ぼやきのキョロ兵衛・私的日ハム道

北海道日本ハムファイターズを中心とした日々の思った事をつぶやいています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

来季の外野は更に若返りそうです。

2013年10月26日 17時21分36秒 | 1軍

最近のファイターズで気になった記事は、中田選手が今秋季キャンプから、サードに再挑戦する事になったそうです。
ルーキーイヤーとは異なりますから前回の様な事にはならないと思いますが、見事に収まるでしょうか?

中田選手のサードへのコンバートが上手くハマればによって小谷野選手はファーストに回る事になるのでしょうが、ファーストは稲葉選手も居ますし、新外国人選手のミランダ選手の加入が確定的との事で選手起用が難しくなってきます。
世代交代と言う事なのでしょうが・・・。

一方で外野は一つポジションが空きますし、実際センターの陽選手以外は空いていますから、誰が取るのか楽しみですね。
今季の後半は佐藤選手が入りましたが、ポジションを取った所までは行っていません。

杉谷選手、谷口選手も有力な候補になるでしょうし、ファームでは石川選手が大きく成長しました。
守備ではまだまだな所がありますが、ファームの選手の中では打球の鋭さが一人だけ違いましたので来季は1軍争いに入ってくると思います。

ポジション争いが楽しみです。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

内野守備コーチ&作戦参謀役として白井一幸氏が7年ぶりに復帰!!投手コーチに厚沢プロスカウトが就任!!

2013年10月26日 16時29分00秒 | 入退団情報
来季のコーチ陣が見えてきましたね。

今季のリーグ最下位の原因は幾つもありますが、その一つが素人を集めたコーチ陣。
昨年、実績豊富で昨年の優勝に大きく貢献した福良ヘッドコーチ、吉井投手コーチ、清水外野守備走塁コーチが退団し、その穴を経験ゼロのコーチでどこまでやれるのか? と心配してましたが、ここまで成績に影響するとは思わなかったです。
ライオンが率いる羊の群れと、羊が率いるライオンの群れではライオンが率いる羊の群れが勝つとは良く言ったものです。

崩壊気味の投手陣を招いた責任を取る形で島崎投手コーチがクビとなりました。
プロスカウトコーチとして球だ人残ると言う事でホッとしました。
黒木コーチはブルペン担当として降格して、新たな投手コーチとして厚沢プロスカウトが4年ぶりに復帰して就任が決定しました。
厚沢コーチは吉井さんが投手コーチの時に投手コーチをしているなどファイターズの投手陣を知り尽くしていますし経験も豊富なので投手陣の再建に大きく期待したいですね。

堅守が自慢だったファイターズ守備陣も今季は小谷野選手の19失策(リーグダントツ1位)に代表されるようにとにかくエラーが多く、投手陣の足を引っ張った感があります。
まあ、小谷野選手は手術明けで春季キャンプでしっかりとしたキャンプを送れなかったのが原因かとは思いますが、大引選手の12失策(リーグ3位タイ)、西川選手の11失策」(リーグ5位タイ)と内野陣の拙守が大きかったと思います。
その責任を取って三木内野守備コーチが退団し、変わりに白井一幸さんが7年ぶりに復帰する事になりました。
現在のファイターズを作り上げた一人が復帰したのは大きいですね。
ヒルマン政権時代では参謀でしたし、来季の作戦参謀役として役割も担っているとの事で、大きく期待したです。
正直、今年は誰が作戦を考えていたんだろう?って感じでしたから。

残るは打撃コーチですね。
どこかの記事で稲葉選手は来季は選手専任に戻るという事なので代わりの打撃コーチが来るのだと思います。
内部昇格するのか、外部から招聘してくるのか?
そこのポジションが決まれば、コーチ陣は確定でしょうか?

