サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 08286「夕凪の街 桜の国」★★★★★★★★★☆

2008年03月22日 | 座布団シネマ:や・ら・わ行

第9回手塚治虫文化賞新生賞、平成16年度文化庁メディア芸術祭漫画部門大賞を受賞した、こうの史代の同名傑作コミックを、『出口のない海』の佐々部清監督が実写映画化したヒューマンドラマ。広島原爆投下から13年後と現代に生きる2人の女性を通して、現在までに至る原爆の悲劇を描く。主演は、若手実力派女優の田中麗奈と麻生久美子。共演には中越典子、藤村志保、堺正章ら多彩な顔ぶれが集結。登場人物たちの人生や何気ない日常生活を通し、命の尊さを語りかけてくる。[もっと詳しく]

原作者であるこうの史代がスクリーン・トーンを使わずに、手描きの線に込めたもの。


こうの史代のマンガをみればすぐにわかることだが、定規を使って描いたような直線がまったくといっていいほどない。手描き風の、やわらかい、曲線を使っている。
スクリーントーンも使っていない。翳の部分は、ほとんどが、ペンで斜線を引いている。
口絵部分などのカラー頁は、淡い水彩絵の具で着色をしている。
やわらかいタッチなのだが、少女コミックの女性マンガの作風とは、明らかに異なっている。
どちらかといえば、男性マンガ家が描いた、作品のように見えることもある。
うまく言えないのだが、初期のちばてつやとか、60年代から70年代にかけての永島慎二の、描く少女や生活者を描くタッチに似ているような気がする。



こうの史代は1968年生まれである。
直接的に、家族に被曝体験者を持っているわけではない。
ただ、広島県西区で育ち、広島大学理学部に進んだこうの史代にとって、原爆が落とされた街で育ったという事実は、避けて通ることが出来ないのだろう。
漫画家としてのデヴューは1995年の「街角花だより」。この作品ですでに、現在に至る彼女の描線のオリジナリティは表現されていると、いってもいい。

「夕凪の街 桜の国」の発表は、2003年9月漫画アクション誌上である。
広島で被爆した女性の10年後を描く、読みきり作品「夕凪の街」として、掲載されたのだ。
「夕凪」とは、海岸地方において夕方に海風が陸風に変わるときに無風状態になることをいう。
その後、現代に生きる女性が、被爆者としての子供として生を受けた自分のルーツを見つめる「桜の国1部・2部」として発表された。それらを三部作とし、2004年10月に単行本となった。
その作品は、大きな反響を呼び、第8回文化庁メディア芸術祭大賞と第9回手塚治虫文化賞新生賞を受賞し、海外でも多くの国で、翻訳出版された。



原爆を主題にした漫画といえば、1000万部以上が出版されたと言われる中沢啓治の「はだしのゲン」が有名である。
実写、アニメ、テレビドラマ、ミュージカルなどにもなった。
また漫画好きな麻生太郎などの計らいで、漫画外交に利用されたりもした超有名作品である。
僕も、当然のことのように読んでいる。
1970年代前半の「週刊ジャンプ」誌上での連載だから、リアルタイムに体験している。
「夕凪の街 桜の国」は「はだしのゲン」から四半世紀後に発表されたことになるが、この作品も僕はリアルタイムで体験している。



中沢啓治は自らが被曝体験者であり、父や姉や弟を被曝で亡くしている。
実際に原爆による肉親の死に立ちあったかどうかは別としても、「はだしのゲン」は中沢啓治の自叙伝であることは間違いない。
徹底して、当時の状況が、執拗に呪いのように書き込まれている。
「夕凪の街 桜の国」には、回想シーンとして原爆時の逃げまどう自分や広島の市民のことが描かれてはいるが、そういうシーンはわずか数頁にしか過ぎない。
けれども、僕にとっては、「はだしのゲン」よりも、ある意味では何倍も、何十倍も、「原爆がアメリカによって落とされた」という事実を、怒りと哀しみで再認識させられるのは、「夕凪の街 桜の国」という、100頁にも満たない短編集のような、1冊のマンガ本によってなのである。
そして、そのことは、実写化ということでも同様に、「はだしのゲン」のそれよりも、今回の佐々部清監督の映画化作品の方が、はるかに心に沁みるのである。



