ココロのストレッチしませんか?

あなたらしさを見つけ、はぐくみ、楽しむために

ハピネス戦略 - 原点は立ち合い出産

2018-09-20 23:49:30 | 日記

こんにちは。外に洗濯物が干しにくい日が続きます。

 

今日は、今週月曜日に開催した

日本女性技術者フォーラムのイベント

第13回メンタリングサロン「LIFESHIFTの時代 - ワーク&ライフ 私たちの場合」

での気付きを共有したいと思います。

 

男女が共にお互いを尊重し、しなやかにワーク&ライフを組み立てている2組のご夫婦に

話題提供いただき、

20名ほどの人数で、濃い時間を過ごしました。

 御二組ともとっても素敵。

 

男性4人でグループをつくり、ざっくばらんに話していただく時間も作りました。

そこで会話を聞いていた私の気づきは、「まず立ち合い出産から始まる」ということ。

 

どうしても、日本では、男性にとって育児は他人事の域をでない印象。

 どう、夫に関わってもらうのか、悩んでいる女性が多いことも事実。

 だからこそ、まず、はじまりの時、あの壮絶な修羅場を共有してもらうこと、

  そこからスタート。

 

”手伝い”ではなく、ともに関わる大事な家庭のこと。

立ち合い出産を経て、生命の尊さにも触れ、生まれた小さな命を大切に育む。

 

お互いの立場に立って、思いやる気持ちを大切に。

共感性の大事さも痛感しました。

 

わが身を振り返り、改めて、日々を想う機会となりました。

 皆さん、ありがとうございました。

 

今日の写真は、駅前のコンテナに咲くマツバボタン。

もう終わりだと思うのですが、ここのところの雨模様でかえってきれいになったのかも。

 思わずカメラに収めたのでした。

コメント

ハピネス戦略-八ッ場ダム見学

2018-09-13 23:52:14 | 日記

こんにちは、今週11日は女性技術士の会の見学会にお邪魔しました。

八ッ場ダムの工事現場、

清水建設の達人の説明で、一般のツアーよりもぐっと踏み込んだ見学をさせていただき、

本当にありがとうございました。

 圧巻のスケールでした。

 

1年後には水に沈んでしまう地域、

1mずつ、重ねてコンクリートを作る地道な作業。

 

このダムが、本当に必要なのかどうか、という議論の末に、今がある。

水の底に沈む地域に住んでいた人しか住めないという代替地。

工事のためにかかる費用よりも、移転やそれに伴う補償金の方がずっとかかるという現実も。

 

それでも、首都圏の河川の氾濫を防ぐためには、必要なのだと、

説明をきいて納得できた気がしました。

この数年の水害を思えば、

コントロールできるものなら自然の猛威への備えの必要性は増している。

 

人間の営みは、所詮自然の力の前には非力でしかない。

それでも一所懸命だし、

ダムを作る技術も進んでいることも実感しました。

 

やはり貴重な気付きとなった一日でした。

 ありがとうございました。

 

工事現場の写真は、不特定多数への公開NGということで、

ドライブインで食べた八ッ場ダムカレーの写真です。

まんなかがダムを模した仕切りです。

本当の食べ方はそのままご飯をすくってカレーの方へ。

最後までご飯の方にカレーが入らない、というのがうまくいったことになるのだとか。

 でも、混ぜて食べちゃいました。

 

草津温泉も近くにあります。

平日2回、休日5回の現地ツアーもあるそうです。

 スケールの大きさ、今しか見られない建設途中の様子、一見の価値ありと思います。

コメント

ハピネス戦略-手作りのレモネード

2018-09-07 00:43:53 | 日記

こんにちは。

台風や地震、猛暑も・・自然の力を改めて痛感するこの頃です。

 被災された方、一日も早い復興を祈ります。

 

今日のタイトルは、9月4日の朝日新聞生活面にあった内容です。

手作りレモネードの売上金を小児がんへの支援に寄付する活動があるそうです。

 

なぜレモネードかというと・・・

 

