久代の日記

音楽、矯正治療のこと、日々のこと等

世界仰天ニュース。

2018-12-14 08:52:24 | 日記
骨肉腫は本当に予後が悪いんですね。医学が進歩したので、生きられるのかなと思っていましたが、5年後の生存率はかなり低くなっていました。膝の周りの足に出きる人が多いのです。大腿骨を切除して人工の大腿骨を入れて歩けるようになるのですが、また転移するんですね。首に転移していました。首の転移は珍しいと言っていましたが、手術はもう出来ない場所でした。延髄の近くに腫瘍があるからです。余命宣告されていました。抗がん剤治療をして、もうする事はないから、家に帰って余生を過ごして下さいと言われていました。最後右手がきかなくなり、左手で何でもやっていました。左手で字を書いたり、プラモデルを作ったりしていました。左手で書いた字は生きようとしていた、証のような字に見えてきました。8歳で発病して13歳で亡くなっています。過酷な抗がん剤治療に耐えてきたのに、どうしてと言う思いになります。医学が進歩して、骨肉腫が良くなる治療法が見つかる事を祈っています。患部を取っているのに、転移する事が怖いのです。早期では見つけられない病です。見つかった時には進行している病気です。免疫療法でノーベル賞を取った先生の免疫療法で新しい薬がみつからないものなのかと思ってしまうのです。
コメント

ホワイトクリスマス。

2018-12-07 17:17:33 | 日記
今月A7で歌ってみようと思って練習してきました。キイは3ケ下げないと歌えないです。楽譜がなくてもピアノの先生が何とか弾いて下さると思っています。キイは合わないんだとは思っています。今日もマイムは朝から混んでいました。これから冬休みになると直混んでくるんだと思います。また料金も2倍に跳ね上がるのです。

この間テレビで放送されていたのですが、261グラムの赤ちゃんが育った例です。妊娠中毒で母体が危なくなってきて、早くに帝王切開になったんのです。若い女の先生が挿管していました。小さすぎて、機器がないと言われていました。若い先生なのに、こんな小さな赤ちゃんの挿管出来るなんて大したもんだと思って見ていました。先生とは言え、挿管は簡単に出来る事ではないので、熟練の技術が、必要になってきます。順調に育って退院していました。凄いですよね。こんなに小さくても、育てられる技術の持っている事とその子の生きようとする力がある事です。
コメント

乳房外科。

2018-12-05 16:31:22 | 日記
NHKで放送されていました。凄腕の女性医師がいました。新潟からもその先生を頼って来て、治療を受けていました。他の病院では乳房全摘しなければならないと言われて訪れていました。進行していて、肺にまで転移していたのです。抗がん剤治療で病巣を小さくしてから、乳房温存の手術をしていました。乳頭、乳りんを残す手術は難しい手術なんですね。その人の生き方、どうしたいのかを良くくみ取ってくれる先生でした。その後の生活にも配慮したやり方でした。しっかり名前ノートに書いておきました。
コメント

A7。

2018-12-01 12:47:34 | 日記
行ってきました。つまみの大根付けときゅうり漬けを頂きました。手造りのもの頂いてきました。クリスマスの形をしたチョコクッキーも頂いてきました。楽器を弾く方達が多く集まりました。生の演奏を聴いているだけで、音楽に触れていると言う感じになってきます。日本の歌も歌いたいけれど、楽譜を持っていないのです。
コメント

暖かい日。

2018-11-27 17:47:25 | 日記
貴重な日でした。昨日あった北村弁護士さんの一番は見たの番組で見させて貰いました。警察官と弁護士にはめられ、でっち挙げの犯人にされていた人の話でした。殺人犯にされていました。犯人は別にいたのです。こんな事もあるもんだと思ってみていましたが、国選弁護人の弁護士さんが手弁当で、無罪を晴らしていくお話しでした。33年前の事件でした。13年の刑期は下ってしまい、刑務所で刑期をまっとうしていました。でも殺人犯ではないと言う事を戦っていくのです。刑期後、生活保護で暮していましたが、認知症になって行くのです。それでも弁護士さんは見放さず最後まで、戦ってくれたのです。無実である証拠品は出てきていました。二人の警察官にはめられたのです。最後まで寄り添って、戦ってくれる弁護士さんに、頭が下がる思いでした。
コメント