That's awesome

海外ドラマや映画の感想いろいろ書いてます。

パトリック・メルローズ 「Some Hope」その10

2019-02-18 18:47:43 | Patrick Melrose E3
Patrick Melrose Episode 3 "Some Hope"

Based on Patrick Melrose by Edward St Aubyn
Written by David Nicholls
Directed by Edward Berger



リストはこちらから。

パトリック・メルローズ 「Bad News」
パトリック・メルローズ 「Never Mind」
パトリック・メルローズ 「Some Hope」

Previous → パトリック・メルローズ 「Some Hope」その9


キャスト/文中表記です。

Patrick Melrose:PM(パトリック・メルローズ)
David Melrose:DM(デイヴィッド・メルローズ パトリックの父)
Eleanor Melrose:EM(エレノア・メルローズ パトリックの母)
Nicholas Pratt:NP(ニコラス・プラット デイヴィッドの親友)
Sonny Gravesend:SG(ソニー・グレーブセンド)
Bridget Watson-Scott/Lady Gravesend:BG(ブリジット グレーブセンド夫人)
Belinda Gravesend:Be(ベリンダ ブリジットの娘)
Virginia Watson-Scott:VS(バージニア・ワトソン・スコット ブリジットの母)
Johnny Hall:JH(ジョニー・ホール パトリックの友人)
Julia:J(ジュリア)
Mary:Ma(メアリー ブリジットのいとこ)
Jacques D'Alantour:JD(ジャック・アラントゥール)フランス大使
Jacqueline D'Alantour:JA(ジャクリーヌ フランス大使夫人)
Cindy Smith:CS(シンディ・スミス ソニーの浮気相手)
George Watford:GW(ジョージ・ワットフォード デイヴィッドの友人)
David Windfall:DW(デイヴィッド・ウィンドフォール) 
Debbie Hickman:DH(パトリックのガールフレンド)
Amanda Pratt:AP(アマンダ・プラット ニコラスの娘)




ブリジットとパトリックの会話です。


BG:一番覚えてるのは、あなたの毒父は別にしてよ、あのステキな邸宅よ。
PM:ここには敵わないよ。
ああ、そうよね、成り行きっておかしなものだわ。
本当にステキなの、くだらない連中で埋まってほしくないわ。
あなたは別よ。ママもね。
PM:君は僕の両親のとりまきと違ってすごくクールに見えたよ。
優しかったし。
BG:優しい?ほかの誰かと勘違いしてないでしょうね。
あなたは天使じゃなくていいからちょっと彼女の相手をしてくれない?

ブリジットはヴァージニアを呼びパトリックに紹介します。

BG:友人のパトリック・メルローズよ。
VS:ああ、覚えてるわよ。
PM:すごいパーティですね。

ブリジットはパトリックに母親を任せるとその場を離れます。



デイヴィッドがブリジットに話しかけます。

DW:ブリジット!楽しいパーティだね!
はっきりさせておきたいんだけど、妻が来れなくてシンディに会ったから・・・

ブリジットは適当に相槌を打ちながら歩き続けます。
すると前の前にソニーとシンディがいました。


SG:ショウが始まるよ。触ってもいいかい?
CS:ソニー、ダメよ、少なくとまだ数週間はね。

その場に立ち尽くすブリジット。
そして引き返すとトニーに会います。

TF:どうした?
BG:シンディとソニーが一緒にいたわ。
彼女とは交流がないから招待しないと言ったのに、来てるのよ。
ただの被害妄想かしら。
TF:絶対にそうだよ。
BG:本当に被害妄想?
TF:場所を変えよう。


会場では「Wet Wet Wet - Love Is All Around」の演奏とともに
メンバーの紹介が始まります。
↓Youtube
Wet Wet Wet - Love Is All Around

