ココロのストレッチしませんか?

あなたらしさを見つけ、はぐくみ、楽しむために

ココロのストレッチ-感謝をこめて(リンク先)

2009-12-30 20:57:41 | 日記
 こんにちは! 

お世話になった方々との、今年の貴重なできごとや出会い。   
人とのつながりが、背中を押してくれました。
 たくさんの人が私を支えてくれています・・
 退職のあいさつをする中、 
 気持ちを新たにしました。
みなさんに感謝の気持ちを込めて・・です。 


◇◇◇今後もつながりは大切にしていきたい会社の友人やみんなに。
限りない感謝をこめて。  
 色紙や、エール、素敵な宝物をありがとう。 


◇◇◇この半年、あったかく声を掛けていただきながら
一緒に走ってくださった福岡のTaoコーチ
 http://ningen.yoka-yoka.jp/

 サラリーマンにはなかなかマネのできないスケールを感じます。
 コーチはゴミ箱、とも。
 婚活セミナーも楽しみ~。   
 

◇◇◇あるときは、鏡を見るように感じた Iコーチ
情熱あふれる熱血社長でもある、素敵な方です。  

 ■BLOG~今のあなたで大丈夫!~■
  曇りのちはれ。ときどきエッセー「きっと上手くいく」
  http://blog.livedoor.jp/kyoko_i/


◇◇◇工学部女子同窓会で一緒だった「わいんさん」
勤めをやめた後、友人とパソコン教室を開いているそう。
 http://miestar.269g.net/

 着実な歩みと、芯の強さを感じます。
 これから、もう少し一緒に何かできるかな・・
 (私が、教えてもらうばかりかも?)

 彼女のブログに紹介いただき、何人かの方がココにも来て下さいました。

そう、これから、もっとネットワークを広げたいと思っています。 

変化を楽しむ自分を信じて。
 たとえ試練が待っていようとも。。

◇◇◇そして、大切な家族。
 1年半後には自分たちで稼げるようになる2人の子供。
  ちょっと距離をおきながらでも、いつもつながっていたい。
  コーチングのクライアントにもなってくれた息子。
  バイトが忙しすぎて、ちょっと余裕のない娘。
   でも、本当に成長しました。(親は年をとるわけよね・・・)
 
 20年間、子供の世話や家のこと、義母にも心から感謝。
  勤め続けられたのは、義母のおかげ・・  ありがと。

 そして、変わらぬ軸で私を支えてくれる夫。
  この頃、2人で旅行に行ったりもして楽しみつつ。
  

読んで下さった皆様への感謝もこめて。 2010年も、素敵な1年でありますように。


ココロのストレッチ。 トライしてみませんか??  

何かココロに引っ掛かった方、コメントもらえたら嬉しいです。
  メールアドレスはこちら :bestmatchingproduce@mail.goo.ne.jp 

(今日の写真は、黄色のジュリアン。自分を元気づけたかったのか、黄色い花の写真、多かったですね。実はジュリアンは、長男の出産で入院中、ダンナが病室に持ってきてくれた思い出の花なんです・・・)

 

 
 
 


コメント (2)

私の花育日記 12月の庭-春を待つ・・・

2009-12-26 00:04:02 | 日記
こんにちは!
すっかり、冬支度。朝、草花の葉が少し凍ってかたまっている感じ。
 もうじき、私の住む千葉でも、霜が降りる季節。

まだ、庭には、秋の名残のような花がちらほら咲いているけれど。

 赤のランタナ、地植えのウィンターコスモス、バラ、シコンノボタン。

でも基本的には、パンジー、ビオラ、ストック以外は、さみしい印象。

11月に植えたパンジー、ビオラは、約半年の間、目を楽しませてくれる。
 苗を植える時には、チューリップの球根を隠しながら。
  4月頃、チューリップが間に顔を出してくれたら・・と心待ち。

 ビオラの色とりどりの苗は、100円くらいで、お得な気分になれる。

 ブランド苗は、高いけれどそれなりにきれい。花も多いし。
 会社の周りのコンテナには、虹色スミレ リカちゃんシリーズの種類を植えました。  
  家にも植えたかったけど、もう、お店に無くなっちゃってた。
  リカちゃんシリーズの苗は結構オススメ。
   値段は3倍くらいするけれど、株は大きくなるし。

花ガラ摘みが結構大変だけれど、
私は、小花がたくさんつく、ビオラが大好き!!

