まがりかどの先に

まがりかどの先にはきっと良いことがあると信じ、目の前の人生の小路をてくてく歩き続ける日々の雑記です。

「御意!」的な職場

2018年09月25日 | 少し働く日々
雨なので、米倉涼子さん主演の秋ドラマ「リーガルV」のPRで無料放送されているドクターXをみていた。
 
体制に「御意!御意!」と従う優秀なドクターや医療スタッフ。
院長回診では、後ろに虎の威を借りるなんとやらがぞろぞろ付いて回る。
 
まるで昨今の国のお役人さんや政治家さんの社会のようだ。
こんな組織には、きっと忖度もたくさんあるんだろうなぁ。
 
いつの時代も、大勢に立ち向かう勢力はマイノリティーである。
ドラマのなかの大門先生もそういう設定だけれど、圧倒的な知識、技術をもち、強い意志で体制をがんがんなぎ倒す。
患者を救うたたかいのあと、肥え太っている体制から「メロンです。請求書です」と毎回たいまいのお金をせしめる。それでいて、ドラマの中の私生活は質素。
実に、痛快である!
 
時代劇の遠山の金さんや鬼平さんの根っこに流れている部分同様、見ていてスカッとする。
だから、以前みた同じ作品をみても最後までみてしまう。
 
サラリーマン時代は、いくつかの会社を渡り歩いた。
最後に長くいた組織は、人的には創業的な色はなく、全国組織で拠点も多く、大勢人がいたから、言いたいことを言っても受容される風土があった。
特に現場は風通しのよいいい組織だったのではと思う。
 
アルバイトのシフトが入っていたが、年休残もあることから、「雨なのでお休みください連絡」を早朝したら、渋られた。
「振替でお天気の良い日に来てほしい」という。
 
この会社は、働いている人もすくないので、社員さんなどフルタイムの人たちは、上司に「御意!御意!」って感じ。
みているだけでも大変そうだ。
 
長く気持ちよく働くには、ある程度大きな組織で転勤もでき、自分の思いをぶつけられる会社がいいなと私的には思う。
もう、きちんと働く気力はないからアルバイトで十分で、ドラマを見て評論していればいいんだけれど(笑)。
 
============
<今日は何の日>
今日は、生活情報紙『リビング新聞』が2009(平成21)年に制定した『主婦休みの日』だそうです。
 
わが家は長く母が家事を行ってくれました。
ここ数年は、私が早期退職して主夫をしてきました。

家事って、日常のご近所付き合い、田舎の役仕事などもあって、意外に大変ですね。
組織の中に安住していた方が、楽なくらい(笑)。

介護や子育て中なら、もっと大変だろうと思います。
たまには、休養日を入れてリフレッシュも必要ですね。
 
コメント

チャドクガきたかな!?

2018年09月14日 | 少し働く日々
昨日は公園清掃のアルバイトにでた。

社員さんから、植栽してあるツツジや椿などにかかったツルや株間から枝を広げている雑木を取り除いてほしいと指示があった。
 
この時期は雑木やツルもどんどん成長して繁茂する時期だが、毛虫の発生、マムシなどの有害生物もまだまだたくさんいる時期で、正直、気が進まない。
「体調が悪くなったので・・・と仮病を使って早退しよう!と魔の声がささやいたが、これも誰かがやらなくてはなぁと思いとどまり作業した。
 
お昼前に、腰高の寒椿の生垣に伸びたツルや雑木を取るのに生垣の中に入り込んだ。
 
お昼休みに、内腿が広範囲にやたら痒くなってきた。
やぶ蚊にさされたかな?と思いつつ一日の作業を終え、お風呂に入ろうとズボンを脱いだら、(;´д`)トホホ。

赤いポツポツがたくさんできていてやたら痒い。
こりゃ、毛虫だな!
椿の葉に、チャドクガの群れでもいたかな( 一一)。

しばらくは、「キンカン塗ってまた塗って」でひっかかなければ治るだろう。
朝からちょっとやな予感がしたんだよなぁ(笑)。
 
社員さんや毎日出勤の非常勤さんが自分でやる前提で、事前に殺虫剤をまいておいてくれるとか、下草を刈っておいてくれるとかしておいてほしいよな、まったく。
パートのジイサンマンは、道具である(;´Д`)。
 
