シルバーバーチを拠り所にして

スピリチュアリズムとは霊的真理に基づく崇高な生き方のことです
このブログは日々奮闘する未熟な私の心の声かな・・・・

2013-08-30 17:31:10 | 病気の話
「魂の優位を主張し、肉体という下等なものによって束縛され抑えられることを拒否することによって病気を追い払うのです。身体を従者にするのです。主人にしてはなりません。誰にでも出来ることです。ですが、大部分の人間は頭から出来ないものと思い込んでいます。だから出来ないのです。
 肉体は精神の従僕です。精神は肉体に隷属しているのではありません。肉体は束の間の存在であり精神は永遠の存在です。肉体はいずれ朽ち果てます。精神が宿っている間だけ現在の形体を維持している一時的な存在です。それがその人ではありません。その人の表現体であり、道具であり、地上で認識してもらうための手段です。その肉体が精神によって歩きまわることを教わり、筋肉を動かすことを教わり、血液を循環させることを教わり、心臓を鼓動させることを教わり、内臓のすべての機能を働かせることを教わったごとくに、こんどはその(リズムを狂わせている)機能に本来のリズムを取り戻させることによって病気や疾患や異常を無くしてしまうことができるはずなのです。」
『シルバー・バーチの霊訓5』


大切な友人が乳癌になった。
幸い転移はしていないが、抗がん剤を半年、その後乳房切除、その後再び抗がん剤を投与する。

彼女に想いの丈を話してもらった。
私も話せること、知っていることを全て話し尽くした。
祈るような気持ちで・・・・

私は何もできない。
抗がん剤をやめろとも言えない。
現状 他に変わる治療法がないから。

でも、わらにも縋る思いで無料でヒーリングしてくれる日本スピリチュアル・ヒーラーグループを紹介した。

彼女が人生で一番大きな苦難を乗り越え、霊的成長を得られますように・・・・

なんかリアルな夢

2013-08-28 11:27:49 | 日記
私たちから皆さんを見ると、身体は影のように見え、皆さんが心に思っておられることの方が実体があります。このことはなかなか説明が難しいのですが、たとえば皆さんが夢を見ているのと同じだと思えばよろしい。夢の中に現れるものは夢を見ている間は実在です。もしも永遠に目覚めなかったら夢の世界がその人にとって実在の世界となります。乗る船も飛行機も、訪れる国も、夢の中ではみな実在です。
『シルバーバーチの霊訓10』


なんかリアルな夢を見ました。

私と友人が、なにかを話しています。
なんとなく心に残るのは緑色。
とはいっても鮮やかな色ではなくて
例えて言うと、ポロシャツをを何万回と洗って色あせた感じの色。

なんとなく残る思いは 体がないと軽くて清々しいなあという気持ち。

4時に目が覚めた時はもっと鮮明に覚えてたはずなのに
二度寝すると、殆ど記憶が無くなってました・・・・・あ~あ 残念

夢をもっと覚えておきたかったです。

猫にやられた^^

2013-08-17 11:21:24 | 動物関連
今朝 我が家の庭に猫ちゃん(=ΦエΦ=) の糞が・・・
植えたばかりのネギの上に・・ 
ぎょえぇぇぇ~

振り向いてみると
そこに初めて見る猫ちゃん。
白色と茶色でとっても可愛かったです。

ネギはもう食べられないけど 仕方ないね。

猫もそろそろ恋の季節かなあ。

よく近所の人が猫にいたずらされたと怒っていますが

うう~ん。

罪のない動物だから、許してほしいな・・

って、思うの私だけか・・・

スピどっぷり主婦

2013-08-07 21:25:53 | スピリチュアル
(質問)これまで何回も地上生活を体験していることが事実だとすると、もう少しはましな人間であってもいいと思うのですが・・・

物質界にあっても聖人は聖人ですし、最下等の人間はいつまでも最下等のままです。体験を積めば即成長と言うわけにはいきません。要は魂の進化の問題です」
『シルバーバーチの霊訓4』