ちょっと変わりダネのパンジーももちろん素敵。

     


葉ボタンと一緒に植え込んで。冬の庭をひととき楽しませてくれる花たち。

マラソンランナーの高橋尚子さんがどこかに書いていましたっけ。
「花の咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ。
 やがて、大きな花が咲く」        

植物が育ちやすい環境づくり。
大輪の花が咲くには、それなりの準備が必要。
冬の前にしっかり根を張った株は、丈夫に春に向かって育つんです。
 それは、ヒトに対しても同じことが言えるはず。

花を愛でるゆとりを持ちながら、気持ちもリフレッシュ。  

ためしに、ココロのストレッチ。興味のある方は、コメントくださいね。
  メールアドレスはこちら :bestmatchingproduce@mail.goo.ne.jp 







コメント

ココロのストレッチ-「じぶん会社」考えてみると・・?

2009-12-22 00:10:25 | 日記
こんにちは! 

24年近く勤めた会社を辞めることがオープンになってから1カ月、
色々な方から
 「どうして?」   「もったいない・・」
 「いつ頃から考えてたの?」
 「何が決め手になったの?」
と、質問をいただきました。  

私自身は、「どうしてそんなにびっくりされるんだろう?」
とちょっと不思議にも感じ・・・。

 もちろん、それなりに仕事もしてきたつもり。
 このままでも、ある程度のやりがいと収入のある仕事、
 定年まで保障されていたと思います。
 (もちろん、リストラとかのリスクはあるけれど・・)

でも、「じぶん会社」の経営者として考えたとき
これから、どう舵取りするか、何に価値を置くのか
結構考えました。                 

SWOT分析(強み、弱み、機会、脅威の4つを考える)、
リソースの棚卸(自分にできることや経験)、
自分の価値観、
考えられるリスク・・・

 できることと、やりたいこと
 自分にとっての、重要度と緊急度

限りあるじぶんを、いってみれば「経営資源」とみたら?

 ・ 安定志向でいきたい?
 ・ チャレンジしたい?

会社を辞めたとして、「失うもの」は?
 それは、絶対にかけがえのないものかしら?   

自問自答しながら、
私のコーチとも一緒に、将来を模索していました。

私は、「新しいことにチャレンジするのが好き」
「収入以外には、失うものはあんまりないかも」
「このまま、チャンスをロスすることの方が自分にとってマイナス」

 そう考えたら、じぶん会社の方向性は決まって行きました。  

でも、友人たちと話をする中、
「今のままの方がいい」という選択をする方が
やっぱり多かったのも事実。

”日本の雇用システムは、社外に目を向けにくいようになっている”
と、先日読んだ内館牧子さんの本
「夢を叶える夢を見た」にも書いてありました。  

「リスク」をとるかどうかの選択は、もちろんその人次第。
でも、一旦は、色々な視点で考えた上で決めたいですよね。
 そして、十分納得しての方向性なら、パワーもでるはず。  


これからの「じぶん会社」の方向性やビジョン、
考える時間、決して無駄にはならないと思っています。

一人では、ちょっと考えにくい。。。

そんな方へのサポートが少しでもできたらな、って思っています 

ためしに、ココロのストレッチ。興味のある方は、コメントくださいね。
  メールアドレスはこちら :bestmatchingproduce@mail.goo.ne.jp 

(今日の写真は、退職にあたり、仲間からもらった花束。クリスマスシーズンで、ヤドリギ、ポインセチアなど。それぞれの植物の自己主張が聞こえてくるようです)



コメント

ココロのストレッチ-自分にできること、自分のやりたいこと

2009-12-18 00:19:52 | 日記
こんにちは!
今日は、できることと、やりたいことについて、少しお話したいと思います。

工学部応用化学系修士卒、24歳で会社に入ってしばらくは、
自分が精一杯やることに一生懸命。
特に、あまり実績もないまま、入社3年目に結婚後、
ほぼ続けて2人の子供を出産した私。      

2人の子供を育てながら、なんとか与えられた仕事で
ベストを尽くそうとしていました。

当時は育児休業もなく、産休だけで出社、
2人目はフレックスタイムを使ってやりくりしていました。

自分の仕事や将来像について、よりはっきりと考えるようになったのは
子供が小学校4年くらいになった頃でしょうか。
手は、ずいぶんと掛らなくなり、かわりに「目をかける」ことが必要に。