映画の前半は、昭和33年が舞台。
平野皆実(麻生久美子)と母フジミ(藤村志保)は原爆スラムのあばら家でつつましく生きている。
皆実は建築事務所に勤めているが、同僚の打越豊から思いを寄せられる。
しかし、皆実は、原爆で父・姉・妹を亡くし、自分だけが生き残ってしまったという、負い目を持っている。
戦時中に水戸の叔母の家に疎開させ、そのまま養子となった(石川家)の弟の旭のことを、いつも案じている。
皆実は、自分だけが幸せになることは許されないとずっと思いつめてきたが、打越のひたむきさと、弟の旭の応援もあり、これからの生活を夢見たそのときに原爆症を発症し、闘病の後、若くして絶命する。
中盤は、同じスラムに住む少女で京花というおっとりした少女(フジミにいわせれば、ちいととろい子)と、フジミの面倒をみる旭のほほえましい交遊が描かれる。京花もまた被曝2世である。時間は経過し、大人になった京花と旭は、連れ添うことになる。
後半は、約半世紀後、東京に住む初老の旭(堺正章)が、家族に黙って広島への旅に出ることになる。娘の七波(田中麗奈)は心配して、友人の利根東子(中越典子)を誘って、ひそかに旭の後をつけることになる。
その七波に家族や自分のルーツが次第にみえてくる・・・。



「広島のある 日本のある この世界を 愛するすべての人へ」
と、原作も、映画もメッセージされている。
この作品は、反戦や反原子爆弾を声高に叫ぶものではない。
けれども、作品を通じて、半世紀以上にもわたる原爆がもたらした傷や痛みが、まだ癒えることはないことを、静かに熱く伝えている。

皆実は、たぶん職場ではほとんど原爆のことは口にださないでいる。
でも、家に帰る途中に、華やかなワンピースに目を留めては、「いや、自分はこんな洋服を着る資格はない」と思い決める。
皆実のこめかみと上腕部には、皮膚がただれた跡がある。スラム街から銭湯にいくと、身体を洗うほとんどの女たちにはどこかしらケロイドの跡がある。皆美は、さりげなくその跡を隠すために、前髪を垂らし、夏でも長袖を着ている。
京花を可愛がっていたフジミなのに、旭との結婚話には反対する。旭は、疎開で原爆を受けていないし、石川家に養子にやった。それなのに、被曝2世(赤ちゃんのときに被曝)の京花と一緒になって、苦労を背負い込むことはないのに・・・。
そして、京花も、血を吐いて、若くして亡くなることになる。



旭は広島で、皆実の縁の人たちを捜し歩いて、話を聞いていた。
もう、生きている人も少ない。年月だけが、経過し、一部の記念施設を除いて、近代的に復興した広島に、原爆あるいはその後の風景のよすがは、ほとんど残存していない。
旭の娘の七波は、幼くして母を亡くした男まさりのおてんばなキャラとして描かれているが、家では母親代わりをしてきたしっかり者でもある。原爆のことはほとんど話題にはされないが、記憶の隅々に、七波にも封印している風景がある。
七波の弟である凪生は、医者の卵だ。この職業を選んだのも、たぶん、自分のルーツが影響している。その凪生と職場交際する七波の親友である東子は、被曝の血筋である凪生との結婚を、両親から反対されている。



