ひーず のーと

旅、食、落語・・・と日々思うこと、思い出したことの備忘録

天童 鈴立山・若松寺

2014-09-06 17:39:57 | 寺社巡り
 8月24日に天童では、まず、若松寺へ。天童温泉の宿泊先に荷物を置いて、タクシーで15分程度、1890円で到着です。
 さて、若松寺(じゃくしょうじ)に着いて山内の地図です。


 駐車場から境内に入るところに鈴立山若松寺とあります。


 参拝の拝観料などはありません。
 境内に入ると、すぐ右側に絵馬堂があります。(案内図にはないなあ。でも、1988年に建立されているそうです。)拝観しませんでしたが、中にはムサカリ絵馬(結婚せずに亡くなった子のために、あの世で幸せになれるようにと、あの世での結婚式を描いた絵馬)が奉納されているそうです。


 花笠音頭の碑もあります。めでた、めでたの若松様の「若松様」はこの若松寺のことです。


 若松寺観音堂です。

 室町時代末期の建築だそうです。ここでは色々と解説も聴くことができます。ブナでできている建物の話や仏像に関する話です。
 寺の山号は鈴立山、天台宗の寺院で、708年行基により開山されました。

 鐘楼堂です。


 鐘楼堂の脇は景色がいいです。天童市内を臨みます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋田・天徳寺

2013-05-24 22:12:40 | 寺社巡り
 3日の秋田で、如斯亭から近くにある秋田の古刹天徳寺へ、そのままタクシーで向かいます。
 天徳寺は山川出版の秋田県の歴史散歩によると万古山(ばんこざん)天徳寺と言う曹洞宗の寺院です。佐竹氏の菩提寺で1602年に常陸国から秋田に移転し、1624年の火災で焼け残った総門と、今の場所に移転したそうです。
 その総門です。


 山門です。これは現在地に移転したころのものらしいです。大きく、いい雰囲気を醸しだしています。

 本堂です。1676年に焼失し、1687年に再建したようです。屋根が崩落の可能性があり、近寄れません。残念。佐竹氏の菩提寺の風格があるのに。


 本堂のちょっと右側、お寺の敷地ではないのかな、垂れ桜が咲き誇っていました。


 本堂の左側には1671に建立された、歴代藩主と夫人の位牌を安置する御霊屋()があり、その朱塗りの屋根です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

両国回向院

2013-05-06 07:46:04 | 寺社巡り
 29日は両国の回向院へ。回向院では、今、善光寺の出開帳を行っています。戒壇巡りもあり、ミニ善光寺の雰囲気。ただ、参拝料1000円、戒壇巡りは500円はちょっとね。
 回向院の山門です。

 御仏さまと糸で結ばれ、柱に触れることで、同じ利益のある回向柱です。

 御仏さまは善光寺の秘仏と同じ姿で、善光寺の御開帳の御仏さまとも異なる仏さま。
 また、津波被害に逢い、後に発見された、陸前高田の金剛寺と要害観音堂の仏さま、陸前高田の松で新たに造立されたおやこ地蔵も拝観できました。徳金剛寺の御仏は秘仏だそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

十和田市・澄月寺

2012-02-21 23:37:05 | 寺社巡り
 4日の十和田市散策は、市内の澄月寺へ。三本木稲荷神社の裏側の道を真直ぐ南東に行き、官庁通りを過ぎると右側に見えてきます。
 歴史を感じる山門が見えてきます。


 本堂です。


 本堂に掲げられていた寺名の額です。


 庫理に鐘楼?と観音像が本堂向かって右側にあります。

 ところで、ネットで調べると宗派は曹洞宗、創建は明治元年頃とそんな古いお寺ではありません。どうも、この辺はそんなに古い街ではないらしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

十和田市・慶應山理念寺

2012-02-15 23:26:12 | 寺社巡り
 4日の十和田市内散策、三本木稲荷神社から国道を直角に駅と反対方向に行くと理念寺が見えてきます。
 結構な雪の中を進んだところに理念寺が見えてきます。結構新しい建物だ。


 ちょっと山号を見るとびっくり!慶應山理念寺!

 理念寺の名前も不思議なのに、慶應山なんて…

 慶應時代に建立されたための山号らしく、慶應義塾には関係ないみたいだ。本堂です。

 真宗大谷派の寺院だそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三本木稲荷神社

2012-02-12 20:39:13 | 寺社巡り
 4日の十和田市での散策で、十和田市の商店街沿いのメインストリート、駅から商店街の手前に三本木稲荷神社はあります。
 道を歩いていて目立つ大鳥居です。


 中の鳥居です。稲荷神社の額も目立ちます。


 社殿です。

 雪深かった。江戸末期に創建されたようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

芝・増上寺

2011-11-28 23:05:46 | 寺社巡り
 20日は国立劇場に行く前に芝・増上寺の戦後初の三門公開を拝観に行きました。
 浜松町の駅から増上寺に向かうとまず大門が見えてきます。大門は1937年に作りなおされたものだそうです。


 日比谷通り前に三門が堂々とそびえます。この楼上が今回公開され、中には釈迦三尊像、十六羅漢像、歴代上人像が安置されています。

 1622年に建立されたそうです。楼上から東京湾側の景観が臨めますが、かつては海が見えたそうです。ここから景色も写真撮影禁止は残念。

 鐘楼です。戦後再建のものだそうですが、中の梵鍾は1673年鋳造だそうです。


 本殿の後ろには東京タワーも見えます。本殿は1974年再建だそうです。

 今回は駆け足の拝観でしたが、次はゆっくり訪ねたいところです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浅草寺伝法院庭園

2011-11-21 23:34:37 | 寺社巡り
 19日は中村座までの時間調整に浅草寺伝法院の庭園一般公開を訪ねました。庭園の公開に併せ、絵馬の公開も行っています。
 庭園マップです。


 地図の左側、経が島方向の池です。


 伝法院の前から池を臨みます。


 雨で、少し寒く、お茶をいただき、体を温めて、池の前に降り、池の右側を見やります。


 池の左側です。

 雨でじっくり見学できないのが残念です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浅草寺夜景

2011-11-09 23:27:15 | 寺社巡り
 5日は夕食後、浅草寺境内を抜けて、帰路につきました。
 五重の搭です。


 閉門していますが、参拝客が引きを切りません。


 山門です。


 雷門です。

 本当に人が多いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

待乳山聖天

2011-11-08 07:31:43 | 寺社巡り
 5日は中村座のあと、目の前の待乳山聖天にお詣りです。
 山門です。


 待乳山聖天についてです。

 浅草寺の支院で601年の創建も、戦争で焼失し、昭和36年再建ということだそうです。そして、小高い丘の上で、かつては景観自慢だったのか。その景色を見たい!また、宗派は聖観音宗になるそうです。
 日本庭園もあります。


 本堂です。

 お寺のブログによると、先日は勘三郎がお詣りに来て、毎月来たいと言っていたとか。また、行って見よう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戸隠神社 奥社・九頭龍社

2011-09-21 23:26:02 | 寺社巡り
 17日は昼食後、中社から奥社に向かい、5分ほど歩き、中社駐車場から奥社へのシャトルバス(500円)に乗車し、奥社の参道入り口に向かいました。
 参道の入り口にある鳥居です。

 鳥居から15分ほど進むと朱色の随神門です。いい雰囲気。でも、人が多いのに疲れてしまう。

 随神門を過ぎると400年前、徳川家康によって整備の始まったと言う杉並木です。


 随神門から約20分、結構きつい登り坂を行くと社務所、その奥、左側に九頭龍社、右側を少し上がって奥社が見えてきますが、まずは九頭龍社です。


 九頭龍社の由緒です。地の神様ということで、戸塚神社より歴史は古いようです。


 続いては戸隠神社・奥社の鳥居です。

 奥社の社殿です。人・人・人…。妻が御朱印をいただくにも何十分もかかり大変だった。

 趣きは感じないなぁ…。 奥社の由緒です。

 奥社の額です。

 とにかく、何十分も歩いてこなければならない神社なのに老若男女がいっぱいなのにはビックリだった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戸隠五社・火之御子社

2011-09-19 20:22:52 | 寺社巡り
 17日に、宝光社から徒歩10分強で火之御子社です。
 まずは道路から鳥居です。

 火之御子社の由緒です。

 こちらは神仏習合時代から神社らしい神社のようです。

 社殿です。


 右側から社殿を見てみます。屋根を見ても神社です。


 これで、五社のうち二社にお参りしました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戸隠五社・宝光社

2011-09-19 10:09:10 | 寺社巡り
 一昨日、長野駅から川中島バスで1時間ほどで宝光社前のバス停です。
 宝光社の参道は長い石段で始まります。


 石段の先には鳥居です。来歴はよくわかりませんが。

 この後、また石段が待っています。

 宝光社についての解説です。


 再び、石段を登って行きます。大変だぁ。


 社殿です。神社っぽくないなぁ。


 社殿についての案内です。


 ということで神仏習合時代の名残があるようです。 さて、神社の額です。


 逆光で今ひとつですが若干左側からの絵です。


 今度は右側から。

 結構涼しい戸隠ですが、石段を登り汗だくです。宝光社は参拝者もそれほど多くなく、落ち着いた雰囲気でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沢井・寒山寺

2011-07-18 21:57:44 | 寺社巡り
 16日は沢井で鉄道を降りると、小澤酒造の酒蔵見学まで、時間があるので、まずは寒山寺の拝観です。
 寒山寺へは小澤酒造の清流ガーデンの間をぬけ、楓橋を渡って行きます。


 楓橋の半ばから寒山寺を臨みます。


 楓橋では寒山寺の反対側の御岳渓谷の雰囲気です。


 お寺の本堂の手前には鐘楼があり、この鐘は昭和40年に再建されたものだそうです。もともとのものは戦争で供出されたそうです。

 本堂です。

 昭和5年(1930年)建立だそうです。中国の寒山寺を訪れた書家がそこで、日本への寒山寺の建立を願われたところからたてられたそうです。
 格天井には花などの絵が描かれています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いわき・長谷寺

2011-03-01 22:50:54 | 寺社巡り
 1月30日、勝行院の次は道に迷いながら駅前経由で長谷寺を拝観しました。
 お寺は曹洞宗。三門はなく、入り口のところです。山号は宇治山です。開山は807年、福島地区で、諸寺を開山した徳一によると伝えられているそうです。


 お寺の本堂です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加