「ジョー・ワグナー サクソフォーン。」


パトリックのところにソニーがやってきます。

SG:パトリック・メルローズ。飲まないのか?
PM:Happy birthday, Sonny

「ドン・ウィルズ トロンボーン。」

SG:私はこの部分が好きじゃないんだ。彼らの名前なんて知りたくもだいだろう?
さっきブリジットと話しているのを見かけたよ。

「チリー・ウィリー・ワトソン コルネット」

SG:彼女はひどく荒れているように見えたけど。


そこにジョニーもやってきました。

JH:ソニー、ちょっとパトリックを借りるよ。

ジョニーとパトリックがソニーから離れます。


「チリー・ウィリー・ワトソン!」

バンドのボーカルが叫ぶ名前に反応するパトリック。


JH:大丈夫か?
PM:ああ、ごめん。何かちょっと・・・
JH:行こう。


歩きながら話すふたり。

JH:ホストから救わなくちゃ、と思って。
PM:あの男からはサウナのドアを開けた時のような愚鈍な空気が流れているよな。

ふたりのそばでソニーとシンディが会話をしています。

CS:理にかなってるでしょう。
SG:だめなんだ、今は彼女には話せないよ。
CS:話してよ。

その様子を見ていた二人。


PM:周りを見ろよ。小さいころから見覚えがある人ばかりだけど
みんな頑固で鈍いんだよ。
JH:彼らはマルクス主義者の最後の姿だ。
PM:そうなの?
JH:階級など信じそうにない人たちは総じてそんな解釈だ。
PM:どこか別の場所に行こう。

家の中に入ろうとする二人の前にジュリアが現れました。

J:ふたりで内緒話かしら?

パトリックにキスをして挨拶をしているとジュリアの夫アンガスがやってきます。


J:ジョニー、パトリック、私の夫を紹介するわ。
アンガスよ。
A:大したパーティだな。かなり費用がかかっているだろうね。
J:夫は費用のことしか頭にないの。何か飲んだら?全部タダなんだから。
ジョニーに連れて行ってもらって。
PM:実はジョニーと僕は・・・・
A:さあ、行こう。

ジョニーはアンガスとその場から離れます。


J:彼、経歴は立派なんだけどね

笑うパトリック。

J:探検しましょうよ。会えてうれしいわ。
私を避けてるのかと思ってた。悪影響があるから。
PM:君を避けてたんじゃなくて閉じこもっていたんだ。
J;でも今日はここに来たのね。
このつまらないパーティも盛り上がりそうだわ。
PM:君は生きてる身体を見つけるためにそこら中の身体を蹴ってきたのか。

目の前にはトニーとアマンダがいます。


J:トニーはコカインを持ってるわ。
それはルール違反だと思うのよ、そうでしょう?
PM:うん、確かに。
J:なぜ男たちはあんなに退屈なのかしら。
昔はバターをセックスにどう使うか話していたのに。
今ではバターをどうやって食事から抜くかを話してるなんて。
ほら、デビーよ。きれいね。

トニーがデビーと一緒に歩いています。

PM:うん。
僕はジョニーを探しに行ったほうが良さそうだ。
J;2階に行けるけど。
PM:2階に?なんで?
J:セックスするためよ。余計なしがらみはなしでね。
PM:暇つぶしにはなるな。
J:それはどうも。
PM:うそだよ、ぜひお願いしたいところだ。
J:それじゃ、行きましょう。


ジュリアは空いたグラスを片手にパトリックの手を引きます。

続きます。

あと2回くらいで終わります。
グダグダですがラストは少しスッキリすると思います。
コメント

グッド・オーメンズ 追記

2019-02-16 19:56:56 | Benedict イベントとインタビュー
昨日UPしたグッド・オーメンズ情報ですが、
他にいくつか記事を読んでやっと(遅い)何となく理解してきました。


ベネディクトが演じるサタンはアニメ化されているので
正しくはサタンの声を演じるんですね。・・・ですよね?
それが身長400フィートのアニメ化されたサタンということなんですよね、多分。
アニメなのね。
フランシス・マクドーマンドも神の声なのね。


で、私今朝になって気がついたのですが、
ニール・ゲイマンは「Neverwhere」を書いたひとではないですか!(今更)



て、ことはこんなイメージで?そんなわけはないか。
まぁ、これは天使ですけど。Neverwhereのイズリントン。

(ファンアートです。出典がわからず・・・)


Colliderの記事です。
以下、一部だけですが拙訳です。

Neil Gaiman on How He Got Benedict Cumberbatch to Voice Satan


ベネディクトが邪悪な役を演じる。
作家、エグゼクティブプロデューサー、ショーランナーであるニール・ゲイマンの依頼を受け
彼はグッドオーメンズでサタンの声を担当する。

神の声を演じるフランシス・マクドーマンドと互角に戦える相手が必要になり
ギリギリまで探していたら「ホビット 竜に奪われた王国 」の役者が浮上した、とTCA winter tourのでゲイマンが語った。

その場面にふさわしい役者を必要としていてベンは候補のひとりになった。
だがわずかなパートだけどもしうまくいかなければシーケンスすべてがダメになってしまう、
だからベンにメールしたんだ。「この役を引き受けてくれないか?」って。
フランシスや様々な事を彼に話せたのは良かった。翌朝彼は来てくれたんだ。