こうの史代は、この原作の登場人物の名前の一部に、広島の実際の地名をあてている。
たとえば平野は中区平野町、フジミは中区富士見町、皆実は南区皆実町、旭は南区旭・・・という具合に。
「どこかでお前の住む世界は、そっちじゃないという声がする・・・。うちは、この世におっても、いいんじゃろうか」
皆実は今も、背中におぶって逃げた妹の声にうなされる。
「生きとってくれて、ありがとうな」
打越がそういってくれるのが、ただただ嬉しい。
こんな儚げで健気で哀しい皆実は、しかし、少しだけ決意したようにしっかりと言い切る。
「原爆はあの日、落ちたんじゃのうて。アメリカによって、落とされたんよ」
七波は、どこかで伯母である皆実の想いを、受け継いでいくだろう。
あるいは、若くして死んだ被曝2世の京花おかあさんや、そのことをわかって結婚した旭お父さんのことを。



こうの史代は、定規やスクリーン・トーンを使わない。
その描写の一本、一本の翳を斜線で描く時、一本、一本に物言わず死んでいった人々の無念や哀しみを思いながら、それでも淡々と流れる日常の大切さを慈しみながら、静かに鎮魂をするかのように、丁寧にペンを動かしている。
その想いに、この映画作品のキャスト・スタッフたちは、よく応えようとしていると、僕は思う。







 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (26)   トラックバック (59)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私設トイレ(あんたも不法投... | トップ | 信用できない(自分と家族と... »
最近の画像もっと見る

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB、ありがとうございます (kira)
2008-03-24 17:25:19
この作品は、昨年の邦画・マイベストに入れたほど
思い入れのある作品です。
こちらのレビューを読んで、久しぶりにあの日の感動が思い出されます。
この作品は、より若い世代にも観て欲しい、定期的に上映して
忘れてはいけないこと「被爆する」ということを
伝えて欲しいと願った事でした。
kiraさん (kimion20002000)
2008-03-24 17:32:00
こんにちは。
原作も映画も多くの人に見てもらいたいと思います。
僕は田中麗奈が大好きなんですが、この作品では、麻生久美子を見直しました。
こんにちは。 (hito)
2008-03-24 17:48:32
映画→原作の順に読みました。
私も原作の持つ柔らかさと温度が映画でも感じられ、とても原作に忠実に作られていると思いました。

どちらも涙涙・・たくさんのたくさんの人に見てもらいたい作品ですね。
hitoさん (kimion20002000)
2008-03-24 21:07:36
こんにちは。
原作自体が、告発調のものではないですね。
淡々とした日常の喜怒哀楽が描かれており、だから逆に、ふだんは押さえている怒りや哀しみが、胸に響きます。
kimon20002000さんへ (KGR)
2008-03-25 00:12:13
TB&コメントありがとうございました。

記事には書きませんでしたけど
反戦をことさら声高に叫ばなくても心に訴えることはできるんだなということと、
自分は知らなかったけど、被爆者に対する偏見、差別があった(ある)ということは感じました。
KGRさん (kimion20002000)
2008-03-25 00:34:43
こんにちは。
機会があれば、井上光晴さんの広島を舞台にした小説を読まれるといいと思います。
とても、複雑な、差別される側がまた差別をするという、やりきれない構造がよく描かれています。
TBありがとうございました (sakurai)
2008-03-25 13:49:39
佐々部監督のものすごくストレートなタッチが、この映画にはいい方の作用したと感じました。
黒木監督の描き方のほうにいつもシンパシーを感じるので、不安を抱きながら見たのですが、素直なエネルギーがとってもすとんと落ちました。
配役もとってもマッチしていたと思いました。
sakuraiさん (kimion20002000)
2008-03-25 15:09:15
こんにちは。
個人的には、黒木監督の方が好きですけどね。
佐々部監督は、わりと原作を大切にする方ですね。
台詞に託されたメッセージ (BC)
2008-03-25 21:40:13
kimionさん、こんばんは☆
トラックバックありがとうございます。(*^-^*

登場人物の役名は広島の地名をあてはめていたのですね。

命のつながり、そして家族のつながり。
一つ一つの台詞に託されたメッセージが印象深い作品でした。
BCさん (kimion20002000)
2008-03-25 21:53:15
こんにちは。
地名の件ひとつをとってもこうの史代さんの広島への謙虚な想い、亡くなった方たちへの鎮魂の想いが、感じられます。

