jazz and freedom and avenger

勝手気ままな戯事日記 暇つぶしに・・・・

名古屋・JRゲートタワー

2017-04-27 | 日記・エッセイ・コラム

17日にフル・オープンしたJRゲートタワーに行ってきました。

JRゲートタワーは、オフィス、商業施設、レストラン街、ホテルなどが入居する、46階建て、約220mの高層複合ビルです。上層の商業施設ではビッグカメラ、ユニクロの大型ショップが入っています。

正面のモニュメントの向う側のビルで、左がJRセントラルタワーズ、右はこちらも一足先に全面オープンしたJPタワー・名古屋(KITTEが入っている)ですね。それぞれ連絡通路で繋がり回遊性も良いです。

  

 

当り前ですが、大混雑してます。中でもタレントの梨花さんがプロデュースする2階の婦人服・雑貨店「メゾン ド リーファー」にはずっと長い行列ができていました。15Fには日本一高い所にあるスタバ、これも話題ですね。

ちょっとアングルを変え、右がほぼ一年前にオープンした大名古屋ビルヂングです。

 

 

目当ての一つは「酢重ダイニング」、昨年末、東京へ行った際、たまたま入った新丸の内ビルの店が気に入り、オープンを楽しみにしていました。

 

 

他の店は行列ばかりですが、ここは家族連れや学生さん達にはやや向いていないので比較的スムーズに。

 

 

やはり、お酒が飲みたくなる雰囲気なので、ビールと吟醸酒を。12Fから外を眺めながらの一杯は格別ですね。もう、一杯、と思ったらカミさんに窘められました。分かり難いですが名古屋城も見え、夜景も良さそうですね。

 

 

 レストラン街で、東海3県の地酒の販売・試飲会のイベントが開催されていました。

 

 

 ゴールデン期間中、交代で出店されるそうなので、また、来ようかな。

 

 

兎に角、凄い人波に圧倒されますね。つい釣られてビッグ・カメラでゴルフ・バッグを。

ゴールデン・ウィークの駅前はどうなるでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダントツの名演 ‘Satin Doll’ ・・・・・ OSCAR PETERSON / THE WAY I REALLY PLAY

2017-04-21 | ジャズ

 

 

 

エリントン・ナンバーで最も知られ、人気がある曲と言えば、多分、「サテン・ドール」ではないでしょうか。

ピアノ・トリオで一番好きな演奏がO・ピーターソンの本盤。

テーマを微妙にフェイクしながら、タメを利かしに利かし、寄せては引き、引いては寄せる波の如く聴き手の関心を一瞬たりとも離さず、徐々にクライマックスに追い込み、余韻を残しながらエンディングに入るくストーリー、本当にニクイなぁ。

9分を越す長い演奏で、まるでオーケストラでも聴いているような錯覚に陥る。 お見事!

一人大きな拍手を送る人は、恐らくMPS社長ブルナーシュワーでしょう。

続く、‘Love Is Here To Stay’もこれまた素晴らしい。メロディ・ラインが凄く美しい。

 

他では、ガーランドの‘AT THE PRELUDE'が有名ですが、少し前のスタジオ録音がこの’SATIN DOLL’。

長らく「お蔵入り」のままでしたが、後年、同じセッション未発表2曲と‘AT THE PULERUD'の未発表曲2曲と共にリリースされた。こちらも9分を越し、お馴染みのガーランド節が楽しめます。ただ、ちょっと間延び気味かな。

 

                        

 

こちらは晩年期パウエルの人気作、‘IN PARIS’

テーマ処理がややまとも過ぎかな?それより背後のセンスのないドラミングが煩わしく、パウエルの良さがかき消されている。どうしてこんなにドスン、ドタンと叩くのだろう。その上、リム・ショットまで放たれては。

本作では‘I Can't Get Started’が絶品ですね。

「言い出しかねて」は大きな誤訳と言われるが、パウエルの手に掛かると「大名訳」に。

盛りは過ぎたと言えども、その気品高さに「お手上げ」です。触れると壊れそうな儚さに言葉が詰り、自分だけと思うけれどパウエルの「凄み」を憶える。

 

  

 

話を戻すと、

「偉大なる大衆作家」と有難いような有り難くないような称号を受けたピーターソンだけれど、本作の「サテン・ドール」に、モダン・ピアノのだれ一人、足元にも・・・・・・・・・・・・・