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント   トラックバック (1)

ドラフト会議2013を終えての感想

2013年10月26日 10時26分08秒 | ドラフト

24日に今年のドラフト会議が行われましたね。
2年連続であっと言わせたドラフト会議でしたが、今年は栗山監督が3度もクジを外すという話題を振りまいた程度で静かな感じでした。
ドラフト会議直前の情報では指名予定人数は6~7人、投手4人、捕手を含めて野手3人で1巡目指名は即戦力投手でした。

ファイターズの1巡目指名はもっぱらの報道通り桐光学園の松井投手。
九州共立大・大瀬良投手やJR東日本・吉田投手の名前もあがって居ましたが、左腕が欲しいはずと思っていたので予想通りの指名。
ただ5球団も松井投手を指名するとは正直思わなかったです。
抽選の結果、松井投手は東北楽天が交渉権獲得。
マー君こと田中将大投手が今オフにメジャー移籍の可能性が高いのでその穴を埋める意味で楽天に決まって良かったのではと思いますし、今の楽天の勢いは凄いなと。

ただその後に栗山監督がクジを外し続けるとは・・・今年に限っては栗山監督は運が無さすぎです(苦笑)
(シーズンが最下位だったのが栗山監督の運の悪さの一言で片づけては行けないですが・・・)

即戦力投手を3人はずして12球団の一番最後に指名したのが、高校内野手№1の呼び超え高かった東海大甲府の渡辺諒内野手。
紙面では常総学院・内田捕手(ファイターズでは三塁手起用か?)の名前が挙がってましたが、個人的には渡辺諒内野手の指名を望んでいただけに嬉しかったです。
渡辺内野手は楽天の外れ一位候補になっていたので、そういう意味で楽天がクジで当たって良かった思ったのかもしれません。

ただファイターズとしては、1巡目で即戦力投手、2巡目で渡辺内野手の指名を検討していたのなという気がします。(渡辺内野手が他球団が指名していた場合は、内田捕手だったのかなと。
栗山監督の「渡辺内野手との縁を感じる」と言うコメントからそんな印象を受けました。

2巡目に即戦力投手のセガサミーの浦野投手。
ハマった時のピッチングは圧巻だそうですが・・・安定してそのパフォーマンスが出せれば来季は活躍してくれそう。
先発と言う話が出ていますが、中継ぎはセットアッパー、将来的な守護神候補として獲得したように感じます。
外れ1位で名前が挙がっていただけに浦野投手が一位でも良かったのかなとは思いましたが、契約金の関係で高校生を1巡目にしたのではと勘繰ったりしてしまいます(苦笑)

3巡目以降で明治大・岡大海内野手。
投げては150キロ強のストレート、長打力もあり脚力も一流という身体能力の高いアスリートタイプの選手ですね。
ポジションは内野手ですが、入団後は外野手に転向するのではと考えています。

4巡目から山梨学院大・高梨裕稔投手、東海理化・金平将至投手、慶応大・白村明弘投手と言った素材型の3投手を指名、最後に高校生野手である、花巻東・岸里亮佑外野手、帝京・石川亮捕手を指名しました。

投手4人、捕手1人、内野手1人、外野手2人の計8人(岡選手は外野手と考える)と1人多い指名になりました。

個人的に思ったのは球団のシュミレーションとしては
 1巡目・即戦力投手(松井他・・・)
 2巡目・高校生内野手(渡辺、内田)
 3巡目・即戦力投手
 4巡目・素材型投手
 5巡目・素材型投手
 6巡目・高校生外野手(岸里)
 7巡目・高校生捕手(石川)

の様な感じだったのではと思いました。
3巡目に即戦力投手が欲しかったが、残って居なかったので岡選手を指名したのではと。
後、下位指名で北星大付高・山本大貴投手の指名を考えていたが、明治大・白村投手が指名漏れしていたので急遽指名したのでは。
今年こそ評価を落としましたが、3年時迄はドラフト1巡目候補でしたから6巡目で指名出来たのは幸運としか言いようがありません。

個人的に見ると即戦力投手を指名を目指したものの指名できたのは1人だけと来年を考えた場合、満足出来る補強ではありませんが、将来的な観点でみれば個人的には良い補強が出来たと思います。

渡辺内野手は将来のレギュラーを張れる素質を持った選手ですし、岡選手も糸井、陽外野手になれる可能性を持った選手と考えます。
金平投手は制球力が付けば左の中継ぎとして即戦力として期待できるのでは?
高梨投手は良く分かりませんが、白村投手は化けたらドラフト1巡目ですからね。
岸里選手は投手としても146キロを記録、俊足強打と身体能力が高いのでファームで揉まれたら3年後が楽しみです。
石川捕手は、ファームで荒張、大嶋捕手が伸び悩んでいるので指名されたと思うのでファームでかなり使われるのではと思います。
近藤捕手の刺激になると良いなと思います。

今年もバランス良く補強出来ましたし、若い選手がまた入団してきてます。
来年の鎌ヶ谷がまた楽しみです。

・・・ドラフトで外野手を2人獲得したのが影響したか、浅村外野手が戦力外通告。
外野手転向3年目で1軍にも出場しましたが、谷口、石川の両若手と比べると先がないかなと感じてました。
残念ですが、プロの世界は厳しいですね。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

大谷選手が途中出場で1安打2四球2打点!!ケッペル投手は4回4失点とスタミナ不足か!!