コメントを投稿

座布団シネマ:や・ら・わ行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

59 トラックバック

映画「夕凪の街 桜の国」7/28封切りです。 (「しつこく」新×3もろもろ日記)
こうの史代さんの漫画が原作で、監督は「半落ち」の佐々部清。 戦後間もない広島と現代の広島。二つの時代でそれぞれに 生きる女性を描いた作品ということで是非見に行ってみようと思っています。 映画に関心のある方は夕凪の街 桜の国オフィシャルブログ見てみてくださ...
夕凪の街 桜の国(田中麗奈主演映画・ネタばれややあります) (「しつこく」新×3もろもろ日記)
こうの史代の漫画を「半落ち」の佐々部清が実写映画化。 ヤフーのカテゴリーで、このコミックを読むことができるのですが (ネット上で)映画を見終わるまで、原作を読むのは やめとこうと思い、見てきました。
夕凪の街 桜の国 70点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
フスマをかけてっと 公式サイト 広島の被爆者とその子孫を主人公とした、こうの史代の短編連作漫画を実写映画化。タイトルは同じく原爆を扱った大田洋子の『夕凪の街と人と』『桜の国』から引用されたもの。 本作の監督を務めるのは『半落ち』『出口のない海』など...
夕凪の街 桜の国・・・・・評価額1350円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
今年ももうすぐ、8月6日がやってくる。 人類の記憶に、「ヒロシマ」という日本の地方都市の名前が、永遠に刻まれる事になった日。 「夕凪の...
夕凪の街 桜の国 (to Heart)
製作年度 2007年 上映時間 118分 監督 佐々部清 出演 田中麗奈/麻生久美子/藤村志保/堺正章/吉沢悠/中越典子 昭和33年広島、皆実(麻生久美子)は同僚の打越(吉沢悠)から求愛されるが、彼女は被爆した心の傷と、自分が生き残った罪悪感に苦しんでいた。やがて、...
夕凪の街 桜の国 (Akira's VOICE)
希望は咲き誇る。
「夕凪の街 桜の国」 (日々“是”精進!)
夕凪の街桜の国本日、「夕凪の街 桜の国」をやっと読むことが出来ました以前から話題がある作品だということは知っていたのですが、なかなか巡り合うことが出来ず、本日、立ち寄った書店に置いてあったので、早速購入した次第です帯に…戦後マンガ界 最大の収穫と書かれ...
『夕凪の街 桜の国』 (ラムの大通り)
----この映画、変わったタイトルだよね。 原作ものニャんだって? 「そう。 平成16年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞・ 第9回手塚治虫文化賞新生賞を受賞した こうの史代と言う人の原作。 過去と現在の二つの物語からなる連作なんだ」 ----ふうん。と言うことは 二...
映画「夕凪の街 桜の国」をブロガー試写会にて鑑賞。 (masalaの辛口映画館)
 7日、五反田のイマジカ第二試写室にて「夕凪の街 桜の国」のブロガー試写会に参加した。 イマジカは、私の家からバイクで6分という好立地でありながら、一度も中に入った事が無い試写室である。初めて来たイマジカは現像所らしく工場という感じの建物だが、その一角...
映画「夕凪の街 桜の国」 (日々のつぶやき)
監督:佐々部清 出演:麻生久美子、吉沢悠、田中麗奈、中越典子、藤村志保、堺正章 『広島のある 日本のある この世界を 愛するすべての人に』 広島の原爆の映画・・ということだけしか知らずに見に行ったのですが・・ 戦争がテーマというわけではありません
「夕凪の街 桜の国」こうの史代著 (日々のつぶやき)
先日見た映画「夕凪の街 桜の国」 の原作、コミックです。 ストーリーも台詞もほぼ同じ。 若干設定が変化していました。 原作では原爆投下より10年後、映画は13年後でした。 そして亡くなった姉妹のところも、原作ではお姉さんが二ヵ月後に、映画では妹が当日背...
