まがりかどの先に

まがりかどの先にはきっと良いことがあると信じ、目の前の人生の小路をてくてく歩き続ける日々の雑記です。

朝の月

2017年11月11日 | 日記
空気がひんやりしてきたこの時期、夕方、ワンコ先生と散歩中に見る月がほんとうにきれいだ。
 
お日様は、朝出て夕方に沈むが、お月様は必ずしも夕方出て、朝沈むとは限らない”神出鬼没性”があるので、毎回見られるわけではないのが残念だ。
 
今朝、シルバーバイトを前に、朝のラジオ体操に励んだ。
 
朝のひと時は、抜けるような青空が広がっていた。
 
かたい体を折り曲げて前屈し、う~~っと言いながら思い切り後ろそりしたら、視線の先の青空にくっきり月齢22.3の下弦の月があった。
 
ちゃんとやってるじゃないか、頑張ってるなぁ、と静かに見守ってくれているようだった。
 
お日(今日)様は、元気をくれるが、お月様は、静かな安らぎをくれる。
ほんとうに感謝だ。
 
そりかえり 見上げた空に 朝の月

============
<今日は何の日>
今日は、電池の日です。
 
電池の+と-を組み合わせると十一となることから設定されたのだとか。
 
電池を作る技術も人件費の安い国に移り、今は100均の電池でも国内メーカーの電池でも変わらない性能になってきました。昭和に主流だったマンガン電池は、100均でしか見られなくなってきましたね。世の中、どんどん変わっていきます。
コメント