簡単に読めるインスタントブログ

ガチな内容やプチなネタまで幅広く載せるよ。HP開設前の準備的なブログだと思うよ。

極悪政治家を見つけたよ。

2013-07-31 23:19:17 | 政治
以前にWikiにていろいろな政治家を調べた事があるんですけど、
維新の会に所属していた大阪出身の西村真吾のプロフィールがどうも
怪しいのです。不誠実な内容が書かれているのではないかと思うのです。

WiKiでは司法試験に合格しかし大阪弁護士会に所属していないと2012衆議院選挙前には
書かれていたと思うのですが、最近改めて調べてみると「元弁護士」となっており
それが大阪弁護士会となっている。西村真吾本人のHPでプロフィールを調べると
「前弁護士」となっている。
これまでの西村真吾議員のプロフィールでは

「弁護士しかし、大阪弁護士会には所属せず」Wiki(以前)2012衆議院選挙前
「元弁護士(大阪弁護士会)」Wiki(現在)2013、7月
「前弁護士」当人のホームページ(現在)2013、7月

大阪弁護士会の弁護士として検索した場合、西村真吾の名前は出てこない。
日本では弁護士会に所属していなければ弁護士活動は殆ど不可能なはず、しかも
強制的に弁護士会に属さなければならないのだが、西村真吾は大阪弁護士会に所属せず
大阪連合の顧問弁護士として活動していたことになる。

維新の会代表の橋下さんは現在大阪市長で党の共同代表であるが弁護士としての肩書を
もっている。多くの弁護士資格を有する国会議員にとってはコレが普通の在り方だ。
しかし西村真吾は元弁護士であったり、前弁護士であったり肩書が一定ではない。

恐らくこれは経歴詐称だと思うのです。西村真吾のキャリアで不透明な部分が多く存在しており
京都大学に8年間在籍していたことなども不信感を強める原因となっている。

イギリスに住んでいる2年間でも弁護士資格を取得する事は不可能だ。
最低でも7年近くは時間がかかる。
wikiでは京都大学を裏表(裏口入学して正規の学生として卒業する事)裏裏(入学も卒業も裏口)
ろくでも無い存在だ。つまりは高卒で神戸市役所にもコネか裏入社となり、事実上キャリアは高卒
でしかないのです。これは黒ですな。真っ黒ですな。さすがはいくつもの政党を渡り歩いただけはある。
悪質過ぎるなこの西村真吾という奴は「日本には慰安婦がうようよいる。」など発言も低レベルだ。

多くの政治家がいるがこの西村真吾の事を推したり親交を深める人物は少ないと思われる。
政治家以前に人間としての資質が無いのかもしれない。その人物が防衛政務次官とうのだから
日本の防衛相も国会も高がしれるのだな。

2008年には長男の林太郎が議員宿舎の部屋から飛び降り自殺して亡くなっている。
何故か息子は国会議員でもないのに議員宿舎に住んでいたようなのだ。

叩けば幾らでも埃が出てくるでしょう。そろそろ議員辞職もチラつくのでしょうね。
私が維新の会反対派になった原因は石原と西村、プロフィールの表記の仕方のボキャブラリーでは
かたずけられない。

「大阪の恥、日本の恥。」




コメント

英国留学で弁護士資格を得るには

2013-07-31 16:28:08 | 社会
イギリスの法律専門職は法廷弁護士と事務弁護士 と2つある。
その内の事務弁護士をソリシター、事務弁護士規制委員会ロー・ソサエティーに所属しており
イギリスの大学で法学の学位を取得してローソサエティーの研修生になり、法律実務コースを
1年間受けて、2年の実習生としてローソサエティ―の下法律事務所で働かなくてはいけない。

このイギリスの事務弁護士というのは日本での司法書士としての資格と簡単な下級裁判などを
扱う業務である。
法廷弁護士バリスタはこの事務弁護士ソリシターが、扱う事のできない法律問題を事務弁護士から
委任されて上級裁判で働くことに成る。