*夕凪の街 桜の国* (Cartouche)
{{{   ***STORY***                2007年  日本 原爆投下から13年後の広島。そこに暮らす平野皆実は、打越に愛を告白される。だが彼女は、原爆で父と妹を失い、自分が生き残っているという事が深い心の傷になっていた。そんな彼女の想...
『夕凪の街 桜の国』 ('07初鑑賞81・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5) 7月28日(土) 109シネマズHAT神戸シアター1にて 13:45の回を鑑賞。{%cherry%} この日は、邦画では珍しく 日本語字幕付きの上映でした。
映画 【夕凪の街 桜の国】 (ミチの雑記帳)
試写会にて「夕凪の街 桜の国」 第9回手塚治虫文化賞新生賞、平成16年度文化庁メディア芸術祭漫画部門大賞を受賞した、こうの史代の同名コミックを、佐々部清監督が実写映画化。 おはなし:昭和33年広島。皆実(麻生久美子)は同僚の打越(吉沢悠)から求愛されるが、...
映画『夕凪の街 桜の国』 (コラムニスト宣言)
 「夕凪」……海岸地方で夕方、海風から陸風にかわるときの無風状態。(新辞林)  時は流れ、人の心は移ろい、街は過去の歴史を塗りこめるようにして発展を遂げていく。    一方で、夕凪のように、風がやみ、空気が滞り、人の心の傷が胸の奥底にとどまることもある。...
夕凪の街 桜の国 (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <シネマスクエアとうきゅう> 監督:佐々部清 原作:こうの史代 『夕凪の街 桜の国』(双葉社刊) 脚本:国井桂 佐々部清 「夕凪の街」 昭和33年。原爆投下から13年が経った広島で、母親と二人慎ましく生きる平野皆実。彼女は被爆時の経験によっ...
夕凪の街 桜の国、試写会 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
五反田、イマジカ東京映像センター、第2試写室。 12席×5列+(6席+テーブル席)、定員は70名になるのかな。 こうの史代原作の漫画の映画化。 原作は文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、手塚治虫文化賞を受賞している。 映画では霞、皆実、翠の三姉妹を、皆...
戦争の先にあるモノ。『夕凪の街 桜の国』 (水曜日のシネマ日記)
広島原爆投下から13年後の広島で生活する女性の姿と、現代を生きる女性を通して原爆の悲劇を描いた物語です。
夕凪の街 桜の国 (2007) 118分 (極私的映画論+α)
 あの閣僚発言とはまったく「対」になる映画です。
『夕凪の街 桜の国』 (Rabiovsky計画)
映画『夕凪の街 桜の国』OFFICIAL SITE 監督:佐々部清 脚本:国井桂 、佐々部清 出演:田中麗奈 、麻生久美子 、藤村志保 、堺正章 、吉沢悠 、    中越典子 、伊崎充則 2007年/日本/118分 おはなし Yahoo!映画 昭和33年広島、皆実(麻生久...
映画レビュー「夕凪の街 桜の国」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
夕凪の街 桜の国◆プチレビュー◆被爆者の心と体の消えない傷を、何気ない日常の中で描く新感覚の原爆映画。どこかの政治家に「しょうがなかった」なんて絶対に言わせない! 【80点】 昭和33年の広島。皆実(みなみ)は原爆で生き残ったことに負い目を感じながらも同...
『夕凪の街 桜の国』 (マガジンひとり)
@五反田・イマジカ東京映像センター試写室、佐々部清監督。 広島原爆投下から10年後と現代に生きる2人の女性を通じて、現在までに至る原爆の影響を描いた、こうの史代氏原作『夕凪の街 桜の国』。その難しい題材をあつかった内容にも関わらず、韓国、フランス、アメリ...
