まがりかどの先に

まがりかどの先にはきっと良いことがあると信じ、目の前の人生の小路をてくてく歩き続ける日々の雑記です。

考えようで

2019年01月21日 | 日記
新年になりこれといったこともなく過ぎてきたが、今日はいろいろ起こった。
 
カミさんが朝の通勤途上で後続の車に追突され、車が大破。
 
身体には今のところ異常がないようで、さすがに今日はさっき帰ってきた。
 
車は直せるものなら直して乗ればいいし、ダメならまた買えばいい。
その程度のものだ。
 
あと数ヵ月で定年というところまで仕事に拘ってきての交通事故。
考えようだけれど、車が身を守ってくれたと思えば、有難いことである。
 
シルバーバイトから帰ってみると、同居している子3号が職場からインフルエンザを貰ったようで早退して寝込んでいた。
職場で具合が悪くなり、早退して受診したようで、早期にインフルエンザだとわかったらしい。

当人はしばらく大変だけれど、無理して休養もせず仕事を続け、他へ感染させまくることを思えば、これも考えよう。
いい判断だった。
 
明日は交通誘導のアルバイトで初めてひとりで現場に立つ。
さて、どんなことがおこるかなぁ。
 
考えようで割り切れる程度のトラブルで済めばいいけれど(笑)。
 
============
<今日は何の日>
今日は、『ライバルが手を結ぶ日』だそうです。
 
1866(慶応2)年の今日、長州の木戸孝允、薩摩の西郷隆盛らが土佐の坂本竜馬らの仲介で京都で会見し、倒幕の為の薩長同盟(薩長連合)ができました。
 
大きなエネルギーは、それ自体は似たもの同士で弾きあっても、共通点を上手く繋ぐ接手があると、力としては一つになれるんですね。
 
このことは既存の歴史認識ですが、少しひいてみると、倒幕(イデオロギーの違う体制にする)運動=過激武装組織、テロ集団ともとれる話です。
 
現代の日本は、勝てば官軍が作った歴史。
薩長のテロ集団が成した社会とも言えますね。
 
でも結果、それほど悪く無い。

これも考えようかな。
コメント (2)

先細り感

2019年01月14日 | 日記
総務省統計局は2018年12月31日、2019年1月1日現在における「亥(い)年生まれ」の人口と「新成人」の人口の推計データを発表した。
 
亥(い)年生まれの人口は1055万人、新成人の人口は125万人との推計となり、新成人の数は去年2017年と比べると2万人の増加となったとか。
 
また昨年に続き9年連続で総人口に占める新成人の割合が1%を割り込むことも確認されている。
 
**に比べ++増加と「人口はそんなに減ってませんよ」的な表現がいかにも政府の広報らしい。

今年のハタチは、20年前に生まれた赤ちゃんたちだ。
その数に増えた減ったのコメントをつけても耳障りのいい話でしかないけど。
 
さて、今日は成人の日。
 
ハタチになった若い人には、ほんとうにおめでとう!と言いたい。
祖父母や父母へ感謝なんてまだする必要もないし、それを実感する場面はきっとこれからあるから、今はやりたいことをやったらいい。
いい時間だなぁ。
ハタチ!
 
一方、人口密集の首都東京、その隣県の字田舎の現状は、小学校の統合、小中学校の合併、更に進んで幼稚園から小中学校を一箇所に集めてしまおうという動きが進んでいる。
それだけ子供が少ないのだ。
 
有名私立一貫校というのであればかっこいいが、山深い里にバスを走らせて通学したり、時には父母が車で送迎する。
進学上のメリットは、もちろんなにもない(笑)。
 
働く若いお母さんを支える学童保育で働く人の条件も悪いようで、しょっちゅう求人がでる。
 
今年から輪番で2年間運営にかかわるわが集落は50戸近くあるが、ここに住んでいて小学生のいるお宅は1軒しかない。
 
これじゃ、日本沈没かも。
地面の話ではなく、社会保障を中心とした制度での沈没。
 
国民皆保険。
年金保険、健康保険制度ももうじき維持できなくなるような気もする。
 
風俗は繁盛しても、人口は減る。
 
政治のそもそも、倫理・道徳という主軸がずれているのもかと思う。
 
この国、先細り!
 
かもね(笑)。
============
<今日は何の日>
今日は、成人の日(祝日)。
コメント

いだてん

2019年01月07日 | 日記
昨日から今年の大河ドラマ『いだてん』が始まった。
 
明治の始めから現代が舞台となるようで、第1話はとても新鮮な気持ちで楽しんだ。
 
嘉納治五郎とのからみで、加納久宜(かのうひさよし)が日本体育会会長の肩書で登場してきた。
 
嘉納の「かのうはかのうでも、わたしとあなたは違う!」的なセリフで、新旧の旧の方の代表のような感じだったのだけれど、加納久宜って、あの?と思い調べてみたら、やはり2020年のオリンピックでサーフィンの会場になる上総一宮に幕末にあった一宮藩の藩主だった人である。
 

