地域の声を県政に活かす!

福岡県議会議員 守谷正人(もりや まさと)

台湾訪問報道

2012-10-31 | Weblog

台湾議員団訪問報道
 先日の台湾への訪問が本日の夕刻のRKB今日感テレビで特集として報道されました。台北市内の青年公園での友好の桜の植樹(ショウワザクラ)の様子や本県と台湾建国の父である孫文との関係、そして故宮博物院への表敬訪問などの映像が流れました。その中の故宮博物院副院長とのインタビューの中で2014年は九州国立博物館で開催される等の発言がありました。現在、東京の国立博物館での開催は決定していますが、もう一つの開催地を巡って大阪や京都、東北等が手を挙げています。
 今後も台湾友好議員連盟の一員として、本県に世界の宝である「故宮博物院」の逸品が来る様に最大限の努力をして参る所存です。

  
  (写真:RKB今日感テレビで放映されました)

  
  (写真:故宮博物院展の本県開催を具体的に説明する)

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村→もし良ければ応援の「クリック」お願いします!

コメント

親族雇用の取り扱い

2012-10-30 | Weblog


親族雇用の取扱いを見直し
 私は現在、議会運営委員会の理事をしています。この仕事は県議会の会期、議事日程、会期の延長・休会、特別委員会の設置・改廃、議会関係の条例・規則の制定・改廃など、議決を必要とする案件の取り扱いを協議し、また、議長の諮問に応えるなど、議会の円滑な運営を図るため設置されています。他にも議会改革を進める事も重要な役目であります。政務調査費の透明化、議会での質問の方法や広報誌の発行、議会内規則など行ってきました。今日は政務調査費の親族の雇用について記載します(11月1日より実施)
 政務調査実施のため補助職員を雇用する場合に、誰を雇用するかは、本来、各議員の自由であり、親族を雇用することを禁じる法令もないのですが、政務調査の使途として、お手盛りではないか等の疑念や誤解を受けないようにすることも大変重要です。そこで、本県議会は、これまで、自主規制ルールとして、「特別な理由」がある場合を除き、親族の雇用を禁止してきました。

 しかし、従来のルールでは、この「親族」の範囲が明確でない点と、「特別の理由」についての判断を議員本人が行う点が適切ではないとの意見が議会内部から出されました。そこで今回、次のとおりルールを改訂し、親族の範囲を明記した上で、これまでどおり親族の雇用は原則禁止であることを確認するとともに、客観的に雇用の適否を判断し、勤務実態を確認できる仕組みを導入することとしました。

<改訂後のルール>
親族の雇用
 親族の雇用については、誤解を招くおそれがあることから慎重に行う。
 特に、2親等(生計を一にする場合は3親等)以内の親族を雇用できるのは、従事させる政務調査活動に必要な知識・経験・実績等を有するなど特別な理由がある場合に限る。また、この場合は、次のとおり取り扱う。
・人件費は、業務内容、従事時間等に照らし、適切な額とする。
事前に住所、氏名、続柄、雇用理由を記した親族雇用届を会派に提出。
雇用状況の確認書類として雇用契約書、勤務状況の確認書類として勤務実績表を整備する。
雇用契約書の写しを締結時に、勤務実績表の写しを領収書の提出時に会派に提出する。

  
 (写真:我が会派と公明、緑友会の議運の理事の皆さんと共に)

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村→もし良ければ応援の「クリック」お願いします!

 

コメント

中小企業支援策勉強会

2012-10-29 | Weblog

連合福岡定期大会
 第15回連合福岡定期大会が市内で開催され、来賓として皆様の前にてご紹介を受けました。来賓として参加した本県の小川知事は、「連合福岡は、福岡県で働く方々の生活の向上、福祉の向上に大きく貢献されています。現在、経済情勢は厳しい状況にありますが、県では、景気・雇用対策にしっかりと取り組み、勤労者の皆様の生活の安定を図ってまいります」とあいさつしました。

   
   (写真:冒頭主催者を代表してご挨拶される高島連合福岡会長)

民主党県政クラブ県議団政策審議会

 我が会派の第2回政策審議会が開催され、12月議会での代表質問の組立を行いました。9月議会が終了し台湾に視察に行ったと思っていたら、もう12月議会の準備です。一年が物凄く早いタームで回転しています。
 又、明日からは県議会決算特別委員会も開催されます。日々の生活、活動を大切にして時間に流されることなく進んで行かなくてはいけませんん。


