シルバーバーチを拠り所にして

スピリチュアリズムとは霊的真理に基づく崇高な生き方のことです
このブログは日々奮闘する未熟な私の心の声かな・・・・

ガンもいいな

2017-11-26 13:25:10 | 病気の話
カゴの鳥が空へ放たれたことに涙を流してはいけません。よろこんであげるべきです。そしてその魂が真の自由を見出したこと、いま地上にいるあなた方も神より授かった魂の潜在力を開発すれば同じ自由、同じよろこびを味わうことができることを知ってください。死の意味がおわかりになるはずです。そして死とは飛び石の一つ、ないしは大きな自由を味わえる霊の世界への関門にすぎないことを得心なさるはずです。『シルバーバーチの霊訓(5)』


うちの施設のミツさん。
とてもふくよかマダムで本当に食べるの大好き、息子大好き。
でも典型的な認知症患者。
昔の記憶があっても、直後の記憶がない。
息子さんが毎月お土産持って東京から来て下さるのに、見送った直後にすぐに忘れるので
証拠を見せるためにいつも帰りぎわにサインを貰ったり、写真撮ったりあの手この手で対応しておりました。

私とはとても仲良しで、いつも死後の話を愉快にしていたのですが
便秘が酷く血便も出ていたこともあり、絶食が必要な精密検査を受けることになりました。
当人、自覚症状がないので
「どこも悪くないのに、なんで食べさせてくれないの」 
と、怒りを爆発させ、内心可哀想に思っておりました。

で、検査の結果、末期の大腸癌

大きな病院で手術となりまして、予後も悪くストーマ(人工肛門)処置をされました。
本当に本当に元気だったし、あんなに楽しそうだったのに・・・なんで、手術するかなあ。
楽しくうちで看取るはずだったのに、変な医療でミツさんの幸せの邪魔をしないで欲しい。
涙が止まりません。
もううちの施設には帰ってこれないなんて。


ミツさんが死んだらね、警察官の旦那さまが捕まえ(迎え)に来てくれるんだって。
そしたら「わたし泥棒ちゃうよ~」って一目散に逃げるってさ。
ああ。楽しそうだな。そんなお迎えシーン。

きっと今ごろ旦那さまは手錠と花束を用意して手ぐすねひいて待ってるわ。
ミツさん、もうちょっとの辛抱です。

悪性腫瘍だなんて・・

2014-12-22 11:17:33 | 病気の話
あらゆる種類のガンが治せるという意味での特殊な治療法はありません。全部が同じ原因から発生しているわけではないからです。身体的なものに由来するものもあれば精神的なものもあり、また霊的なものもあります。その全てを同じ方法で治すことはできません。私たち霊界の者が地上の問題にかかわるにはそれなりの制約があることを理解して下さい。人間から頼まれて " ああ、その問題ですか。じゃあ、こうしなさい" といった調子で受け合うわけには参りません。地上の人間は地上の人間なりの努力をして解決していかねばなりません。ただし人生観が誤っていたり、動物に苦痛を与える実験をしたり、要するに援助を受けるべき資格のない状態でいくら努力をしても、治療法は見つかりません。
『シルバーバーチの霊訓1』


昨日電車で、近所のお祖母さんと、隣り合わせの席になりました。

「○ちゃんお元気ですか?」と、挨拶がてらお聞きすると、
大病院に入院していると、涙ながらにおっしゃりました。

脳に悪性腫瘍が出来て、一旦手術したものの、
全部取ることができず、残った腫瘍が再び肥大してきたそうです。
手術が不可能なので、もうじき放射線治療に切り替えるとのこと。

まだ16歳です。あまりにもかわいそうで・・涙が止まりませんでした。

「お見舞い来てくれると孫も喜ぶわ~」と、お別れ時におっしゃっていましたので、
早速、○ちゃんと同じ学校だったお家の方々に電話して、事情を話してみましたが、
「うちとは友達じゃなかったし・・」
「すごい事件があってねえ、みんなあそこの家を避けてるよ・・」
と、剣もほろろ。

