大空と大地の中で。

大自然を相手に駆け回ってます。

里山で農業塾 第1回目/2日目

2018-04-20 18:21:47 | 日々の生活

2018年4月15日(日)

農業塾2日目

朝から生憎の雨模様。

朝食後、フロント集合。

左の方は、農業塾塾長(元農業大学教授)、 右の方は農業塾担当スタッフ。

畑仕事はお休みして、マイクロバスにて村内見学&村の歴史等々。

のんびりとした里山の風景。

若干、桜もまだ残り

下から歩いてくれば、この階段を登って来なければなりませんが、車でラクチン。

村の高台から

地元のホームセンターに寄り、これから必要な物として、こんな物があれば便利とか説明してもらう。

東京のホームセンターより、やっぱり農業用品は充実していました。

野菜の苗もピンからキリの値段だけど、全体的に安い。

宿にも戻り、講義です。

自己紹介して、昨日のおさらい。

昼食食べて解散!

来月がまた楽しみです。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

里山で農業塾 第1回目/1日目

2018-04-19 07:04:36 | 日々の生活

 2018年4月14日(土)-15日(日)

 

ある里山で農業塾 農業技術教室「野菜づくり入門コース」の、

第1回目受講。

 

ここ数年、春から夏にかけて我が家の庭先で、家庭菜園を楽しんでいる。

猫の額のような小さな庭は、年を追うごとに花咲く庭から、家庭菜園使用モードの庭へと変化し、

植える種類も年々増えていき、簡単な物は苗ではなく種から蒔いたりもして芽が出てくる喜び、

育つ楽しみ・実がなる楽しみを、朝 じっと眺め楽しんでいる。

時には「頑張って実になってね」なんて、声かけまでしているありさま(笑)

植える種類が増えるに従って、土壌の事、肥料の事、摘芯、整枝、追肥の仕方等々をもっと詳しく知りたくなった。

ネットで検索すれば簡単に情報は手に入る便利な時代だが、

活字で納得しても、やはり実践で学びたい。

そんな時、見つけた場所がここ。

 

この農業塾は、抽選なので早速ハガキで申し込み。

4月初旬に当選の手紙。

このコースは1泊2日で毎月1回、年間8回のコース。(11月迄)

他に12月・1月は、雪なのでオプションで、こんにゃく作りや豆腐・味噌作り体験もできる。

この里山は、私の大好きな場所。

好きな場所に毎月来れて、おまけに野菜づくりも体験でき、里山の方々とも交流できるなんて一石二鳥。

 

子供に車を借り、3年振りにハンドルを握りひとりこの場所へ。

途中、道の駅に寄り車から降りてみると、薄着で来た私は寒くて寒くて・・・。

前日は、小雪が舞ったと言うから驚き。

 

 

農業塾第1回目。

農作業用に着替え、長靴履いてフロントに集合、マイクロバスで農家の人が貸してくれる畑へ移動。

農家の庭先で、農業塾・里山塾の合同開会式。(寒い!)

塾長・講師・スッタフ紹介、ラジオ体操して農業塾の人は畑へ。

農家さんが貸してくれた広い畑。

この広い畑で1年間、色々な野菜を植えて実習します。

実りある畑になるといいなぁ~。

さて早速、土づくり(畑の準備)です。

土壌の改良、肥料の投入量のお勉強。

白い線の囲いは、一般的な家庭菜園の広さ(10㎡)畳6枚分に

堆肥・石灰・苦土重焼燐を量って、畑へ蒔きならします。

今回の参加者は、20名くらいで40代~70代と年齢層も広く、それぞれ受講目的も違うメンバーです。

次は板鍬の取り扱い等、なかなか難しい( ̄△ ̄;)

皆、ぎこちない姿です。

後で見ていた農家の奥さん、笑ってます。

この方は、畑のオーナー(農業士 専門 米・果樹・野菜)&実技担当講師。

ならした畑にマルチを張り、最初の種蒔きはコーティングされてる種とされてないニンジンの種蒔き。

おぉ~、ニンジンの種、初めて見た!細かい。

穴の開いてる場所に3粒づつ。

コーティングされてる種は、蒔きやすいようにコーティングされてるんだって。へぇ~。

でも、コーティングされてる種は、次の日位にコーティングが割れないとダメになってしまう為、

蒔いた後、水をタップリあげます。

農業塾2年目、2年生は・・・・

植え直ししなくても良い方法でのネギの作付け。

この里山は、こちらの方法での作付けです。

ネギの成長とともに、肥料を入れ土をかぶせていく方法。

農業塾2年生は、この後とうもろこしの種蒔き。

農業塾1年目、1年生は無事にニンジンの種蒔きも終わり、

植え替えをする方法のネギの作付け。

耕した畑に10cm程の穴を開け、その穴にネギを1本づつ投入。

講師の方がお手本を見せてくれ、

実践。

里山で土を身近に感じ今までと違った自分自身の体験に、とっても新鮮な気分で楽しくて仕方がない。

参加者も目が生き生きしてました。

そして、お次は・・・

里芋の芽だし。

里芋並べただけ(笑)