2013年05月03日 20時27分17秒 | 鎌ヶ谷
5月3日の鎌ヶ谷で行われた対フューチャーズ戦を観戦してきました。

新聞記事によれば明日4日の西武ドームで行われる対ライオンズ戦に打者での1軍復帰と報じられている大谷翔平選手。
今日の試合は5回から途中出場して2つの四球。
この内2つ目は満塁からの押し出しの四球で1打点。
第3打席はレフト脇をぬけるタイムリー二塁打を放って計2打点の活躍でした。
打撃センスは1年目のモノではないなと感じさせる鋭い打撃を見せてくれました。
1軍に上がるとしたら即スタメンとなるとは思いますが、となった場合は谷口選手がスタメン落ち。
2番としての役割をしっかりと果たしていると思うので代わりに誰を入れるのでしょうか?
西川選手は9番で結果を残しているだけに変えたくない所ですし・・・・大引選手を入れるのでしょうか?

今日の試合は11対5で快勝しましたが、フューチャーズの2番手・山室投手の大乱調のお陰で勝ったようなものですから、あんまり喜べない試合でした。

先制は杉谷選手の右打席でのレフトのネットに突き刺さるホームランでした。
今日の試合は、センターオーバーの二塁打も放つなど6打数2安打。
ただ気になるのは3度の得点機で凡退した打撃。
力んでるのでしょうか?
1軍でもチャンスにことごとく凡退していたイメージがあります。
打撃面は復調の気配がありますが、ここが改善されあいと1軍へは難しいかもしませんね。

得点機で打ったのは4番に入った鵜久森選手。
2安打2四球3打点の活躍でした。
個人的にはもっともっと派手なアピールが必要かなと考えています。

同じく得点機で良く打っている印象があるのが、2年目の石川選手。
いつも褒めてますが。
今日もタイムリーを放つなど活躍でした。
パワフルなスイングから鋭い打球が放たれるので見ていて気持ちがいいですね。
既に4ホームランを打ったのも分かる気がします。
過去のフューチャーズ戦でも1本打って居ますし僅か1ヶ月ちょっとで5本はハイペースですね。
足が早いようで、ランナーを置いて内野ゴロを打っても併殺打にならないケースを良く見ます。
シーズン終盤にどんな成績が残ってくるのか今から楽しみです。

同期の松本選手は全然出来ないですが・・・怪我はまだ癒えてこないのか?

加藤選手もいま一つパッとしないなーという目で最近観ています。
個人的には小谷野選手の後継者として見ていますが、守備ではちょくちょくミスをしますし、打撃面では安定して打点を稼いだりしているのですが、もっとアピールしてくれないかな?と思っています。
もどかしい気持ちです。
このままだと1軍定着の前に宇佐美選手などの若手が伸びてきてしまうぞと!!

今日の先発はケッペル投手。
彼が戻ってくれば、先発投手陣の枠が埋まり首位ライオンズの追撃態勢が出来ると思っている今日この頃。
1回、2回は格の違いを見せたようなピッチングを見せてくれました。
しかし3回は2死から2者連続四球を出すなど不安な面が出始めて、4回に先頭バッターに長打を浴びてから炎上!!
この回ホームランを打たれるなど4失点。
スタミナがまだまだ足りないのでしょうか?
まだまだ1軍は遠そうです。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

稲葉選手が復調の兆しのホームラン!!杉谷選手も29日2安打、本日4安打!!

