安曇野ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

囃子 (ジャズ喫茶 東京都世田谷区北沢)

2018-09-20 20:25:12 | ジャズ喫茶

下北沢には、2~3回下車したことがありますが、レコード店に寄るためで、有名なジャズ喫茶の「マサコ」は訪れたことがありませんでした。マサコは閉店してしまったので、今回、その従業員だった方が営業されている「Jazzと喫茶 囃子(はやし)に立ち寄りました。明るい店内は、女性一人でも入りやすい雰囲気で、先客は女性お一人でした。

JBLのスピーカーから、ブルー・ミッチェル(tp)のフュージョン系のアルバムが明るめの音で流れていて、次にはウディ・ショー(tp)のライブ盤がかかりました。珈琲も美味しく、もう少しゆっくりしたかったのですが、日程が押していたので、次回、ゆっくりと訪れるつもりです。 

下北沢駅。小田急と京王と二つの路線が交わる駅です。

下北沢といば本多劇場です。

ビルの3階にあります。1階の階段の上り口を見つけるのに、ウロウロして時間がかかりました。

入口の方を撮ったもの。瀟洒な店内です。

スピーカーはトールボーイ型のJBLのもので、現代的なレスポンスのよさそうな音がしていました。

   

スピーカーの上にはアコーディオン。

カウンターの方向です。お店は縦に長く、カウンター席のちょうど反対側にスピーカーが設置されています。先客は女性の方でしたが、マスターも女性です。

椅子やテーブルが居心地のよいものです。

ブレンド珈琲をもらいました。カップが美しく、珈琲も美味しい。最近、東京のジャズ関連のお店は、おしなべて、飲食物に力を入れていますが、こちらもその好例だと思いました。

【Jazzと喫茶 囃子 はやし】

住所:東京都世田谷区北沢2-9-22  EIKOビル3F
電話:03- 5738-7107
営業:15:00~23:30(L.O.) 定休日:火・水 
ホームページ:jazz-kissa-hayasi

コメント

JUHA (ジャズ喫茶 東京都杉並区西荻)

2018-09-17 20:16:41 | ジャズ喫茶

先週、典型的なジャズ喫茶ではありませんが、ジャズも流れるお店「JUHA」(ユハ)に行ってきました。お店は、JR中央線西荻窪駅南口から歩いて5分ほどのところにあり、店名は、フィンランドのアキ・カウリスマヤ監督の映画名からきているそうです。

流れている音楽は、ジャズが中心でクラシックなどもかかりますが、当日は、ジューン・クリスティの歌声に耳を傾けることができました。トイレには、ジャズ喫茶等のマッチのコレクションが飾ってあり、一見の価値があります。 

看板

外観。パリやロンドンなどヨーロッパにあるような雰囲気の外観だと思いました。Since 2010とあり、既に7年以上営業を続けています、

店内。あとから二組女性のお客様が入ってきました。女性に人気のあるお店のようです。落ち着く空間です。

カウンター。

本棚には植草甚一全集がおいてあります。お好きなようです。

スピーカーは、お店の入り口を入ってすぐ左手にあります。

   

三菱DIATONE製のスピーカーです。

ブレンドとチーズケーキのセットを注文。

器も良いし、味もよいコーヒーでした。「Juha Romance Music」というロゴ入りです。

レコードプレイヤーとジャケットがカウンターの上に置いてあります。ジューン・クリスティ(vo)とスタン・ケントン(p)の「duet」(capitol)がかかりました。その前に流れていたのは、グレン・グールドの弾くバッハです。そちらもお店の雰囲気にぴったりでした。 

トイレ内に飾ってあるマッチコレクション。懐かしい名前も見えます。

ジャズ喫茶ばかりでなく、名曲喫茶などのものもありました。僕が入ったことのあるお店は、吉祥寺の「MEG」、渋谷の名曲喫茶「ライオン」、京都の「Blue Note」だけです。

【JUHA】

住所:東京都杉並区西荻南2丁目25−4
電話:050-3562-0658 
ホームページ:juha-coffee.com

コメント

JAZZ FLASH (ジャズ喫茶 新潟市)

2018-09-11 20:11:26 | ジャズ喫茶

新潟市内のジャズ喫茶巡り3軒目は「Jazz FLASH」(ジャズ・フラッシュ)です。今回訪れた「Swan」、「A7」、「Jazz FLASH」は、3軒とも古町界隈にあって、回るのに便利でした。Jaaa FLASHの店内には、ステージもあり、外観から想像するよりも広い空間でした。

現在、月に10回程度のライブを開催していて、マスターはライブに力を入れているようです。オーディオ機器も凝っていて、スピーカーは、Vitavox CN-191 Corner Hornで、初めて見るものでした。マスターと少し話をしましたが、昼の午後2時から営業をしていて、長野市からもお客様が行っているようです。

外観

   

入り口

店内。奥にグランドピアやドラムセットが置かれています。

オーディオ装置は次の通り(お店のホームページからの転載です)

スピーカー:Vitavox CN-191 Corner Horn
パワー・アンプ:COPLAND CTA504  プリ・アンプ:Accuphase C-28
ターンテーブル:TEAC TN-400  アーム:SME 3012 カートリッジ:DENON DL-103
CD プレイヤー:SONY CDP-557ESD