『夕凪の街 桜の国』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
原爆投下から13年後の広島。そこに暮らす平野皆実は、打越に愛を告白される。だが彼女は、原爆で父と妹を失い、自分が生き残っているという事が深い心の傷になっていた。そんな彼女の想いを打越は優しく包み込むが、やがて皆実に原爆症の症状が……。半世紀後。今は東京で...
夕凪の街 桜の国 (Good job M)
公開日 2007/7/28、8/11(福岡県)監督・脚本:佐々部清 「半落ち」、「四日間の奇蹟」出演:田中麗奈/麻生久美子/吉沢悠/中越典子/伊崎充則/金井勇太/藤村志保/堺正章 他【あらすじ】昭和33年広島、皆実は同僚の打越から求愛されるが、彼女は被爆した心の傷と自分が生...
★ 『夕凪の街 桜の国』 (映画の感想文日記)
2007年。「夕凪の街 桜の国」製作委員会。   佐々部清監督。こうの史代原作。  田中麗奈、麻生久美子、吉沢悠、伊崎充則、中越典子、堺正章、その他...
夕凪の街 桜の国 (5125年映画の旅)
終戦から62年。かつて原爆に苦しんだ人達と、現代を生きるその人達の子供の姿を描いた物語。原爆の後遺症に悩み、生きる勇気を失ったしまった女性の姿を描いた『夕凪の街』、原爆体験者を家族に持つ現代女性が広島の街で戦争の傷跡を目の当たりにする『桜の国』の二...
夕凪の街 桜の国(映画館) (ひるめし。)
生きとってくれて ありがとう
夕凪の街 桜の国 (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「夕凪の街 桜の国」の感想です
夕凪の街 桜の国 (豪の気ままな日記)
静かで儚い物語→でも凛としたメッセージが込められている。 評価☆☆☆☆ 本日、公開初日見て来ました。 物語は前半、原爆投下から13年後の昭和33年の広島を舞台とした「夕凪の街」と後半、平成19年を舞台とした「桜の国」の2部構成になっている。原爆をテーマにした作...
夕凪の街 桜の国 (迷宮映画館)
淡い絵に込められた意志は濃い。
夕凪の街 桜の国 (サミーの日々徒然)
「夕凪の街 桜の国」という映画が2007年7月28日、全国の劇場で公開されます。 出演者は田中麗奈、麻生久美子、吉沢悠、中越典子、と知ってる名...
『夕凪の街 桜の国』 (映画大陸)
 夏になると決まってやる事があります。それは別に海へ行くとかプールに行くなんてアウトドア的なことではありません。最後に泳いだのっておそらく高校時代が最後であるはずだし(酒を喰らって、勢い余って入水したことはあるけど)。  僕が夏にやること。それはまず...
~『夕凪の街 桜の国』~ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2007年:日本映画、佐々部清監督。【夕凪の街】は麻生久美子がヒロイン、【桜の国】は田中麗奈がヒロインを演じています。
女性の視点で描かれた、しなやかで新しい反戦物語 (極楽三十路生活賛歌 Evolution)
 『夕凪の街 桜の国』(監督:佐々部清、出演:田中麗奈、麻生久美子、吉沢悠、中越典子、伊崎充則、金井
『夕凪の街 桜の国』 (試写会帰りに)
『半落ち』、『出口のない海』の佐々部清監督作品『夕凪の街 桜の国』。『カーテンコール』の実直真面目な作り方の印象が残っていたのですが、今回の漫画原作の実写映像化という形が、佐々部清監督によく合っていたように思いました。 TVドラマのような、違和感のあるクロ...
「夕凪の街 桜の国」:東池袋一丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}ここにある豊島岡女子学園の歴史って知ってる? {/kaeru_en4/}いや。 {/hiyo_en2/}東京家政女学校という学校が昭和15年ここの土地を購入して、校舎の新築を計画したんだけど、戦争のため建築の中止を命じられた上、戦火のために牛込にあったもとの校舎は全...