2013年04月30日 19時38分27秒 | 鎌ヶ谷
4月29日の鎌ヶ谷スタジアムでの試合。

27日は稲葉選手の活躍なので連敗を14でストップしたファーム。
この日も稲葉選手がレフトポール際へのホームランを放つと、レフト前にバットを合わせたヒットを放つなど2安打の活躍で打撃不振から復調を感じさせました。
今日も1安打1打点。
ホフパワー選手もあんまり調子が上がってきませんし、このまま調子が上がれば、最短での1軍の復帰も近そうですね。
復調した稲葉選手が打線に入れば、かなり打撃が厚みが増すので期待したいところですね。

打撃不振でファーム落ちしていた杉谷選手も昨日の試合では2安打を放つと今日の試合では4安打の固め打ち!!
1軍で極度の不振だっただけに心配していましたが、これでいつもの打撃を取り戻してくれれば・・・。

石川選手も相変わらず力強いバッティングを続けています。
昨日の試合では2死2、3のチャンスにセンター前にはじき返すタイムリーを放てば、9回には起死回生の同点ホームラン。
今日の試合でも2試合連続となるホームランを放つ活躍。
4月で既に4本塁打ですから今シーズンは何本打つのだろうという感じですね。
楽しみになってきました。




いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

金子誠選手が実戦復帰2戦目でホームラン含む2安打1打点、セカンドで1軍復帰か?

2013年04月07日 23時25分49秒 | 鎌ヶ谷
昨日から、イースタン・リーグで故障明けの金子誠選手が実戦復帰しましたね。
ポジションはショートでは無くて、セカンドでの出場。
大引選手がしっかりとショートのポジションを獲得した事もありますし、1軍のポジションとしてセカンドのレギュラーが決定できない、更に言えば、金子誠選手自身が最後はセカンドで終わりたいという気持ちがあるようで、そういう総合的な理由でセカンドのポジションでの実戦復帰なのかもしれません。
昨日は2打数ノーヒット、守備機会も2度あって無事にこなしたようです。
そして今日の試合もセカンドでの出場。
第一打席にセンター前へのゴロで抜けるヒットが実戦初ヒットと放つと、第2打席ではライトへのソロホームラン。
レフトからライトへの強風が吹いていましたから、風のホームランでしたがバットの方ではやはりファームの選手とはレベルの違いを感じさせる打撃でした。
守備機会も無難にこなしましたが、まだまだ足は万全では無く走る姿は痛々しい感じでした。
全力疾走は出来ないみたいです。
万全になるまでイースタンで調整するのは、見切り発車で1軍に昇格させるのか?

野手で目立ったのは、谷口選手ですね。
1回に右中間へのタイムリー三塁打は素晴らしい当たりでした。
第3打席でも併殺になってしまいましたが、鋭い当たりのショートライナーを放ち、調子の良さを披露してくれました。

力強い打球のヒットを放ったのは、第2打席のセカンドの頭を超える強烈なライナーヒットを放った近藤選手と、第4打席でセンター前へのヒットを放った石川選手。
二人ともインパクトの強さがあり1軍でも通用しそうな印象を受けました。
こういう若い選手を見ると嬉しくなりますね。

先発したのは多田野投手。
前回の登板もかなりのヒットを打たれていましたが、今日の更に酷かったです。
5回を投げて12安打7失点。
当分1軍の先発ローテには入れないなという感じです。
1軍の先発ローテ陣は不安定なのでチャンスはある思うので早く調子を戻してほしいと思います。

2番手のモルケン投手は、MAX151キロのストレートを軸に3者三振。
ただ、やはりコントロールに難があって・・・ここが矯正されれば、中継ぎの1枠を担えるのだけれど・・・。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

武田勝投手の穴は誰が埋めるのか・・・。

2013年04月01日 21時47分51秒 | 1軍
プロ野球が開幕して3試合。
1勝2敗という結果になりましたね。
ウルフ投手で負けたのは正直誤算でしたが、紙一重ですし4月は五割で行ければ良いかなと考えます。

問題なのは武田勝投手が離脱した事ですね。
軽傷かと思ったのですが、復帰まで3週間ですか・・・痛いですね。

戻ってくる間にどう穴埋めするかですね。
6番手が誰になるのかも分かりませんが、穴埋めは森内、中村勝、多田野投手辺りですかね。
将来を見越せば、中村勝投手がローテに入ってくれる事を期待します。

明日の先発は吉川投手。
故障上がりでまだ本調子ではないですが、それでも吉川投手に流れを変えるような活躍を期待せざる負えないです。
と思いましたが、明日は雨で中止ですね。
今の時期は出来るだけ中止になってくれた方がありがたいかも。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント (1)

上沢投手が6回2安打無失点!!石川選手が早くも2号ホームラン!!

