茨城から発信しますⅡ

旅が好きです。
見て 聞いた 茨城を紹介します。
昔の写真から旅の思い出を紹介します。

 茨城から発信します Ⅱ 水戸市植物公園の花

2018-10-16 07:00:00 | 茨城紹介

寒い時にはブログの取材に水戸市植物公園へ取材に出かけます。

テラスガーデンではサルビアが咲いています。
先ずは植物館へ入って絵手紙を鑑賞しました。

外へ出るとおばあさんが鯉に餌を与えています。

寒さを感じて熱帯果樹温室に入ります。

温室のヒロイン・ネペンテスは虫を捕まえて
自らの栄養分にしています。
何時も大きな口を開いています。

取材が終わったので植物園のレストランで
ケ-キとコーヒーで癒されました。

コメント (14)

 茨城から発信します Ⅱ ひたち海浜公園のコキア 続き

2018-10-12 07:00:00 | 茨城紹介

雲行きが悪いので列車に乗っていきました。

先週、ひたち海浜公園のコキアを見に行ったが
緑のコキアに赤いコキアが点在していました。

1週間後の昨日、コキアを見に行くと緑のコキアは
黄緑色に変わり大部分は赤く変化していました。

大勢の観光客が来ていたが、天気が急変して
小雨模様となりました。

見晴らしの丘の頂上に着くと雨も本降りとなり
早々に退散しました。

来週には真っ赤なコキアを見ることが出来るでしょう。

雨の中、今日も大勢の観光客が近隣諸国から来ていました。

 

コメント (26)

 茨城から発信します Ⅱ ひたち海浜公園のコキア

2018-10-04 07:40:00 | 茨城紹介

コキアの原産地は 南ヨーロッパやアジアで
日本へは平安時代に中国から渡来.
生育地, "庭植え畑"観賞用のものは旧学名の
コキアの名で流通しています。

コキアは和名をほうき草と言い、その名のとおり、
枝や茎を乾燥させてほうきを作ることに由来します。

実みは「とんぶり」と呼ばれ食用になります。
形や色、歯ざわりがキャビアに似ていることから、
畑のキャビア、日本のキャビアとも呼ばれています。

ひたち海浜公園のコキアは観賞用の品種です。

今日も大勢の観光客が近隣諸国からも来ていました。

コメント (26)

茨城から発信します Ⅱ 大洗磯前神社と鳥居

2018-10-01 07:00:00 | 茨城紹介

大洗酒烈磯前神社は茨城県大洗町にある。

旧社格は国幣中社で現在は神社本庁の別表神社。

御社殿はかつて永禄年間の兵乱によって
悉く消失してしまったが水戸藩2代藩主徳川光圀公が
由緒深い名社の荒廃を嘆き元禄3年御造営の工を起し
3代綱篠公の享保15年に現在地に還座再興された。

社殿に施された彫刻とともに江戸初期の建築様式を
今に伝えており県指定の文化財である。

ゴツゴツした岩、荒々しい波と鳥居の
組み合わせが素晴らしい。

コメント (16)

 茨城から発信します Ⅱ 晩秋の百樹園

2018-09-29 07:00:00 | 茨城紹介

百樹園は木村伝兵衛氏(百樹翁)に作られた。

水戸徳川家2代藩主光圀公が那珂川沿岸に
約百種類の樹木を植えさせたとされる。

光圀公生誕300年を記念し昭和3年に
水戸市元吉田古宿に百樹翁先祖の土地の一部
約0.7haを60区画として、裸子植物3科61種類、
被子植物61科324種、名木嘉樹856本収集した。

我が家から約1km足らずの所にあり
四季折々の嘉樹を見物している。

今の時期は観客も少なくゆっくり見物が出来た。

コメント (18)