本日の畑での実習はここまで。

ありがとうございました。

 

寄宿舎に戻りお風呂に入って、18:00から農業塾・里山塾合同のお食事会。

乾杯のご挨拶は、岩手大?秋田大?(忘れた)教授の音頭で乾杯。

お食事も豪華。

お刺身の舟盛・山菜天ぷら・ローストビーフと、この他にもおにぎり等々。

フルーツタワーも盛りだくさん、イチゴは地場産でイチゴ農家の方もいらしていました。

甘くて美味しい。

パクパク食べてしまったぁ~。

そして、ビール・日本酒・焼酎とアルコールも沢山。

第1回目なので初顔合わせの方々と、色々なお話しをしながら盛り上がり、楽しい一日が終了。

おやすみなさい。

 

2日目へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

奥多摩・御前山 / カタクリ開花

2018-04-17 12:15:19 | 山 行・ハイキング

2018年4月16日(月)

御前山のカタクリ開花しました。

 

山友さんと今年は、御前山のカタクリを観に行こう!って、昨年末から約束をしていた。

本来の予定では、4/23の予定だったけど、今年は暖かくどの花も開花が早い。

それじゃぁ~、1週早目ますかって事で御前山へ。

栃寄沢(行き止り)から登り、わさび田の横を通り、

栃寄沢沿いの植林された登山道を歩いてゆくと、

ヒトリシズカ発見!

そしてまた、大きな葉の上に浮かんでいるような、白い花はミヤマエンレイソウ。

その先には、ニリンソウの群生。

高尾のニリンソウが見頃だって、山友さんから聞いていたので、

時間のある時、観に行こうかな?なんて思っていたけど、

栃寄沢沿いのニリンソウは登山道のいたる場所に咲いていたので、高尾に行かなくても ここでもう満足。

岩と岩に隠れるように小さな滝。

木の橋が続きます。

新緑もとても綺麗です。

栃寄大滝を眺めると、沢に沿ったコースはおしまいとなり、

一旦、林道に出てトチノキ広場から、ここからはしばらく体験の道を横に見ながら登山道を歩きます

スミレやハシリドコロ(有毒)

コガネネコノメと右の花は、分らない。

しばらく歩いてゆくと・・・

本日の目的のカタクリが、顔を出し始めました。

朝、早めだったので、まだ下をむいてる花の方が多かったけど、気温の上昇とともに花が開いてきました。

まだまだ咲き始め、来週辺りが見頃でしょうか?

先週、イワウチワを観に行った山で、空振りしたので今週はラッキー。

良くわからないうちにカラマツの道に合流して、

くねくねとトラバースしていくうちに有毒のコバイケイソウが増えてきました。

避難小屋で休憩し、再びカタクリの花を写真に納めながら、

奥多摩三山と呼ばれる山の一つで、三山の中央に位置している、

御前山山頂。

この山はカタクリの自生地として知られており、開花を迎える季節には数多くの登山者が訪れます。

下山は、シロヤシオ広場方面へ。

お昼過ぎに下山し、温泉も寄らずに帰宅。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山の中の落し物

2018-04-10 10:55:17 | 日々の生活

 

山の中で貴重な落し物をGET!

立派な鹿の角を拾った。

本音は、触るのがちょっと気持ち悪かったけど。

滅多に落ちてるものではないので、お持ち帰り。

 

FBにアップしたら、直ぐに山友さんからメールが来た。

もともと血が通っていた物だから、虫がついてるかも知れないから、

外で洗剤つけて良く洗って、しっかり干さないとダメだよって。

 

早速、今朝 スポンジに洗剤含ませてゴシゴシ洗ってみると、

まぁ~、汚い!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山梨百名山 兜山~棚山

2018-04-10 10:45:07 | 山 行・ハイキング

 

2018年4月8日(日)

 