明治45(1912)には中央の大臣就任が要望されたが、地元一宮町民の熱望により一宮町長に就任。

現在も町を見下ろす城山に分骨を納めた「加納久宜公の墓」が残っている。

千葉県、JR上総一ノ宮駅周辺の、ある年代の人にはまだお馴染みの人物である。
 
周辺は特にソメイヨシノの季節には最高に癒されるので、私的には毎年のウォーキングエリアとなっている。
上総一宮藩の名残か、国道128号と並行し陣屋通りという裏通りが残っていて、布袋庵さんというお蕎麦屋さんでラーメンを食べるのが定番である。
 
加納久宜公の遺言は「一にも公益事業、二にも公益事業、ただ公益事業に尽くせ」だとか。
 
決して古い堅物、利権タイプの人ではなく、庶民生活に密着した地方自治では大いに貢献した人物のようだ。
 
千葉県はチーバ君の上半身、胸のあたりまでは東京衛星都市としてにぎやかだが、背中側(太平洋側)は高齢化・過疎化がひどい。
増殖しているのは、イノシシ、サル、シカ、キョンばかりで、わが人類はトホホである。

そんなエリアの上総一宮にオリンピックが来る。
 
縁の人物をしっかりドラマに登場させてくれた本を書いた宮藤官九郎さんは、東北人らしい、とても地域思いのすごい人かも、と思う。
いつも面白い時間をありがとう。
これから、期待しますよ(笑)。
 
昨年、『義母娘』でとてもいい時間をくれた綾瀬はるかさんもでるらしい。
こんどはどんな世界を見せてくれるか楽しみんだ。
 
録画して時間のある時にまとめ観、的な事になりそうだけれど楽しみな時間だ。

============
<今日は何の日>
今日は、五節句のひとつ、『人日,七日正月』です。
 
古来中国では、正月の1日を鶏の日、2日を狗の日、3日を猪の日、4日を羊の日、5日を牛の日、6日を馬の日とし、それぞれの日にはその動物を殺さないようにしていた。
そして、7日目を人の日として、犯罪者に対する刑罰は行われないことにした。
 
また、7種類の野菜を入れた羹を食べる習慣があり、これが日本に伝わって七草粥となった。
日本では平安時代から始められ、江戸時代より一般に定着した。
(wikipedia - 人日より)
 
散々殺して食べてしまって、いや生きるためではなく殺しただけかも?
それで自分たちの中間は勘弁してあげようって身勝手、自己中の極みだと思います。
  
人類の歴史の大きな流れは、浪費・殺戮の歴史ですね。
 
毎日のエ小さなネルギー、うんこもおしっこも、吐き出す二酸化炭素も無駄なものはないはずなのに、みなお金をかけて処理してしまう。
私生活は無駄ばかりです。
 
七日正月は大きな戒めだと思いませんか?
コメント

年賀状作りから

2019年01月01日 | 日記
今年はお天気も良く、静かなお正月が訪れた。
 
昨年の今頃は年末の作業中にぎっくり腰に見舞われ、辛い時間を過ごしながらの新年だったが、今年は体調もよい。
なによりだと思う。
 
早々に郵便屋さんが年賀はがきを届けてくれた。
早期退職以来、年賀状を頂いた方に元旦に近況報告を兼ねてご挨拶状を書くことにし、できるだけ枚数を減らしてきたが、それでも50枚あまりのはがきが届いた。
 
組織を離れ無所属となった今も多少なりとも気にかけてくれる方々がいるということは、思えばほんとうに有難いことではある。
 
ちょっと寒いけれど(笑)、これから自転車をひっぱり出してコンビニまで走り、はがきを買って、今年も年始のご挨拶から一年をスタートである。

============
<今日は何の日>
 
謹賀新年
 
幸多き年となりますように
コメント

今年も門松もどき

2018年12月27日 | 日記
今年もあとわずか。
昨年購入した松などが枯れることなく1年を経過したので、新しく葉牡丹などを買い足して、簡単な寄せ植え門松(もどき)を作ってみた。
 
 
昨年の作品(『葉牡丹で門松』2017年12月24日 | 日記)は、寄せ植えとして売っていた鉢に竹を加えただけだったけれど、今年は素材集めから少し時間をかけた。
 
出来栄えはイマイチだけれど、考えたり、作ったりしている時間はほんとうに楽しい。
 
室内の神棚、外の稲荷さまに簡単な正月飾りを取り付けて、氏神様の役員さんが届けてくれた新しいお札に入れ替えた。
 
どれもお金のかかっていない手作り感いっぱいのものばかりだけれど、新年を迎えようというこの気持ちが伝わって、良い年神様がおりてきてくれるといいなぁ。
============
<今日は何の日>
1989(昭和64)年の今日、将棋棋士・羽生善治さんが竜王となり、棋界初の10代のタイトル保持者になりました。
 
先日負けちゃいましたが、この息の長さ、やはり天才ですね。
もちろん、ものすごい努力もされているのでしょうが。
コメント