カンバーバッチは6話目に出ると発表した。
そのキャラクターはアニメ化され、彼はアニメータがデータをとるための撮影をした。
「顔もちゃんとベンだった。」とゲイマン。




こちらはThe Guardianの記事です。
IGNとほぼ同じ内容です。

Benedict Cumberbatch to play Satan in Neil Gaiman fantasy series Good Omens


少しですが追記でした。

コメント (4)

Benedict Cumberbatch will play Satan in GoodOmens

2019-02-14 11:08:49 | Benedict イベントとインタビュー
こんにちは。

今朝、BBC Press Officeのグッド・オーメンズにベネディクトがサタン役で登場するというツイートを見ました。



英国俳優界隈で話題になっているグッド・オーメンズ。
やっと配信日が決まったようですね。


配信はAmazonビデオとBBCでも放送するみたいですね。
Amazonは全世界とありますがそこに日本も含まれているのかしら。

トレーラーです。
Good Omens - Official Teaser Trailer I Prime Video

これは今日ツイートされていました。



監督は忌まわしき花嫁のダグラス・マッキノン。
そして音楽がシャーロックのデヴィッド・アーノルド。

これだけでも盛り上がれるのに、
テナントさんとマイケル・シーンの悪魔と天使ですもんね。


ゲイティス御大の名前もありましたよ。
これにベネディクトが加わるのは豪華すぎます。


「物語の舞台は、人類が最後の審判に備える2018年の世界。
この世の終わりを望まない天使アジラフェールと悪魔のクロウリーは、終末をもたらす反キリストの少年を見つけ出そうとする。」
マイケル・シーンとデヴィッド・テナント、小説「グッド・オーメンズ」のドラマ版で共演



IGNの記事を少し訳しました。

元記事です。
GOOD OMENS RELEASE DATE SET FOR MAY, BENEDICT CUMBERBATCH TO PLAY SATAN

待ちに待ったニール・ゲイマン脚本のグッド・オーメンズの配信日がついに決まった。
TCAプレス・ツアーでニール・ゲイマンが5月31日にAmazonプライムビデオでグッド・オーメンズを配信すると発表。
さらにゲイマンは絶妙なキャスティングを少しだけ披露、
エピソード6でフランシス・マクドーマンド演じる神の相手役となるサタンをベネディクト・カンバーバッチが演じることを明らかにした。

「あまり知られていないが、エピソード6でサタンが登場することになり、
ご存知の通り神をフランシス・マクドーマンドが演じるが
フランシス・マクドーマンドと互角に戦える相手が必要だと思った。」

エグゼクティブプロデューサー兼ディレクターのダグラス・マッキノンは
カンバーバッチを「a giant animated Satan」と表現した。
身長が40フィート(約12メートル)もある・・・面白くなりそうだ。

デヴィッド・テナントは悪魔のクロウリー、マイケル・シーンは天使のアジラフェールを演じる。
ジョン・ハムも大天使ガブリエルとして登場、アンナ・マックスウェルは地獄の勢力のリーダー、ベルゼブブを演じる。



以上です。
「a giant animated Satan」・・・・どう訳したらよいのか・・・


今までは横目で見ていただけですがこれからはちゃんと追いかけようと思います。
あ、その前に原作読まないとですね。

コメント (2)

アクアマン

2019-02-11 11:04:33 | 映画+SF
Aquaman

Directed by James Wan
Produced by Peter Safran Rob Cowan
Screenplay by David Leslie Johnson-McGoldrick Will Beall
Story by Geoff Johns James Wan Will Beall
Based on Aquaman by Paul Norris Mort Weisinger
2018 USA

ネタばれがありますのでご注意ください。




早速行ってまいりました。雪でしたけど。。。
雪の中映画に行くのは2014年、東京が大雪に見舞われたときにミスティックアイズを観に行った以来です。

今回もIMAXはボヘミアンラプソディーとメリーポピンズに占拠されていて
でも海のシーンはすごく良いらしく通常のスクリーンでは勿体ないかなと思い、
お台場で上映中のScreenXで観ました。


左右は全編ではなくここぞという場面で使われていましたが、
特に海の中のシーンは迫力があって良かったです。
席は一番後ろの中央をとりましたが正解でした。自分たちも海の中にいる気分でしたよ。

時系列的にはジャスティスリーグより後らしいですが、
ジャスティスリーグありきで考えると複雑になるので別物として観たほうがスッキリ観れるかも。

まーしかしとにかくモモアさん最高でした。
モモアさんはアクアマンになるために役者になったのでは?(笑)
原作と全然違うけどキャスティングした人天才ですね。
ドロゴも好きでしたけどね、この方は笑顔が可愛いです。