一面、ピンク色に染まる 山梨・桃源郷。

「山頂からピンク色に染まった、桃源郷を眺めよう♪」、そんな山行計画で、

桃源郷へ・・・。

登山口近くのゲートを開け、カントリークラブの脇道を上がってゆく。

ゲート前の見晴らしの良い場所でシャッターチャンス。

折角、桃源郷に来たのだから、桃の花と富士山のコラボ写真も。

登山口にある狭い駐車場は、満車。

少し上の路肩に停め、身支度を整え目指せ山頂へ。

体も温まってきたところで、前方を見ると、

岩の壁、ここは初心者のクライミング練習に適してる場所らしい。

数十人の人達が練習をしていました。

富士山の眺めの良い展望台。

眼下は、甲州盆地。

 

一面、ピンク色に染まっていると思った桃源郷だったが、眼下の眺めの中に色がありません。

なんだかショボイ、ショボ過ぎです(*´Д`)=з

 

まだ早かったのか?それとも、既に散ってしまったのか?定かではなかった。

家に帰ってSNSで調べてみると、数日前の強風で殆ど散ってしまったらしい。

あらら・・・、残念でした。

気を取り戻して、兜山へ

兜山山頂。

あっ、ここは山梨百名山だったのですね。

登山口から1時間程で到着。

この後、下山して「ほったらかし温泉」に行くという案もありましたが、

何だか物足りない!って事で、この先の棚山へ。

山肌に咲く、「ミツバツツジ」に目を奪われながら、神峰。

ここから棚山までは、急勾配でエッチラ、オッチラと登ると

冷たい風が吹き抜ける、棚山山頂。

遠くには南アルプスの山々。

下山途中で初めて知った、「クロモジ」の木。

小さな小さな白い花が咲いている。

枝を切って匂いをかいでみると、とっても爽やかな良い香りがしました。

この木は、楊枝に使われる木です。

和菓子を食べる時の楊枝ですね。

光に当たった新緑も眩しく、本日も楽しい山行となりました。

岩堂峠へ下山。

下山後、車中から桃の花をパシャリ。

中央高速の渋滞が始まってしまうと嫌なので、温泉はパスして中央高速へ。

高尾駅解散。

お疲れさまでした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミツマタの花 丹沢・ミツバ岳~権現山

2018-04-04 17:24:28 | 山 行・ハイキング

2018年4月1日(日)

 

昨年は、見過ごしてしまったミツマタの花を今年はどぉ~しても見たくて、

ミツマタで有名な丹沢・ミツバ岳へ。

滝壺橋の近くにあるミツバ岳の登山口から、丹沢らしい急坂の林の中を上がる。

朝は、少々肌寒さも感じたが、

この日の最高気温は24℃前後と、朝の天気予報で言っていたように、急坂では汗が滲み出る。

今年は暖かく、どの花も例年より1週間程早くミツマタも、もしかしたら終わってるかも?なんて、

少々不安になりながら頑張って登ってゆくと・・・。

直登からつづら折りの登山道に変わると、登山道脇に点在するように、

あっちにも、こっちにもミツマタが咲いていました。

やっほぁ~、

やったぁ~、やったぁ~、間に合ったよぉ~。

もう、この辺りから写真が撮りたくて、足が止まり始め先になかなか進みません。

山頂から下山して来た人に、「山頂は満開ですよ!」って、

その瞬間、目がキラキラ輝き始め山頂へと急ぐ。

木々も変わり、この先の山頂が待ち遠しい。

歩いていく先に、黄色いミツマタの花が木々の間から見え始めた。

ホント満開っぽい。

うわぁ~、ホントに満開。

ミツマタって葉がないんだね。今更ながら気がついた。

今年は観れて良かった。

山頂から丹沢湖とミツマタ。

下をむいて咲くミツマタは、枝が3つに分かれているから「ミツマタ」。

見た目そのままなので、説得力があるね。

葉がないので、小さな黄色い提灯みたい。個人的にはジャスミンに似た香りがかすかにした。

良かった!今年は観られて、とっても満足。

ミツマタを眺めながら、ミツバ岳でランチ。

ミツバ岳から権現山へ。権現山への登山道にもミツマタが咲いていました。

権現山から浅瀬入口へルートは、「山と高原地図 2010年版」には、破線ルートとなっているが、

道標もあり登山道も分りやすかった。けど、勾配がかなりきつい。

新しい登山靴をお試しで履いていったけど、

途中で足が浮腫んできたので念の為に持参した、薄い靴下に履き替えました。(´・ω・`)ショボーン

丹沢湖畔も満開の桜、その中でも目を引いたのが駐車場に咲いていた枝垂れ桜。

枝垂れ桜って、大体がソメイヨシノの後に咲くイメージだけど、

ソメイヨシノと同じ時期に咲いてるなんて、ビックリでした。

もしかして、丹沢湖畔の枝垂れ桜は早咲きなのかな?