財務支局長説明会
 政策審議会終了後、福岡財務支局の御園生 功局長等から中小企業金融円滑化法終了に伴い「中小企業の経営支援のための政策パッケージの進捗状況と今後の対応」と言うことで説明を受けました。
 中小企業金融円滑化法は平成21年11月、リーマン・ショック以降の不況で厳しい状況に置かれた中小企業の支援のために成立しました。貸し渋りをしないよう金融機関に対し、中小企業から申し出を受けた際に貸し付け条件を緩和する努力義務などを課しています。この法律は時限立法で今年度末に期限が切れる事になっています。本県も対策を急いでおり、今年9月には県信用保証協会などと「中小企業支援ネットワーク」を構築しました。経営改善や再生を促す環境を整備します。

 福岡財務支局HP:http://fukuoka.mof.go.jp/


  
  (写真:福岡財務支局から中小企業支援についての説明を受けました)

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村→もし良ければ応援の「クリック」お願いします!

コメント

秋の文化祭

2012-10-28 | Weblog

片江校区文化祭
 今日は城南区片江で開催された「第24回片江校区文化祭」に参加しました。早朝より片江体育振興会の皆さんと共に「地鶏焼き」の準備に取り掛かりました。2年に1度、開催されるこの文化祭で体育振興会が出店する「地鶏の炭火焼」「フライドポテト」はかなり有名です。私も約30キロの地鶏を炭火にて地域の皆さんと共に焼かせて頂きました。その他にも小学校の運動場ではイカ焼きや餃子焼き、つくね焼き、ソーセージ焼き等の露店やバザー、体育館では各町対抗の催し物が盛大に開催されました。
 勿論、夜は地元で交流会(反省会)に参加し、秋の文化的な一日が終わりました。体育振興会、自治会等地域の皆さんのご尽力には心より感謝申し上げます。

  
 
 (写真:各町対抗のイベントが開催されました)

  
  (写真:地域の皆さんと一緒に露店に参加)

  
  (写真:青空のもと楽しい一日となりました)


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村→もし良ければ応援の「クリック」お願いします!

コメント

市民と議員の条例づくり交流会議

2012-10-27 | Weblog

別府校区文化祭
 今日と明日城南区の別府公民館におきまして「別府公民館文化祭」が開催され参加しました。公民館の講堂に入ると直ぐに「守谷さん、カレー美味しいよ」とお声が掛り、そのまま昼食を取らせて頂きました。公民館では絵画や生花等の展示が行われていました。

  


片江中フェスタ
 片江中学校にて「片江中学校フェスタ」が開催され参加しました。ここでは先週一緒にソフトボールをした仲間が焼き鳥と焼きそばを焼いていました。そちらでもそれぞれを購入し、あとぶた汁を頂きました。昨日まで台湾で中華料理ばかりでしたので久しぶりの日本の味につい食べ過ぎてしまいました。

  


市民と議員の条例づくり交流会議
  2010年5月「九州から始まる 見える化・議会」から2年が開花しましたが、本日は第2回市民と議員の条例づくり交流会議 in 九州が市内で開催され参加しました。

山本剛正結婚披露宴
 衆議院議員 山本剛正代議士(福岡県8区選挙区)と西村まさみ参議(比例区)の結婚披露宴が飯塚市で開催され、昔からの友人の一人として参加しました。

  

 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村→もし良ければ応援の「クリック」お願いします!



コメント

福岡県台湾友好議連:台湾訪問最終日

2012-10-26 | Weblog

中正紀念堂訪問
 中正紀念堂を訪問し献花を捧げました。衛兵交代式の直後に献花させて頂いたので多くの市民や観光客の前で行うことが出来ました。

  
  
(写真:台北市内にそそり立つ中正紀念堂を訪問)

  
  (写真:衛兵交代式の直後に献花式を行いました)

  
  (写真:中正紀念館の中にある孫文と蒋介石の絵画の前にて)

  
  
  (写真:中正紀念館の朱さんと加地議連会長)


中華民国総統府表敬訪問
 中華民国総統府を訪問し副総統であります呉敦義氏と会談を行いました。ここは台湾政治の中枢で日本で言う所の官邸になります。

  
  (写真:呉敦義副総統と加地議連会長との会談)

  
  (写真:テーブルの上には立派なネームプレートが)

  
  (写真:台北市内にある中華民国総統府)

 
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村→もし良ければ応援の「クリック」お願いします!


