鎌倉徒然草

鎌倉に住んで20年。四季折々の自然を楽しみながら、オリジナルの和雑貨の企画、製造、販売を展開しています。

編み物

2017年09月30日 | 日記

私は編み物というものが全くできない。

若いころ、恋人にマフラーやセーターを編んでプレゼントしている知人たちが、

うらやましくて仕方なかった。

とにかく形にならないのだ。

マフラーは目の数さえ間違えなければちゃんとできる・・・筈。

何度かトライしました、だめなのです。

理由は手の力加減が均等に出来ないからと分かりました。

大体いろんなことを考えながら編んでいる。

怒っているときは引き(というのでしょうか?)が強くなり、眠い時は弱くなる。

真面目にやってないということです。

編み物は性に合わないのでしょう。、

特別困ることはありません。

でも編み物をしている女の人の姿、好きです。


コメント

神無月

2017年09月29日 | 日記

9月が終わります。

ぐちゃぐちや、混沌とした政界、ミサイルの不安、危機感の中の空白です。

それでも、秋の空は高く美しく澄みわたっています。

いずれにしても、10月は混乱と覚悟の時になりそうです。

コメント

ヘロヘロ

2017年09月28日 | 日記

整体で受けた施術のモミ返しでヘロヘロです。

水分を大量に摂り、果物を食べまくり、

ぐだぐだの1日でした。

情けないー。

明日から頑張ります。

コメント

大物と言われた・・・

2017年09月27日 | 日記

整体院に久しぶり予約入れた。

「そのお時間、男性になるのですが・・・」

私はなぜか施術は女性しかだめで「とにかく行きます」と電話口のスタッフに伝えた。

結局、屈強なクマさんのような30代の男性に願いすることになった。

アロマの香りの漂う波の音が美しいBGMの小部屋で60分、私は悲鳴を上げ続けた。

寡黙なクマさんは、私の悲鳴に手加減しながらも丁寧にコリをほぐしてくれた。

お会計の時クマさんがぼそりといった。

「触った瞬間、『こりゃ大物が来た!』と思いました。ここまでひどくならないうちに来てください。」と、

何故か申し訳なさそう・・・。

大物と言われた私は身を縮め「有難うございます、そうします」と足早に整体院を後にした。


コメント

好きな路地裏

2017年09月27日 | 日記

昨日のブログに書いた都市のの変化。

でも、東京にも好きな路地裏がまだまだ沢山あります。

たとえば、大人の匂いがする神楽坂。和食の美味しいお店が並ぶ。

「谷根千」は職人さんの工房がたくさんある町、中華、串揚げの名店がある。

日本橋の東側、人形町から東日本橋界隈には年季の入った美味しい食堂と、何故か神社が多い。

新橋、銀座の路地裏の立ち食いのイタリアンや焼き鳥屋さんでは、華やかな女性たちの笑い声が溢れる。

生まれ育った浅草の観音様の裏側などは、昔ながらのあらゆる種類の飲食店が立ち並び、

半世紀前にタイムスリップしたようだ。

東京の西側を山の手、東を下町とよぶようになったのはいつ頃からの事だろう。

私は、やっぱり下町人間。

実は鎌倉にも、たくさん「下町」があるんです。

またの機会に。








コメント