クタビレ爺イの山日記

諸先達の記録などを後追いして高崎近辺の低山中心に歩いています。

「南総里見八犬伝と群馬」展示会 H-30-12- 9

2018-12-10 05:58:58 | 伝説・史跡探訪
高崎市保渡田町の「上毛野はにわの里公園」にある土屋文明記念文学館で 「ジュサブロー人形展」が開催されていて明日が最終日と聞いたので一寸覗き見。 題材は「南総里見八犬伝」だと云う。辻村寿三郎氏は爺イと同年の1933年生まれ 全464話に及ぶNHK総合テレビ人形劇『新八犬伝』(1973-1975)を担当して 一躍、第一線に躍り出た作家。例によって文化的な香りのしない爺イは その作品の実物を見たことがな . . . 本文を読む
コメント

初めて知ったオールドノリタケ H-30-12- 5

2018-12-06 07:16:15 | 高崎・甘楽・藤岡方面
先日、「たかたかのトレッキング」さんの記事に「オールドノリタケ」の ことが載ったが恥ずかしながら朴念仁の爺イはこの件は初めて知った次第。 ネットで調べて「ノリタケの歴史とオールドノリタケ」を読んで興味津々。 展示は高崎市金古町の「県立・日本絹の里」、拙宅からは左程遠くはないので 丁度三時間ほどフリーの時間があったので急いで現地へ。 高崎・渋川バイパスを北上、冷水を過ぎた「青梨子町南」でr-6に乗 . . . 本文を読む
コメント

少林山紅葉再び H-30-12-2

2018-12-02 18:56:18 | 高崎・甘楽・藤岡方面
今日は母親の命日なので豊岡の菩提寺へ墓参。爺イの両親は偶然にも 生まれ月が四月、亡くなった月が共に十二月、おまけに二代目愛犬が 死んだのも十二月。従って毎年十二月はまとめて墓参。尤も愛犬が眠るのは 乗附町の関東動物霊園だが。 霊園を最後に墓参も終了したので斜向かいの少林山を訪問。kamehanaさんの 「写真ブログ」で紹介されていた「落葉アート」を見るためだ。 地元の地方紙にも載ったせいか、駐車 . . . 本文を読む
コメント

桜山紅葉・冬桜再び H-30-11-26

2018-11-28 11:55:54 | 神流・上野村
もう今期の紅葉追っかけは終わりにする積りだったが先週の神流・桜山が 余りにもお粗末だったので再挑戦。月曜日には家族が某所に出かけるので 6時間の余裕があるから好天も確認出来ているので再び長駆して桜山へ。 市内のもてなし広場や裁判所近辺の街路樹が正に【銀杏黄葉】状態。 眺めるのは良いがこれの清掃に追われる人や脂質を 含み滑りやすいため、 歩行に気を使うご年配の方(本人含む)は大変だ。 現地まで約 . . . 本文を読む
コメント

中室田一本クヌギ捜索始末記 H-30-11-25

2018-11-27 16:31:29 | 高崎・甘楽・藤岡方面
それは一寸したことから始まったが今まで付き合いのなかった何人もの 方々のご教示によって無事に済んだと実感する出来事だった。 11月末の三連休の前、爺イのブログの榛名・種山関連の記事に 「種山登山路にある天然記念物・一本クヌギを知ってますか?」との 書き込みがあったが直ぐに連休に入ったので「連休明けに所管の 役所に問い合わせます」と返事を出しておいた。 高崎市文化財リストに載っていること、地番は中 . . . 本文を読む
コメント (2)

高崎・徳明園訪問 H-30-11-23

2018-11-24 15:11:40 | 高崎・甘楽・藤岡方面
数回の偵察の結果、徳明園の紅葉は見頃になった筈なので見学者が 押し寄せることを予想して開園直後に徳明園に向かった。 ここの紅葉は高低差と植樹の種類のため池の傍から紅葉が始まり 次第に台地の上に移って行くから期間が長いとはいえ全面が 燃上るようにはならないが池中心で見るなら今が最適の判断。 それに紅葉だけではなく創設者のユーモアと物語性が随所に 隠されているのでそれらを感じ取るのも楽しみの一つ。 . . . 本文を読む
コメント

神流・桜山公園冬桜 H-30-11-19

2018-11-21 13:01:39 | 神流・上野村
そろそろ冬桜の季節、昨年は12/4に城峰公園に行ったので今年もと 思って現地の状況を調べたら花付きは既に最盛期の半分との情報があった。 又もや時期外しらしい。 方針を変えてこれも有名な神流・桜山に向かう。結果的には花付きが薄く 元々冬桜の撮り方を知らない爺イは不本意な結果。 桜山名物の紅葉はやや早過ぎで日本庭園の周りを除いては最盛期は未だ一週間も先。 矢張り城峰に行けばよかったとーーとボヤキの一日 . . . 本文を読む
コメント

船尾滝遊歩道の紅葉  H-30-11-17

2018-11-18 10:22:22 | 榛名山麓
午前中、少し時間の余裕が出来たので吉岡町の船尾滝に向かった。狙いは滝だけではない。 現在、最盛期を迎えている筈の滝への林道周辺の紅葉を見ることと、若しかすると 滝下からの遠望で滝と紅葉のコラボの画像が撮れるかもしれないから。 その上、何より大事なのは林道終点から山に入る崩落個所が固まって通過可能になって いるかを確かめたいのだ。 このルートは林道終点から沢を堰堤乗り越しで登り、国土院地形図の実線の . . . 本文を読む
コメント

めがね橋再訪 H-30-11-15

2018-11-16 08:37:36 | 安中・松井田
先日のメガネ橋見物以来、どうも忘れ物の様に気になっていることがある。 それは第6トンネルの中にある「乙横坑」をR-18の車道から撮ることが 出来なかったという、極くつまらない拘りなんだか。 この「車道から見られる」という記述は多くのネット記事で見られるが その画像を見たことがない。推察するに誰かが書いた案件が使いまわし されているだけで誰も画像を撮っていないのかも。 そんなことで快晴の11/1 . . . 本文を読む
コメント (2)

伊勢崎菊花大会見学 H-30-11-14

2018-11-15 15:22:03 | 前橋・伊勢崎・桐生・太田方面
季節柄、今年も各地で菊花展が開催されている模様。何処に行こうか? 今まで大間々のながめ公園や太田・大光院のような大規模のものや 磯部温泉・少林山・ららん藤岡などの小規模のものも見学しているので 今年は伊勢崎・華蔵寺の菊花展に行くことにした。幸いにも高崎からこの地域へは 北関東高速を使えばあっという間に伊勢崎に着く。料金僅かに610円。 伊勢崎ICの料金所からY字分岐の右を選択すればそのまま上武 . . . 本文を読む
コメント