シルバーバーチを拠り所にして

スピリチュアリズムとは霊的真理に基づく崇高な生き方のことです
このブログは日々奮闘する未熟な私の心の声かな・・・・

知り合いのカミングアウト

2014-10-31 15:44:06 | 宗教
私は〝信仰だけではいけません。信仰に知識を加えなさい″と申し上げていることは事実ですが、その段階をさらに進むと、その知識にも三次元ゆえの限界があるために〝信じる〟しかない段階に至ります。すべてを理性で片づけるわけにはいかなくなった時、直感的洞察力の必要性が生じます。
『シルバーバーチの霊訓12』


知り合いが「実は・・・エホバの証人なの。」と。
カミングアウトされてしまいました。

私も「昔入りかけたことがあったけど、おかしいと思ってやめたの」
と正直に答えました。辞めた私はサタン扱いですね。

「信者からみると私はサタンね。でも、ハルマゲドンで信者しか救われないのはおかしいわ。」

すると、知り合いは
「エホバの裁きは私たちにはわからない。信者だからって救われるわけではないし、この教えを知らない人は、知らないという理由で永遠の命を預かることも可能なのよ。」

でた~。回りくどい説明。

どうせ、ハルマゲドンで生き残っても、
エホバの証人の教えを受け入れなければ結局死ぬだけなのに。

どうして、エホバの証人と未来のエホバの証人しか永遠に生き残れない、
とストレートに言えないのでしょう。ちょっと学べば誰でもわかるのに。この選民思想。

サタンについて話したのですが
「サタンは人の心が読めない。」
と言うので、

私は
「そんな~。霊界は人の心が丸見えだし、私たち人間でも人の心を読めることがあるし。
サタンって馬鹿で未熟者だね~。」

私はサタンとは未熟な人間の姿で、これからも永遠に進化して良くなっていく存在であることを
言いましたけど、たぶん信者お得意の「耳に蓋」でした。

とにかく、「そんなこと習ってない」ばかり。

私とはまた話したいと言ってましたが
集会でメンバーから恐らく「2度と会うな」と言われることでしょう。

洗脳が解ける可能性があるから。

良いお付き合いをしていたのに、ちょっと残念。


何もしないよりはいい

2014-10-28 17:52:41 | ボランティア
「私たちは因果律という絶対的な摂理を説きます。つまり誰一人としてその神の摂理のウラをかくことはできません。ごまかすことはできません。自分が自分の救い主であり、購い主であり、自分の過ちには自分が罰を受け、善行に対する報酬も自分が受けると説くのです。また、神の摂理は機械的に機能し、自動的に作用すると説きます。
すなわち親切、寛容、同情、奉仕の行為が自動的にそれ相応の結果をもたらして霊性を高め、反対に利己主義、罪悪、不寛容の精神は自動的に霊性を下げます。この法則は変えようにも変えられないのです。みっともない執行猶予も安価な赦免もありません。神の公正が全宇宙に行きわたっております。霊的な小人が巨人のふりをしてもごまかせません。死の床での悔い改めも通用しません。」
『シルバーバーチの霊訓3』



友人が先日の座禅会で和尚さんがされた講話を教えてくれました。

「善人になろうとして行動してはいけない。善人になろうとすること自体、執着だから・・。」


なるほど・・・・。
「さすが、霊格の高いお方は善人になろうとしなくても、勝手に良いことがお出来になる。」
と、イヤミを言って切り返しました。

私のような悪人は、良いことをしようと思って行動するくらいで、並の人です。

今日もゴミ拾いしてきましたけど、
「よし。頑張ってゴミを拾うぞ!」と気合なしでは行く気にもなれません。

私は少しでも善人になろうと、思っています。

地球上の全ての人が善人だったら、シュバイツアーやマザーテレサだったら
地上は天国に変わります。

時々、仏教は本当に人々を救い、地上を良くしようとする宗教なのか、わからない時があります。


ゴミ拾いなどの奉仕で得られたことは、心の変化です。
運が上がるわけでもありませんが、
他人に対して気遣いが出来るようになります。
心が優しくなります。

ゴミを拾っても決して自己満足にはなりません。
自分の欠点はそのままですから。

「とにかく、何か小さいことでも、自分に出来る範囲で奉仕したほうがいいよ。」

友人にはこう言いました。

お金がなくて苦しい

2014-10-25 20:00:15 | 日記
「あなた方が霊的真理についての知識を手にしたということは、人類が抱えているすべての問題を解くカギを手にしたことを意味します。」『シルバーバーチの霊訓3』