左側のスピーカー。真ん中のほかに壁に沿ってテーブルが設置されています。

カウンター

エルヴィン・ジョーンズ(ds)の写真が飾ってありました。

奥の方には、ジョン・コルトレーンの写真がありました。

スイングジャーナルが多数保存されています。

ライブの案内。ピアノの高島田さんの演奏は聴いたことがあります。

シェリー・マン(ds)のアルバム(CD)がかかりました。

ホテルへ戻り寝るだけなので、ビールとチーズをもらいました。

【Jazz FLASH(ジャズフラッシュ)】

住所:新潟県新潟市中央区東堀通五番町440 小林ビル1階
電話:025-224-4518
営業時間:14:00~01:00  定休日:火曜日
ホームページ:jazzflash

コメント

A7 (ジャズ喫茶 新潟市)

2018-09-06 20:07:42 | ジャズ喫茶

新潟ジャズ喫茶巡りの二軒目は、A7です。スピーカーのアルテックA7から店名を採ったのかなと推察しながら店内に入ると、やはりスピーカーはA7でした。こちらのお店の最大の特徴は、かかる音楽がほとんどヴォーカルだということです。CDをかけていましたが、アンプは真空管を使っているとのことで、柔らかめなよい音がでていました。

ドリス・デイ、ジョー・スタッフォード、さらにはパット・ブーンのアルバムがかかり、じっくりと耳を傾けることができました。帰りがけに、お店に住んでいるオーナー(猫)も登場して見送っていただきました。

広い通りに面しています。

このビルの二階がA7です。

   

入口のあたりから左方向。

入口を入って右方向。ピアノが置いてあり、ライブも行っています。

カウンター。喫茶というよりバーといった方がより相応しいのかもしれません。

奥にスピーカーなど。テレビでは、音声なしでアジア大会の模様を実況中継中でした。

   

ALTECのスピーカー。大きいです。

壁には、ハンク・モブレイの絵やジュリー・ロンドンのレコードジャケットが飾ってありました。

珈琲。結構美味しくいただきました。マッチが雰囲気出しています。

コースター。いただいてきました。

ドリス・デイ「day by day」がかかりました。全収録曲の半分くらいで、次のジョー・スタッフォードのものに替えていました。レコードでいえば片面分でしょう。15,000枚のレコード・CDがあり、そのうちヴォーカルは3,000枚だそうです。

パット・ブーンのスタンダード集。ソフトな歌声は、バラードに合っています。このアルバムは初めて聴きました。

お店のオーナー「清正」さん。カウンター内の下の方にいたのですが、出てきてくれてカウンターに座り、こちらに目を配っています。

【Jazz & Coffee A7】

住所:新潟県新潟市中央区西掘前通3-724 丸屋ビル2F
電話:025-224-9610
営業時間:18:00~24:00  定休日:日曜日
ホームページ:jazz_a7

コメント

SWAN (ジャズ喫茶 新潟市)

2018-09-03 20:16:06 | ジャズ喫茶

8月30日(木)に新潟市に宿泊した際、3軒のジャズ喫茶を回りましたが、泊まったホテルから近いSWAN(スワン)にまず行きました。扉を開けると、暗めで落ち着ける空間に比較的大きめの音量で、JBLのスピーカーが鳴っていました。店内にはグランドピアノが置かれ、ライブも催しています。

壁にはデューク・エリントンのサイン入り色紙やビル・エヴァンス・トリオのサイン入り色紙が飾ってあり、半世紀以上(1964年開店)続くお店の歴史を物語っていました。もの静かで親切なマスターが、訪問予定のA7とJAZZ FLASHの場所を地図に書き込んでくれました。 

外観

入口

店内。入り口に近いところから撮影。

カウンター席もあります。

ピアノとドラムスが置かれていて、ライブも盛んにやっているようです。

「modern jazz & coffee SWAN」という表示がいかにもジャズ喫茶らしくて、嬉しいものでした。

   

スピーカーは、JBL 4341。お店のオーディオ装置については、ホームページに詳しい記載があるので、そちらをご覧ください。

ライブのお知らせが貼ってありました。

デューク・エリントンのサイン。昭和39年6月16日に発生した新潟地震の直後に来日し、日本公演中だったエリントンは、新潟の惨状を聞き、ハワイ公演をキャンセルし、同年7月8日に東京・厚生年金ホールで「新潟地震救済資金募集・特別コンサート」を開催、収益金をすべて新潟市に贈りました。市は感謝の意を込めて、2年後の昭和41年5月、エリントンが再来日した際に「国際親善名誉市民」の称号を贈りましたが、その時に新潟でのコンサートを約束して、3度目の来日で実現。その際のサインだと思います。(新潟ジャズストリートのホームページを参考にしました。)

ビル・エヴァンス、エディ・ゴメス、マーティ・モレロのサイン。

当日かかったCD。平賀マリカ(歌)の伴奏は、The Duke Ellington Otchestra。

レモンスカッシュをいただきました。

【SWAN(喫茶スワン)】

住所:新潟市中央区西堀通り4
電話:025-223-4349
営業:ライブのない平日はam10:00~pm10:00  定休日:水曜日

ホームページ:jazzswan

コメント (2)