まがりかどの先に

まがりかどの先にはきっと良いことがあると信じ、目の前の人生の小路をてくてく歩き続ける日々の雑記です。

夏ドラは面白いものが多かった

2018年09月17日 | 日記
新しい切り口では、
『高嶺の花』     (プーさんに、いいね!)
『この世界の片隅に』 (NHKの朝ドラメンバー、やるじゃないか!)
『健康で文化的な最低限度の生活』 (義経えみる、笑顔がいい!)
『チアダン』     (福井弁をきいているとなぜか心が和む!)
『グッド・ドクター』 (韓国KBSの原作と並行してみられ、両方とも思うところがあった)
『義母と娘のブルース』
 
シリーズになっている『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~ 』
これは、警視どのととらみ先輩を中心とした絡みを中心に、昭和の頃の『銭形平次』や『水戸黄門』、『遠山の金さん』的な面白さがあって、いつもみている。
 
どれも俳優さんの熱演に、本当に楽しい時間を過ごせ、夏ドラは面白いものが多かった。
 
明日、『義母と娘のブルース』も最終回となる。
 
(私の)娘世代の義母は、最高にいい演技で笑わせてくれたり、泣かせてくれたり。
 
でも、このドラマでとても新鮮だったのが、小さいみゆきと大きいみゆきにえっていうほど連続性があり、あの子が年頃になったらこんな娘になるんだろうなという容姿、表現である。
 
義母が年頃になった娘に「みゆき!」というと、小さいみゆきの顔が見える。
年頃になったみゆきが、「お母さん!」というと、小さいみゆきの顔が見える。
 
義母は、ずっと年とらないけれど、みゆき役の二人が見事に時間の流れを作りだしている。
 
二人とも欲もなく普通に演じているのがいい。
 
本や主演俳優さんも大事だけれど、長い時間を語るドラマでは、時間を経ったときの俳優さんの持つ雰囲気にしらけることがある。
あっ、『1+1』で、新しい本ね!って割り切ってみる作品がほとんどだ。

『義母と娘のブルース』のみゆきの連続性にはいたく感動している。
 
『義母と娘のブルース』
夏ドラのマイランク1位。
明日最終回である。
 
義母の、「みゆき!」という呼びかけは、コメディタッチだけれど、とてもあたたく、見ている人にも元気をくれる、パワーだと感じる。
明日が楽しみだ。
 
コメント

希林さんも亡くなったなぁ

2018年09月16日 | 読経の日々
ドラマ『寺内貫太郎一家』で、沢田研二さんのポスターに向かって「ジュリ~!」って叫ぶシーンが原点で、樹木希林というエンターテイナーを知った。
それ以来のファンである。
 
このところ、昭和の時代に活躍した私のお気に入りの芸能人の方の訃報が目につくようになった。
 
まわるまわるよ、時代はまわる・・・。
そんな昭和の歌があったけれど、仕事として、日本中に笑いや希望を与えたてくれた、あんなに大きなエネルギーを持っていた芸能人の皆さんでさえ、若い力にとって代わられ、いずれは消えていく。
 
昭和の時代に活躍した私のお気に入りの芸能人の方の訃報を通じて、諸行無常を実感中だ。
 
寂しさとか、虚しさ、死ぬのが嫌だというのではない。
「ああ、そういうもんだよね」っていう、腹のすわった受け止め方である。
 
若いころからそれなりに理解はしてきたけれど、実感はなかった。
死ぬのは、今もっているものを失ってしまうという欲からくるものか、正直、怖かった。
 
日々是好日。
生きている時間を大切にしたいと心から思う。
 
============
<今日は何の日>
1948(昭和23)年の今日、戦時中から配給制だったマッチの自由販売が認められました。今日は、『マッチの日』だそうです。
 
火はすべてを焼き尽くしますが、きちんとコントロールすれば生活に欠かせないものですね。
 
今は、ライターや簡易ボンベを使って簡単に火を起こすことができますが、災害時の臨機応変では、ローテクで火を起こす術を、平時のキャンプなどで体験しておくと案外強みになるようです。
 
今の私なら、太陽熱を老眼用の拡大鏡を使って黒系の紙に集中し火を起こすかな(笑)。
そう考えたら、老眼も悪くないですね。
 
コメント

チャドクガきたかな!?