人に相談を受ける時って、示し合わせた訳でもないのに、結構同じ内容の相談が重複します。


最近の相談内容は「お金がなくて苦しい・・・。」

話を聞いていると、私にどうにかして欲しいのではなくて、
「わかって欲しい。」という気持ちが切々と伝わってきます。

「姑の仕送りで洗濯機すら買えない。」
「やり繰りするのもこれが限界。」
「借金だらけで、自分の人生何だったの。」

自分のことで苦しんでいるのではないので、やりきれない思い。

私は、そのような悩みに対しては
「まずは人間らしい生活が出来るレベルにしようよ!」
と言います。

そのために、仕送りを減額することや、習い事をやめさせること、借金の期限を伸ばすこと、
親に支払いを肩代わりさせることなど
あらゆる面から対処して、自分と家族を守ることを勧めます。 

なぜなら、自己犠牲という意味を間違えているから。
皆、相手の贅沢や欲望のためにお金を支払っているのです。

自己犠牲は相手が良くなるために行うもので
堕落させる方向に進むようでは、もはや犠牲ではありません。

相手にこれ以上お金を払えない、というのも愛だよ!

そう思います。

摂理とは・・

2014-10-21 19:27:51 | 霊的真理の普及
「私が“摂理”という時、それは大自然の法則のことを意味し、根本的には原因と結果の法則、すなわち因果律のことです。

摂理は完璧です。ひたすら人のためを心掛けた生活を送っていれば、その人を通して大霊が働きます。

摂理は完全であり、自動的に作動します。誰一人それから逃れられる人はいません。自由意志も摂理の中に組み込まれております。その働きは一定の進化の段階まで到達すると分かるようになります。」
『シルバーバーチの霊訓12』



摂理とは、因果律です。
宇宙の法則・・・なるほど、完璧なはずですね。

人間は自由意思があるから、摂理を見失いがちです。

本来完璧なはずである摂理ですが、
人間は判断力が乏しいので摂理を理解できません。

摂理をより深い段階で理解するためには
一定の進化の段階まで到達することが必要なようです。


シルバーバーチは、ひたすら人のためを心掛けた生活を送ることが摂理に沿う生き方、
としています。

ヨガ行者は、自分のために真剣に真理を求め「解脱」することに人生を費やします。
非生産的なんですが、、意思のコントロールや自己鍛錬力が ずば抜けているからこそ
とんでもない修行ができるのでしょう。これがヨガ行者の摂理です。

ヨガ修行者が書いた本を読んでみると、一見素晴らしいようですが、
ものすごく利己的だと思います。

私はシルバーバーチが説く摂理のほうが正しいと思います。

恩返し

2014-10-19 00:35:53 | ボランティア
「人生において、自分が役に立つということほど大きな喜びはありません。」
『シルバーバーチの霊訓1』

近所にバイオリンを習っているお子さんがおりまして、
近所なので、時々練習している音が聴こえてくるのですが

「シの音にフラットがない!」
「リズムが違う!」
「音が多い!」

きっとバイオリンの先生も指導なさっているのでしょうが
本人があまり楽譜を読めないのでしょう。


そこで、うちの生徒と友達をセットにして、
私がソルフェージュを教えることにしました。
勿論 2人とも無料です。

昔、私のピアノの先生が、同じことをしてくれました。
先生の娘さんと私が同級生だったので、一緒にピアノとソルフェージュなどの楽典を面倒見てくれたのです。
おかげで私は音楽の道に進むことができ、ピアノ講師としてやっていけてます。

週に一度のレッスンですが、
最初の頃は、喧嘩で生徒のほうががボイコットしたりでギクシャクしていました。
最近、やっと軌道に乗ってきたかな。

今はとても嬉しそうで、吸収力が素晴らしいです。
2人の人生に少しでも役に立てば良いと思います。

これは、私の恩返しです。

人の心を占えない理由

2014-10-15 18:00:26 | 占い
霊的真理に比べたら物質界のいかなる貴重品も安ピカものです。これから何千年も先まで生きられてから地上生活を振り返ってごらんになると、地上で欲しくてしかたがなかったものよりも、地上で得た知識、地上で身につけた叡知の方がはるかに大切であることがお分かりになります。    
『シルバーバーチの霊訓12』

私がネットの掲示板で依頼を受けた内容のほぼ半数が

「相手は自分のことをどう思っているか」でした。

脈があったら告白するけど・・・ってことです。
 
タロットは人の深層心理をリーディングすることが得意な占術です。
正に恋の悩み相談にうってつけ。

しかし、シルバーバーチを読んでいくうちに、リーディングに抵抗を覚えるようになってきました。
依頼者はとても喜んでお礼を言って下さいますが、
何かが霊的真理からずれている・・・。