言わば、事務弁護士というのはイギリス法曹界の窓口といえる。イギリス市民はまず法律的な
問題が生じた場合、この事務弁護士に相談をして下級裁判で争われる場合はこの事務弁護士が自ら
対応にあたり、それ以上のレベルの働きが要求される上級裁判の場合は法廷弁護士が担当することになる。
これが一般的なイギリスでの訴訟を起こす場合の流れです。
しかし時間もコストもかかることから最近はこの事務弁護士が自ら法廷弁護士に変わり上級裁判で弁護に
当る場合や、一般人から直接事務弁護士を通さず、法廷弁護士に仕事を依頼する事も出来るようになっている。

イギリスで法廷弁護士バリスタの資格を得るには法科大学を出てローソサエティ―の研修生を1年間こなし
無給で法律事務所に実務研修として働かなくてはいけない。

資格を得る為の方法論として日本の司法試験に合格するよりも簡単に見えるがイギリスで法廷弁護士バリスタや
事務弁護士ソリシターにの資格を得る為にイギリスへ留学しようものなら痛い目にあう。
弁護士の資格どころか法科の大学を卒業する事も困難であり、入学する事さえも難しいである。
更にローソサエティ―で勉強する段階まで進むとなると・・・まぁその前に大学の試験で落とされるのが
大体のオチですけどね。
方法論では日本人でもイギリスで弁護士資格を取得することは可能ではあるが事実上、相当優秀でないと無理なのだ。
さらには多額の費用も必要となってくる。






コメント

第2次安倍内閣の7か月

2013-07-31 11:47:20 | 政治
自民党政権になってから早7か月です。今回も安倍総理の外遊に合わせて
見事なまでに株が下がりました。6月の大暴落と同じパターンですな。今では政情が
悪くなると海外に出かけて日本を留守にするのが政治家の常套手段となりそうですが、
先月も今月も2か月連続で同じように安倍総理に逃げられるとさすがに腹が立つ
投資家や日本人もいるでしょうね。そういうところで支持率が下がるものなのです。

そして副総理の麻生も政権を陥落した総理大臣時代を忘れたのか、未だにロクな発言や
政策をしない政治家なのだなと重々に実感した7か月でした。
TPPに関して麻生副総理は
「民主党との違いは農産品主要5品目に対して例外品目としする」と発言したのだが
シンガポール会合では全くもって交渉に歯が立たなかった。嘘もここまで来るとダラシナイ
コンクリ会社のお金持ちの老人にしか見えない。

TPP参加における民主党との違いは先発参加国であるか、後発参加国であるかの違いであって
例外品目を設ける事が相違点では無いのです。なぜ其れが国民の賛同を得られるかが解らないのです。

漢字は読めない。商品の値段は解らない。麻生颪で自民党議員の悲鳴が上がる過去があるのも当然だな。
そしてまた最近失言があったようです。何やら改憲問題でナチスの問題を引きあいに出したらしい。
恐ろしい老害だな。なにもこんな人物に金融担当大臣を任せるのは安倍政権にとっては
極右の石破幹事長と経済音痴で下手の横好き政治家の麻生が癌である事は解りきっている。

民主党政権時代の2011年東日本震災の時よりも低い7138円代の株価を
2009年の自民麻生政権時代に叩きだしただけの事はあるな。

アベノミクスでなくとも日銀黒田の大型金融政策は維持のままで、そろそろ英断でお役御免を
決めた方が安倍さん自身には宜しいような気がする。新たに組閣する必要が出てきたと思うのは
気のせいでは無いはず。選手や工作員はこの不都合な現実から目を背けていつもの嫌韓、嫌中に
走り出しそうなのだが、アジア地域のFTA経済協定問題でそれさえも難しい状況なのだ。

何も民主党は政権交代を望んだのではなく株価が7138円となり、国民は日本経済の破綻を
目の当たりにした為に自民は与党から陥落したのである。安倍、麻生、石破の自民陥落当時の
内閣を引きずっているが為に返って黒田総裁の金融政策が不完全燃焼になる事を懸念して
いつものパターンの伝家の宝刀の不信任案での内閣解散を求めるのも良いかもしれない。