作業ズボン+パンツ部分は無事ヽ(^o^)丿。
ここまで赤いポチができて痒くなると、こりゃたいへんだった(笑)。
作業ズボンの上からの接触でもかぶれるということが、新たな発見になった。
今後は十分注意しよう。
 
シルバーバイトの作業条件は最悪だけれど、無責任で、いい小遣い稼ぎと割り切っていれば楽しいことも多い。
いつでも辞められるし。
 
===========
<今日は何の日>
1985(昭和60)年の今日、65歳以上の高齢者が全人口の1割を突破したと総務庁統計局が発表しました。
 
33年経った2018(平成30)年現在は、3割弱。2040年には、4割弱になるの予想もあります。
 
シルバー世代はどんなに優秀な人でも体力や今を感じる感性は確実に落ちてきます。
それを前提に、公的制度にもたれかかるだけでない、自律的に働ける環境ができて欲しいと思います。
 
働けるだけ働いて、最後はみんなの世話になる。
こんな世話のかけ方は、悪くはないんじゃないかと思います。
コメント

今日は、いい休養日になったぁ。

2018年08月26日 | 少し働く日々
台風が運んできた湿気のある空気に加え、強い日ざしが戻ってきて、今日は暑かったぁ( ;∀;)。
 
体調がすぐれないので、家の中でごろごろしていたが、お昼時の室内温度は35℃。
 
扇風機では、熱風をかき混ぜているだけでどうにもならないので、さすがに冷房のお世話になった。
 
午後は、NHK-FMをを流しながらごろ寝していたら、いつの間にか熟睡。

目的をもって働いていた時の睡眠不足はかっこよかったけれど、ジイサンマンになってからは、強い負荷には耐えられないし、単に眠りが浅い毎日。
 
寝ている時間の長さより、熟睡している時間がとても大切かも、と最近は思うのである。
 
で、今日は普段の睡眠負債を解消できた(*^^)v。
ためらわず、エアコン!
これはいい。
でも、電気代はだれが払うの?(今のところ、わが家はなんとかなりそうだけれど)
 
畑の草をなんとかして秋野菜の準備をしてなくては、道路に面した家の前は草茫々、暑さで弱っているけれど外には行きたがるワンコ先生とももっと遊んであげなくては・・・。

やることはたくさんあるけれど、この暑さは、ほんと、危険な暑さだ。
 
年相応に心臓も弱ってきているので、こんな日に作業を強行すると、フラフラっとめまいがすることもしばしばある。
今日の過ごし方、正解かな!?
 
Gyaoの『ライブで聴きたい松任谷由実特集 【GYAO! MUSIC LIVE】』なんて懐メロをききながらこのブログを書いていたら、窓越しに大きな満月が上がってきた。
 
スーパームーンというほど大きくないけれど、太陽という光を受けて、私の生活を見守り照らしてくれる強い光だ。
強いけれど、とても柔らかい優しい光。
 
サンデー毎日のジイサンマンは、毎日が家事も含め仕事、毎日が休日だけに、〇〇が休日ということはなくなったけれど、今日は、いい休養日になった。
 
明日は、少し働く日々の、公園清掃のアルバイトが入っている。
 
今ちょうど、右45度に見える満月、ユーミンの『真夏の世の夢』。
明日も、ちょっとだけ、社会参加しよう。
たぶん、できそうだ。
 
============
<今日は何の日>
1966(昭和41)年の今日、百円紙幣廃止が閣議決定されました。
 
いまや100円コインは、自販機必需品ですが、昭和人の私は、お年玉で板垣退助がでると内心興奮しました。
「ばあちゃんが預かっておいて、大きくなたらあげるから」
お年玉はみな上納でしたが、大きくなっても帰ってくることはありませんでした(笑)。
それだけ、生活がいっぱいいっぱいだったんでしょうね。
そんな生活、思いも今はよく理解でき、ありがとうと言いたい気持ちになっています。
コメント (2)

初期対応はなんでも軽んじてはいかんなぁ

2018年08月20日 | 少し働く日々
アブに刺されて腫れ放題になってしまった左手は、ようやく腫れが引き出して、違和感がなくなってきた。
 
昨日も腫れが引かないため、医者どんのお世話になろうかと思ったが、近くに適当な科の当番医がなかったので、自宅で経過観察だった。
 
字田舎の原住民なので、子供のころからアブには何度も刺されれているけれど、こんなになったのは初めてだ。
 
刺された後に、ボリボリかじったのがいけなかったのか?
 