2018年09月14日 | 少し働く日々
昨日は公園清掃のアルバイトにでた。

社員さんから、植栽してあるツツジや椿などにかかったツルや株間から枝を広げている雑木を取り除いてほしいと指示があった。
 
この時期は雑木やツルもどんどん成長して繁茂する時期だが、毛虫の発生、マムシなどの有害生物もまだまだたくさんいる時期で、正直、気が進まない。
「体調が悪くなったので・・・と仮病を使って早退しよう!と魔の声がささやいたが、これも誰かがやらなくてはなぁと思いとどまり作業した。
 
お昼前に、腰高の寒椿の生垣に伸びたツルや雑木を取るのに生垣の中に入り込んだ。
 
お昼休みに、内腿が広範囲にやたら痒くなってきた。
やぶ蚊にさされたかな?と思いつつ一日の作業を終え、お風呂に入ろうとズボンを脱いだら、(;´д`)トホホ。

赤いポツポツがたくさんできていてやたら痒い。
こりゃ、毛虫だな!
椿の葉に、チャドクガの群れでもいたかな( 一一)。

しばらくは、「キンカン塗ってまた塗って」でひっかかなければ治るだろう。
朝からちょっとやな予感がしたんだよなぁ(笑)。
 
社員さんや毎日出勤の非常勤さんが自分でやる前提で、事前に殺虫剤をまいておいてくれるとか、下草を刈っておいてくれるとかしておいてほしいよな、まったく。
パートのジイサンマンは、道具である(;´Д`)。
 
作業ズボン+パンツ部分は無事ヽ(^o^)丿。
ここまで赤いポチができて痒くなると、こりゃたいへんだった(笑)。
作業ズボンの上からの接触でもかぶれるということが、新たな発見になった。
今後は十分注意しよう。
 
シルバーバイトの作業条件は最悪だけれど、無責任で、いい小遣い稼ぎと割り切っていれば楽しいことも多い。
いつでも辞められるし。
 
===========
<今日は何の日>
1985(昭和60)年の今日、65歳以上の高齢者が全人口の1割を突破したと総務庁統計局が発表しました。
 
33年経った2018(平成30)年現在は、3割弱。2040年には、4割弱になるの予想もあります。
 
シルバー世代はどんなに優秀な人でも体力や今を感じる感性は確実に落ちてきます。
それを前提に、公的制度にもたれかかるだけでない、自律的に働ける環境ができて欲しいと思います。
 
働けるだけ働いて、最後はみんなの世話になる。
こんな世話のかけ方は、悪くはないんじゃないかと思います。
コメント

ひとりパソコン教室(LibreOffice Base編 その3)

2018年09月11日 | 日記
お天気が悪い日のつれづれの時間を使って『魔法使いの開発工房』さんの最初の課題に取り組んだ。
 
目次の『Step1:Access習得のコツをつかもう』は、JA福岡さん公開のマニュアルでも多少の予備知識は入ったのでざっと読み進んだ。
 
『Step2:小さいデータベースをひとつ作ってみよう』から、なぞって実習。
 
このステップで確かめたい大まかな流れは、
①Excelデータファイル等のインポート(取り込み)でのテーブル作成。テーブルデータ等のエクスポート(はきだし)てのデータ利用方法の確認。

②データ閲覧・入力用のフォームをBaseウィザードの使い方をいじっておぼえる。

③デザイン表示でのフォームの編集

④Accessの分割フォームのような形をBaseで作ってみる。

⑤紙ベースで表示するときのレポート機能を使ってみる。
 
といった感じ、テーブル1つだけの『戦国サークル会員データベース』をつくるというものだ。

とくかくBaseを弄り倒しておぼえていくという時間まかせのひとりパソコン教室である。
 
<データのインポート、エクスポートについて>

『魔法使いの開発工房』さんが学習用に用意してくれた会員名簿(エクセルファイル)をダウンロードして、Baseの新規作成で立ち上がるデータベースウィザードの「既存のデータベースに接続」で取り込めた。

ウィザード、良くできている。
 
エクスポートを試してみた。
 
取り込んだ会員テーブルを右クリックしてコピーし、Calcの新規ファイルに貼り付けたら、見事に文字化け。LibreOffice 6.×になってもここは不調らしい。
 
 
テーブルやクエリデータを表計算ソフトCalcで使いたい場合は、Calcの新規画面を開いておいて、Baseのテーブルやクエリの左上隅をクリックすると全データ選択となるので、そのままD&Dして使うのか現状のようだ。
 
膨大なテキストデータ等をデータベースソフトに取り込んでクエリで必要な処理をして、データを使いやすい表計算ソフトに移して活用するという使い方は、使う者の発想次第で無限で、とてもおもしろいソフトだと思う。
 
<データ閲覧・入力用のフォームについて>

初めから誰でも思い通りにできるかといえば、そうではないけれど、ウィザードはとてもよくできていると思う。
なんども条件を変えて作ってみると、なるほど、これはこう動くのかと分かる。

