まがりかどの先に

まがりかどの先にはきっと良いことがあると信じ、目の前の人生の小路をてくてく歩き続ける日々の雑記です。

血圧に一喜一憂

2018年10月24日 | 不健康な日々
血圧の薬とのお付き合いはもうずいぶん長くなり、ここ数年は、朝夕血圧を測り記録することが習慣になった。
 
普段は、下は80台、上は125~135くらいで、まあ普通の範囲に入っているな、と思うと喜んだりもするのだけれど、思えば、薬を飲んで抑えているのだから、高血圧には違いがない(;'∀')。糠喜びってやつ(笑)。
 
測定時のちょっとした条件の違いで血圧は振れが大きくて、1日(回)、2日の数値だけで不安がったりする必要もないことは分かってきたが、この1週間ほどは150台の高原状態が続き、首筋がはったり、ふらっとしたり。
すこぶる付きで調子が悪い。
 
過去データをみると、季節の変り目、特に寒さに向かうときにこの傾向はあるが、年々ひどくなってきているよう(体感)でもある。
 
Ouchijinで、時間はたくさんあるのだから、無理せずしばらく安静にしていよう。
もうじき定例通院の日が来るので、その時に出も、相談してみようかな。
 
案外、数日後にはいつもの調子に戻っているかもしれないし。
============
<今日は何の日>
1964(昭和39)年の今日、東京オリンピックが閉幕しました。
 
前回は気候的は穏やかな季節に行われたんですね。
 
今回の東京オリンピックは、2020年7月24日から8月9日までの17日間。
真夏の開催については、マスコミ等でも話題になっていますが、アスリートのみなさんの健康管理はできるんでしょうか。
 
10月21日に福岡県で開かれた第38回全日本実業団対抗女子駅伝の第4回予選会「プリンセス駅伝 in 宗像・福津」で、日本を代表するようなアスリートがふらふらになって棄権したり、骨折で這って襷を繋いだ選手の姿が、真夏のオリンピックで再演しそうな感じもします。
スポーツなのですから、大方の人にとって良い環境下で覇を競えばいいのではないかと思います。
コメント

左目に蚊が増えた

2018年04月17日 | 不健康な日々
右の眼は、飛蚊症がひどくなり眼科検査を受けた際、網膜裂孔が見つかりレザー治療を受けている。もう十年くらい前になるだろうか。
 
三週間ほど前から、今度は左目にちらちらする黒いものがたくさん見え出して、右目の網膜裂孔の例もあったので、検査に行ってきた。
 
ド近視だし、乱視だし、老眼だしで、およそ機能の良くない目玉ではあるけれど、今の生活を支える情報の大半を取り込んでいるかけがえのないもの。
異常がなければよいが、と思いつつ、目薬で瞳孔を広げ検査してもらった。
 
「大丈夫、大丈夫。眼底出血も穴も開いていないよ。確かにシミみたいなものが見えるけれど、治療の必要はなし」
そんなドクターの見解だった。
 
眼病もなく、視力の低下、老眼の進行もあまり感じなかったので、かかりつけの眼科に行くのは四年ぶりだったようだ(受付での雑談より)。
 
眼底検査の他に、視力、視野、眼圧なども一通り見てくれ、悪くは無いとのこと。良くはなくても、悪くなければ結構なことだ。
やれやれである。
 
両目に増えた蚊の大群は、これからの日ざしの強い季節は鬱陶しい。でも、これも老い。仕方がないと受け止めて、目は大事にしていきたい。
およそ機能の良くない目玉だからこそか、見えることのありがたさは痛感している。
 
============
<今日は何の日>
今日は、職安記念日 / ハローワークの日です。
 
1947(昭和22)年の今日、それまでの「職業紹介所」が「公共職業安定所(略称:職安)」と改称されたことを受けて制定されたとのこと。
 
求人情報がWebでも見られるようになり、ハローワークは便利になりましたね。
コメント

検査結果は悪くとも元気

2018年02月20日 | 不健康な日々
治す気もないのに検査ばかりしても仕方がないと思い、四十代初め以降、それまで毎年カミさんと行っていた人間ドックはやめた。
というか、その頃からボチボチ今の慢性病が出始め、毎月医者通いしていたので、不調はいつも診てもらっているドクターに相談すれば事足りた。
年に一度の総点検より、いつもの日常点検的な医療との付き合いが始まった時期だった。

今日明日にどうこうという病ではないが、今も毎月の医者通いは続いている。
 
私の治療は、医者どんの、というより、自分の飲み食い、運動の問題だと思っている。
医者どんがどんなに薬をもっても、私の不摂生には無意味だ。
今もってわかっちゃいるけど、やめられね、的な生活ペースだが、半年ごとに検査はしていて、今日、1月におこなった検査結果を聞いてきた。
 
概ね悪い中、BNPという心臓の働きを示す数値が最悪の300台。
過去最高は100台だったので、ダントツのゴールドメダルだ(;'∀')。
 
BNP300台で、心臓が絶好調ということはない。不調の自覚症状はある。
だけど、普通の生活ができないわけではない。元気はある。
医者どんの質問にあったように、普段は息切れすることもなく、歩いたり菜園作業をしている。