モモアさんはポリネシアンの血をひいているそうです。
あの体格はそこからきてるのかな。


内容は神話的なものからインディ・ジョーンズまでいろいろな要素が詰め込まれていて
笑いあり涙ありのこれぞエンターテインメントでした。
アクションは早すぎて目が追いつかず・・・ジャスティスリーグもそうだったんだけどこれってDC独特なのかな。

ストーリーはヒーローとしての成長物語ですがとにかく最後まで飽きさせない映画でした。


プロローグは
政略結婚から逃げ出してきたアトランティス帝国の女王アトランナと灯台守のトーマスとの間に生まれた
アーサー(アクアマン)をアトランティスの追ってから守るためひとり海に戻ります。


アトランナはニコール・キッドマンが演じています。
ニコールさんモモアさん出生地はハワイなんですね、知らなかった。
年を重ねてもあの美しさとスタイルは羨ましいです。



アトランティス帝国の参謀、バルコに鍛えられながら育ったアーサー。
バルコは ウィレム・デフォーです。久しぶりに善人役を見た気がします。


水族館で同級生にいじめられるアーサーをサメたちが助けようとする場面が良かったです。
ハリー・ポッターもこんな場面がありましたよね。あれは蛇だったけど。


アーサーに父親を殺された海賊のデイビッド・ケイン (ブラックマンタ)が
アーサーの異父兄弟、オームと共闘し人間界に戦争を仕掛けようとします。

ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世asブラックマンタ


オームは母の命を奪った原因となった人間を憎んでいました。
戦争をしかけるため7つの海を支配するアトランティスの王としてそれぞれの王国に働きかけます。
従わない王国は力技で従わせていました。


パトリック・ウィルソンasオーム


メラはアーサーに人間界の危機を知らせオームの野望を阻止するためアーサーにアトランティス王になるよう説得します。
そのためには初代アトランティス王が所有していた伝説のトライデントが必要でした。
来日していたアンバー・ハードを見ましたがお人形さんみたいでした。
これもリトルマーメイドみがあります。



アーサーとパパが津波に巻き込まれる場面があります。
一緒に観ていた友人がこの場面は東日本大震災の津波を彷彿させると気にしていましたが、
実際そんな感想を持った方もいらっしゃいました。


トライデントを探す旅に出るふたり。
このあたりすごくインディでした。


トライデントはそれにふさわしくないと手にすることはできません。
果たしてアーサーは伝説の武器を手にすることができるのか・・・・・



ということで旅をしながら成長していったアーサーはトライデントの眠る場所を突き止めますが
思ったよりはあっさりと手にします。
しかもそこには生き延びた母のアトランナがいました。


オームの野望は砕かれ平和が戻ります。
アーサーはアトランティスの王になりアトランナは約束の地でトーマスと再会します。

エンドロールのあとに出てくるのは・・・

ブラックマンタは生きていました。
復讐を諦めないブラックマンタ。

続く・・・な感じで終わります。


DCで興行成績がナンバーワンになったみたいですね。
この映画はDC知らなくても楽しめるのも良かったと思います。
ワンダーウーマンも好きだけどアクアマンのほうが万人受けかな。子どもも楽しめそうだし。
海中の映像もすごくきれいですしね。



続編はやく実現してください。




次は翔んで埼玉の予定です。(ホントか)
コメント (2)

フロントランナー

2019-02-08 07:06:20 | 映画+その他
The Front Runner

Directed by Jason Reitman
Produced by Helen Estabrook Aaron L. Gilbert Jason Reitman
Screenplay by Matt Bai Jason Reitman Jay Carson
Based on All the Truth Is Out: The Week Politics Went Tabloid by Matt Bai
2018 USA


実はあまり期待していなかったのだけど、予想に反して結構面白かったです。
でもこれは好き嫌いが顕著な作品かも。


ネタばれがありますのでご注意ください。



上院議員のゲイリー・ハート氏が1988年アメリカ合衆国大統領選挙に出馬し、
最有力候補(フロントランナー)でしたがスキャンダルによって撤退したという伝記映画でした。

ゲイリー・ハートさんについてwikiでは以下のことが書かれていました。

1936年生まれのアメリカ合衆国の政治家。民主党の元・大統領候補
1987年初頭の時点では、上院議員のゲイリー・ハートが出馬を表明していた候補の中では明らかな先行候補であった。
(民主党はこのほか、ニューヨーク州知事のマリオ・クオモも候補として考えていた。)
ハートには、1984年の大統領選挙の際に民主党の予備選挙を戦った経験がありそのことも彼を有利にしていた。
しかしハートは、マイアミ・ヘラルド紙に女性スキャンダルをスクープされたことにより世論調査での支持率が急落、
1987年5月には選挙キャンペーンからの撤退を迫られている。この後ハートは、1987年12月に電撃的に予備選レースに復帰したものの、
スキャンダルによるイメージ失墜は致命的であり、結局再撤退を余儀なくされた。
(via 1988年アメリカ合衆国大統領選挙)

