今日のドン言

私の競馬ファイル。POGをはじめ競馬に関することを違和感感知カメラでとらえた世界です。他に社会問題、スポーツ、芸能etc

京都記念&共同通信。あの本命勝つ…。

2018-02-11 | 競馬
ムーアについては嫌いという人も結構いるみたいだが、やはり乗り手としての味わいは異質。人と違うのを一義としてみれば、その価値は高いと云わざるを得ない。
 さて京都記念。枠からしてもプリミラのハナ主張は当然か。ただ岩田のクロコスも本来逃げてアドバンテージがほしい。スタートダッシュ次第かな。二二戦だけにスロー目が予想されるが、例えばミッキーロケット。このメンバーではやや瞬発力で劣る。ならば前目のレースは当然考えるだろう。そしてクリンチャーの捲りも充分有り得るね。本命は思い切ってディアドラ。福永がどう乗るか、比較的気楽な立場なのは見て取れるし、ここは期待してみたい。 同じく昨年死力を尽くしたモズカッチャン。牝馬同士は話がうますぎるが、先日同級生リスグラシューが牡馬陣を蹴散らした。アルアインも注目。馬場がどこまで回復するかもあるけど、やっぱり能力はかなりと思う。一躍重賞を勝った毎日杯は人気のサトノアーサーに勝ったもの。昨日アーサー勝ったね。 さあレイデオロ。仕上がり8分の皐月賞を除けばほぼ完璧な競走生活。陣営も自信満々だろうが、ここは何か負けるような予感(笑)。バルジューは勿論トップジョッキーだが、騎乗の経緯からもプレスはありそうだしね。それでも完勝するなら土下座するしかないな。多分そうなるんだろう(笑)。
 共同通信杯。中谷はもう38才なんだね。何度か重賞でも期待したが、ステイフーリッシュ。ホープフル時は単穴にしたが、8人気で3着は健闘。ここは賞金を積みたい一戦。2戦の内容からは性能の良さは間違いない。あとはあまりテンションが上がらなければね。そして中谷だ。 グレイルはスタンダードの存在で、田辺騎乗がこわいゴーフォザサミット。オウケンムーンはタニノフランケルと同じ新馬で4着だったが、ゴール前はいい脚使っていた。その後2戦も中身あるし差はない。あとはアメリカンワールドが△。サトノソルタスは勿論能力はソコソコあると思うが、付帯条件から遠慮してもらった。
 バレンタイン。長くなったので簡潔に。モツれる一戦とみてサノイチの追い込みで一発狙い。ラストダンサーも実力より人気ないので面白い。2本軸でもいいかな。 人気のラインシュナイダー、ベストマッチョが有力で、スピーディクール、ルグランフリソン、ブラゾンドゥリス。あとコロマンデルも少しだけ。
 初音。内枠が少々気になるが、ムーアのアンドリエッテから。愛知杯を使っての良化が窺われ、最後はムーアのひと押しで。 ヒストリア、ミリッサ、サンティール、インヘリットデールへ。押さえはハナレイムーン、ディープジュエリー、ポールヴァンドル。
 最終。どうも勝ち切れないコスモヨハネ。ただレースぶり自体はしっかりしてきている。この枠でスムーズな運びなら順位を上げるチャンスか。 スカルバン、トーホウアイレス、ランガディアが有力で、エメラルスターとアオイシンゴまで。
 京都松籟。見通しのいいレースだね。軸はグラットシエルにしたい。今回は中間の動きがいいし、初めての二四戦をプラスととらえれば勝ち負けの存在。 アドマイヤロブソンとガンコは人気通り有力だが、スズカルパンもそんなに差はない。ハンデ戦だしね。あとはマイネルレオーネだが、オッズ次第かな。
 宇治川。楽屋落ちだがアクセラレートを応援するか。結構ハナ行きたい馬いるしね。ただ気性が安定しない面あり自信はないけど(笑)。有力はサフランハート、キアロスクーロだろう。サレンティーナ、コウエイダリア、タガノアスワドが圏内。あと5枠のフェルトベルク、グロワールシチー。
 最終。一筋縄でいかない雰囲気も。メインでアルアインに乗る川田。このセネッティも実は初騎乗。タイプとしては合いそうだし、元々の力も通用する。あとはゲートだね。 トウカイシュテルン、トロピカルスパート、ファームフェイスあたりが強敵か。メイショウラレーテ、テイエムグッドマンが押さえ。あとメイショウのジークも少し。
 五輪は明日がひとつのハイライト。高梨、伊藤のジャンプに、高木、小平の1500。やっぱり見ちゃうよなァ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 五輪の中、競馬も負けんなよ。 | トップ | 小倉中止、府中は厳選2鞍! 助... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

競馬」カテゴリの最新記事