以前 出入りしていた主婦サークルに、スピリチュアルにどっぷり浸かった主婦がいました。

見た目は40歳くらいの、至って普通の家庭の主婦です。

彼女は、姑や夫に我慢を重ねたストレスから、癌にまでなってしまったのですが、九死に一生を得て回復し、その後、色々なスピリチュアルセミナーに通っていました。

彼女にとって「自分を愛し、人生を愉しむ」ということが、病気から得られた教訓でした。

私は彼女たちのお茶会に参加しながらも、シルバーバーチの霊訓で説く「己を捨てること」と主婦サークルメンバーの「自己を愛する」との乖離にずっと悩んできました。

自分を癒すとか、自分を大切にするとか、「自分を喜ばせること」に一生懸命 しがみついている印象を受けました。

私も、わくわくする体験(って言葉をそのグループはよく使います)を経験しよう、と予算内で挑戦してみましたが、やはり無理がありました。

わくわく=気晴らし にしか見えなかったです。

でもね、彼女たちはイキイキと輝いています。
自分たちだけで、海外旅行したり、セミナー受けたり、次々と新しい情報を手に入れて、とにかくアクティブで元気です。

でも、彼女たちは心の底から満足しているのだろうか??って謎です。

江原さんについて

2013-08-05 15:52:56 | 読んだ本
「オーラの泉」という番組を見たと先日紹介したので
私が江原さんのことを どう思っているか書こうかなと思います。

江原さんの本「人はなぜ生まれいかに生きるのか」 (ハート出版)
のおかげでシルバーバーチの霊訓にたどり着き
結果 憑依もとれ、スピリチュアリズムの扉が開かれたので、その点では感謝しています。

しかし、江原さんにはその後も興味がいかなかったです。
番組内では江原さんも素晴らしい話をされていたような気もします。でも、つまらなかった。

江原さんのHPも少しのぞきました。
今 江原さん すごく寄付してますね。
スゴイ額ですね。私のワンコイン寄付が霞んでしまう・・
これからも どんどん寄付してほしいです。


物質化現象を引き起こすためには、地上界に近い低級霊が必要だそうです。
そういう意味で 低級霊や江原さんにも 役割があるのでしょう。

江原さんは、霊の存在をマスコミを通じて必要な人々に届ける役目を担っていたのかもしれませんね。

しかし、その役目は既に成し遂げられたと思います。

江原さんは、スピリチュアリズムを理解できない人たちに近づいて、霊の世界について認識してもらおうとしているのかなあ・・・・

ただ、江原さんは、スピリチュアリズム的には 終わっているなあと残念。

本来のスピリチュアリズムは、ひっそりと、理解できる人だけが掴み取るものです。

江原さんの華やかな嘘っぱちの芸能活動で スピリチュアリズムを提唱するのは土台無理があります。

霊的なものは霊的な落ち着きと静寂の中しか得られないです。

スピリチュアリズムは どれだけ宣伝しようと、その人の霊的な成長と、霊界からの強い働きかけがないと
所詮受け入れられないものだと思います。

憑依体験

2013-08-02 14:00:11 | 憑依
以前 ネットの色々な掲示板で、自分の腕試しに依頼者に占ってあげていました。
その掲示板には、霊感の強い女性がいて、彼女とチャットすると、
彼女が食べているお菓子の匂いとかが私のパソコンからしてくることがあったんです。
その内、なんとなく占う前から依頼者ことがわかるようになったんです。
夜明けまで、チャットをして、極度の睡眠不足になった時、「アマテラスの巫女」と名乗る霊が私に囁きかけ出しました。

同時に2歳の娘が「空に大きな蛇がいる」と変なことを言い始め、閻魔大王のような四角い帽子を被った人ばかり落書きしだしたのです。

夜、その娘を連れてお散歩すると、帆船によく似た雲がぽっかり浮いていますし、家の中は始終パチパチと木の裂けるような音が聞こえ、私の2階の部屋はいつも異常な寒気がしていました。

そういう状況の中、「アマテラスの巫女」に色々な神事のしきたりを教えてもらって 有頂天になっていきました。

「占い仲間と縁を切れ」 という命令で、縁切りメールを書いたり、どんどん孤独になっていくとともに、霊の要求はどんどんエスカレートしました。

言われるがままに家中のお札をコンロで燃やしたり、神社で膝をついて2時間もじっとしてたり、明らかに異常な行動を取るようになりました。風景も白黒っぽく見えるのです。
白黒の背景に花だけが鮮やかに見えたり、視覚も異常になっていきました。
食事も喉に通らなくなって、かなり痩せてきました。

そのうち、「アマテラスの巫女」だけではなく、男霊も私に囁きかけるようになりました。
「私のことをとても愛しているので、霊界でずっと待っている。」
と何度も言ってくるのです。
この霊はホテルの前から私についてきて、私にずっと付きまといました。

