J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ

岡山サッカーファミリー(ファジアーノ岡山等)、スポーツ文化等「岡山からJリーグ百年構想を」・・・情報ライブラリ的ブログ。

ウォーキングサッカー体験会

2019-06-14 00:01:47 | フットサル&ウォーキングサッカー体験練習

   
 体験会レポです。
 先日、浅口市フットサル場で開催された、県内初(たぶん)ウォーキングサッカークラブチーム「Wフィールド」の体験練習会に参加してきました。ウォーキングサッカーとしては2回目です。今回も同じ人数の11名参加。前回と似たような顔ぶれですが、新しくFSSの遠氏(バック・トゥ・ザ・フューチャーのTシャツ似合っていました)、豊氏奥さんが参加です。今までコーチ役で参加していた若手の佐君が今回欠席。たぶんフットサルをしたかったのでしょう。確かにサッカー経験者にとって、歩くサッカーは物足りないでしょう。しかし・・・これからはそういう時代なのです。
   
 まずは会場準備です。11人という事でフットサルコートではやや広い。まずは何人かでゴールを動かして若干コートを狭くする。ゴールラインにコーンを置く。そして、今回ウォーキングサッカー用に購入したフラットのコーンを両ゴール前に半円を描くように置く。ちなみにこれはGWに行った味スタのフットサル体験会での経験を活かしました。すなわち、シュートを打つのはこのラインの手前までという印。 
   
 最初のストレッチでコーチがいません。応援団・浅口の岡局長に頼んでみると、市のスポーツジムの体操が始まりました。えっ、シニアのスポーツジム流?と一瞬戸惑いましたが、これはこれでいいストレッチになりました。腕も動かしたので新鮮でした。
 まずは半分に分かれてパス練習。その後半分に分かれてミニゲームです。岡局長が何か黄色多くない?と口にされる。そういえばビブスもコーンもフラットコーンもみんな黄色だ(笑)。「黄色はこの会のイメージカラー」という話も流れる。広島サポの岡局長は「紫・・・」と何かブツブツ言われていました(笑)。
 
 筆者の方で簡単にルール説明をした後にゲーム開始です。遠氏などつい走ってしまうシーンがあるが、「走っちゃあいけません」と注意する筆者も思わず走ってしまう。ホイッスルもなくセルフジャッジだが、口頭注意だけでスルーしてしまう。前回は全体の動きがスローリーなので、盛り上がりに欠けた面もありましたが、今回は2回目という事でまあまあ盛り上がりました。
   
 女子サッカー部出身で「なでしこリーガー」とあだ名される茅女史は相変わらず怖いシュートを打ってくる。前に松君が指を脱臼しましたが、危ない危ない。180cmを超える高さのシュートは禁止かな。確かGKはゴールエリアから出てはいけないルールのはずなのに、フットサルと同じく前に出てプレーに加わる。まぁローカルルールで楽しめればいいのです。
 いい汗がかけました。当初は後半はフットサルの予定でしたが、盛り上がった証か120分まるまるウォーキングサッカーをやり切りました。これでこの会は完全にウォーキングサッカークラブになりましたね。

 新しい会場の話が出る。何でも岡山市北区御津にある御津スポーツパークに、テニスコート兼フットサルコートがあるらしいと。寄島まで伊氏や金さんなど岡山市の向こうからいつも来てもらっているので、今度は我々倉敷市民など西部のメンバーが向こうに行ってあげねばという話になる。海沿いのコートである浅口市フットサル場に対して、向こうは山あいのコートになり、海と山バランスいいですね。
 ウォーキングサッカーは、フットサルほど疲労もなく、けがのリスクも無く、実に健康的に運動ができました。今度は9月頃かな。ウォーキングサッカーに興味がある方は連絡(左コンテンツのプロフィール欄にアドレスあり)下さい。
ウォーキングサッカークラブ「Wフィールド」公式HP:https://w-field.jimdofree.com/