安倍政権の支持率が遂に60%を下回った、TPPも韓日中FTAの時も外務相担当の岸田は表に
出てこないで逃げ回った。アルジェリア人質事件以来ほとんどメディアには出てこない
そうなると防衛相担当の小野寺とNSC構想でも練っているのであれば面白い。

今一度自民党の政権与党からの陥落劇を確認する事で今の第2次安倍内閣の素性が見えてくる
所が興味を引く参議院後の日本の政治なのです。


コメント

域内包括的経済連携(RCEP)で四面楚歌

2013-07-30 21:24:51 | 経済
つい最近、シンガポールでTPP参加初会合をしたばかりの日本経済ですが、続けざまに
域内包括的経済連携(RCEP)日中韓での自由貿易協定FTAを進める働きにでた。
TPPさえもままならないのですが、それに加えて政治的な対立が目立つ中国と韓国との
経済協定を結びに行かなくてはいけない現実的な視点からの国際貿易事情です。

韓国とのスワップ協定を破棄したのは宜しいのですが、実情からいうと日本は韓国に対して
三行半を突き付けた結果には成らなかった。シンガポールでの会合でも農産品主要5品目にたいする
例外処置扱いになるよう働きかける事が見事なまでに機能しなかったのも、アメリカが日本の初会合の
交渉のであるにも拘らず、EU諸国とのFTA交渉に進み日本の主張が相手にされなかったのも
更に日中韓とのFTAを結ばなければならないのも日本が経済大国の座を失落したのだなと実感させられた。

自民党の期待感から実感へと変わるよう努力に努める事となると清濁どちらも飲み込まなくてはいけないんだな。
中国から撤退する日本企業が増える傾向にある中で中国の消費増大に便乗するかのように再びトンボ帰りをしなくては
経済について行けない立場なのだ。FTAを結ぶことで再度、中国の経済成長に縋り便乗して輸出を拡大することになるのだ。
日本がすでに経済大国では無いと肝に念じておかなくては、これからの国際競争にはついて行けない、このFTAの結果が
後々中国の経済的な中流層の増加を加速させる結果になったとしても、今の日本には打つ手が無いもしくは少ないのです。

日本企業は自動車、衣料品分野などのように海外に工場を建て商品を生産して日本国内で販売し、価格と生産性を安定させてきた
背景を大きくして食料品やその他の分野も日本向けの中国製品開発に力を注ぐことが見込まれる

100円ショップダイソーが活躍したデフレ経済時代から一歩進んで再び無印良品のレベルまで中国製品の品質向上が
期待できるばかりか、ユニクロに代表される中国との生産と小売りの独自開発により大企業にまで成長する会社も出てくるでしょう。
自民党の管官房長官の韓国とのスワップ協定の破棄は竹島問題に揺れる韓国に対する制裁になるどころか、実情はスワップ協定を盾に
国内経済体制をアジア地域の貿易問題から保持できていた日本を捨てる事となったのである。

韓国パク・クネ大統領の日本に対する強気な姿勢はイニシアティブが日本にではなく、
韓国と中国のスワップ協定ににある事に他ならない。
日本は韓国からスワップ協定の破棄を巡り三行半を突き付けられた立場であるとの解釈が現実的な評価なのだ。
日本はTPPで大海原に投げ出され、寄港できるアジア地域からも四面楚歌になりそうなのだ。
中国、台湾、韓国、北朝鮮どの国ともメリットのある経済協力が得られていないのが今の自民政権の
右翼思想なのだな。

自民党の韓国との通貨スワップ協定破棄を喜んでいるレベルの発想しかない国には海外からのお中元代わりの
グットニュースなど届くはずがない。しかもアメリカ合衆国がよく韓国と中国のスワップ協定を許したものだ。
もしもソコに何らかの企みがあるとするなら中韓の矛先が日本へ向いていると明確になっているからであろう。