他にも別の霊が、もう何人もの声が聞こえてきました。

ついに、「アマテラスの巫女」が
「私の体を使いたいから引き渡せ!」と 言い出しました。
「今から儀式を行うから、外に出ろ」と 頭の中で声がして、外に出たら 夜空には出雲の神話のような格好の人の雲が沢山浮かんでいるのです。

私は体を明け渡さなければいけないな、と覚悟しました。

そして、次の日から、一つの体に「アマテラスの巫女」がいて、それを遠くで見ている私という奇妙な感覚になりました。

数日後、友人が私を自宅に招いてくれて、江原さんの「オーラの泉」という番組を見せてくれました。
きっと私のことを心配してくれたんだと思います。
帰りに、同じく江原さんの本を貸してくれました。
そこには 数行ですが、シルバーバーチの霊訓の紹介が書かれていました。

早速シルバーバーチの霊訓をネットや図書館で読んで、驚愕しました。

シルバーバーチの謙虚さ、崇高さに圧倒され、自分の低い霊格を恥じました。

私が置かれているのは「憑依」という危険な現象だということもわかり、無視し続けることによって、程なく低級霊との縁も切れました。
娘も奇妙な絵も描かなくなり、部屋の寒気もとれ、パチパチという音もなくなり元の生活に戻りました。

しかし、大変怖い経験をしたからか、暫く心臓が痛み、白髪が急に出来始めました。

周囲が異常に気がつくころには、憑依が進んでしまっている状態だと思います。

憑依は何より、霊に関する正しい知識がないことから起こります。
私は 霊が神様の名前を使うので、すっかり信じてしまいました。
当時流行っていた江原さんでさえ全く知らないし、霊とか憑依とかに対して 全く知識がありませんでした。

今から考えてみますと、騙すことを目的とした低級霊のグループだったような気がします。
私を脅す役、慰める役、横から私に間違った知識を教え込む役、私の自殺を促す役、ギャラリーの役・・・軽く5人以上ですね。本当はもっといると思います。
詐欺集団と同じくチームを組んで行動しています。
そして、うまい具合に誘導して 周囲から孤立させ、正常に考える力を奪います。

私はコンプレックスという弱点を狙われました。
憑依されかけの時、そのコンプレックスが、すごく強調されるのですよね。
私は「容姿」・・。
「こんなに不細工な私は生きるより、死んだほうがいい」
と 思うようにされるのです。
そして、「死んだら今の容姿が美しくなるし、私を愛してくれる男が待っている。」
こういうことを囁いて、生きることを諦めさせ、憑依を促進させるのです。

そして、「自分だけが選ばれた人間だ」と自尊心をくすぐります。
「世界を救う」とか「神とコンタクトをとる」とか、大きく出ているHPとかありますね。

ああ、わかるわ~って思います。

私もそう囁きかけられていたのですから・・・

コンプレックスを散々つつかれて自己評価が低くなっている状態で、
「あなたは特別だ」
と言われたら 誰だってその言葉に なびきます。
女性は特に 愛されたい という願望がありますから
「あなただけを愛している」 その言葉を間に受けてしまいます。

私の友人の知り合いが 精神病院に入院しています。
彼女は井川遥さんに似たに美人で、夫、子どもの3人家族なんですが
それでも、入院する前に
「(男霊が)私のことを好きだというのよ。夫もいて困るんだけど・・」
と、言っていたそうです。

私と同じです。
これが女性に憑依する手口なんだと思います。

もし、私のこのブログを読んで思い当たる人がいらっしゃったら
憑依されてます。

真っ向から憑依だと言っても自分は特別だと思いこんでいるから通じないと思います。

シルバーバーチの霊訓を読んだあと、

スピリチュアリズム普及会のニューズレター

を読んで、あまりの正確さに驚きました。
そして、完全に憑依から足を洗うという経緯を辿りました。

憑依されている人にいきなりニューズレターは受け入れられないかもしれませんが
ひょっとして、自分の今の状態はおかしい?と思ったときにサッと知識をいれると
それが呼び水になって急速に回復するかもしれません。

憑依で苦しんでいる人たちが一日でも早く復帰できるように
そして、知識も持たずに危険な状態にいる霊媒体質者の方々ために
私の経験を書かせてもらいました。

スピリチュアル系の方 気をつけて下さいね。