まがりかどの先に

まがりかどの先にはきっと良いことがあると信じ、目の前の人生の小路をてくてく歩き続ける日々の雑記です。

有難いが、宅配サービスは過剰過ぎるかも

2017年11月05日 | 日記
宅配のフロントラインで働く人達の過酷な労働環境が報道されるにつけ、受取人のあまりにも過剰な欲求もあると思ってきたが、荷主側ももっと割り切っていいんじゃないかと思うケースにあたった。
 
もう二十年以上使いこんでいる安物の腕時計のボタン電池が消耗し止まってしまったので、11月3日にヨドバシ.comで、送料込み180円あまりでポチッた。
到着は、来週の水曜日頃との表示があったが、急ぐものではないのでまったく問題なし。

送料の最安値は、たぶん日本郵便の定形外郵便で120円だろう。ラジオの部品でお世話になるシャンテック電子さんはこれを使うが、ヨドバシ.comは、ゆうパックを使うというメールが入った。
 
のんびり構えていたら、4日の午前2時過ぎ発で発送メールが入ってきた。
 
もう、恐縮である。
夜中まで作業してもらい、どう考えても、商品より送料が高い。
 
昨日の午後、遅れていたサツマイモを掘りに開墾した畑行っている間に不在連絡票が入っていた( ゚Д゚)。
配達する人には、ほんと、申し訳ない!と思う。

日本郵便は、いったいこの配達をいくらで受けているのだろう。
多少値上げをしても、こんなケースでは働く人の処遇改善どころか赤字だろう。
 
ネット通販は、田舎生活の必需品であるが、重要なもの、高額なものは、必ず現物を確認して店舗で買っている。私の場合、ネット通販は、届かなくても、壊れていても、”残念!”って諦められるものしか買わない。
 
数百円のものに、追跡データ、受取痕跡を付けなくても、私は、全然問題ないし、来週の水曜日頃に届けばいい。
信頼できる荷主(販売者)さんを選んでいるので、発送メールをくれるだけで十分だ。
 
ヨドバシ.comさんの取り扱いはとても親切で信頼にたるものでありがたいのだけれど、関係者に適度な利益のでる送り方、送料でもいいのではないか、と感じた。
============
<今日は何の日>
1969(昭和44)年の今日、山梨県の大菩薩峠で武闘訓練中の赤軍派53人が警視庁に逮捕されました。赤軍派はこの後、7日から"東京戦争"を計画していたといわれています。
 
中東等でのテロのニュースを別世界のことのように見ていますが、日本にも50年前、私の生きてきた時空の中にもに同じような世相があったんですね。
 
普通に見える人がちょっとしたきっかけで人の生命や財産を奪う残虐な行動にでる。人間はそんな残虐性を誰しもが持っているように思います。
コメント