花を堪能した1日でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春爛漫 お花見宴会 吾妻山

2018-04-02 06:02:12 | 山 行・ハイキング

2018年3月29日(木)

 

山仲間数名と、毎年恒例 お花見宴会

毎年、弘法山でお花見宴会をしてましたが、今年は 吾妻山へ。

今年は、開花が早かったので満開。 微かに富士山も。

ちなみに、昨年の3月末の弘法山は一輪も咲いてなく、淋しいお花見でした。(笑)

天気も良く暖かく、最高のお花見日和。

満開の桜の下で・・・

宴会勃発

気温も徐々に上がり暖かいというより陽射しが強く暑かった。

青空も綺麗でした。

二ノ宮の吾妻山公園でした。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

小豆島 観光&山 ♯2

2018-03-31 10:46:16 | 山 行・ハイキング

 2018年3月18日(日)

 

小豆島2日目も快晴です。

本日も観光&登山。

どうせなら観光しながら島1周も・・・。

オリーブ公園裏にあるコテージから出発=3

観光客のいない静かな朝のオリーブ公園。

穏やかな海を眺めながら

皇踏山登山口へ

竹が生い茂る、観光名所を外れたちょっと淋しそうな小豆島八十八ヶ所 遍路道を歩く

低山だけど2日続けての山歩き、かなりしんどく体が重い。

誰かが「今日は山は中止にしない?」と言えば、即刻 賛成って手を挙げていたであろう。

そんな重たい体を引きずり、そよ風が気持ちの良い広々とした展望台に飛び出た。

展望台からは、昨日歩いた「エンジェルロード」

上からの眺めも最高。

こんな素晴らしい景色を目の当たりにすると、やっぱり登った甲斐があるものです。

しかしベンチに座って休憩すると、動きたくないモードに。

 皇踏山山頂。

下山して島の裏側を走り、「二十四の瞳 映画村」へ。

チケットを買い中へ

映画撮影のために再現された昭和初期の街並みが楽しめます。

昔、懐かしい木造家屋、こんな垣根があったよね。

昭和レトロのホーロー看板、これまた懐かしい。

「元気はつらつ!オロナミンC」とか「大塚のボンカレー」・「キンチョール」の看板もあれば良かったのになと、

ボッソ!と、つぶやく。

岬の分教場の中に入ってみると、二人掛けの机に椅子。

小学校低学年まで、こんな机と椅子だったな。

釘が飛び出た椅子に座ってると、痛くてスカートが釘に引っかかったりもしたっけ。

お次は、「マルキン記念館」

小豆島で一番大きい醤油メーカーです。醤油作りの歴史が垣間見れます。

記念館は展示の品はそれほど多くなく、短時間でも見学できました。

小豆島に来たら、やっぱり手延べ素麺でしょ!って事で、

ランチはもっちり食感が美味しかった、国産小麦使用の「作兵衛」さんへ。

ランチは500円~でした。

小豆島の美味しい手延べ素麺、現地で是非食べて下さい。

 

 最後の観光場所は、土庄港近くを流れる世界一狭い土渕(どふち)海峡へ。

この海峡は、香川県土庄町の小豆島本島と前島との間にある海峡です。

1996年ギネスブック認定の世界一狭い海峡です。

土庄役場の前にあり、役場では横断証明書(100円)を発行してくれます。

海峡の周りには良く整備されていました。

 

さてさて、小豆島の旅もそろそろ終わりの時刻となり、

レンタカーの返却時刻も迫ってきました。

有名な観光名所は、殆ど回れ充実した旅となりました。

土庄港から新岡山港へ、バスに揺られ岡山駅から

帰りは東海道新幹線で東京へ。

 

お疲れさまでした(*´▽`*)ノ゛

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小豆島 観光&山 ♯1

2018-03-20 11:24:06 | 山 行・ハイキング

2018年3月17日(土)ー18日(日)

 

二十四の瞳の舞台となった小豆島へ。

小豆島最大の目的は、寒霞渓の奇岩と星ヶ城山登山。

東京から小豆島までは、かなりの時間を要し時間を有効に使うために、

前夜21:25発 バスタ新宿から夜行バスで岡山駅へ。 @8000円

6:35着 岡山駅

駅でバス&フェリーの割引切符(かもめバスキップ ¥1300)を購入予定でしたが、

窓口が8:00からだったので、行きは割引なし。

バスの発車時刻まで、駅前のすき家で朝定食。

7:33発 岡山駅 ~ バス ~ 8:10着 新岡山港  ¥490

8:30発 新岡山港 ~ フェリー ~ 9:40着 小豆島・土庄港 ¥1050

10:00 オリックスレンター ¥19980+ガソリン代

と、こんな感じで小豆島に到着し観光&登山の旅が始まった。

 