飲酒後の夜は何度も起きる。飲酒による心臓への負担、睡眠不足もあり、翌日は動悸・強い不整脈がでることが多い。
お酒・タバコをやめ、粗食にし、適度な運動。これができれば"検査値"はかなり改善するのは想像がつく。
十年前に、ヘビースモーカーは卒業した。そろそろ、お酒も完全離脱の時期なのかもしれない。
 
検査結果という数値は、客観的なものだが、絶体ではない。
結果を受け止め、一日一日を大切に生きていこうと思う。
 
やり残し感はないが、心残りはまだある。
 
============
<今日は何の日>
1962(昭和37)年の今日、アメリカで最初の有人宇宙飛行に成功しました。
それから、半世紀、国際宇宙ステーション(ISS)が普通に地球を回っています。後五十年したら、一般の人でも月旅行なんて話しになっているかも。
そのころ、あたしゃ、星になって見守ってます(笑)。
コメント

またしても、魔女の急襲

2018年02月07日 | 不健康な日々
またしても、魔女の急襲。年の瀬にも一撃があったばかりだ(/_;)。
 
5日(月)には、元気にシルバーバイトに出勤。
午前中、花木の手入れをお手伝し、寒い日陰でずっとしゃがみ込んで、麻縄を使ってで支柱立てをしていた。
お昼休憩時に腰を伸ばすと、ギクシャクした違和感があったものの、午後は立ち仕事だったので、無事帰宅。
 
朝出かける前に干した洗濯物を取り込んで、ワンコ先生と散歩して、風呂掃除、炊飯の準備。お米に水を吸わせる間に、浄化槽点検の代金を払い込もうと二代目1万円PCを立ち上げて、椅子に座り、2mほど先に置いた浄化槽点検の代金の明細を取ろうとすっと立ち上がった瞬間、来た( ゚Д゚)。
 
今回は年末の時とは違い、無防備に勢いよく動いたので、まさしく一撃!力がガクンと抜けて、あっ、あっ、あって感じ。
どう動いても、痛くて、これまでの最高潮であった。
 
職業病的なところもあり、五十歳前後から何度か痛くなってはいるが、ほぼ一月で来たのは初めてだ。
 
子供の頃から体は固く、前屈などはつま先から下へ行かない。それに加え、体重は変わらなくても、どんどん筋肉が落ち、脂肪になってきているように思う。
 
体の柔軟性は動かさなければ失われる。筋力もまたしかり。
 
自分なりには、ラジオ体操をしよう、ウエイトトレーニングをしようと考えて計画はしているのだが、どうもこの時期、寒いから、外が暗いからとさぼりがちで、実行が伴わない。
 
魔女さんが、実の伴わない毎日に、こんなんじゃ、全然だめだよ、と警告してくれたのではないかと思う。

思えば、年末に具合が悪くなったのも、自宅作業で今回と同じような姿勢をずっとしていた後だった。
寒さ、長時間深くしゃがむ姿勢は、これから、要注意だ。そして、違和感があったら、すぐ休むのか深刻にならない有効策だと思う。

今日は、腰ベルトをしているが、普通に歩ける。軽く外仕事をしながら、体を慣らしていきたい。
 
============
<今日は何の日>
1998(平成10)年の今日、長野冬季五輪開幕しました。
 
大韓民国 平昌オリンピックは、9日から。
いろいろな思惑で、場外の話題が盛りだくさんですが、選手の方達は、自分の思いの丈をぶつけて、悔いのない時間を過ごしてほしいと思います。
通称”韓国”ですが、改めて”大韓民国”という国名をみると、”大日本”的な感じも。民族意識の高さを感じます。
コメント (2)

年の瀬に、魔女の一撃

2017年12月30日 | 不健康な日々
昨日、なんとか今年中に、の思いで、古くなった燐家との竹垣の更新作業をおこなった。
 
切り出しておいた竹を組んで棕櫚縄でいぼ結びに縛っていくだけの作業なのだが、低い位置は思い切りしゃがみ込んでの作業となる。
 
北風の中、いい調子でやっていて、数本目の下側を縛って、おもむろに立ち上がったら、「うっ、あ、腰が・・・」

伸ばそうとすると左腰に激痛が走って、動けない( ゚Д゚)。
 
数分間そのままでいて、そっと動いて、傍にあった切り株まで移動。

ここでもしばらく動けない。
動くと激痛。
 
とにかく、そこで動かせるところを少しずつ動かして、多少の回復を待って、家に這う這うの体で移動。
床についた。
 
ここへきて、ぎっくり腰のようだ。
 
布団の中で、Flex10を使って情報を集まてみたら、左腰痛は内臓系の病気が原因ということもあるらしく、痛みが引かなかったらきちんとした検査を受けた方が良いらしい。
 
ただのぎっくり腰なら、最初は冷シップなどで冷やし、痛みが柔らだらお風呂などで温めて、一週間くらい安静にしていれば治るようだ。
 
ぎっくり腰。別名、魔女の一撃といいらしい。
 
気持ち的には無理をしている気はないのだけれど、もう体がついてきていない。それが、現状か。
「無理すんなよ」と、魔女が警告してくれたのかも。
 
人の役には立たなかった一年だったけれど、自分なりにはたくさんのことができた。
年末始はそのご褒美だと思って、ゆっくり寝て養生したい。
コメント (2)