なんちゃってヘブライ語講座

超ビギナーですが、日々忘却の彼方に消え行く記憶をとどめたく、
備忘録代りにヘブライ語と関係あることないことを綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

イスラエルのロックバンドが被災者を励ます曲で支援

2011-03-29 21:12:55 | 今日のできごと
שלום(シャローム!)

今日のNHKのニュースで流れていたそうですが、
イスラエルから、イスラエル軍の緊急医療支援隊が2週間の予定で
宮城県の南三陸町で診療を始めたそうです。

仮説の診療所を開いて内科、耳鼻科、婦人科などなどの幅広い
診療を始めたとのこと。夜のテレビのニュースでも見ましたが、
いろいろな機器を持ち込んでいるようでした。

もう一つは、テルアビブのロックバンドが「日本」という曲を
作ってFace bookで曲を100円でダウンロードできるようにして
義援金として赤十字を通じて寄付されるようにしているということでした。

このブログではイスラエルのことをご紹介しましたが、
いろんな国々からもさまざまな形の助けが起こっています

NHKに載っていた記事は、こちら
コメント

ヘブライ語のへそ曲がりの名詞たち・男性名詞編その16

2011-03-28 21:01:39 | ヘブライ語・名詞



שלום(シャローム!)
引き続き、震災のためにおいのりしています。
今日商店街で路上ライブをしていましたら、ブラジル人の親子が
なにかできることはないですか?と声をかけてきてくださいました。

             

いよいよ変り種の男性名詞、最終回です。

イスラエルの三大祭の一つでもある七週の祭り、シャブオット。

שבועות(シャブオット)とヘブライ語では書きますが、これって
「週」の複数形です。

一週間はשבוע(シャブア)です。
שבוע טוב(シャブア・トヴ)というと「よい一週間を!」という
週の初めの挨拶にもなります。

これ、男性名詞。
ですが、複数になるとשבועות טובים(シャブオット・トビーム)となります!



(写真は、皮を剥いてもらったデコポン。おいしかった~♪)


コメント

ヘブライ語のへそ曲がりの名詞たち・男性名詞編その15

2011-03-27 22:35:52 | ヘブライ語・名詞


שלום(シャローム!)

エルサレムポストの電子版に、イスラエルからも
メディカルスタッフが救援活動のため日本に向かって
いるというニュースがでていました。

国内外からのさまざまなサポートが続いています。

私たちが応援しているNPO団体の「礎の石孤児院」でも
日本での孤児院設立に向けて今動き出しています。

物資はもちろん心のケアなど、今だけでない、
長期的な寄り添う助けが必要です。


さて、今回もר(レイシュ)で始まる異端児名詞をチェック!

今日は「アイデア」です。

「いいアイデアがあるよ!(私に)」という場合、
ישלי רעיון טוב(イェシュリー・ラアヨン・トヴ!)となります。


רעיון(ラアヨン)が「アイデア」のことです。

これが複数になると
「私たちに良いアイデアがあります!」で、
ישלנו רעיונות טובים(イェシュラヌー・ラアヨノット・トビーム)と
なります。

コメント

ヘブライ語のへそ曲がりの名詞たち・男性名詞編その14

2011-03-26 23:32:00 | ヘブライ語・名詞


שלום(シャローム!)

ご無沙汰してしまいました

23日イスラエルの新聞Ynetの電子版を見ていたら、ショック!
エルサレムのバスセンターで爆発があったニュースがでていました。

最近はあまりエルサレム内では自爆とかなかったのに~と思っていましたが。
(しかしニュースをちゃんと見ていたわけではないのですが

このところ日本のニュースでいっぱいになっていましたが、
ちゃんと国際情勢を見ておかないとなー

ちゃんと記事を読んだわけではありませんが、発見者の判断が悪ければ
もっと多くの犠牲者が出たかもしれないらしく、「ミラクル」だったと
負傷した発見者の談話が載っていました。


さて終盤に近づきつつあるへそ曲がりの名詞たち。

今回はר(レイシュ)です。

「通り・ストリート」をヘブライ語で言うと、רחוב(レホブ)となります。

רחוב שמואל(レホブ・シュモエル)というと「シュモエル通り」
この場合は、固有名詞っぽい扱いですが、

通りがたくさんあると、רחובות(レホボット)となります。

רחובות חדשים(レホボット・ハダシーム)といえば
「新しい通り(複数)」ということで、形容詞は男性形を維持しています





コメント

トランブでつくりました

2011-03-21 22:03:10 | ヘブライ語・前置詞
シャローム!