「人生がすっぱいレモンを与えるなら

   それで甘いレモネードをつくればいい」

という格言があるそうな。

 

決して恵まれた環境でなくても、

逆手にとって、プラスに利用することもできるってことですよね。

 

うまくいかないことも多いけれど、

でも、その場所で一所懸命に。

 

今日の写真は、毎年、こぼれた種から大きな株になっていくオシロイバナ。

風で倒れそうになりながら、夕方になると花開く。

 その力強さに、ちょっと引きつつも、あこがれます。

 

コメント

ハピネス戦略 - Kazoo凧揚げイベント&LIFESHIFT時代のパートナーシップ

2018-08-28 16:25:58 | 日記

こんにちは。

暑さがぶり返し、なかなかしんどい日が続きます。

でももうじき8月も終わり。。。

 夏の盛りを過ぎて、新しく9月からスタートする気持ちで。

 

またまたイベント紹介になってしまい恐縮ですが、

Make some noise を恐れない子供たちに向けて、

9月16日(日)午後、Kazooのものづくりイベントを再度開催します。

 よかったら、お子さんと一緒に遊びに来て下さいね。

イベントのご案内は、

 https://www.facebook.com/events/595246694205025/

シェア拡散にご協力いただけるとうれしいです。

 

そしてもう一つ、こちらもとても楽しみなJWEF(日本女性技術者フォーラム)の企画。

 (自分で企画したんですけど、話題提供してくださる方たちが素敵なんです!!)

私の頃の当たり前を今は軽々と乗り越えて、

自分たちらしい生き様を着実に歩んでいく30代のパートナーシップ。

話を聞いているだけでも、

ご夫婦のすがすがしい様子を拝見するだけでも、気持ちが前向きになれる気がします。

 

50代の私たちのカタイ頭を、がーんとしてもらえるかな。。。

人生100年時代、LIFESHIFTといわれる中で、

未来を創っていくのは、私たち。

 新しい視点も刺激もたくさんにもらって、また改めて一歩を踏み出したいですよね。

こちらのご案内もぜひどうぞ。

 http://jwef.jp/activity/setevt_20180813104702774073144675.html

 

昨日は、昨年の中高生夏の学校に参加してくれた高校生が

職業インタビューの夏休み課題で来てくれました。

そして、昨年の夏学の体験を大事そうに語ってくれました。

そんな機会を提供できたことに感謝です。

 

少しずつ、でも輪を広げていきたいと思っています。

ご一緒いただける方、それぞれの活動で、ぜひお目にかかりましょう!!

 

今日の写真は、母の好きだったトルコキキョウ。

清楚な姿も華やかな印象をもつ、素敵な花ですよね。

 (購入した切花で今回はごめんなさい。。)

 

コメント

ハピネス戦略-自分再発見体験講座 By ReSDA

2018-08-21 00:32:34 | 日記

こんにちは。

ここのところ夜は涼しくて眠りやすい、心地よい気温でうれしいです。

さて、若手エンカレッジ企画の後は、シニア層に向けた活動のご案内。

 

昨年のLIFESHIFTの勉強会からスタート、

自分を含めた50代以降のセカンドキャリア、

もっと充実した生活を楽しむためにどうすればいいのか、

自分の模索を含めて、何かできることをと思っています。

 

そんな中、参加した自分再発見講座をきっかけに、

企業人ではなく、大人の社会人を目指す

ReSDA NPOリライフ社会デザイン協会の活動に7月から理事として加わりました。

 

こちらの今年の看板事業として、

自分再発見体験講座 → 自分再発見講座 大人の「再起動編」

の講座を開催します。

 

目指しているのは、「ライザップ」のようにきっちりと成果を出す講座、だそうです。

興味のある方があれば、ぜひおすすめしたいです。

 良かったら、のぞきにきませんか?

 

今日の写真は、つくばでみかけた夾竹桃(だと思う)

 素敵な色合いで、思わず撮影してしまいました。

 建物の裏手に、ひっそり咲いていました。

 

コメント