今の極右思想の日本は世界から嫌われ過ぎですな。そこに日本の従軍慰安婦問題の影があると考えても良いのでは
ないでしょうか?なんせ世界中から非難されてますからね。






コメント

株安と消費税論

2013-07-29 18:28:26 | 経済
7月1日の13825を下回った本日29日の株式市場前日比-468で13661で本日の取引を終えました。
つまりは今現在の株価は今月の最安値である。為替の方も
ほぼ株式と同様に徐々に円高傾向を高めているシンクロの流れで97.85まで
円高水準を上げてきました。毎度毎度の海外投資家が日本経済を見極める状況で
売りが先行したのです。

因みに6月の大暴落の際は15000近くから12445まで値下がりをしている。

海外のヘッジファンドが東京市場に求めるものは円安で進む株式の上昇率と
円高で進む株式の下降率である。
日本経済が求めるものは高値水準の有価証券資産型の株式です。
アベノミクスは最高値が基準となる投資家のトレードの対照であると同時に
国民の資産なのです。世界経済の動向に左右されがちな株高の上澄みに
目を奪われる事無く、最安値の状況に目を向けないといけなくなった。

株式の最高値はどれほどだ?という投資家の興味を優先的にフィーチャーしてきたのだが
ここら辺で毎月の最安値はどれ位と考えた方が日本経済を素直に見れる。バブルにならない
為にはそこが大事なんだな。
6月の最安値が12455
7月の最安値が13661(7月29日現在)
もしも月毎の最安値が12500に近くなることは投資家の株高の上澄みばかりでなく
日本経済が地盤沈下を起こしている事になる。

中長期型の株式運用資産にとっては最安値が大事な注目事項なのだ。
日銀黒田総裁の金融政策が「狙いはこれまでの所、うまくいっている。」というのは
多分こうした状況(最安値は先月を下回っていない)という事でしょうね。

しかし「消費税の増税は大きく経済成長を損なわない」とする考えは株高の上澄みが
なければ、当然ながら国民資産の株式にも強く影響が及ぶ事が懸念されるわけで、
日本経済の先行きを不安にさせる増税のハードルがある以上は経済的な体力やバリアーを
張る意味でも例え海外投資家からのバブルであっても株高の上澄み経済は欲しいものです。

この株高で日本経済が落ち込むのを防ぐ緩衝剤として役立てなくては来年4月からの
消費税増税問題は日本に直撃するダメージを与える危険性がある。
福祉の業界では段差や引っ掛かりの少ないバリアフリーが持て囃されておりますが、
経済界のバリアフリーは「聖人が助走をつけて素手でぶん殴るレベル。」の話なんだな。

アベノミクス3本の矢がどれだけTPP参加、消費税増税などに対抗できるかが今後の見どころです。
あくまでもランニングコストの増大や可処分所得の低下はアベノミクスを発動する為の材料で
あって原価のようなものです。元が取れるかどうかは当たり前の事として、果たしてTPPや
消費税増税を上回る結果が出せるかが争点です。

えっ?原価割れした場合は・・・そんな時は麻生さんの所為にでもしてみるかな。
なんでやねん!!!ઈಥᆸఠ)ノハハッハ














コメント

ひょっこりひょうたん島とTPP

2013-07-28 17:24:57 | 経済
TPP初参加交渉が失敗に終わった。予てからそのような展開は解っていたが
安倍総理の「日本の農家を絶対守る!」という事は達成できませんでした。
具体的な農産品5品目を交渉対象外にするという目論みはシンガポールで
あっという間に数日間で海の藻屑となりました。 今後もこの姿勢が続くかは不明だ。

今から一年前、民主党の野田総理を非難し解散総選挙までして政権与党を
自民党に変えてまで臨んだTPP交渉ですが、そもそも選挙のネタとして
TPPへの参加反対の姿勢でいた自民党ですので当然のことながらケチがついても
仕方がないものなのです。無理を承知でお願いする位の低姿勢で臨まなくてはいけないのだ。

