日比谷同友会 書道愛好会

日比谷同友会 サークル活動

第247 回(令和2年11月5日)

2020年11月12日 | 例会報告

1.実地指導

作品展、月例課題の個別指導が行われた。

2.月例課題から

(1)寒・泉・響(上の部分)・碧・池

(2)条幅課題から 禮・数・事・陶・彭・為

3.その他

10月29日の特別指導は、参加者1名だったが実施された

(出席者 9名 香村記)


第246 回(令和2年10月15日)

2020年11月12日 | 例会報告

1.実地指導

検定、月例課題の個別指導が行われた。

2.特別指導

10月29日に検定に備え、特別指導を行う

((出席者 3名 香村記)


第245 回(令和2年10月1日)

2020年10月08日 | 例会報告

1.実地指導

検定作品、作品展向け作品の個別指導が行われた。

2.行草書ポイント

(1)

①かるく止めてから引く

➁力を抜き筆を右へまわす

③筆を持った手を動かし下ほど太くする

④ここまで引く 小さく丸くはねる

(2)

①この位置で止めてから引く 少しまるく

➁太く引く

③止めも引くも軽く細く 筆をまわす(小さく円を)

(3)

①かるく止め

➁動きながら筆をまわす

③止めてその筆を右へ引く

④筆の穂先を左斜めで止め下へ引く

(4)







3.隷書のポイント

①少し左へ 筆を折って右へ向ける

➁止めのみ

③オ ④ロ ⑤横長のロ ⑥・⑦ ウの両側 ⑧申:右かど

(出席者 4名 香村記)



第244回(令和2年9月17日)

2020年10月08日 | 例会報告

1.実地指導

後期検定の半紙・条幅について、個別指導が行われた。

*半紙 楷行草 考え方が揃っていることが必要

*条幅 3体(楷・行草・隷)が揃っていること

例えば *強調したいポイント

*スミとカスレ

2.検定半紙4文字(静心慮澄)のポイント

(1)静

静の旁 縦長に書くときれいに見える

右側の字は古い字
 

(2)慮
         

*冠(トラカンムリ)の書き順に注意

*左側が書きにくければ、右側の字でもよい

(3)澄 の旁

*書き順に注意 特に行書の場合


3.その他

西郷隆盛(南洲)の書  “虚心寡欲可以懐鬼神” (毎日新聞から)

虚心寡欲 以って鬼神に懐くべし
 

文言が良い

南洲書 の“書”の崩し方が、日本独自

横画を全部繋いでから縦画を入れる

中国ではこういう崩し方はない

(出席者 6名 香村記)

        

第243回(令和2年9月3日)

2020年10月08日 | 例会報告

1.実地指導

作品展向けの作品、9月課題など、4名の作品について直接指導

2.その他

作品を作るには、自分の字になるまでたくさん書くことが大事

100枚くらい書く

紙全体を見ることが大事

(出席者 8名 香村記) -->