 「私に何ができるんだろう?」
 「私は10年後に何をやっていたいんだろう?」 

日本人の感じる幸福度は、40歳ころをピークに、
後は下り坂と言われる一方、
アメリカ人では、徐々に上昇していくというデータもあるようです。 

 「今の仕事続けていて、ずっとわくわくしていられそう?」
 「もっと、人の役に立てることあるんじゃない?」  

自問自答を重ねます。

40代、実験事実を追求する研究部門から、
ヒトの研究とも言えるマーケティング部門に異動になったこともあり、
”ひと”への関心が高まっていった私。   

自分の子供が成長するにつれ、
 ”教育”分野にも、もっとできることがあるはず、
子供の可能性はもっと活かせるはず、と、もどかしく感じた私。 


 「何か私にできるなら・・」
   その想いは少しずつ、私の中にふくらんでいきました。

CDA(キャリアディベロプメントアドバイザー)の資格を持ち、
ジョブカフェでのお仕事もされているという前出のIさん。   
 「子供を育てながら、フルタイムで働き続けたあなただから、
  できることがあるはず」
  
    私にそう言ってくださいました。 

そう、私だからできること、そしてそれがやりたいことなら・・
  「やってみよう!!」 素直にそう思いました。         


あなたも、自分のやりたいことに取り組んでいらっしゃるでしょうか?

もし、何となく迷いがあるのなら・・・
ためしに、ココロのストレッチ。興味のある方は、コメントくださいね。
  メールアドレスはこちら :bestmatchingproduce@mail.goo.ne.jp  

(今日の写真は、夏に咲くランタナ。丈夫で育てやすく、色も七変化。なぜか今は赤一色になり、12月の庭をまだ片隅で彩っています)








コメント

ココロのストレッチ-10年ぶりの工学部女子同窓会

2009-12-14 01:07:43 | 日記
こんにちは!  
今日は、先週の同窓会の様子を少し・・  

10月に大学の応用化学系全体の同窓会があった後、
その時に子供のインフルエンザで急に参加できなくなったY子にも会おうと
再度4人で企画しました。

工学部の女性は少なかったので、化学系同期の女性は全部で4人。
そう、当時は、スキーに行ったり、Y子の家の持っていた八ケ岳の別荘に行ったりと、よく遊んだっけ。  

実は、それぞれの事情もあり、ここ10年くらい会っていなかったんだけど、
みんな変わってない。
 同窓会に行くとホントそう思う。「人って変わらない・・・」

もちろん、みんな紆余曲折を経て、すごく成長もしているんだけど、
学生時代の仲間と会うと、元の面が前面にでるのかな。

それぞれが子供を育てながら、一生懸命。  
 お互いに刺激を受け、励まされる感じ。 うん、元気をありがとう!

私以外の3人は、いずれも、平日はダンナ様とは別居状態。
 それぞれの会社も勤め始めた会社とは違っていて・・
 最近のM&Aの影響もあり、大学の先生になった人もいて。。

みんな、人生の変化を経験してる。
 もちろん、私だって、一つの会社の中だってそうだけど。
 でも、もっと変化を起こしてもいいかもね。 そう思えた。 

Mさんは、小学校4年生の娘を連れての参加。
この子が、真面目に「ママみたいになりたい」という発言。
 うーーーーん。 うちの子供は絶対に言わないな・・

彼女の会社から、地元の小学校の理科教室として出向いたり
子供にも、彼女の職場での様子が伝わっているらしい。
 親の働いている姿、確かに子供にも伝えたいかも。
  だって、こんなにみんな一生懸命・・

子供との信頼関係。
ずっと大切にしていたいことの一つ。
 うちも幸い、20歳の息子とも結構会話はできる。

自分の中で、大切にしたいことの優先順位。
 ライフステージで変わっていくけれど。
 家族の大切さ、再認識した集まりでした。  

そう、そして、
友人たちにも、より素敵な自己実現をしてほしい。  
 私にできることがあれば・・・


自分の未来、たまには、別の角度から眺めるのもあり。
ためしに、ココロのストレッチ。興味のある方は、コメントくださいね。
  メールアドレスはこちら :bestmatchingproduce@mail.goo.ne.jp 

(今日の写真は、会社のそばのイチョウの木。見た目はきれいだけど、この時期の落ち葉は実は大変・・。)




コメント