私の親しい友人さえこうですから、本当にすごい事件があって
皆、付き合いをやめたのでしょう。

彼女には親がいません。
巨大な新興宗教に染まっているお祖母さんが、女手一つで育てていました。
小学生からトラブルメーカー。「お金ない」が口癖。
中学は不登校ぎみで高校は行かず。
さらに病魔だなんて。

○ちゃんも大霊の子供だから、学ぶためにこの世に生まれてきたのだから、
きっと何かを成就させるための、大きな目的があるんだと思います。
願わくば病気を通して、大きく霊的生長しますように・・・

転移なし

2014-09-12 15:12:07 | 病気の話
「身体が病むということは精神か霊かのいずれかに不自然なところがあるということです。霊が正常で精神も正常であれば身体も正常であるはずです。身体に出る症状はすべて霊と精神の反映です。」
『シルバーバーチの霊訓1』



乳ガンの友人ですが、手術してリンパは切除しましたが転移は見られない、ということで
ほっとしました。良かった良かった。

彼女にとって人生最大の危機だったはずですが、
シルバーバーチの霊訓やヒーリングのおかげで、そこまで落ち込まなかったそうです。

まだ放射線治療とか、ホルモン療法とか残っていますが
ガン細胞を切除したのだから病気自体はなくなった・・とみなしてよいのかな。
身体に出る症状がなくなったのだから・・・


生きている間、人は病気して治って、を繰り返しますが
これも霊や精神を正常化しようと体が頑張っている姿なんだなあと思います。

病気はそれ自体浄化作用なので、病気を恐れずに
治療に専念することこそ人の道なのかなあ。

そんな風に思いました。

帯状疱疹

2014-05-12 17:46:35 | 病気の話
「神の摂理に従って生きれば病気も異常も生じません。肉体に異常が生じるのは摂理に反した生き方をしているからです。(霊と精神と肉体の)調和が乱れると病気になり、自分自身の努力、または霊界からの治癒エネルギーによって調和を取り戻すまでその状態が続きます。」
『シルバーバーチの霊訓5』


摂理違反なんでしょうね・・・風邪が悪化して帯状疱疹になってしまいました。
顔が特にマブタ付近が腫れていて、全く酷い状態です。

公開ヒーリングを受けたのに・・不甲斐ないの一言なんですが
なんで病気になったか思い当たること有り有りです。

最近、無意識的になんですが、自分勝手な利己的な思いが爆発していました。
加えて、娘らの不満や愚痴を受けて、ストレス溜め込み過ぎていました。

以前の私なら、通常的に性格悪かったので、この程度では病気なんかにならなかったかなあ~。
でも今は、自分の霊性を少しでも上げようと頑張っているから
その分摂理違反に体が敏感に反応しているような気がします。

しかし、マイナス面ばかりではなく、
病気になっても、心が安定していて平気なんです。痛いけど・・・・
ゆっくり、休む。とにかくよく寝て休んでいます。

公開ヒーリングで購入した「スピリチュアル・ヒーリングとホリスティック医学」の本を
じっくり読んでます。

病気によって得るものも一杯あるのですよね。
自分で反省してじっくり治そうと思います。

今度は腰痛

2013-11-13 09:06:29 | 病気の話
全生命と調和して生きていれば病気になるはずはありません。健康とは調和のことだからです。病気になると言うことは、その調和を乱していることの証拠です。職業とは関係ありません。
いかに献身的であっても関係ありません。どこかで法則に反した事をしていて、その結果として病気が生じているのです
『シルバーバーチ最後の啓示』



はあ~
霊訓読んでいるからといって、実は不調和だらけということが露呈してしまいました。
今度は腰痛です。
腰が痛くて眠れません。
昼間はなんとか動けますが夜と朝が辛いです。
これではお弁当もつくれません。