 

コメント

福岡県台湾友好議連:台湾訪問2日目

2012-10-25 | Weblog

友好の桜の樹の植樹祭
 福岡県民の寄付で台北市内の青年公園に植えられる桜の植樹祭に参加しました。台北市からも台北市副秘書長の蔡輝昇氏も参加され盛会の内に昭和桜100本の植樹が行われました。私も白い手袋とスコップを手に将来長きに渡る友好の発展のために桜を植樹しました。

  
 
 (写真:植樹を終えて、岩元県議と吉武県議と共に)

   
  (写真:植樹を行った青年公園は都心のオアシス的な所です)

故宮博物院訪問
 九州国立博物館で台湾の至宝である「故宮博物院」の展示を要望するために同所を訪問し、故宮博物院副院長の周筑昆氏と会談を行いました。2014年に東京の国立博物館での展示が決定していますが、その後の展示場所として本県での開催を熱望するものです。2014年の秋、九州で故宮博物館展が実施出来る様に力を注いで参る所存です。

 
  (写真:周筑昆副院長と加地会長の会談にはTVも取材も)

  にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村→もし良ければ応援の「クリック」お願いします!

  


コメント

福岡県台湾友好議連:台湾訪問初日

2012-10-24 | Weblog

台湾訪問
 本日より「福岡県台湾友好議員連盟」の一員として3日間の日程で台北を訪問します。加地邦彦議連会長(南区)をはじめ総勢15名の委員での訪問ですが、大きな目的は3点あり、第1に、県民の寄付で贈られた桜の植樹式に参加する事、第2に台北市議会と台北市と本県の友好関係の更なる発展、最後に九州国立博物館で台湾故宮博物院展の開催への要望等であります。

台北市政府訪問

 空港到着後、台北市政府を訪問し、第一副市長であります陳威仁氏と会談を行いました。

  
  (写真:台北市政府庁舎の入口にて)


台北市議会訪問
 
台北市政府表敬訪問の後、近くにあります台北市議会を訪問し台北市議会副議長であります周柏雅氏等と会談を行いました。

  
  (写真:台北市議会の入口には熱烈歓迎の看板が)

  
  (写真:台北市議会副議長 周柏雅氏等との会談)


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村→もし良ければ応援の「クリック」お願いします!

 

コメント

県政報告書秋号校了

2012-10-23 | Weblog

県政報告書NO14号校了
 9月県議会等を掲載した「県政報告書NO14号」が本日校了をむかえました。皆さんのお手元には11月には届く予定ですので今しばらくお待ちください。尚、郵送ご希望な方はメール等で守谷事務所に連絡頂ければ送付致します。宜しくお願い致します。

  
  (写真:秋号もやっと校了を迎えました)

台湾訪問
 明日より3日間の日程で県議会の「日本台湾議員連盟」の一員として台北を訪問します。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村→もし良ければ応援の「クリック」お願いします!

コメント

新社会推進商工委員会開催

2012-10-22 | Weblog

常任委員会開催
 今日は唯一「県議会新社会推進商工委員会」が議会で開催されました。今日の審議事項は下に記載しておりますのでご参照ください。尚、飲酒運転撲滅への取り組みと言う事で執行部に質問を行いました。飲酒運転事故発生状況では平成22年337件(全国ワースト1位)、平成23年257件(全国ワースト2位)となり、今年は9月現在114件(全国ワースト7位)となっており、前年同月より63件減少しています。また、飲酒運転撲滅活動推進員48名が県内の飲食店17000店を訪問し撲滅活動を行っていることが報告されました。現在人口10万人当たりの飲酒運転事故数では8.0人で全国12位となっているものの全国平均(6.2人)より高い数値となっている事が明らかになりました。飲酒運転の検挙者数では平成22年は1711件、平成23年は1822件と増加しているのが現状です。又、自転車に対しての飲酒運転の対応が滞っている事も理解しました。

<審議事項・報告事項>
・飲酒運転撲滅に係る取り組みについて
・第12回福岡県ねんりんスポーツ・文化祭の開催について
・福岡県中小企業経営強化支援協議会の設立について
・東芝との協議状況と今後の対応について
・今後の委員会について

  

骨密度測定
 昨日開催された「ふれあい城南フェスティバル」のイベントの中で社会福祉法人福岡県看護協会のブースがあり、簡易健康診断を受けました。体重、身長、体脂肪率、血圧等の計測値は標準でしたが、何故か骨密度の数値だけは標準より2割程度低下しているとの報告でした。
 さて、どうするべか?取り急ぎ、3食きちんと食べる事とご助言を受けました。看護師さんありがとうございました。簡単に計測が出来ます。皆さんも是非機会がありましたらお試しあれ!

  
  (写真:優しい看護師さんから報告を受けました)


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村→もし良ければ応援の「クリック」お願いします!

コメント