2013年03月31日 22時41分17秒 | 鎌ヶ谷
今日の鎌ヶ谷は7-0で快勝して3連敗は免れました。

先発したのは上沢投手。
前回の群馬戦ではかなり打たれてしまうのなどなかなか結果を残せない上沢投手でしたが今日の登板は6回を投げて2安打1四球4奪三振で無失点。
ピッチングがハマったという感じなのか、調子が良かったのか?
試合を見ていないので分かりませんが・・・(試合を観戦したかった!!)
これだけのピッチングは昨年もあまり無いのでは?と思います。
こういうピッチングが増やしていけば、1軍の機会も出てくると思いますし来季の1軍キャンプに呼ばれる可能性も。
潜在能力は高いものがあると聞いていますし、楽しみです。

一方で上沢投手をリードした近藤捕手の力も大きかったのではないでしょうか?
打っては1安打2打点の活躍ですからね。
近藤捕手の現時点で一番必要なのは試合に出てリードの実戦経験を積む事ですから、どんどんイースタンで実績を積んでレベルアップして欲しいと思います。
今の正捕手の鶴岡選手もイースタンで力を付けて来た選手ですし・・・。

今日は石川選手が2号ホームランを放つなど3安打2打点の大活躍。
昨日の試合でハマれば打つだろうなというスイングスピードでしたが、今日は見事にはまった試合でしたね。
10試合で2号。
10本は打つだろうなと思って見ていましたが、ホームラン王が狙えるかもと思いました。(まだ早いか!!)
ホームラン王になれば1軍からも呼ばれるでしょうし、また若手が出てくると言う事で楽しみですね。

1歳先輩の谷口選手も後輩の突き上げに緊張感が緊張感が出てきているのでは?
今日の谷口選手は5打数2安打とこちらも打撃好調を維持しています。
谷口選手は好打者タイプで石川選手はスラッガータイプとバッティングのタイプがそもそも異なるけれど、良いライバルになりそうですね。
陽選手や中田選手はメジャー志向の様な気がしますし、若手の成長が必要不可欠ですからどんどん成長して行って欲しいと思います。

久しぶりに先発した浅沼選手も2安打放ちましたか!!
なかなか出場機会が得られませんが、頑張ってほしいと思います。

それにしても昨日自打球を当てて途中退場した松本選手は出場しませんでした。
どんな怪我か不安ですね。
骨折とかしていなければ良いのですが・・・・早い試合復帰を祈ります。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

宮西投手が久しぶりの登板!!打線は好調も後1本が出ずに連敗!!

2013年03月31日 00時10分21秒 | 鎌ヶ谷
今日の鎌ヶ谷はあいにくの曇天の上、観戦するには厳しい冷え込みで震えながらの観戦となりました。

スワローズと対戦した今日の試合ですが、ファイターズ11本、スワローズ10本と相手より多くヒットを放ちながら、あと一本が出ずに2-6の敗戦でした。

今日は4投手が登板しました。
先発は宮西投手。
ルーズショルダーで暫く登板が出来ていなかったと聞いていたので心配していましたが、やっと出てきました。
1イニングを投げて四球を一つ出すものの危なげないピッチングを披露して一安心しました。

2番手の森内投手は、先頭バッターを内野安打で出すものの次のバッターを併殺に打ち取り終わってみれば1イニングを3人で仕留めてこちらも順当です。
1イニングのみしか投げなかったのは調整登板だったのか?それとも1軍の中継ぎ昇格への調整なのか気になる所ですが。

最終回の1イニングにルーキーの河野投手も最後のバッターを三振に切るなど危なげないピッチング。

宮西、森内、河野投手の3投手は1軍へ向けて準備は出来たという印象を受けました。

一方で同じくルーキーの屋宜投手が3回から6イニングを任されました。
先発として起用する様ですね。
野球太郎の触れ込みでは、150キロを伺うストレートで押しまくる馬力のピッチングという話で見ていましたが、今日のピッチングのストレートのMAXは140キロで常時は130キロ後半。
沖縄生まれですから、今日の寒さでは十分な力を発揮できなかったのか、パッと見馬力のあるピッチングからは程遠く活きの悪い投手だなーという印象。
出来が悪かったのでしょう。
6イニング中3回も先頭バッターを出すなど9安打3四球6失点と散々な結果でした。
ワイルドピッチも多いですし、打たれだすと抑えられないみたいですね。
暖かくなったら調子を上げてくるのかもしれませんが、当分の間はファームかなという印象でした。