腎臓の病気で痛いのか、単なる腰痛で痛いのか・・
でも、ヨガ教室の後から徐々に痛くなったので、多分ただの腰痛だと思います。

尿検査の結果ですが、一ヶ月後くらいに詳しく検査してもらったほうが良いでした。
それまで様子見です。

他に心臓の血管が細くなっているとか。
心電図があまりよろしくないとのこと・・・
これも、様子見です。

いずれにせよ、主婦業は開店休業状態です。

パーキンソン病

2013-09-26 20:10:58 | 病気の話
痛み、病気、面倒、危機、こうしたものがなぜあるのか。そういう疑問を抱かれるようですが、それもすべて霊の進化という永遠の物語の一部なのです。その中には地上に誕生してくる前に、みずから覚悟しているものもあるのです。霊的な身支度を整える上で学ぶべき教訓を提供してくれる、ありとあらゆる体験を経ないことには成長は望めません。とどのつまりはそれが存在の目的なのです。『シルバーバーチの霊訓8』                  

最近パーキンソン病の方との出会いが多いです。
今日、お会いしたお年寄りの女性もそうでした。
病気自体も多いのかなあ?

その女性のお家は、とても綺麗なお家で、趣味の良い調度品が並びます。
かわいい娘さんやお孫さんにも恵まれたご様子。写真も綺麗に飾られています。
旦那サマもご健在で、昼間はディサービスを利用されています。

これだけ恵まれていらっしゃるのですが、口調がとても、暗いのです。

趣味は裁縫なんですが、
「病気で使えなくなったらと思うともったいなくて・・」と
とても安っぽいミシンを使っています。
「外を見ると鬱になりそうだから」と家のカーテンを半分閉めています。
「私のようにならないように、体には気をつけるのよ。」が口癖。

んんん~
歩きにくいというのはありますが、さほど病状は重たいわけではないのですが・・・

とにかく笑いましょう!っと、明るい話題に必死で持っていきました。

私の周囲だけかもしれませんが、パーキンソン病の方は、とても控えめで自分を卑下している方が多いような気がします。
家庭では、とても良い妻なんだとは思います。
過去に、とても苦しい体験をなされたのかもしれません。
でも、病気も苦しみも 霊性進化に必要なのです。

その方が、前向きな考え方になれることを祈っています。

2013-08-30 17:31:10 | 病気の話
「魂の優位を主張し、肉体という下等なものによって束縛され抑えられることを拒否することによって病気を追い払うのです。身体を従者にするのです。主人にしてはなりません。誰にでも出来ることです。ですが、大部分の人間は頭から出来ないものと思い込んでいます。だから出来ないのです。
 肉体は精神の従僕です。精神は肉体に隷属しているのではありません。肉体は束の間の存在であり精神は永遠の存在です。肉体はいずれ朽ち果てます。精神が宿っている間だけ現在の形体を維持している一時的な存在です。それがその人ではありません。その人の表現体であり、道具であり、地上で認識してもらうための手段です。その肉体が精神によって歩きまわることを教わり、筋肉を動かすことを教わり、血液を循環させることを教わり、心臓を鼓動させることを教わり、内臓のすべての機能を働かせることを教わったごとくに、こんどはその(リズムを狂わせている)機能に本来のリズムを取り戻させることによって病気や疾患や異常を無くしてしまうことができるはずなのです。」
『シルバー・バーチの霊訓5』


大切な友人が乳癌になった。
幸い転移はしていないが、抗がん剤を半年、その後乳房切除、その後再び抗がん剤を投与する。

彼女に想いの丈を話してもらった。
私も話せること、知っていることを全て話し尽くした。
祈るような気持ちで・・・・

私は何もできない。
抗がん剤をやめろとも言えない。
現状 他に変わる治療法がないから。

でも、わらにも縋る思いで無料でヒーリングしてくれる日本スピリチュアル・ヒーラーグループを紹介した。

彼女が人生で一番大きな苦難を乗り越え、霊的成長を得られますように・・・・