本最高峰・石鎚山では、山頂に残雪が残る中、桜がほころび始め、遅い春の訪れを告げています。

 四季折々、豊かな表情を見せる霊峰・石鎚。今年は雪が多く、場所によっては2メートルを超える積雪を記録しました。そのため、5月とはいえ、山頂付近の山肌にはまだ残雪を見ることができます。

 そんな中、遅い春を待ちわびていたのはイシヅチザクラです。1センチほどの小さな花を咲かせるこの桜。その名のとおり石鎚山が原産で、県の絶滅危惧種にも指定されていて、平野部の桜が終わったこの時期に可憐な花を咲かせています。

 イシヅチザクラは来月上旬まで楽しめるということです。



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 米、ホッキョクグマを絶滅危... | トップ | IBM、太陽光発電の新技術を発表 »
最近の画像もっと見る

」カテゴリの最新記事