野手の印象で言えば3回から途中出場の荒張捕手は打撃好調だなと感じました。
3打数2安打1打点で、打ち取られた打球も鋭いサードライナーを放つなどバットでは良い感じでした。
一方で守備では、再三のポロリで安心して見ていられませんでした。
リード面では6失点と捕手は守備が大事ですからまだまだ1軍は程遠いですね。
今は大嶋選手がリタイアしていますからその間は出場機会は多くなるはずですから、実戦で守備面のレベルアップが至上命題かなと。

私と同郷で期待している松本選手。
今日も打撃では4打数2安打と打撃は好調でした。
初回の第一打席では、ライト前への上手い右打ち、第4打席は変化球をバットの上に上手く載せて内野の頭を超えるレフト前ヒットでした。
変化球に対してバットに乗せるのが上手い選手だなという印象。
次は速い球に対しての対応を見たいですね。
一方の守備では、併殺のプレーで一塁への球が高くなるなど送球面でまだまだ不安がありますし、攻めの守備はまだまだ出来ない様で、1軍まではまだまだレベルアップが必要だなと感じました。
8回の第5打席で自打球を左足のすねかな?に当てるアクシデント。
一度は打席に立とうとしましたが痛みが引かずに打席に立てずそのまま途中退場になりました。
良い感じで今シーズンのスタートが切れただけに、故障でなければよいのですがちょっと心配です。
明日の試合に出場できるかで分かりますね。

2年目の同期の石川選手は、強烈なインパクトの振りが印象的。
いかにもスラッガーという感じのスイングで、ボールにバットを強く叩きつけるバッティング。
昨日のホームランが納得できました。
今日はなかなか結果は出ませんでしたが、最終打席でセンター前ヒットが出て良かったです。
技術が上がっていけば、今シーズンは2桁本塁打も期待できそうです。

ルーキーの宇佐美選手の打撃も目につきました。
2本のセンター前ヒットで打点も1。
早いカウントから積極的に狙っていくスタイルでこちらもボール叩く感じで力強い打球を飛ばしていました。
課題は守備と言う事ですが、今日の試合は指名打者での出場で守備機会は無し。
早く出られるようになると良いなと。

同じくルーキーの森本選手は松本選手の負傷退場で途中出場。
試合に出たくて仕方が無いというオーラが打席で物凄く感じましたが、結果は三振。
既に2ストライク取られた後からの打席だったので仕方が無いかなと思いましたが見逃し。
振って欲しかったかなと。
こちらも早く出られる様に練習に励んでほしいと思います。

試合は負けましたが見る分には収穫があった試合でした。

それにしても凍える寒さでした・・・。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

ファームは打線が活発!!

2013年03月29日 22時46分47秒 | 鎌ヶ谷
先だって始まったイースタンリーグも7試合を消化して、4勝2敗1引き分けで千葉ロッテに次いで2位につけています。

特に打線が活発で昨日の試合までの成績はリーグダントツトップの打率.296。

1軍のポジション争いをしていた谷口、加藤、2年目の松本、石川の4選手が特に絶好調。
チーム打率トップの谷口選手が先制ホームランを放ちましたし、松本選手は2試合連続猛打賞を放つほどの好調ぶりで今日の試合も2安打2打点。
加藤選手は3安打猛打賞で、石川選手は先日の練習試合に続く2ランホームラン。
この4人にが引っ張っている打線は正直怖いですね。
ルーキー宇佐美選手も4人に引っ張られるように3二塁打と持ち前の長打力の片鱗を見せてくれていますし、佐藤選手先日ホームランを放ってキャンプ時の不調から脱しつつあります。

今の打線を見るのは楽しみです。

一方の投手陣は、防御率3.71と打ち込まれている感じがあります。
1軍の投手陣が調整しているにもかかわらず・・・1軍のバックアップの為の投手陣のレベルアップが史上命題ですね。

その中で特に心配なのが榊原投手、
練習試合でも打ち込まれていましたが、今日の試合でも2安打2四球で1アウトしか取れずに降板。
1軍の中継ぎで期待していましたが、この状態では当分は1軍は厳しそうですね。

個人的に期待している榎下投手が負け投手になってしまいましたが、圧倒的な奪三振率が魅力です。
制球力に課題がありますが、先日の練習試合では3者三振でしたが今日の試合も1回2/3で4奪三振。
ピンチでも抑えられるピッチングが見につけば・・・今後の成長ぶりを期待しています。

明日は鎌ヶ谷に見に行く予定なので楽しみです。
明日の先発はまた上沢投手かな?


いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント