ひーず のーと

旅、食、落語・・・と日々思うこと、思い出したことの備忘録

段葛のぼんぼり

2007-12-31 22:37:24 | 旅・見てある記
鎌倉・鶴岡八幡宮の参道の段葛は、初詣の参拝者を迎えるように、ぼんぼりが列をなして、灯っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅白のためには何でもありのNHK

2007-12-31 22:24:24 | 今日の想い
夜7時のニュースで、その後の紅白歌合戦の番組案内、番組宣伝をしていた。いくら、視聴率で、苦戦と言っても、ニュースのネタか!
NHKは国民的関心があることだからと言うのだろうけれど、それは詭弁と言うもの。いい加減にしろ!と言いたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湯村温泉バス待合

2007-12-31 13:55:06 | 鉄道・バス・乗り物
28日、八鹿駅から急行バスでほぼ1時間で、湯村温泉に。
バスに乗って、窓越しに外を見ていると、八木という地名の当たりで古そうなお寺が右側に3軒続けて。ガイドブックにでていないけど、興味あるなぁ。そして、いくつかのトンネルもくぐり抜けて行きました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全但バス

2007-12-31 12:11:05 | 鉄道・バス・乗り物
全但バスの急行バスは先ほど紹介のもの。普通の運行のものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全但バス・急行バス

2007-12-31 11:32:51 | 鉄道・バス・乗り物
28日、八鹿駅からは、全但バスの急行バスで、湯村温泉に向かいました。急行バスは観光バス型の車両です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪は日本海側だけ

2007-12-31 10:30:39 | 今日の想い
城崎から移動していると湯村温泉の入口の八鹿ではもう積雪なし、本当に日本海側だけの雪のよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

城崎は完全に雪化粧

2007-12-31 09:44:40 | 今日の想い
今朝、9時20分過ぎの城崎温泉駅からの景色です。雪は小降りになったけど、道路以外は真っ白の雪化粧です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全但バス・八鹿バスターミナル

2007-12-30 21:20:16 | 鉄道・バス・乗り物
全但バスの八鹿のバスターミナルです。兵庫県北部の移動は全但バスを使います。一昨日もここから湯村温泉に向かいました。
JRの駅の正面、2階は食堂です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

城崎は雪化粧

2007-12-30 17:44:08 | 今日の想い
17時現在の城崎の湯の里通り、うっすらと雪化粧がされてきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

城崎大師山上

2007-12-30 16:05:31 | 旅・見てある記
城崎の大師山上では14時頃、雪が降りしきり山の上は雪が積もりはじめました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

但馬は雪

2007-12-30 10:20:37 | 今日の想い
今、山陰本線で兵庫の日本海側を移動中。雪です。写真は竹野海岸のあたり。雪がレースのように降りしきっています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JR八鹿駅

2007-12-30 07:41:19 | 鉄道・バス・乗り物
姫路からはまかぜ1号で77分で八鹿(ようか)です。播但線は市川?、山陰本線は円山川に沿って、北進です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

特急はまかぜ1号

2007-12-29 21:20:02 | 鉄道・バス・乗り物
昨日は赤穂で銀波荘からは送迎バスで10分少しで、播州赤穂駅に。播州赤穂からは赤穂線、山陽本線と行く姫路行きに31分。
姫路からは特急はまかぜ1号で、北進します。はまかぜは三ノ宮から姫路に、姫路からは播但線で、和田山へ、和田山からは山陰本線で浜坂まで向かうディーゼルの特急。7両編成で、自由席は2両のみ。
姫路では31番線という、少しだけ離れたホームに止まっているので、走って列車に乗り換えです。さらに、自由席ではとりあえず、妻離れて、席を確保。離ればなれなら席はいくらでもありました。途中からは隣の席でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤穂温泉・夕映えの宿銀波荘

2007-12-29 17:43:39 | 泊まりある記
一昨日、宿泊したのは、赤穂温泉の夕映えの宿銀波荘です。赤穂城からは徒歩とバスで、向かいました。正面は瀬戸内海の海。残念ながら、夕映えは雲で、見えなかった…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤穂市歴史博物館

2007-12-29 16:47:37 | 旅・見てある記
赤穂市歴史博物館。一昨日、息継ぎの井戸の後、花岳寺、赤穂城を見学して、訪れました。主に、1階は塩について、2階は江戸時代と忠臣蔵と水道についての展示がされています。個人的には2階の近世の歴史が面白かった。忠臣蔵は大体わかるけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加