具体的にはこれまでのTPP参加先発国が会合で決定した内容にはすべて了承しなくては
参加が出来ないという条件まで付いてしまったのです。そして2015年までに関税を一律
10%にするという事に同意しなくてはいけない。おまけに今回のシンガポールでの会合では
農産品の交渉については既に終了しましたとして肩すかしまで貰ってきた。
なんとも無残な事だ。

去年の野田政権までは保持していたTPP参加先発国としての立場を破棄してまで自民党は
TPPに反対をするというダダを捏ねた為に、日本は参加後発国としての惨めな立場からの
交渉がスタートした。このような状況の中で未だに反TPPを唱える政治家が居れば顔を
拝みたいものです。今、国内でTPP参加交渉に関してどれだけの事が話し合われてるかは
問題には成らない。既に日本の船は太平洋を大きなアクセスポイントにした経済協定に
出港したのである。
これからの交渉に僅かな期待をしている国民にとっては弱い日本を見せつけられる事に
なる事は必然の領域までに及んだ。





さてさてこのTPPに関しては少しだけ都市伝説がありまして、それは
日本人なら多くの方が知っているであろう井上ひさし、山元護久原作の有名な人形劇
「ひょっこりひょうたん島」を題材として語られております。
1964~1969年まで放送された人気番組で1991年にリメイク版が放送されている。
解りやすく説明すると日本はこのひょうたん島のようにある火山の大爆発をきっかけに
沖へ流されるのではないかというものです。

火山の大爆発とはやはり今でも復興が立ち遅れている2011東日本震災の事でしょうね。
そして危険性が高まっている富士山の事でもあると思われる。
島が沖に流されるのはやはり太平洋を中心としたTPPの事だと思われる。
そしてこの物語の作者が認める裏設定である子供達は既に死んでいて死後の世界である
というものは現在の少子化の傾向を表していると解釈されている。

なんとこの都市伝説の裏付けがここまで多くの面で辻褄が合うと実証されてきている。
そして2006年のアメリカを中心としたTPPが発足した翌年にはモーニング娘。がこの
「ひょっこりひょうたん島」のテーマソングを歌っている。日本に自虐的で愉快なストーリーを
定着させて楽しければ何でもOKという風潮を作るにはもって来いの番組です。

この番組の人形劇を担当してるのはひとみ座という人形劇団ですが
日本のTPP参加初交渉とほぼ同時に千葉県の老舗人形劇団ピッカリ座が破産をしたそうです。
これはあまり関係ないかな。





コメント

がりがり君キュウイ

2013-07-27 18:19:14 | グルメ
ガリガリ君キュウイ味が私の中でヒット中です。ウッヒョちべたい(^з^)-♪
ソーダ、コーラ、梨に次いで新しく出たらしいシリーズものです。
他にもあるらしいが良く知らない。
今年の夏はガリガリ君キュウイで決定でしょうな。と思ったらまたもや
新商品のガリガリ君はちみつレモンスカッシュが新発売されました。

でも今年一押しはガリガリ君キュウイです。梨やはちみつレモンは美味しいの
ですが、少し私には甘すぎるのです。キュウイはライム、林檎、キュウイの3種類の
味付けで爽やかさが増します。ライムの香りがすっきりとした甘さを演出してます。

ちなみに夏と言えば昔からかき氷ですが、かき氷のシロップは苺、メロン、レモン、などが
有名です、しかし実はすべて味は同じのようです、シロップの香り付けと色が違うだけだそうです。
((8-(o・ω・)o□☆□o(・ω・o)-8))乾杯♪

俺はどれだけガリガリ君を食べてるんだと言われそうですが、週に1回は食べている
特に日曜日のお買いもので必ず最後に製氷菓子のコーナーを通ってレジに向かうのが当然です。
大人は良いぞ、ガリガリ君も食べ放題だ!▲('-'*)イタダキマース
コメント

維新の会比例区中山恭子

2013-07-27 13:09:13 | 政治
2002年内閣参与拉致被害者担当 中山恭子

2013年の参議院選挙で維新の会から比例区で出馬した中山恭子という人物がいるがどうも
信頼が置けない。いつもおいしい所で出てきては国民に好印象を持たせることがあるのだが
これも選挙中の有権者にとってはバカの壁となっているように思う。