生きていてくれてありがとう~夕凪の街桜の国 (ひょうたんからこまッ・Part?)
『夕凪の街 桜の国』 (2007年・日本/118分) 公式サイト 公式ブログ 6月7日(木)ブロガー試写会にて鑑賞 於:イマジカ東京映像センター第2試写室 ~生きとってくれて、ありがとう~ 戦後、幾許かの時を経て、 私たちはその時代の記憶を失いつつ...
「夕凪の街 桜の国」を広島で観る (再出発日記)
「どうして原爆は落ちたんじゃ!」「違うよ‥‥‥原爆は落ちたんじゃなくて、落とされたんよ。」監督・脚本:佐々部清原作:こうの史代出演:田中麗奈、麻生久美子、吉沢悠、中越典子、伊崎充則、金井勇太、藤村志保、堺正章8月5日、広島市商店街の中にあるシネサロン2で....
夕凪の街 桜の国 (楽しい株主優待生活)
3本目も東急レクの優待で見てきました。 週末見た映の中では一番良かったかも。 この映画、前半が「夕凪の街」、後半が「桜の国」と分かれています。 前半は原爆投下後の広島を描いています。 この映画で一番印象に残ったのは、麻生久美子の演技でした。 同姓から見ても...
映画 「夕凪の街、桜の国」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
終戦記念日は官僚の靖国参拝云々でマスゴミはバカ騒ぎしているが、 日本には2日もある「原爆の日」が年々忘れさられて来ているように感じま...
「夕凪の街 桜の国」試写会 (Thanksgiving Day)
ヤクルトホールで行われた「夕凪の街 桜の国」の試写会に行ってきました。 こんな内容の映画です。 『原爆投下から13年後の広島。そこに暮らす平野皆実(麻生久美子)は、打越に愛を告白される。だが彼女は、原爆で父と妹を失い、自分が生き残っているという事が深い心...
夕凪の街 桜の国 (徒然なか話)
 昨年見逃した映画のうち、最も見たかった映画「夕凪の街 桜の国」のDVDがやっとリリースされたので、さっそく借りてきた。ついでに、こうの史代の原作を買って読んだ。わずか94頁の漫画である。しかし、その簡潔なストーリーに込められた意味は限りなく深い。  ...
「夕凪の街 桜の国」 今、自分が生きているということ (明日へのヒント by シキシマ博士)
佐々部清監督作品「夕凪の街 桜の国」です。 と言っても、文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞などを受賞したという、こうの史代さんの原作も読んでいないし、まったく予備知識なしで観に行ったのですが。
夕凪の街 桜の国 (夫婦でシネマ)
この映画は、「夕凪の街」と「桜の国」の二部構成になっていて、過去と現在の広島で生きるヒロインたちが、原爆によって傷つき悩みながらも毎日を懸命に生きようとする姿が描かれています。
夕凪の街 桜の国 (ネタバレ映画館)
閣僚による「原爆投下しょうがない」発言が世間を賑わせた今夏。さらに原爆症認定問題もクローズアップされているなか、素晴らしい映画が登場したように思う。
夕凪の街 桜の国 (唐茄子はカボチャ)
夕凪の街 桜の国東北新社このアイテムの詳細を見る 夕凪の街と桜の国と2つに分けてそれが重なり合うようにできているんですね。原作を読んでいませんが、いまHPみましたけど、もともと夕凪の街という話と、そのあとに、桜の国という話を出したみたいなので、このやり方...
夕凪の街、桜の国 (yoko's cinema dairy)
 (2007 日本) ☆☆☆☆+0.5 広島のある日本のあるこの世界を愛するすべての人へ 『タ凪の街』 原爆投下から13年後の広島、いつ原爆症が発病するかもしれない恐怖を抱えながら生きる平野皆実(麻生久美子)が、同僚の打越から愛を打ち明けられた。幸せの一方で...
夕凪の街、桜の国 (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
