ミレイの趣味日記・・田舎暮らし

田舎の風景、暮らしぶりを覘いてください

保存品

2010年12月18日 | 携帯投稿専用


棚に並んだ昨年の保存食
これでも一部
乾燥おから、乾燥鷹のツメ、きうりの甘煮
梅の甘漬け、梅エキス、干ししいたけ、干しシメジ
はぜの実の煮たもの、ブルーベリーのジャム
クマイチゴのジャム、みかんの皮の粉末、
出汁汁用乾燥天然舞茸、
ミョウガの酢漬け、くるみ、etc.



とりわけ、面白がって作った
乾燥ゴーヤ・乾燥セロリ・乾燥タマネギ


そしてセロリの葉っぱも・・・。

なかなか出番が無かったけれど
少しずつ使う事にした

とりあえずは一番メジャーな
スープ作り

煮立つ間、部屋中に
セロリとタマネギの混じった香りが
広がった

具のうち、さすがにセロリの茎は
硬かったが
タマネギやゴーヤは
スープと一緒に食べても
大丈夫みたいだった

あとは、どうやって消費しよう・・・・・・

コメント (2)

正月前のリハーサル・・・二色タマゴ

2010年12月16日 | 携帯投稿専用

半塾タマゴのつもりが
うっかり堅ゆで卵にしてしまった。
そこで、久しぶりに
「二色たまご」を作る事にした

言ってみれば、お正月用の
リハーサルだ
何しろ作るのは久しぶり

若い頃に教えて頂き、
結婚した当時は作ったものだが
もう35年以上も作った事がない
もう分量は何処かへ飛んでしまって
わからない

まあ、試作品だから・・・・・と、
適当に始める。

  
白身と黄身を別々に裏ごしをする。
白身には塩だけ、黄身には砂糖と少々の塩
そこは覚えていた


適当な容器が無かったので、
ケーキ型で作る事にする。
水で容器の中をぬらし

まずは白身をそこに平らに入れる


上に黄身を入れ、平らにする。
(偶然だが、量的には容器がぴったり)
この時、押しすぎないように軽く上を押さえる。

後は蒸すだけ。
15分ほど蒸して出来上がり。


形がイマイチ。
でも味は良かった。

片栗粉などのつなぎは、全く使わないのに、
ちゃんと形になるのが、
当時も今も不思議である。

(今回私が作りました分量を知りたい方はコメントくださいね)

コメント

野菜畑

2010年06月06日 | 携帯投稿専用

畑の野菜が少しずつ、
大きくなり始めました。

 
    ジャガイモ                     白菜

 
     オクラ                     きうり

 
       さやえんどう               さやいんげん

 
      葉もの                   なす

  
     大根          チンゲンサイ        にんにく


ほうれん草、春菊、はつか大根、小大根

この外、サトイモ、ネギ、落花生、とまと、
ツルムラサキ、はやとうり、かぼちゃ
さつまいも、チョロギ、キャベツ、
パセリ、モロヘイヤ、枝豆etc。

趣味の域を超えない、
私の野菜作りである。

コメント (2)

ニラの芽

2010年04月28日 | 携帯投稿専用

雪解けが遅いうえ
連日のような雨や曇りで
畑作業ができずにいる。
毎日ため息がでる。

仕方ないので、とりあえずニラの畑に
もにガラを敷く。

手前のマルチの畝は
去年増やしたものです。
夫と二人暮らしの我が家。
こんなにあって、どうするの?


目が5センチ位になってます。
成長が早いので、
近いうちに食卓に乗りそうです。

コメント

白鳥

2010年02月17日 | 携帯投稿専用


ストーブの直ぐ上だというのに
朝、窓ガラスに結晶が見られた。
一日中、凍る気温。

オリンピックのテレビに釘付けの毎日。
今日は久々に外に出る。
白鳥を写すためだ。

           

どうしたのか、川面には一匹もいなかった・・・・。
今までは、雪の上にもあちらこちら、
もちろん川面にもた~~くさんの
白鳥と鴨が見られたのに・・・・。

私と同じく写真を取りに来ていたおじさんが
餌をあげてないからこなくなったのか・・・と
話していた。

「鳥インフルエンザ」のためだろう。
餌を与える事をそういえば、禁じられたんだっけ。

ず~~と、「クォ~、クォー」と悲しげに鳴く
白鳥の声が耳に残る・・・。

コメント (2)

木々の雪

2010年02月05日 | 携帯投稿専用


今朝もどっさりの雪かきを終え
まだ薄暗い林を見ると
白く雪を頂いた木々が美しい。

コメント

夕もや

2010年01月24日 | 携帯投稿専用

キンキンと冷え込んだ夕方
辺りにモヤがどんどん広がる。

日中のお日様に照らされていた
雪の表面から、
冷えがもたらす幻想的な
空気の現象

毎年、この時期に何度も見られる景色だが
何時見ても美しいと思う。

コメント (4)

寒に作る

2010年01月20日 | 携帯投稿専用

寒に入り、毎晩冷え込むようになり、
この時期を待っての仕事をする。
まずは「凍み大根」作り。


三日ほどマイナス6~7度の夜を過ごし
今日の暖かさで溶けている。
こうして、おいしい「凍み大根」が出来上がる。

また、もうひとつは「寒こうじ」作り。
市販の、三五八のような漬物用のものである。


こうして、春まで仕込んでおき、
来年の今頃まで一年間、
これを元にいろいろの漬け物を作ります。

コメント (4)

晩酌の友

2009年12月03日 | 携帯投稿専用

夫は私と結婚して47年、
一日たりとも晩酌を欠かしたことがない。
きっと結婚する前から
そうだったのだろう。
その為に働いている・・・・と
豪語してはばからない。

「カメ」が丈夫なのか
それとも見せないでいるだけか
二日酔いで寝込んだ事もない。

看護婦で産婆だった姑が、
我が息子に「週に一度の休肝日を」と勧めたが、
ただの一度も実行した事がない


ビール用のジョッキに二杯
私が秋口にせっせと作った
「紫蘇ジュース」とお湯で割って
飲んでいる。

わかっていて、せっせと作る私も、悪いのかしら?

お酒の飲めない私は思い出したように
月一くらいで、
原液でコップに半分ほどを飲んでいる。

コメント (2)

冬の使者

2009年11月15日 | 携帯投稿専用

朝食の準備をしていたら、
バラバラ・・・・と大きな音がした。
窓を眺めて夫が、
「あられだ!」と言う。

カメラを手に外に出た。
大粒のあられが、音を立ててふってくる。
ホンのわずかに、白くなるほど。
そして、消えるのもあっという間だった。





花壇のお人形達。まだそのままだったのを、
あられのお陰で思い出した。

泥まみれになって可愛そうだったので
お風呂に入れて(?)きれいにしてあげた。
「また、来年もよろしくね」

コメント (2)