結局 相手の心も相手の行動も、相手ただ一人の問題であること。
だから、相手の心を知る必要がないのではないか。

そう思い出したのです。

相手次第で自分が告白するというのは、相手のことを思っているようで、自分本位の考え方です。

相手を幸せにする思いがあるなら告白すれば良い。
それで、上手くいくかどうかはあまり霊的向上には寄与しなくて
どういう気持ちで好きになったか、告白したか、という動機が全てだと思います。

結果振られても、相手の幸せを祈って諦めることができたら
人間として立派になります。占って告白しないより価値あります。

そんなこんなで占いをやめました。

先日里帰りしたら、近所の人に「占って~」と言われて焦りました。

本当に恥ずかしいなあ・・・過去って・・もう

感謝感謝って・・うるさい!

2014-10-07 17:03:51 | 日記
人間の霊的解放の仕事にたずさわる者は試練と挑戦を受けなくてはなりません。それが霊的発達の不可欠の要素なのです。それ以外に方法がないのです。いずれ霊界へ来られて地上時代を振り返ってごらんになれば、苦しい体験ほど大切な意義を持っていたことを知って神に感謝なさることでしょう。『シルバーバーチの霊訓10』
 
相談者のご主人は浮気ばかりで家に中々帰ってきません。
当然お金も家に入れてくれません。よくわからない借金もちらほら。


生活に困り果てて、ご主人の実家に泣きついたら、お姑さんから
「あんたが息子を立てずに息子を蔑ろにするからこうなったのよ。息子にまだまだ感謝がたりんのよ。」

感謝感謝とご主人に感謝していたらノイローゼ気味になってしまったそうです。

かわいそうに・・。感謝とは自発的に湧き出る思いです。
同情してしまいます。

オポノポノっていうのが昔流行りましたっけ。
あれは内省的にならざるを得ない刑務所で行ったからこそ
結果を出せたのだと思います。
普通でやっても効果なしより害のほうが大きいかなあ・・・。
自分の感情に蓋をする行為だから。

シルバーバーチは感謝は大霊に捧げるように、と必ず言っております。

自己の存在や霊的学びや 進歩、向上を用意して下さり、試練に立ち向かえる強さと応援を与えてくれる神に感謝して、そうして、自分が心からありがたいと思える事や人に感謝する。

これだと、ストレスが溜まらないです。


友人には「感謝より諦めと寛容の精神だと思う。」と言いました。

きっとご主人、浮気は深い心の病気だから・・・。

神さんのお告げ

2014-10-01 19:37:58 | 拝み屋Mちゃん
「正常な人間であるかぎり、言いかえれば精神的・知的に異常または病的でないかぎり、自分の思考と行動を監視する、絶対に誤ることのない装置が内蔵されております。いわゆる道義心です。考えること、口にすること、行うことを正しく導く不変の指標です。それがいかなる問題、いかなる悩みに対しても、そのつど自動的に、直感的に、そして躊躇なく、あなたの判断が正しいか間違っているかを告げます。それを人間は、時として揉み消し、時として言い訳や屁理屈で片付けようとします。が、真の自我はちゃんと分かっているのです」
『シルバーバーチの霊訓7』



霊能力者の友人Mちゃんが
「『神さん』が信じられんくなったわ~」
と嘆いています。

彼女のお師匠さんが、「家族を捨てて修行せよ!」とのお告げを受けたそうで・・・・
そのお師匠さんの亭主は髪結い亭主だそうで、離婚してもどうってことないらしく
お師匠さんもお告げに従って離婚する気持ちになっているとのこと。

「でもね、小さいお子さんもいるし、いくら何でも家族捨てるのはあんまりだと思うの。
それに、呼び出す『神さん』によってお告げが違うことがあるの。」

やっと気がついたみたいです。
Mちゃんが『神さん』といって呼び出しているのは、死んだ人間の霊ですよ。
しかも地上をウロウロしている低級霊です。

「それは肉体だけ捨てて霊になった人間のお告げだから、
思ったこと言いたい放題なんじゃない」
と私が言うと、すごく納得してくれました。

彼女がすぐに霊的真理を理解するとは思えませんが、
でも、間違ったことに疑問を感じるということは洗脳されていないってことです。

彼女のお師匠さんに対するわずかな疑問がやがて大きく膨れて、
霊的真理を理解する下地が出来上がりそうな気がします。