伊崎充則が堺正章に、吉沢悠が田山涼成になる映画 夕凪の街 桜の国posted with amazlet at 08.04.11東北新社 (2008-03-28)売り上げランキング: 229おすすめ...
「夕凪の街 桜の国」 いろいろ思うことあり (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
去年辺りから、自分の知らない戦争観を教えてくれる映画に当たり、たいそう勉強になりましたが、この原爆被爆観は、ちょっとすごかったです。 「自分だけ生きてて、そんで、幸せになってもええのんか」 と幸せの局面を迎えるたび、そんな思いがもたげてくるというのはまだ...
感想/夕凪の街 桜の国(試写) (EDITOREAL)
原爆モノを青春で説きました、そのココロは。『夕凪の街 桜の国』7月28日公開。昭和33年、被爆者である皆実は、つましく暮らす中、未だ原爆の悪夢にうなされていた。時は流れ平成19年。皆実の弟・あさひの娘・七波は、夜中に家を抜け出す父の後を追う。父が向かった先は、...
No.100 夕凪の街 桜の国 (気ままな映画生活)
原爆投下から13年経過した広島、 「夕凪の街」と平成19年の東京を舞台にした 「桜の国」の時代を超えて原爆の記憶背負って 生きる女性の物語です。
映画評「夕凪の街 桜の国」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・佐々部清 ネタバレあり
『夕凪の街 桜の国』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ昭和33年広島、皆実(麻生久美子)は同僚の打越(吉沢悠)から求愛されるが、彼女は被爆した心の傷と、自分が生き残った罪悪感に苦しんでいた。半世紀後、皆実の弟の旭(堺正章)は家族に黙って広島へ向い父を心配した七波(田中麗奈)は、後を追う内に家族のル...
夕凪の街 桜の国 [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画 「夕凪の街 桜の国」(佐々部 清:監督)  を観てきました。    W主演の麻生久美子さんが好きなので、  観たいとは思っていたのですが、  終戦記念日の今日、ようやく観てきました。  やっぱりせめて1年にこの時期くらい、  戦争とか平和とかについて  ...
夕凪の街 桜の国/こうの史代 [Book] (miyukichin’mu*me*mo*)
 こうの史代:著 『夕凪の街 桜の国』  夕凪の街桜の国こうの 史代双葉社このアイテムの詳細を見る  第9回(2005年)手塚治虫文化賞新生賞受賞作。  おととい観た映画 「夕凪の街 桜の国」 の  原作コミックです。  やっぱりどうしても読みたくなり、  今日買っ...
<夕凪の街 桜の国>  (楽蜻庵別館)
2007年 日本 118分 監督 佐々部清 原作 こうの史代「夕凪の街 桜の国」 脚本 国井桂  佐々部清 撮影 坂江正明 音楽 村松崇継 出演 田中麗奈  麻生久美子  吉沢悠  伊崎充則  藤村志保    中越典子  金井勇太  堺正章  粟田麗...
胸ひしぐ (ヒビブロ)
『夕凪の街桜の国』の試写会があたって行ってきました。原爆が投下されたヒロシマを描いた作品。と言っても、直接戦争を描いているのではなく13年経った広島と、その後から現在の広島の話。被爆によって心にも身体にも大きな傷が残る。それは、戦争中だけの過去の話ではな...
「夕凪の街、桜の国」 (或る日の出来事)
原子爆弾がもたらした悲惨さを伝えていくのは、唯一の被爆国である日本にしかできないこと。 この映画が、より多くの人に原爆の罪を知らせて...
夕凪の街 桜の国 (なりゆき散策日記)
ビデオメーカー夕凪の街 桜の国 楽天レンタルで 「夕凪の街 桜の国」をかりたのでみました。夕凪の街昭和33年の広島が舞台。原爆からの復興をめざす広島の日常。母と二人で暮らす26歳の皆実(麻生久美子)雨が降れば 雨漏りがするような家屋。銭湯に母といけば ...