メダカとトンボの棲む庭

自宅の庭でメダカを飼っています。夏にはトンボの羽化、冬には野鳥が飛来するなど、1年中生き物で賑わっている楽しい庭です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カワセミの食事

2010-06-27 18:56:12 | 野鳥
今日もカルガモ親子の姿は確認できませんでした。
オオっ、遠くにカルガモ1羽の姿を発見!
・・・まさか子供がすべて濁流に流され、残った親鳥ではないと信じたいです。


かわりに元気に飛び回っていたのが、こちらのカワセミ君。

あいかわらず動きがすばしっこいので、飛んでる姿にはピントが合いません。
”チャポン”と水に飛びこみながら小魚を採っていました。

『へへっ、いただきま~す』

大雨の後の川では、どこかしらから脱走した鯉をよく目にします。

鯉 → カープ → 連敗脱出 → 鯉登り となればいいんですが。
コメント

心配ごと カープは・・・

2010-06-26 21:10:06 | よもやま話
梅雨ですね!
大雨の中、カルガモ親子の様子を観察しようと川に行ってきましたが、
姿が見当たりませんでした。
雨で川が増水しており、カルガモ親子の安否が気がかりです。
きっとどこかに身を潜め、無事でいることを祈ります。

もうひとつの心配事といえば、カープの5連敗です。
主砲の栗原が抜け、エースの大竹が再度離脱し、シュルツ、永川の復帰のメドも立たず。
横山はもうじき戻れるにしても、ここまで主力に怪我人が出たシーズンは記憶にありません。
たしか衣笠は骨折してもゲームに出ていたよな。

死球の栗原を除き、野村新体制の猛練習のツケが回ってきたのでしょう。
ブラウン体制(2006~2009)4年間の練習は、アメリカ式で無理せず、効率的でした。
楽に慣れた?選手達に急に猛練習を課しても、ケガをするのは当たり前です。
そこのところを野村監督も考えないと、プロのチームとして野球にならんですわ。

去年のシーズン終盤、松田オーナーに直談判しているファンが球場にいました。
ファン『ブラウン野球はカープ野球じゃないわ。はよう辞めさせてや~』
オーナー『わかっとるよ。次は野村じゃろうね』

サッカー日本代表の岡ちゃんも一月前までは『辞めろ』といわれていたけど、
本番できっちり結果を出し、今では『すごい、大したもんだと大絶賛!』

野村監督も長い目で見る必要がありそうです。
コメント

カルガモの親子

2010-06-24 20:35:01 | 野鳥
過去の日記で何度かカルガモを紹介しましたが、親子らしい姿を紹介するのは初めてです。

3日前、犬の散歩中にカルガモの親子を見つけ、今日改めて親子の捜索を行ったところ、

元気な姿を発見できました。


お母さんを先頭に子カモはどうやら9匹いるようです


私が見ているので足早に通り過ぎる


こちらは別の家族。随分大きい子カモは8匹のようです。

夕方かつコンパクトカメラで写したので、大ピンボケです。

次は一眼レフでチャレンジしたいですね。

それまでカラスなどに襲われないよう、親子の無事を祈るばかりです。
コメント

クロメダカ

2010-06-21 20:45:50 | メダカ
クロメダカの産卵のピークは去ってしまったようで、徐々に赤ちゃんメダカの孵化が
少なくなってきた気がします。

これらは今年生まれたクロメダカの子供たち(室内飼育)


メダカは大きい物で1cm程度まで成長しました。


もちろん屋外でも飼育中ですが、餌を定期的に与えている分、屋内チームのほうが
成長が早いようです。

そのうち屋外飼育に切り替えるつもりです。
コメント

LED電球2個目買いました

2010-06-20 18:54:08 | よもやま話
3月に購入した東芝のLED。

素晴らしい商品なのですがプライベートルームには明るすぎるのと、なんとLEDから

発する雑音で無線LAN(WIMAX)が受信できないというトラブルが発生。

今は元の蛍光灯に戻しています

そこでもっと暗いタイプをと考え、購入したのがこのオーム社製LED電球。

価格も1790円と手頃(白熱電球を持参するとさらに100円引きでした)



さっそく取り付けてみましたが、ちょっと暗すぎ(光の強さは前回のものと比べ約半分)

雑音も出てなさそうで、WIMAXは問題なし。

しかし暗いのでトイレの照明にな転用しようかなぁ。

コメント

プロ野球観戦

2010-06-16 20:27:36 | よもやま話
新球場元年ということもあり、カープの試合を去年は19回観戦しました。
去年の観戦結果は6勝13敗と散々でしたが、なんと今年は4勝1敗と絶好調。

私が観戦した試合は以下のとうり。
1戦目 4月 4日 ●巨人戦     先発:小松 
2戦目 4月14日 ○ヤクルト戦   先発:斉藤 
3戦目 5月15日 ○日本ハム戦   先発:前田
4戦目 5月27日 ○ロッテ戦    先発:前田
5戦目 6月 4日 ○ソフトバンク戦 先発:スタルツ