それっぽいフォームもできた。
 
 
サブフォーム機能を使って、それらしい分割フォームもできた。

<レポートについて>

ウィザードである程度の形は簡単に作ることができる。
 
 
ひとまず紙で見られればいいやレベル。

ワープロソフトWriter形式で吐き出されるが、プレゼンなどで使うレベルになおすにはこれは大変そうだ。
 
LibreOfficeのワープロソフト、スプレッドシート、描画ソフト(Draw)については、Oooの頃から使ってきたが、最近の出来は、ほんと、安全な方法であればバージョンアップの都度少しでも寄付をしたい!というレベルである。
 
Baseはまだ難はあるけれど、『魔法使いの開発工房』さんのガイドラインというか、導きもあるので、ヒマにまかせて弄り倒してみたい。
 
===========
 
<今日は何の日>
今日は、公衆電話の日です。
1900(明治33)年この日、日本初の自動公衆電話が東京の新橋と上野駅前に設置されました。
 
電話はほんと、普及しましたね。
房総ではどんな字田舎でもネットワークが整備されたのでみな携帯電話です。
 
公衆電話は、私の生活圏で認識しているのは1か所です。
私の携帯には、月1も電話がない。
こちらからかけることもほとんどない。
 
でも、なにかの時には電話も必要(使わなくて税金的に取られる生活費)=携帯電話を持ち続けている。
 
これって、なんか違うなぁと思います。
コメント

災害時はまだ携帯ラジオが有効らしい

2018年09月09日 | ラジオな日々
北海道で大きな震災が発生したが、この災害の特異点は、北海道全土で停電になったということだと思う。
 
房総半島に住んでいて大きな地震、風水害をいくつか体験してきたが、千葉県全体が停電になるということはなかった。
 
あの広い北海道がブラックアウトしてしまうと本当にまっくらな世界なんだろうなと思うし、これが冬期でなかったのは、不幸中の幸いというべきか。
 
現代人の生活基盤のほとんどを支える電力が、早期に復旧ができ本当に良かった思う。
 
Webの技術を使った現レベルでの情報の送受信の弱さも実証された。
電波の中継施設もエリアのWi-Fiも停電ではほぼ役に立たない。

パソコンやスマホの電池はそうもつものではないし、テレビは本体の通電もできない。
 
NHK R1をここ数日きいていたが、放送局側がスマホ等の活用を呼びかけている半面で、リスナーからは携帯ラジオからの情報が有難かったというおたよりなどが多く印象に残った。
 
今どきダイヤル回して、雑音の多いラジオなんて、という傾向はその通りだと思う。
 
でも、古い作り(アナログタイプ)のラジオは、”無限じゃないの!”ってくらい電池が持つ。
 
25年以上使っているSonyのICF-EX5というポータブルラジオは、単2×4本で動くが、朝夕ちょくちょくきくだけだと、1年から1年半に一回の電池交換で足りる。
この機種は、評価が高かったようで、ICF-EX5 MK2という後継機ができ、根強いファンがついているらしい。
 
最近では、 東芝 ラジオ TY-HR1 がうけている。
ゴツイ筐体、シンプルなアナログチューナー=安い。
AC100Vでも使えるし、単1形乾電池×3(百均アルカリ電池で約300円)でもOK。しかも、電池長寿命 最大400時間。
朝夕のBGMがわりに1時間くらいきいても、1年くらいには電池がもちそうだ。
 
Webの技術を使った便利な環境もいい。
 
でも、一家に一台。
ラジオのような古い技術のしっかりした製品を置き、使いこむ習慣があることが、災害の際には有効かと思った。
 
防災用ラジオを買って、電池を買って、何年も防災袋に入れっぱなしでは、いざって時には、ラジオはともかく、電池は液漏れなどで使えない。ラジオに電池を入れっぱなしだと、ラジオも(;´д`)トホホとなる。
 
非常用の食糧などと同じで、消費するから意味があるものばかりだ。
 
放送局の施設の復旧が進み、補助電源などの電力があれば、圧倒的多数に正しい現状を伝えられるのは、手持のラジオで流れてくるNHK-R1あたりの報道だと思う。
 
被災地のリスナーさんからの投稿は、なるほどなと思った。
 
わが家は、マイブームのラジオで電池を回し始めたので、現状はストックしてある電池もみな新しいものになった。
===========
<今日は何の日>
今日は、救急の日(厚生省、消防庁)です。
有難い制度ですが、病院までのタクシーかわり使われたりと、大変な状況のようですね。
コメント (2)