ココロのストレッチしませんか?

あなたらしさを見つけ、はぐくみ、楽しむために

ココロのストレッチ-笑顔が素敵!

2012-08-28 00:00:45 | 日記
こんにちは。
このところ続いた2つのプロフェッショナルの話題。 
どちらも、笑顔が素敵な58歳と60歳の女性。
 駅弁のプロ 三浦さんと、塩麹の浅利さん。 

その、他人に向ける笑顔がまぶしくて。
褒めて、励ますあたたかさと、笑顔の魅力で、
周りの人が明るくなれる。
 テレビを見ていても、表情の変化がわかるほどに。

新鮮な発見と、
熱い思いを込めて。
 私も、今、「技術者・研究者」のモチベーションアップ、
 キャリアプランニングに関わりたいと気持ちを高めています。

ある意味、
当たり前と思っていた技術者や研究者の世界に、
「世界を変える可能性」を再発見。

そして、
そのポテンシャルを生かしきれていない状況にも直面し、
私にも出来る何かを・・と切に願っているところ。

手探りからスタートだけれど、
私もいい笑顔で、語りかけたい。
 営業スマイルは苦手だけど、
 練習してみようかな。。(今更)

悔しいことや悲しいこともある。
でも、ニラの花のような飾らない、清楚な印象を与える私でいたい。

明日も、新しい出会いに期待して・・

 
コメント

ココロのストレッチ-Rikejo 増殖中?

2012-08-23 23:52:25 | 日記
こんにちは。
8月22日は川崎市男女共同参画センターイベントに参加、
そして 8月23日も、
大学の小中高生向けイベントによく参加下さっている方とランチ。

8月21日の日経夕刊にも、
Rikejoへの期待(?)の記事が掲載されていました。 

夏休みのこともあって、女子中高生夏の学校に続き、
小中高生とのこうした機会が多い8月になりました。

素直な小中学生、高校生、大学生に触れると、
気持ちが新たになります。  

最初は緊張していた表情に、
うれしそうに笑顔がほころぶとき。 

少しつまらなそうにしていた顔が、
真剣に聴き入る眼差しに変わるとき。

どこまで、直接の役に立てるのかわからないけれど、
少しずつ、実感は感じてる。
 小さな、草の根活動。

女子中高生夏の学校でも、
3人の学生さんからリクエストがあったそうで、
メンターとしても今年は関わる予定。

一歩ずつ、大事にしたいと思っています。
 Girls, be ambitious!
自分自身にも声かけしながら・・・

今日の写真は、花手毬。
 本当に、しぶといです・・
 この強さ、憧れちゃいます。


コメント

ココロのリフレッシュ - やんばるリバートレッキング体験

2012-08-19 21:38:57 | 日記
こんにちは。
実家の家族と一緒に、3泊の沖縄旅行をしてきました。
 今回のメインは、やんばるリバートレッキング。  
 (と言っても今回参加したのは、旦那さんと2人でした)

2時間ほどの体験でしたが、
川の流れを満喫!
 童心に戻って、飛び込んだり、川に浮かんだりと遊んじゃいました。

本当は、子供が小さいときに一緒に遊べるとよかったんだろうな。。。
シニア夫婦のイベントしても良かったですけど、
参加者は、やっぱり子供連れが多かったですね。

でも、滝の下の轟音、
水しぶきの中の虹、
水大好きな私としては、満足の時間でした。

リバートレッキング以外にも、
妹家族と一緒に、
備瀬の海でシュノーケリングや、
ウッパマビーチでのバナナボートも
意外に楽しんじゃいました。
 日に焼けた足が・・痛くてお風呂に入れない。。
 (若くないのに・・ね)

山をじっくり楽しんだりもいいけど、
たまには、童心に戻ってのこんな経験も、
やっぱりリフレッシュ。 

闘病中の父母とも合流して、
つかの間の、夏の休暇を過ごしました。
(先生と相談して、抗がん剤投与は1回お休み。。)

明日からは、仕事復帰! 





 

 リバートレッキングの写真は、ガイドのお兄さんが撮ってくれた写真です。


コメント

ココロのストレッチ-Girs, be ambitions!