パウエルとは真逆かもしれないが、ピーターソンの「凄み」も本物ですね。        

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

思わぬ好天に ・・・・・ 蓼科高原ゴルフ・ツアー

2017-04-19 | ゴルフ

17(月)~18(火)に掛けて、蓼科高原へ。

天気予報は芳しくなく、標高もありそこそこの風雨の覚悟をしていましたが、幸いにも夜間だけ雨が降り、二日ともラウンド中は想定外の好天に恵まれました。

二日目は初夏を思わせるほどの快晴。

一日目は鹿島南蓼科G・C。典型的な林間コースでフェア・ウェイが狭く感じ、ちょっと苦手なコース。

最近ドライバーが絶不調なのでティ・ショットは5Wを多用しましたが、全く効果なし、しかも早々、4番ショートでOBを出しトリプル。ここから一気に崩れ48・49の97。

このコースは割とフラットで距離もそれほど無く、一人はハーフ38を出している。自分は相性が良くないですね。

 

二日目は蓼科高原C・C。

距離も、アップ・ダウンもあり、なかなかタフですが、景色が良く好きなコース。

眼前に豪快な残雪の八ヶ岳連峰が、遠くには南アルプス・甲斐駒ケ岳の白く光る秀麗な山容が広がり、ロケーションは最高ですね。

画質が良くありませんが、実際はホント、素晴らしいです。

 

 

ここは、兎に角、前に前に打って行かないとグリーンは遠い。

腹を括ってドライバーを。どこがどう変わったのか分からないが、今までの不調がウソのように急に当たり出し、久し振りに44・46の90。

これを契機に不調から脱出できるといいのですが・・・・・・・・・・・

 

 

鹿島南蓼科G・Cと蓼科高原C・C、全く正反対のコースですね。 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

一期一会 ・・・・・・・ PAUL DESMOND with MJQ

2017-04-14 | ジャズ

 

 

ジャズ・アルバムにしては日本風「侘び寂び」?カヴァのせいか、あまり表に出てこない一枚。

1971年12月25日、NYのタウンホールでクリスマス・コンサートとしてデスモンドとMJQが初めて共演した歴史的ライブものなのに。

この国内盤カヴァ、何処となく下の無地部分が不自然ですね。ハッキリ言って、誰のなんというレコードか大変、分かり辛いです。米国FINESSE原盤にはデスモンドとMJQメンバーの写真が入っている(ちょっとダサイけど)。

おそらく国内リリースする上でいろいろ事情があったのでしょう、日本語ライナー・ノーツも「MJQ・ウィズ・ポール・デスモンド」でカヴァと逆になっている。

 

それは兎も角、DBQ在団中のデスモンドとルイス(MJQ)は互いに共演を熱望しながら、ビジネス上の「縛り」から叶わず、デスモンドがDBQを辞し、フリーになってようやく実現したという。

ルイスが自費で録音し、しかも10年後にリリースされた貴重な音源です。

内容はオーディエンスの「リスペクト」の念に満ちた熱く誠実な反応が全てを物語っている。

‘You Go To My Head’は同曲の名ヴァージョンの一つに挙げられ、全員が共演の喜びをストーレートに表す‘East Of The Sun’、何と素晴らしい演奏なのでしょうか。デスモンドを語る上でこのヴィヴィッドなプレイは決して外せない。

1977年、デスモンドはこの世を去る。享年52、「稀代」のスタイリストだった。

「音」はやや薄く、残響音も多目ですが、このステージの価値を何ら損なうものではありません。

 

「最初で最後」、このいぶし銀が放つ光は歴代の名盤たちと比べ、些かも鈍いものではありません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Splendour in the grass ・・・・・ 草原の輝き

2017-04-03 | ジャズ

            What though the radiance which was once so bright

           Be now for ever taken from my sight,

           Though nothing can bring back the hour

           Of splendour in the grass, of glory in the flower;

           We will grieve not, rather find

           Strength in what remains behind;

 

 

高校時代、文化祭で一本の洋画が上映された。

 

ナタリー・ウッドとウォーレン・ベイティ(ビューティ)主演の「草原の輝き」。

同じハイスクール時代を背景に、時にはリアリスティクに、時にはワーズワースの詩を織り交ぜながら、大人達に翻弄された二人の過酷とも思える青春、人生模様を描いたこの映画に脳天をぶち抜かれた。

それまで映画と言えば娯楽ものとばかり思っていたけれど、人に感動、感銘も与えるものだ、と初めて知った。

精神的に立ち直ったウッドが、土と汗にまみれるかっての恋人、ベイティに会いに行くラスト・シーンは映画史上、最高の一つでしょう。

 

全く関係はないけれど、このカヴァを見ると、いつも、‘Splendour in the grass’、そしてナタリーを思い出す。

ホント、綺麗でしたね。

 

GRAND ENCOUNTER  2°EAST-3°WEST (WORLD PACIFIC PJ 1217)

 

長年、この盤はオリジナルと思い込んでいましたが、ある時、ネットでこのカヴァが少し違う事に気が付いた。オリジナルはPERCY HEATHの下にPACIFIC JAZZ 1217が刷られている。

一時、WORLD FACIFICに変更していた時に再発されたものです。No.は同じですがラベルにはTWO DEGREES ・・・・・・・・・・・・、バック・カヴァも2°EAST - 3°WESTと。オリジナルはどうなんでしょう?

