久代の日記

音楽、矯正治療のこと、日々のこと等

団塊スタイル。

2015-08-29 16:45:14 | 日記
作曲家平尾さまあきの放送でした。10歳からジャズを歌って歌のコンテストに出ていたとの事でした。ジャズの学校にも通っていたとの事でした。かまやつひろしのお父さんが教えていたそうです。結核を患って1年間、山間の病院に入院をしていました。6本肋骨を取る手術を受けていました。初めは作曲歌になるつもりはなかったようなんですが、布施明が自分が作曲をした曲を歌い自分よりもレコードが売れた事もありますが、布施明に海の曲を作ってくれと音楽関係者に言われたそうなんですが、いっしょに海にいって泳いだそうですが、どうも海のイメージがわかなかったそうです。布施明のビロードのような声は湖ならイメージがわき作詞家にお願いして「霧の摩周湖」が出来たそうです。平尾まさあきは摩周湖がどこにあるのか分からなかったそうです。詩を聞いてそく曲が出来ているんですね。布施明がとなりにいたので、そく教えて曲が出来ていました。布施明の曲でこの曲だけが私が歌える唯一の曲なんです。そんなエピソードがあったなんて分かりませんでした。布施明との出会いがあったから、作曲家になれたと言っていました。数々の名曲を作ったきた人です。40年間福祉施設で慰問活動を続けていました。
コメント

本。

2015-08-24 17:37:56 | 日記
美容院に行ったので、あがり克服の本を読んでいたら、2週間しか生きられないと言われてたら、私は歌う場所を借りて歌う事です。と思ってしまいました。誰もきてくれないかも知れませんが、宣伝だけは自分なりにやりたいものです。持っているお金を全部使うと言う人や、有名人に合いに行く人やそれぞれだと思います。出来れていなかった事をみんなやるんだと思いました。未練のないよう生きたいものです。だから遅回しにしないで、今やっておかなければならない事をやりなさいと言う事でした。とても良い内容の本でした。ブックオフから108円で買えていました。
コメント

さとうきび畑。

2015-08-20 16:47:45 | 日記
マイムの一人カラオケのライブダムの機械から流れてきたんです。インターネットの動画でも誰も歌っていない内容なんです。歌詞が長く続くので5分では終わっていないのです。歌が長いのです。沖縄の深い悲しみが伝わってくる内容です。気になる内容なので、メモってきます。この歌詞を歌に入れたいと思っています。


水曜歌謡祭ですが、ドリカム良かったです。吉田みわの、あの歌唱力は黒人並だと思っています。歌手の方々が羨ましがる歌手だと思っています。「やさしいキスをして」が一番好きな曲ですが、難しい曲なんですね。最近歌っていませんでした。最近どうも喉の調子が良くなく歌っている最中にゲツゲツとなっておかしくなるのです。練習中だからまだいいものを本番だったら大変な事になってしまうと思っています。片方の鼻が異様に詰まっているんで、点鼻薬をさしたいと思います。自分の声を自由自在にあやつれればしめたものなんですが、なかなか出来ないのが現状です。私が羨ましいと思う声の持ち主は夏川りみと岩崎宏美です。声事態が美しいからです。夏川りみのような澄んだ綺麗な声で歌ってみたいものです。と思ってしまいます。声帯を上手く使えない人が音痴の人だとテレビで放送していたと思います。声帯を鍛える筋肉運動でもしないと思ってしまいます。
コメント

ソングズ。

2015-08-17 17:03:28 | 日記
三輪あきひろが「花」を歌っていたんです。沖縄の歌だと思うのですが、いままであまり感じなかったのですが、良い歌だと思っています。覚えようと思っています。美空ひばりが歌っていた広島原爆への歌「一本の鉛筆」だと思います。クミコさんが歌っている動画を見つけたのでそれで覚えようと思っています。覚えたいと思う曲がたくさん出てきます。マイムでは650円でCDが出来ると書いてあるのですが、良く聞いてみようと思っています。歌を入れないカラオケが自分のキイで出来るんじゃあないかと思っているんですね。そういうやり方だと怒られるのかも知れないのですが、歌を入れているふりをしてカラオケが出来ればななんて考えています。自分のキイに合わせたカラオケがあれば色々な歌が歌えるのでやりやすくなるんですね。
コメント

沖縄戦。

2015-08-13 16:28:06 | 日記
中学生の子供までが、兵士にされていました。無理やりにです。戦争で戦う事を一方的に体と心から叩きつけられていました。暴力が支配していました。あの中何も考えられなくなっていくのです。暴力で刷り込まれた事をやるしかないのです。少年達はアメリカ人を10人殺したら死んでもいいと言われていました。子供が偵察に行ってもアメリカ人は子供だと思ってチョコレートをあげて返していました。まさか子供が偵察にきているとは思っていなかったのです。だから沖縄戦が民間人にまで手がいってしまったのかなと思ってしまいます。誰が的なのか、訳が分からなくなってくるんですね。きづついて動けなくなった少年は軍医に殺されていました。現場の見ていた少年がやっと今70年立って亡くなった少年の家族に報告していました。沖縄戦を歌った「さとうきび畑」をマイムで練習してきました。音を4ケ下げないと歌えない歌です。お父さんの所をお母さんで歌ってきました。美空ひばりが歌っている広島原爆の歌があって、1回他の人が歌っているのを聴いた事があるんですね。一本の鉛筆があれば私は8月6日と書く。だと思ったのですが、知らべてみます。私は「さとうきび畑」が沖縄戦の追悼の歌だと思っています。歌って行かなければと思っています。


日航機墜落事故から30年早いものですね。遺族の傷は年数が立っても癒える事はありません。ただもっと早くに墜落した場所が分かって助けが入っていたなら多くの人が助かったのではと言う思いが残ってしまいます。生き延びた人の証言からは墜落した時点では生きていた人がかなりいたようなんです。偵察の飛行機が上空を飛んで行くのが分かるとどよめきのような声も聞こえていたとの事でした。子供の声もしていたそうです。16時間も立ってからの救出では遅すぎたのです。落ちた位置を正確に自衛隊が伝えていたのにどこでどうなったのか、二点三転するんですね。落ちた位置が分からなくなっていたんですね。アメリカの偵察機がいち早く落ちた所を確認して救助しましょうかと言ってきたそうですが、何故か断っているんですね。山の中に落ちたとはいえ、この遅すぎた救出が致命傷になっています。ひん死の方々が16時間も持たないです。自衛隊のヘリで助けられていますが、自衛隊は助かった人達を担いで下まで行く話だったようなんですが、そこに居合わせたお医者さんが自衛隊に頼みこんでヘリで救出と言う形になったと聞いています。一刻も早くと言う思いであの形になっています。


コメント