所属政党を見てみれば、自民→たちあがれ日本党→維新の会に合流となっている。
旦那の中山成彬と共に元大蔵省官僚が政界を何食わぬ顔で渡り歩いては、政党政策の
美味しい所を食い散らすオシドリ妖怪の様だ。

wikiでは内閣参与時代の「中山恭子議員は拉致被害者家族からの信頼が厚い」と説明書きされて
いたが、ご丁寧にもその一文には点線が引かれ《要出典》となっていた。迂闊には信用できない
情報であるという事で一応ソースはあるが、それ以外は認められていない情報なのだ。
平気でキナ臭い事までしてる、工作員にとっては持ち上げやすいイメージの人物なのですが
どうも信頼が置けない。鵜呑みにしなければ返ってさらなる疑念が出てくる。

拉致被害者が飛行機から降りてくる時に手を引いていた、目立ちたがり屋のおばさんです。
おめぇー2002年から内閣参与になったばかりで実質的には拉致被害者を取り戻す為の活動は
殆どしてないだろ。まるで駅伝のアンカーがロクでも無い奴に当り仕方なく外務省が中山の顔を
立てなくてはいけない状況にしたズル賢い大蔵省出身のおばさんでではないか。

しかし巷では口をそろえたように日本の為に尽力を掛けた人物だそうだ。そもそも大蔵省出身の
官僚の多くは小泉政権の行政改革で大蔵省そのものが解体してるので、天下りの行き場を失った
大蔵官僚老夫婦が拉致問題の成果にパラサイトして利用しているに過ぎない。
そのせいで後々外務省の田中さんは外務省を辞めているし、薮中さんは日中国交正常化の
後始末という汚れ仕事を請け負う立場に成り下がった。
中山夫婦にとっては飯うまだろうが、外務省から見たら余りの冷遇に不満が爆発してもおかしくない。

そして今回も参議院選挙で維新の会比例区から出馬してトップ当選を果たしている。
アントニオ猪木氏と反渡辺美樹票の受け皿となり票を伸ばしたようであるが、やはりこの人に
国会議員としての実績を上げたとは思えない。ましてや旦那の中山成彬も慰安婦問題で維新内部で
衝突を起こして処遇が危ぶまれている。

どうも政治家や多くの有権者は外交の意味を解っていないようなのだ。中山恭子が拉致担当大臣に
なってからは、曽我ひとみさんの旦那であるジェンキングさん繋がりで米国の協力が得られる
拉致被害者を救出する策では無くなって10年以上経ってしまった。それでもこの人中山恭子議員が
日本の為に尽力をかける人物だと言い張る工作員や支持者はやはりバカの壁にぶち当たっているのだ。

横田めぐみさんのご両親や被害者家族会を支えて行こうとした国民意識も右翼化の材料として使われ
当時活躍していた外務省職員も今は担当を外れている、ここまで来たらもう既に判断して良いものだと
思われる。中山恭子が拉致被害者奪還の障害となっていると決めて良いものだと思う。
拉致被害者が返ってきてから10年以上が経った。殆ど進展をしないまま残りの帰国が可能ではないかと
思われる拉致被害者が十数人残されたまま10年という歳月が過ぎてしまった。

現在米国との同盟関係ではあるが、そのほとんどは尖閣諸島などの領有権問題が主で拉致被害者は
既に忘れられた過去のものとなっている。国策の失敗と見るか、未だに拉致問題担当という
一発芸で飯を食べて行きたいが為の政治家のネタとなってしまったことに残念で仕方がない。
Jリーグで活躍する北朝鮮選手や北朝鮮の人口問題や経済交流の機会が増えたことで可能性は高かったの
だが、良い時期を逃してしまった、事に拉致被害者家族会も歯がゆさを感じるかもしくは半ば諦めている
のか、少なくとも政治家ネタでしかない今の状況は拉致問題は中山恭子の議員としての成長を促進する
「肥やし」にされるのが、右翼化の有権者からの支持の表れであり、オチである。
旦那の方にも慰安婦問題で同様の事が言えると思う。だから橋下と中山は衝突するのだよ。
肥やしが無くなることを懸念してな。

