趣味の日々が発見
趣味( 静かな自然、野山の花、野鳥、・・・)
 



1年前の在庫からになりますが、当時はあまり気にかけずに忘れられたものと思われます。それをたまたま見返していたらナバカタホコリの未熟のように見えます。その後にこの辺りで成熟が見つかっているのでたぶんそうでしょう。






















コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




シーズン中はよく見るイタモジホコリですが、とりあえず初物のようです。ついでに最近のものが少しあるので入れておきます。


イタモジホコリ









ジクホコリ



ホソエノヌカホコリ



ハイイロフクロホコリ



ツノホコリ



エダナシツノホコリ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




キヌガサタケにダンゴムシが沢山来ていますが、なぜかグレバの粘着状がなくなった所に来ています。ここはもう胞子がないのでダンゴムシは胞子の分散に寄与しないようです。でもここにダンゴムシが集まってくるのはやはり臭いでしょうか、微妙な違いが分かるのでしょうね。



















コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




またキヌガサタケが30本くらい出ていました。グレバが白っぽくなっているのは粘液状のものが雨で流れたからだと思います。来た時にはまだレース部分が伸びていないのもありましたが、20分くらいで下まで伸びたようです。菌蕾がまだあるのでまだまだ出そうです。

























コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




出ていた所が歩道のコンクリート上のコケなのでハイイロフクロホコリだと思ったのですが、石灰節がないので違うようだし、結局、形が不定形などを判断してキノウエホネホコリとしました。本来は生木の樹皮に出るようですが、コンクリート上のコケにも出ているようです。



















コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