アブに刺されたくらいで、大急ぎで医者どんに駆け込む必要はないけれど、毒液を出す、よく水洗いする、市販の薬を塗りこんで、ひとまず冷やすという初期対応はすべきだったなぁと反省している。
 
毒虫などに刺されたときだけでなく、体調不良、交通事故・火事などの事故は、初期対応をきちんと押さえておき、侮らず適宜対処することが後の苦しみを少し軽減できる術である。
分かっていても、なかなかできない。
 
今日も公園清掃のシフトが入っていて、小雨の中、背丈をこえるブッシュの藪刈り作業だったが、異状なく、大汗だけですんだ。
 
============
<今日は何の日>
1931(昭和6)年の今日、現在の銀座4丁目交叉点・京橋交叉点などに、日本初の3色灯の自動信号機が設置。
今日は、交通信号設置記念日です。
 
東南アジアの伸び盛りの国々では、バイクや車がガンガン走る中、信号がまったくない画像がみられます。

パワーを感じるとともに、よく事故が起きないなぁと関心しています。
 
でも、私の知らない日本にもそんな時代はあったんですね。
 
コメント

アブもあなどれん

2018年08月18日 | 少し働く日々
昨日は、公園清掃のシルバーバイトのシフトが入っており、若者たちと楽しい時間を過ごしてきた。
 
作業中、というか、暑さも一段落したので、木陰で若い衆とさぼってぼんやりしていたら、不覚にも左手甲を大きなアブに刺された。
油断大敵!緊張感がたらん!とは、正にこのことである。
 
多少痛痒いだけだからと侮ってほっておいたら、今になり手を握れないほど腫れだした。
腫れ以外は、特段の痛みも熱などの異常も感じない。
 
命にどうこうというのではなさそうなので、「今夜はキンカン塗って、また塗って(笑)」
 
様子見をして、良くならなければ明日日曜当番医さんで強い薬をもらってこよう。
 
周辺の田んぼの稲刈りも進み、アブやヨコバエ、カメムシなど、航空防除の農薬散布でも生きのびた昆虫たちが住処を追われ、人間界の灯かりに急接近してくる時期だ。
 
アブ、ハチやケムシ、ハガチなどの毒虫。マムシやヤマカカなどの毒ヘビ。
 
やぶ蚊は昼間からぶんぶんだし、この時期は、夜、ヨコバエ、カメムシが網戸の隙間から入ってくることもしばしば(単に家がボロいのか(笑))
 
字田舎は、自然豊かとはいっても、危険因子もいっぱいだ。
 
子世代にすれば、あ~、こんな村は嫌だぁ、って感じだろうけれど、自然界の生き物もみな必死だ。
 
彼らの生活圏を侵さなければ、こんな痛痒い、腫れ腫れの時間を過ごす必要もない。自業自得ともいえる。
 
公園清掃のシルバーバイトでは、以前、草刈りの休憩中にハガチ(これ方言らしい)に足首を噛まれ、ひとっぱれに。
その後、事務所のロッカーに置きっ放しにした手袋の中にハガチが入っていて、これも指先を噛まれひとっぱれだった(;´Д`)。
 
子供のころは、自宅でもジメジメすると布団に中にいたりして噛まれたなぁ。
 
先日は、若い衆が草刈り中にマムシ(らしい)に噛まれた。
毒を知っていたので、即、医者でOK。
 
============
<今日は何の日>
1915(大正4)年の今日、大阪の豊中球場で第1回全国中等学校優勝野球大会が開会されました。第10回から甲子園球場が会場になり、1948(昭和23)年から全国高校野球選手権大会に。
 
生きる力って、朝起きて、今日はこれをやろう!っていうものがあることなんじゃないですかね。
欲とか煩悩が生きる力のようです。
 
今、高校野球真っ盛りですが、この暑さもものともしない。
若さ、「やろうって」エネルギーに感動です。
 
指導者に才能を引っ張られているだけの子たちもいるのでしょうが、人それぞれの『やろうっていうもの』は、自分で気付くしかないようですね。
コメント