右翼勢力も所詮その程度・・・












コメント

本日の東京市場は-432円安でした。

2013-07-26 22:29:44 | 経済
7月最後の週末に日本株式は暴落しました。大暴落とまではいきませんが
前日比-432円の14129で今週の取引を終えました。ハハハハハッ。
常々101円~99円代で取引されていた為替の方もいつのまにやら98.5円代まで円高が
進んでました。昨日の25日から本日まで着実に円高で進んでました。ハハハッハ。

今の流れは既に見えて来た。海外投資家はちょっとばかり為替で儲けようと円高を
作り上げ、引き際の好機を御ぜん立てしながらの引き上げ作業を順調にこなしてくれました。
しかもアジア地域の株式のほとんどが市場で値を下げました。ハハッハ。

現在の所、今月の最安値の13825で7月1日から始まり最高値は18日の14800と言う事になる。
この約1000円差が成果の違いの差となるのだが、来週に残した数日でどのように大口の
海外ヘッジファンドが動き出すのか、様子を見なくてはいけない。やはりアベノミクスは
普通の頑張れば9か月は好機が続き頑張れば11カ月は持続するという今年初めのアベノミクス
設計者のお話を耳にしたことが幸いしそうな状況です。

まず当面の目標は2013年9月7日, 第125次IOC 総会(ブエノスアイレス、アルゼンチン)で
2020年の夏季オリンピック開催地が決まる。
東京、イスタンブール、マドリッドが候補地となっている。
この日か?この日がXdayなのか?それとも直前の東京開催期待値からの株高を狙って
今のうちにお買い求め易いように下げておこうというものでしょうか?
残すところ6週間もないんだよなぁー。

兎にも角にも先を少し見越して来週の海外ヘッジファンドの動向に注意が必要なのだ。
今月の最安値である13800を数日で下回る事があるようなら、少しアベノミクスを考え直さなくて
いけないかもしれない。ではでは良い週末をお過ごしください。






コメント

今日のそんな事あんなこと

2013-07-25 22:30:55 | 経済
NY株との連動がなければ、15000まで伸びず、14800止まりだと考えていた日本株式が
予想通りの展開なのです。今現在日本株式は徐々に下降中なのですが、どうも売り注文が
先行している訳ではないらしい。今月の取引は13800代から始まり一時は15000近くまで
延ばしたが、ここで頭打ちのようだ。アベノミクスが発動してから毎月1000円ほど値を
上げていく展開が何時まで続くのか解らないのですが、もしも順調に行くのなら今月の
最終取引から商戦激しい来月は1000円程あげて8月は15500には手が届くのが予想されたはず。たぶん。
恐らく、捕らぬ狸の皮算用で、楽観的に見て、妄想夢芝居ならば

参議院選を見込んでTPPや消費税論が後回しになった為に8月の消費増大による好景を呼ぶ
灼熱の太陽を遮るかのように裏アベノミクスの積乱雲がどんよりと出現しそうな事を危惧して
手を引く投資家や様子見の段階まで消極的に成らざる負えない状況を打開する策がまだ
出てきていない。前回5月の大暴落の際には安倍総理は外遊先に居た為に強いバッシングを
受けないで済んだのだが、今回も消費税とTPP参加問題が市場に与える影響を考えてなのか
アジア歴訪に出たようです。

本日の取引は前日比-168円の14562で取引を終えました。為替は若干円高に動きました。
値の下げ方が妙にリアルなんだよな。外的要因ではないような、国内の一般投資家が
消極的になっているような印象を受けました。

前回のアジア諸国外遊の時のように日本に帰ってきたら別の国になっていたなんて
事がないように。――――――✈いってらっさいʕ•ܫ•ʔ
コメント