メンバーの1名が綿密な観光&登山が出来るようにと、作成してくれた行程表を元に、いざ出発=3

無数の小さな島々に囲まれた、瀬戸内の海は白波一つない穏やかな海であった。

レンタカーを借り、一番最初の観光名所は、港近くにあった「二十四の瞳」の銅像。

ここから寒霞渓・星ヶ城山登山口へ。

小豆島霊場二十番札所前に車を停め

裏八景といわれる石門洞方面へ。

舗装されたなだらかな道だが、結構 急坂。

ほら貝岩・二見岩・のぼり岳などの奇岩を写真を撮りながら、

小豆島霊場18番札所に到着、札所の先には・・・

今回見たかった、大門洞。

大門洞をさらに進むと、

展望の良い、松茸岩に辿り着いた。

眺めの良い陽だまりで、ランチタイムとなりました。

寒霞渓ロープウェイ山頂駅の広場前から、芝生を直登して星ヶ城山へ。

霞んで見える瀬戸内海の島々。

山頂標識がなかった星ヶ城山。

ポカポカ陽気の山頂でしばし休憩。

ロープウェイの山頂駅に戻り

表十二景から下山

表からの登りは結構大変そうでした。

 

さて・・・

次の目的地へと移動。

恋人達の人気スポット

エンジェルロード ~天使の散歩道~

潮の満ち干きで道が現れたり消えたりする人気の観光スポットです。

引き潮のときには余島まで渡ることができます。

「大切な人と手をつないで渡ると、願いが叶う」というロマンチックな場所だそうですが、

若い時は、そんなロマンチック的な時もありましたが、このメンバーじゃね(笑)

上の画像は、翌日に登った皇踏山から写した画像で、上から見るとこんな感じ。

観光名所だけあって、中国人観光客らがウジャウジャ。

歩いてみましょうか。

 

夕日スポットで写真撮影。

ここは人も居なく静かに写真が撮れました。

道の駅 オリーブ公園の裏手にあるコテージが、この日の宿。

近くのスーパーで食材とアルコールを調達して、鉄板焼をしながら

お疲れさまでした♪

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雪山 剣ヶ峰~上州武尊山 

2018-03-13 09:05:50 | 雪山

 

2018年3月7日(水)

 

無風・快晴!最高の雪山日和です。

こんな天候を狙って、いざ雪山へ。

 

上州武尊山は、2回目となります。

以前は夏山で武尊牧場から、今回は雪山 川場スキー場から登ります。

 

平日なのにスキーヤーに雪山登山をする人で、チケット売り場は賑わっていた。

チケットカウンターで登山届けを提出した後、リフト券を購入することが出来ます。

川場スキー場から朝一のリフトでゲレンデトップへ。

身支度を整え、剣ヶ峰へ。 

最初の直登だ! 

12本アイゼンにピッケル持っての雪山登山は、久しぶりなのでワクワクしています。

新潟・谷川岳方面

久しぶりの雪景色に興奮するも、剣ヶ峰への登りが少々不安なのだ。

微かに富士山も見られた。

おぉ~、剣ヶ峰の頂だ! 

「巻き道があればいいのにぃ~」と、思いながらも、巻き道となるとトラバースになる訳で、

雪山のトラバースも嫌いなんだよね・・・。

グチャグチャ思ってないで、剣ヶ峰へGO。

剣ヶ峰への斜面は、氷ついてる箇所も沢山あり、かなりの緊張感のある登りであった。

ここ下山するの嫌だぁ~(*´Д`)=з

スリルを味わって、狭い剣ヶ峰山頂。

山頂は左右に切れ落ちていて、足がゾクソクします。

さっさとこの場所から退散したい気持ちでいっぱいでした。

剣ヶ峰山頂から景色を写し

上州武尊山へ。

剣ヶ峰を一旦下りるのですが、先が見えない。

きゃぁ~、怖わっ!

そして山頂直下のトラバースも、また緊張!

幾つかの緊張感を味わいながら、無事 上州武尊山山頂に到着。 ほっ!

まさに雪山登山日和、山頂も無風でポカポカ。

この快晴を狙っての登山者も多く、無風の山頂で雪景色を堪能しながらランチタイム。

山頂から写真では分りにくいが、遥か向こうに日本海もみえた。

そして山頂からボーダーが滑って下りて行きました。 すげぇ~。

下山

暑くて、1枚脱ぎまた1枚と汗が滲みます。

おぉ~、再び剣ヶ峰。

また登って下りなければならず憂鬱でしたが、難なくクリア。

 

無事、ゲレンデトップに下山。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加