ブッシュさんが圧勝した選挙でした。

でもこの映画は政治ネタでも選挙を勝ち抜く感動ストーリーでもありませんでした。
ヒューさんがインタビューで「正解のない映画」と仰っていて
結論は視聴者に丸投げ・・・・ではなく考えてみてねってことなんだと思いました。



ヒュー・ジャックマンasゲイリー・ハート



大統領選出馬を表明し、実直な演説とカリスマ性で順調に支持率を伸ばしていたゲイリー・ハートさん。
ある日、「モンキー・ビジネス」という名のクルーザーでドナ・ライスと出会い、
ハート氏のタウンハウスに出入りしたことをマイアミ・ヘラルド紙にスクープされていまいます。

「モンキービジネス」は「いんちき」という意味があるのでこれもネタにされていました。


でも当時は政治家の女性スキャンダルなど取るに足らないと軽く考え何も手を打たなかったため
マスコミが殺到しドナやハート氏の家族まで巻き込むことになり撤退に追い込まれて行きます。


選挙でハート氏の参謀をつとめたビルに J・K・シモンズ。
大好きなおじさまです。




当時、ワシントンポスト紙はマイアミ・ヘラルドのようなゴシップを扱うメディアを三流扱いし
一流を自負するハート氏のゴシップを追いませんでしたが最終的には民衆の要望に応えざるを得なくなっていきます。

メディアの誇りはどこにいってしまったんでしょうね。
某N〇〇が芸能人のゴシップをトップニュースで流しているのを見るとゲンナリします。
民放のバラエティやワイドショーならともかく・・・


あらさがしをするために張り込みをしプライベートを暴き立てるのが本当に正義なんでしょうか。

でもマスコミをそうさせているのは外ならぬ私たちなのかもしれません。
私たちがゴシップに飛びつき炎上させるとマスコミは喜んで次のゴシップを探します。


劇中ではドナ・ライスにも焦点を当てていました。
重罪を犯したわけではないのに追いかけまわされ
髪がブロンドというだけで頭の軽い女とレッテルをはられ人生を壊されてしまいます。


不倫や浮気は決してやって良いことではありませんが犯罪ではないですよね。
それは夫婦の問題であり相手を含め当事者が解決すべきことのひとつだと思います。
なのにまるで犯罪者のように不倫の相手はもちろんのこと、
自分の家族までも犯罪者のように追いかけまわされ責め立てられます。

ハート氏の奥様はヴェラ・ファーミガが演じていました。



ハート氏を擁護しているわけではないんです。
大事な時期に何をやってるのかと説教したいです。
奥さんや娘さんと別居しているからこそもっと慎重にならないといけませんし、
何より家族を傷つける行為はやはりダメだと思います。


ハート氏も挽回しようと頑張りますが
マスコミに追いかけられた娘が負傷し撤退を決意します。
ほんのわずかな油断と慢心が取り返しのつかない結果となりました。



ハート氏は自分の今までの実績を見てほしいと言います。
国を良くしようとずっと尽くしてきたのに女性関係のスキャンダルで転落します。
それまでハート氏を支持してきた国民も一瞬で背を向けました。



民主主義って恐ろしいと感じました。
大げさに言えばこれで国の運命が変わってしまうわけです。
今は不寛容の時代だと言われていますが、
ゴシップにばかり目がいってしまい物事の本質がおざなりになっているように思いました。


世の中に一度も間違いを犯したことない清廉潔白な人間がどれほどいるのでしょう。
問題を起こさない、イコール優秀な人だとは限りません。


自分の国のリーダーに求める資質はなんでしょうね。


誰が正しいのか、何が正しいのか、
正解がないというのはこの事かもしれません。




ハート氏を擁護しているわけではないと書きましたが
どう見ても擁護してますね、私。

これヒューさんではなくジャバ・ザ・ハットみたいなおっさんが演じていたら
全然違う感想になっていた可能性は否定できません。。。。



昔は芸能人もプライベートはベールに包まれていましたよね。
だからこそ雲の上の人感もあり夢を見れたんだと思います。

役者だったら舞台の上や映画で魅せてくれれば良いだけで
プライベートはどうでもいいし知りたくもないかな。
コメント