今日は小雨混じりの一日でした。

教会の集会の後、ゴスペルの練習をかなり長くやりました。

お父さんとお母さんが練習している間、時々大人を誘いながらも一人で遊んでいた6歳の男の子がトランプで作った文字です。

就学前にしてこれだけ出来るなんて驚きました!
コメント

ヘブライ語のへそ曲がりの名詞たち・男性名詞編その13

2011-03-18 22:42:35 | ヘブライ語・名詞


שלום(シャローム!)

あまり植物を育てるのが上手ではないわが家族
いつも枯らしてしまいます

荒れ果てた裏庭に父が今年はチューリップの球根を植えました。
極寒の頃に植えたのですが、今日、何気なくどうなっているか
見に行ったら、このように芽が出ていました

こんなにほったらかしなのに、ちゃ~んと芽が出てきていて
いのちの力に感動しました。
ちょっと水をやったほうがいいかな
地面が乾燥してます

さて、今回はだいぶ終わりに近づいてきましたがק(クフ)です。

イスラエルの地中海沿いにקיסריה(キッサリアー)「カエザリヤ」という
ローマ時代の遺跡が残る町があります。

この名前の下になっているのが「皇帝」カエサル=קיסר(キサール)です。

皇帝アウグストスにちなんだものだとか。

今でも半円形劇場とか、映画「ベン・ハー」にでてくるような競馬場とか
残っています。そしてこの地中海から使徒パウロが宣教にでていきました。

歴史的にもなかなか面白い場所。

קיסר(キサール ※キとケの中間音のような感じかも)が複数になると、
קיסרות(ケサロット)となります。

ふと、「女帝」だったらどうなるのだろうかと疑問が。
調べてみたいと思います。






コメント

震災

2011-03-17 21:03:43 | 今日のできごと


שלום(シャローム!)

地震からもう少しで1週間になろうとしています。
厳しい状況が続いています。とにかくとにかくおいのりしています。
このような中で、外国からは、避難所や被災地で
略奪や暴動が起こっていないことに驚きの声、
賞賛の声が上がっているのをTVでも、電子版の海外ニュースでも
取り上げていました。

非常事態の中で忍耐しておられる方々の姿に頭が下がります。

燃料が切れ始めている状況に、何とかしたい気持ちばかりが
膨らんでしまいます

今すぐ何か、できなくても必ず出来ることがある、やるべきことがある。
それを信じて祈ります!

コメント

ヘブライ語のへそ曲がりの名詞たち・男性名詞編その12

2011-03-16 21:45:44 | ヘブライ語・名詞



שלום(シャローム!)


引き続き、震災の被災地のため祈っています。

さて、今回はפ(ペー)です。

問題の「解決」という時の「解決」をヘブライ語では
פתרון(ピトロン)といいます。

הוא מוצה פתרוון טוב(フー・モツェ・ピトロン・トヴ)
「彼は解決を見つける」ということができます。

たくさん問題があるならば
הוא מוצה פתרונות טובים(フー・モツェ・ピトロノット・トビーム)

となり、形容詞のみ男性形をとどめています。


(写真は、白馬のつらら)



コメント

ヘブライ語のへそ曲がりの名詞たち・男性名詞編その11

2011-03-15 22:27:51 | ヘブライ語・名詞


שלום(シャローム!)

まだまだ予断を許さない状況が続きます。
ほんとにほんとに一刻も早い被災者の方々への救済と支援が
届きますように。また原発問題も。。。

「光は闇の中に輝いている。闇はこれに打ち勝たなかった。」
大好きなことばです。そしてまた本当にそうだなあと思います。

どんなに闇が立ち込めても、ちっちゃな灯でも光は必ず闇の中にあって輝くもの


ヘブライ語をやっている気分じゃないですが、
しかし、だからこそ(?)やり続けよう!

さて、今回はへそ曲がり男性名詞、נ(ヌン)になります。

先ほどの光の関係がありますが、ヘブライ語で
「蝋燭、キャンドル」のことをנר(ネル)といいます。

イスラエルってというか、ヨーロッパに行ったときも感じたのですが、
ローソクの飾り方とか
(実用的に使っているだけなのかもしれないですが)すごく素敵なのです。

なので日常生活にローソクは欠かせません。
いろんな種類のローソクがあって。

そうそう、ユダヤ人男性と結婚した友人が引き出物として
送ってくれたのもローソクでした。とっても素敵なのです。

これが複数形になると、נרות(ネロット)という形になります。




コメント

ちっちからお手紙

2011-03-14 13:54:45 | Jゴスペル
シャローム!

商店街の路上ライブでゴスペルを聴いてくれていたネコのちっち。

今日行ったら可愛がっていたお店の人が、私達にもお手紙を下さいました。

始めた頃は、嫌がられてるのかな~なんて思っていたけど、ネコちゃんが必ず聴きに出て来るので、時々お話しする程度の関係でした。

今日もまだうるうるしておられました。

どうか、心にやすらぎがありますように。
コメント