好調の要因は、むやみやたらと球場に足を運ばず、カープの先発投手を予想して、
観戦することです。もちろんマエケンこと前田投手の登板日は絶対お勧め!
譲ってもらったチケットの時はさすがに投手を選べませんが、
自腹ならマエケンの時にしか、観戦に行かないようにしています。

雨が降らなければ、マエケンの投げるヤクルト戦に行くぞぅ!
コメント

NHK朝ドラ

2010-06-14 20:34:35 | よもやま話


鳩子の海、おしん、ウエルかめ・・・過去いろんな連続ドラマがあったが、
何と言っても『ゲゲゲの女房』は面白い。
ワシはもちろん毎日かかさず見ています。

ストーリも良い出来栄えなのですが、昭和の良き時代の生活風景は懐かしくもあり、
出雲言葉は心温まりますねぇ。
先日は水木しげる役の向井理さんを“鶴瓶の家族に乾杯”に出演させるあたりは、
NHKもなかなかやるものである。

女房役の松下奈緒さんが12日(土曜日)のスタジオパークに出演しましたね。
もう一度見たいシーンの第一位は予想どうり、父役の大杉蓮さんに食ってかかるシーン。
ワシも朝晩2度見て、2度とも涙・涙のまた涙したシーン。
スタジオパークのこの日も思い出してまた涙。
本当に心に残る、感動したシーンでした。

読者からの質問コーナーで松下奈緒さんの気にいった出雲言葉はの問いかけに
『ちょっこし』と答えられていました。『そげですね』も好きなよう。
最後の『ちょっこし朝ドラみてちょうだい』の松下さんの呼びかけは最高でした。

龍馬伝といい、こんな良いドラマを作るNHKには2倍の受信料を払いたいくらいです。
コメント

緊急事態だ!カープ

2010-06-12 18:34:53 | よもやま話
ワシは35年も前からカープファンなのだ。その前は巨人ファン(すんません)
もちろんカープの試合は全試合、テレビ&ラジオで視聴、時には球場で観戦する。
今年のカープは野村新体制でスタートしたものの、相次ぐ怪我人の続出で緊急事態だそうな。

まさに、木を見て森を見ず!
ワシは栗原や横山、シュルツ、永川が抜けた程度では緊急事態とは思わない。
→ やつらは日頃から『アホか、引っ込め』と言われとるし。

それよりも、18年連続優勝なし、12年連続Bクラス・・・
こっちのほうがよっぽど緊急事態だ。
この事態を打開するには、じゃあどうすればよいのか?
悪いがワシにもわからん。

よっぽど金持ちのオーナーに球団が買収されて、金に物を言わせて、
良い選手をどしどし獲得してくるしかあるまい。
まあ、貧乏球団にとっては夢のような話じゃわい。

死ぬまでにもう一度カープの優勝シーンを見てみたいものじゃのう。
コメント

YouTube

2010-06-10 20:24:01 | よもやま話
YouTubeで動画を見たり、音楽を聞いたりする人が増えたようだ。
ワシは動画に興味がないんで、たまに大昔の歌謡曲を聴いている。

YouTubeにアクセスした時に決まって聞くのは次の曲。
古すぎて、最近の若いもんは知らんだろうなぁ~。

・雨音はショパンの調べ   小林麻美
・まちぶせ         石川ひとみ
・難破船          中森明菜
・北ウイング        中森明菜
・サヨナラは8月のララバイ 吉川晃司
・悲しみ2(TOO)ヤング 田原俊彦

「なんだこれは」というようなラインナップだが、ワシにとっては最高の歌の数々!
石川ひとみさんは齢を重ねた今でも、まったく歌声は変わらんし、
当時の明菜ちゃんの歌唱力を上回る歌手は未だに存在しないと思っとる。
難破船は女性とのドライブで聞くと、「暗っ」て喜ばれるぞ。

ほかにも良い歌はあるはずなので、また開拓することにしよう(ニヤリ)
WALKMANにダウンロードできるらしいのだが、やり方がわからんのぉ。
コメント (2)

RAILWAYS

2010-06-09 20:17:06 | よもやま話


メダカとトンボのブログを開設して3年。
そろそろ路線変更していきたいと思います。

まずは映画の話題です。
映画館の近所に住んでいながら、映画に興味のない私。
中井貴一さんとは同年代で、NHK大河の武田信玄のころから好きな俳優の一人。
この作品だけは絶対に見たいなと思っていましたが、ようやく観賞してきました。

49歳で電車の運転士に転職とは素晴らしい映画です。
私も小学生のころは新幹線の運転手になることが夢でしたので、ピシャリはまった作品でした。

畑電の切符を集めていたシーンは一瞬ドキリ!
私もJRの切符を集めていましたので、なんとも共感を覚えました。
あれこれ感想を語ってもキリが無いので、是非観賞することをお勧めします。
ほんとうに素晴らしい作品でした。

いやぁ~、映画って本当にいいですねぇ。
コメント