「大いなる邂逅」と訳されていますが、内容とカヴァ、タイトル、全然、マッチしていないなぁ(笑)。でもいい作品です。

「音」がいい、というより好きな「音」。ややエコーを掛け円やかで芯があり、「古き佳き時代」を彷彿させます。

TOP曲でルイスのpの後、パーキンスのtsがすっと入る辺り、ゾクゾクっとします。畢生の名ソロですね。

‘Love Me or Leave Me’、なるほど。またラスト・シーンを思い出してしまう。

 

 

                  かって眩しいほど煌めいた栄光も

                  今や目の前から永遠に消え去り

                  光り輝く草原、華麗に咲く花、もうあの頃は戻ってこないけれど 

                  嘆き悲しむより、見い出そう

                  残されたものに「力強さ」を

 

もうセンスがないなぁ(涙)。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

LENNY McBROWNE / AND THE 4 SOULS & EASTERN LIGHTS ・・・ 山椒は小粒でもぴりりと ・・・・・

2017-03-24 | ジャズ

 

前回UPした‘ALL MEMBERS / DON SLEET ’のライナー・ノーツ(by IRA GITLER)によると、スリートはL・McBROWNEが率いる‘AND THE 4 SOULS’のメンバーとしてレコーディングしている。

「当たるも八卦、当たらぬも八卦」で、次の狙いの一つが決まった。

1stアルバム‘AND THE 4 SOULS’(PJ-1)、1960年1、3月録音。

 

 

‘ALL MEMBERS’と同じ「地下室」であっさりと。

カヴァにスレはほとんどなく、底割れがあったけれどノリで充分補修できる程度で、盤質はパーフェクト。まだこの頃は、P・Jの完コレを目指すコレクター、W・コースト・ジャズファン以外、あまり見向きもしなかったのでしょう、トントンされ底割れしているのが何よりの証拠で値段も想定内でした。

ちょっと味なアレンジが施されている点、W・コーストらしさが感じられるもののバリバリのE・コースト系のハード・パップ。

音」がイイ。 Engineeringは‘ Dino b.Lappas’と記載され、鋭いスリートのtpがビシビシ迫ってきます。H・ランドを若くしたようなD・ジャクソンのts、pはやや硬目でボリュームあるH・ルイスのb、兎に角、ゴリッとしたアウトプット感が満点。

McBROWNEは「小型M・ローチ」と異名と取るほどの正統派で、親分、M・ローチが日本であまり人気が無い?せいなのでしょうか、ほとんど話題に登りませんが、さすが律儀に決めてくる。

話が横道に逸れますが、以前、日本公演でローチの格調高い芸術的なドラミングに「この人、やっぱり本物や!凄い!」と聴き惚れました。レコードだけで決め付けるのは危険ですね。

なお、このオリジナル盤は後になって巷で「極めてRARE」と噂になったようです。 

 

 

先週末、ぶらっと中古店へ

ずっと縁が無かった2ndアルバム‘EASTERN LIGHTS’(RLP346)にやっと。

コンディションはカヴァも盤も超美品!しかも納得が行くプライス。人気が無いのですね。

 

 

bがH・ルイスからJ・ボンドに替わった本作もスーツ姿通り、ビシッと決まっている。一流イースト・コースト派ハード・バップも顔負けです。

録音は1960年10月、西海岸屈指の名手WALLY HEIDER。タイト過ぎるモノラル音は本作にピリリ感を更に与え、リーダーの統率力が見事に発揮されている。

全8曲中、7曲がD・JACKSONのオリジナル(編曲は全て)で占め、一曲だけスタンダードの‘Like Someone In Love’を気持良く吹き綴るスリートのtpを聴くと、叶わぬ夢ですが、この人のスタンダード集を聴きたくなりますね。

 

 

‘ALL MEMBERS’に出会ってから、30年を越す歳月が・・・・・・・

DON SLEET、僅か3枚の道は完結したが、なんだか逆に寂しいね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

渋谷・「地下室」のメロディ ・・・・・ ALL MEMBERS / DON SLEET

2017-03-20 | ジャズ

 

