安曇野ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

岳泉会著「岳泉会のよくばり温泉マウンテン」(バイ インターナショナル)

2018-08-18 20:11:21 | 登山・ハイキング

近くの書店で「岳泉会のよくばり温泉マウンテン」(バイ インターナショナル)という面白そうな本を見つけたので購入して読んでみました。岳泉会(がくせんかい)とは、イラストレーターやコック(料理人)、ソフトウェアエンジニアという職業の女性3人、男性1人で結成した小さな山岳会のことです。

   

表紙。頂上を目指すだけでなく、その周辺もあわせて広く山を楽しもうという趣旨で活動していて、僕の趣味にもあっているので、参考になる記述がたくさんありました。目次は、裏表紙側の腰巻にもあったので、下記にコピーして掲載します。

東京から公共交通機関を使って出かけ、長野県から秋田県まで広いカバーを範囲していて、今後の山行の参考になります。特に気になったところを記します。

   

北八ヶ岳方面には、たまに行きますが、「本沢温泉」には行ったことがなく、どの山というよりも温泉目指して出かけるのも良さそうです。

この章では、雪渓を上って白馬岳へ登頂したのは特別なことだったという著者の気持ちが強く伝わってきました。「結成5周年祝い」ということもありますが、文章や写真に高揚感や達成感が溢れています。

最も興味を惹かれた章は、尾瀬ヶ原について記したものです。この素晴らしい虹がかかる光景は、滅多にみられるものではないようですが、群馬県の尾瀬には是非一度足を運んでみたいと考えています。

   

尾瀬は水が豊富で、山小屋にはお風呂、しかも温泉があるようです。温泉が尾瀬にあるということは、初めて知りました。

この本では、実際に使用している山道具やウェアを写真付きで紹介しています。山へ行きだすと、いろいろほしくなりますが、買い方やどういうものを買えばよいかわからないことも多いです。特に東京在住の方には具体的に参考になります。

4人で山岳会を作って、山へ行き始めたという点も、これから登山や高原に行こうと考えている方には参考になります。文章だけでなく、写真、イラストを使い多彩な表現をしていて、手にとりやすい本です。

コメント

白馬乗鞍岳・白馬大池登山(3)【ツガイケジェラート・岩岳の湯・出会った花】

2018-07-31 20:08:11 | 登山・ハイキング

白馬乗鞍岳・白馬大池登山の(3)です。当初、(2)までの予定だったのですが、花の写真などが多くなり3回に分けました。(3)は行程とほとんど関連しませんが、記載します。追記:Wさんに教えてもらい、花の名前を直しました(8月1日)

【行 程】

(往路)
(栂池高原駐車場 6:30 ~ ゴンドラ乗車 7:05 ~) 登山道入口 7:58 ~  銀嶺水 8:28 ~  天狗原 8:53ー9:06(休憩) ~ 雪渓手前 9:45ー10:00(おやつ休憩) ~ 白馬乗鞍岳山頂 10:17 ~ 白馬大池 10:55ー12:00(昼食・散策)

(復路)
白馬大池 12:01 ~ 白馬乗鞍岳山頂 12:27 ~ 天狗原 13:30ー13:35(休憩) ~ 銀嶺水 13:54 ~ 登山道入口 14:30 (~ 栂池ゴンドラ駅着 15:12)

(温泉) 岩岳の湯

ロープウェーとゴンドラを乗り継いで栂池高原駅に着きました。

栂池高原駅のチケット売場で、咲いている花の名前を掲載したチラシを購入。今年は花数も多く、お花の当たり年だそうです。上の部分だけコピーしました。

【ツガイケジェラート】 

ゴンドラリフトイブの栂池高原駅の足湯の隣にお店があります。

ホームページ:白馬観光開発の栂池エリアのページ

桃のジェラートをいただきましたが、絶品でした。味がしっかりとしている上に量も多くて最高。グルメな登山になりました。

駐車場の様子。タクシーを使っている方もいて、山小屋泊まりで白馬岳~小蓮華山~栂池と歩いている方も多そうでした。

【岩岳の湯】

住所:長野県北安曇郡白馬村北城西山12120
電話:0261-72-8304
ホームページ:iwatakenoyu

温泉は少し離れた岩岳の湯に行きました。栂池だと栂の湯がありますが、前に入ったことがあるので、岩岳の湯へ。

ミネラル分が濃厚なのが特徴で、お湯は湧き口では透明なのが、空気に触れて鉄分が酸化する影響で茶色です。すごく大きな浴槽ではなく、露天風呂もありませんが、湯加減もよく、疲れがとれたような気がして、いい温泉だと思いました。

