ma_kunの徒然日記

日々の出来事を綴っていきます。

久しぶりに焼き肉

2017年05月12日 05時00分31秒 | ウエブログ




春は出会いの季節、そして送別会のシーズン。

弟夫婦が住み慣れた大阪から奈良へ転居するとのことで

新天地での活躍を祈って弟夫婦と久しぶりの食事でした。




韓国の焼き肉「李朝園」で




ガッツリ焼肉盛合せ 4~5人前

ロース
カルビ
やわらかハラ



★ テッチャン
★ ホルモン







肉やキムチを巻いて! 野菜もたっぷりと!




サービスキムチは食べ放題!!




もちろん定番は生マッコリ!! 750ml

生マッコリは微発泡で天然の乳酸菌が生きています。


マッコリと生マッコリがあったら、生マッコリを選ぶことをおすすめです。




韓国海苔の巻き寿司

そこそこ旨いし、軽い〆のつもりが満腹に


コメント (31)
この記事をはてなブックマークに追加

JR西宮名塩駅~福知山廃線跡~JR武田尾駅

2017年05月10日 05時00分50秒 | アウトドア

 

5月7日

旧国鉄福知山線の廃線跡が2016年5月から行われていた工事が
11月15日からハイキングコースとして正式に一般開放されたようなので
思い立って行ってみました。

『コース』JR西宮名塩駅~福知山廃線跡~JR武田尾駅



(9:22)

西宮名塩駅開業記念の碑

通常生瀬駅からの出発が多いようですが、
生瀬駅からだと交通量の多い国道176号線を通らなければならず、
西宮名塩駅から出発にしました。




西宮市のマンホール

西宮市のマンホールは、甲子園球場はもちろん、
酒蔵と酒樽、そして市の花である桜の花びらがちりばめてあります。




福知山廃線跡へは左へ




廃線跡の起点

以前は立ち入りを禁じる看板だったが開放後は注意を促す文面に変わっていた。
 



最初の橋梁

鉄板張りだった橋梁も板が張られてしっかりとした安全柵に



廃線跡が終わるまでこの注意書きは随所にありました。




二つめの橋梁も綺麗に改修されています。




北山第1トンネル 長さは318m

ここから長短さまざまな6個のトンネルが続く。




トンネルの中はライトが必要です。




土砂崩れ防止壁の補強にと作られた石の土台は休憩場所としてもちょうど良さそう。







3つ目の溝滝尾トンネル(149m)を抜けると

武庫川本流に掛かる鉄橋が




安全柵が設置され、鉄橋中央を歩くことができるようになっていた。

この鉄橋で武庫川の右岸から左岸へ渡ります。



(2014年11月23日の例会時の写真)

改修されるまでは鉄橋の中央でなく細い通路を渡っていた。




鉄橋を渡った先のトンネルを抜ければ、川は一気におだやかに。

4月頃は右の山肌がヤマザクラの桜色に染まります。






イロハモミジの新緑が清々しいです。




大峰山への分岐の桜の園

此処は、水上勉の「桜守」に描かれた笹部新太郎が、
その生涯をかけて完成させた「桜の園」(亦楽山荘)の入口です。




橋を渡って長尾第2トンネル




この日は武庫川の両岸でヤマフジが見頃でした。




長尾第3トンネル

59mと行程中最短のトンネルです。






(12:25)

舗装道を道なりに行ってJR武田尾駅着(宝塚市)


コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

ホテイチクの筍

2017年05月07日 05時00分53秒 | ウエブログ



ウオーキングで知り合ったNさんからホテイチクの

筍を採りに行こうと今年も誘われて行きましたが。




葦が生えだした河川敷を行くNさん。

潮が満ちてくると踏み跡も消えてしまいます。

3年前でしたか潮の満ち引きも考えずに筍を採りに行って

帰りは水の中を足首まで浸かって帰った苦い思い出があります。

今年は潮の満ち引きを考えてAM8時に待ち合わせ。




河川敷なのにこの一部だけホテイチクの竹藪があります。

昨年もGWの時だったのですが

今年はまばらにしか出て居なくて遅れているようです。




竹藪の中を探し回って少しだけ。




ホテイチクの筍はアク抜きの必要ありません。




ニンジン、シイタケ、油揚げとで煮付けて酒の肴の一品の出来上がりです。



コメント (24)
この記事をはてなブックマークに追加

白いタツナミソウ

2017年05月05日 05時00分46秒 | 季節の花



山野草として自生しているタツナミソウは紫色の花と思い込んでいました。




六甲山で見て採ってきたタツナミソウは世話をしなくても毎年咲いてくれています。




三面相さんの記事で白いタツナミソウがあるのを知って

昨年白いタツナミソウを植えられている人から分けて頂き、

鉢植えにしていました。




普通のタツナミソウのように紫色ではなく、

花全体が、純白です。


この白花はまさに、『白波立つ波頭』 って感じがします。

コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

野田の藤

2017年05月03日 05時00分14秒 | 季節の花



コンクリートの隙間に根を張る「ど根性フジ」を見に来た序でに
大阪市福島区の区の花「フジ」を見に行ってきました。

「吉野の桜、野田の藤、高尾の紅葉」とうたわれた、野田の藤です。




阪神野田駅前広場(大開1丁目1)のフジ




二色のフジのグラデーションが綺麗です。




フイシュアイで撮ってみました。




阪神野田駅から自転車で約10分の春日神社




住宅街にある春日神社境内に、「野田の藤跡」と刻まれた石碑が建つ。

 この地が「野田の藤」の名前の発祥の地




野田藤を研究する牧野富太郎博士

野田の地名から、植物学者の牧野富太郎氏が名付けたとされる。




下福島公園の藤棚のネット掛け

防鳥ネットをかけておかなければ、 藤の芽は甘くておいしいので、
そのままだと鳩に食べられてしまうそうです。




クマバチが気にせずに密を吸ってます。


コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加