 

「富士そば」の角を曲がる時、いつも「今日は開いているかな?」と不安になる。三、四回に一度は臨時休業、又は、所用でオープンは午後〇時から、とプレートが掛かっていた。ま、マスター一人で切り回しているのでタイミングが悪かった、と諦めるしかない。でも、開いていた時は、妙にテンションがハイに。

 

ある日、転げ落ちそうな階段を降り始めると、今まで耳にしたことが無い音色とフレージングのtpが流れてきた。誰だろう、一瞬、B・ミッチェルかな?と思ったが、チョット違う・・・・・・・・・・

‘Secret Love’だった。続いて‘Softly As ・・・・・’が。tpがリーダーでJ・ヒースとケリーは解ったけれど、いくら頭を巡らしてもtpはサッパリ解らない。

マスターがレコードを納める時、カヴァを横目でチラッと。 今のようにネットからの情報はなく、どうしてこの盤の存在を知ったのか、記憶は無いが、狙っていたブツだった。因みに「幻の名盤読本」にも取り上げられていなかった。

まだ、あまり注目されずSTEREO盤だったためか、NMでも懐の心配は要らなかった。

カッティング・レベルはやや低いもののパワーを入れると音が豹変する。エンジニア・RAY FOWLERの特徴の一つです。

 

格上のサイドに囲まれ、無名のスリートのtpは線は細いけれど、何とかリーダー・シップとオリジナリティを出そうと一生懸命、工夫している。好感が持て、‘But Beautiful’を聴くうちにだんだん応援したくなりますね。

ベスト・トラックはラストの‘The Hearing’、モード色と仄かなエスニックな香り、そしてサスペンス・タッチが交錯するC・ジョーダンの隠れ名曲。ケリーのバックでJ・コブのリム・ショットが入る辺り、勝手に手足が踊りだす。

 

スリートも「ヤク」に溺れたそうで、リーダー作はこの一枚で終わってしまった。残念です。

 

 

 

遥か昔の思い出の一ページ。 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

THE SOUND OF SONNY / SONNY ROLLINS ・・・・・ 本当は「鋼」のように・・・

2017-03-11 | ジャズ

 

 

何を演っても名演、ずらりと名盤が行列を成すロリンズの1957年。

その中でまるで埋もれ木のようで、孤独な一枚。

人気者S・クラークの東海岸進出の初陣とキャッチコピーがいくら煽っても虚しく響くばかり。他の傑作に目が行って後廻しのままかもしれない。

以前から気になる事が。

何年か前、あるジャズ専門誌に載った評。評者が購入したCD(デジタルK2マスタリング)が「ジャズの音にしてはおとなしい。もし、RVGだったら良かったのに」とぼやき、冴えない音で聴いた評はややネガティブに書かれていた。まさかこの評だけで「孤独」の存在になったとは思わないけれど、問題は、そうした正規の国内CDが流通している(いた)事実。それと、残念なのは、「音」に不審を持ち、本当の音を確認する努力を怠った事、プロならば、そこまで突っ込んで欲しい。また、RVGが全てではありません。ちょっときつい言い方になってしまったが、そうしないと誤った風評が流れてしまい、本人、リスナーにプラスにならないと思う。

 

所有する盤はセカンドorサード・プレスのモノラル盤(オリジナルはホワイト・ラベル)。

「おとなしい」とは真逆の「鋼」のような硬質のロリンズのtsが鼓膜を突き破りそうで、クラークのpにしてもBNとは違い輪郭がハッキリした音となっている。ただ、bはややぼやけているが「全体の音」は実に混濁なく「優秀録音」ですね。オリジナルならbもしっかり出ているかも。

だから、たまたま、そのCDが拙かったと言えます。ただ、この時期のリバーサイドの録音はバラツキがあり、同じ録音でもMONOとSTEREOでは極端に違うケースがあるので要注意です。まさか、このCDがSTEREO・ヴァージョン、或いはMONOへミックス・ダウンしているとは考え難いですが・・・・・・・・・

 

 

 

この問題は言い出すとキリがないので、この辺で。

 

で、内容について「小唄もの」とか「鼻歌まじり」とかのコメントも見受けますが、そんな「柔」じゃありませんよ。恐らくこのCDを聴いた感想でしょう。

このブルー・ラベルのMONO盤の「音」を聴けば、他のts奏者が束になっても、逆立ちしても敵わない1957年のロリンズに圧倒される。

 

「嘘」と思うか、「信じる」か、機会があれば、一度試してみる価値はあります。聴き方、見方が変わります。

カヴァをちょっと観察すれば、自ずと・・・・・・・・・ タイトルは決して 嘘をついていない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MORE FROM THE VANGUARD / BILL EVANS ・・・・・ 一粒で二度美味しい