2012-08-13 22:51:37 | 日記
こんにちは。ちょっと曇っていたり風もあったりするけど、
相変わらず暑いですね・・お元気にお過ごしでしょうか?  

先週は、オープンキャンパスに続いて、8/9,10の2日間
女子中高生夏の学校に企画委員として参加してきました。

今年で8回目になるイベント、
180名ほどの応募者から選ばれた120名強の中高生と保護者、教員が参加。

2泊3日で、埼玉の国立女性教育会館に合宿形式で集まります。 

ここで、本当にすごいのは、大学生のTAたち。
ピンクのTシャツに彩り鮮やかなマジックで絵をかいて、
3日間、先輩として、中高生のお世話をします。  
 自主的な活動を繰り広げてくれる、頼りになる大学生。

この伝統が、受け継がれているところが素敵。
数年前に参加した中高生が、
今度はメンターとしてTAの役割を果たしに戻ってきてくれます。

私たちは、企業経験者として、
キャリア講演や、保護者・教員向けプログラムを担当。
「理系に行って、就職はあるの?」
「結婚や出産は?」
といった、現場からすると、意外な質問も沢山あったりして。
 でも、現実を伝える人がいなければ、情報はあふれていても届かない。

筑波大学の渡辺先生が紹介してくださったデータで、
高校1年生が30歳になったときに、研究職である自分を想像できるか?
という質問への回答。
 世界の平均は 25%なのに、日本は8%しかいない。

こんなに、面白い世界なのに。。
 とっても残念な気がしました。

だからこそ、もっと「ワクワクできる体験」をしてほしい。
そのためにできること、少しずつ積み重ねるしか今はないけれど。

ちょっとずつ、メッセージも発信。
  ”Girs, be ambitions!”
 少年よ、大志を抱け! の女性版。
 あちこちで・・折を見て・・

Rikejoに、もっと輝いてほしいと思っています。
 もちろん、男性もですけど。
来年も、予定しますので、
周りに中3以上の対象者がいらしたら、お伝えくださいませ。


今日の写真も、再び登場のコクテイル。
 私の大好きな、バラ。だいぶ成長してきました。
コメント

ココロのストレッチ-オープンキャンパスの余韻

2012-08-08 23:47:11 | 日記
こんにちは。
今日はちょっと過ごしやすいですが、昨日も暑かった・・
その暑い中、全国から高校生が参加するオープンキャンパスが昨日ありました。

高校生との対話に、
大学生は、元気をもらったり、むしろ元気を吸い取られちゃった人も。。
 いずれにせよ、高校生に刺激を受けたってことですよね。

それってある意味すごい。。

気概のある、高校生と、
向かい合う大学生・大学院生。

研究も、もちろん、いつも順風満帆とはいかない。
 そんなときも、素直に感激してくれる高校生に触れると
 ぐっと、モチベーションが上がるそう。

他人とのつながりの中で、
そんな相互作用があちこちに生じる場所。
 大学の魅力はそんなところにもあるんだと思えました。

そして、昨日感激したのは、
原子力関連の模擬講義。

45分間の講義の後、質問が止まらないんです。
 30分ほどは、全体の200人くらいの参加学生も残って参加。
そろそろ・・あとは個別に。という先生の言葉に
また10人ほどの高校生が並びました。

先生も、最後の講義だったので、次を気にされずに、
一人一人に丁寧に相手をしてくださいました。

最後の一人になる頃、すでに、講義後1時間ほど経っていました。

最後の高校生は、大きなリュックを抱えた、
京都から来た高校生。
 本当に熱心に質問をして、最後に、
 「絶対に合格して、ここに来ます!」と宣言。

 先生も、「待ってるよ!」と笑顔で。

終わられてから、熱心な対応に、私からもお礼をしました。
先生曰く
「息子と同年代。他人事と思えなかった」
「心ある高校生に、むしろ自分が勇気をもらった」
その、先生の言葉に、わたしも思わず感激・・(うるっ)

私も、元気のおすそ分けをもらいました。

今日も、その余韻が・・・

今日の写真は、ハイビスカス・フラミンゴ。
 夏の花ですね。
 毎年、次々咲いてくれるんです。
コメント