2017-03-04 | ジャズ

 

 

冴えないカヴァだけれど、コレがいいんだなぁ~

1984年リリースの国内盤。邦題は「不思議な国のアリス」。

中身は、1961年6月25日のあの‘VILLEAGE VANGUARD’ライブの未発表別テイク集。

‘Sunday At ・・・・・・・’と‘Waltz For Debby’の二枚を一度に聴いた気分になります。

曲目は、

A面 ー Alice In Wonderland 、 Detour Ahead 、 All Of You
B面 ー Gloria’s Step 、 My Romance 、 Jade Visions 、 Waltz For Debby

 

本番テイクと聴き比べるは野暮というもので、本作は曲の配列が抜群で落穂拾い臭は全くなく、独立した作品として充分価値があると思う。それだけ各テイクのクオリティが高いというワケ。

ラファロのオリジナル‘Jade Visions’は、こちらのテイクの方がエヴァンスのpが短いながらも素晴らしく自分は好きですね。

全体に、本番テイクに比べ、ややスィンギーと言えるかな? 秘かな愛聴盤です。

なお、‘The Village Vanguard Sessions’(MILESTONE 2枚組、1973年リリース)で既に日の目を見ているため、本作にも収録されなかった‘Porgy’は後に‘Waltz For Debby’のCDのボーナス・トラックで初めて聴きましたが、コレもいいですね。他の曲とちょっと雰囲気が異なるため本番から外されたと思いますが、音楽家としての「器」の大きさを感じます。秘めた愛を深々と語り綴るエヴァンスのpにころっと殺られる。

 

久し振りに後期エヴァンスの人気盤‘You Must Believe In Spring’を。

エヴァンスの最高傑作と言う人もいるけど、さぁ、どうかな?

 

 

 

煌びやかな音色とナイーブなタッチ、エヴァンス流リリシズム、確かに文句の付けようがありませんね。

でも、‘MORE FROM THE VANGUARD’、‘Porgy’を聴くと、エヴァンスが生前、何故、リリースを認めなかったか、その理由が何となく解ります。

 

エヴァンスにとって「あの日」は「特別な一日」ではあったけれど、「奇跡」では・・・・・・・・・

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

昔から苦手な一枚 ・・・・・ GNU HIGH / KENNY WHEELER

2017-02-27 | ジャズ

 

 

 

リリースされた当時、随分、好評を持って迎えられた作品(ECM)。

パーソネルは、

Kenny Wheeler(flugelhorn)  Keith Jarrett(p)  Dave Holland(b)  Jack DeJohnette(ds)

録音は、June 1975. NY

 

Kenny Wheelerの名は全く知らず、1970年のDB誌のクリティク・ポールで‘The Talent Deserving Wilder Recognition’、つまり新人賞?を、あのW・ショーと分けていた、と知り驚いた。

1930年生れ、遅咲きとでもいうのでしょうか。録音時は45歳。

現代音楽から前衛ジャズにも通ずるプレイと透明感あるフリューゲルホーンはECMのレーベル・キャラクターにピッタリ。しかも、リズム・セクションは当時の最先端の一つ、となれば・・・・・・・・・

 

リアルタイムで聴いた時から ・・・・・・・・・、再度、じっくり聴き直したが、やっぱり自分には合わないなぁ。

 

ウィーラーのフリューゲルホーンは、結構、HOTに鳴っているが、ソロの組み立て、展開が意外にパターン化され、途中からどれも同じように聴こえ、しかも音色自体が澄んでいるのでワン・ホーンでは表現力に限界が浮き出てしまう。

また、キースとのコミュニケーションを積極的に行っているとは思えず、キースは「じゃぁ、オレはオレで演るぜ」と言わんばかりに前のめり気味、サイドとしてはOBラインを超える局面も。

事前の打ち合わせ通りなのか、それとも自然の成り行きなのか、キースのソロ・スペースのほうが長く「主客転倒」している。ウィーラーのセッション・リーダーとしての自覚が充分でなかったかもしれませんね。いゃ~、演り始めて、「こりゃ、ものが違う」と思ったのかも。

あくまで勘ですが、ウィーラーもキースもこの企画に内心は気乗りしていなかったのでは。

演奏レベルは決して低くないけれど、やはり、tpのリードとpのアシストが噛み合わないと「tpワンホーンものは難しい」、という壁は超えられないと思う。

 

ま、「お前の耳はタコだ」と笑われるのは、覚悟の上ですが(笑)。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加