 【出会った花】

ヒオウギアヤメでしょうか。 自然園近くの登山道脇

ワタスゲ 天狗原

タテヤマリンドウ 天狗原

モミジカラマツ 天狗原

不明。わかるかた教えてください。→ヒメシャジン 白馬大池周辺

チングルマ 白馬大池周辺 

チングルマ

ハクサンコザクラ 白馬大池周辺

シナノキンバイ ミヤマキンポウゲかも。この二つは区別がつきません。→ 小さな花なのでミヤマキンポウゲが正しい。 白馬大池周辺

ミヤマキンポウゲ ハクサンコザクラ

ハクサンコザクラ群落 白馬大池山荘から小蓮華山へ向かう登山道脇

チングルマ群落 白馬大池周辺いたるところ

イワイチョウの群落 白馬大池周辺

イワカガミ 白馬大池

シラネニンジン→葉の形がセリやウドに近いので違うのではないか。

チングルマとイワカガミのコラボ 

ミヤマアキノキリンソウ 白馬大池

ハクサンシャクナゲ 白馬大池

 トウヤクリンドウ 白馬乗鞍山頂付近。花の名前に間違いなければ、秋の花が早くも咲いていて驚きました。

モミジカラマツ 

オタカラコウ → キンコウカが正しい。

コメント (6)

白馬乗鞍岳、白馬大池登山(2) (標高 2,469m 長野県北安曇郡小谷村・新潟県糸魚川市)

2018-07-30 20:05:39 | 登山・ハイキング

白馬乗鞍岳、白馬大池登山の続きです。(2)では、白馬大池山荘での昼食、近辺の散策、下山の様子を記します。

【行 程】

(往路)
(栂池高原駐車場 6:30 ~ ゴンドラ乗車 7:05 ~) 登山道入口 7:58 ~  銀嶺水 8:28 ~  天狗原 8:53ー9:06(休憩) ~ 雪渓手前 9:45ー10:00(おやつ休憩) ~ 白馬乗鞍岳山頂 10:17 ~ 白馬大池 10:55ー12:00(昼食・散策)

(復路)
白馬大池 12:01 ~ 白馬乗鞍岳山頂 12:27 ~ 天狗原 13:30ー13:35(休憩) ~ 銀嶺水 13:54 ~ 登山道入口 14:30 (~ 栂池ゴンドラ駅着 15:12)

(温泉) 岩岳の湯

 【白馬大池山荘とその近辺散策】

白馬大池山荘の売店・食堂入口

白馬大池山荘全景

店内

レモネードが喉を潤してくれました。ビールやお茶、スポーツドリンクなども販売しています。

「肉うどん」。今シーズンからメニューに加わったようです。薄い塩味の味もよくて美味しく、量も多くて復路はこれだけでもちました。

小屋の前にあるテント場の様子です。

小屋から稜線の方に向かって散歩してみました。

右手に行くと蓮華温泉です。

登山道の周りは一面お花畑です。

 お花畑。チングルマ。

小蓮華山・白馬岳へと続く登山道をほんの少しだけ登ってみました。

日帰りなので、この先にいくのはやめて、白馬大池へ戻ります。

白馬岳方面からきた登山者もたくさんいて、山荘周辺は賑わっていました。

花、池、山と素晴らしい景色で、僕は初めてでしたが、白馬・小谷地域が人気が高いのが納得できました。

白馬大池山荘まで戻り、下山へ。

【白馬大池~栂池自然園登山口】

池のほとり。水に触ってみましたが、夏なので冷たくはありませんでした。

下山へ。

比較的短時間で、白馬乗鞍岳山頂に着きました。往路は写真を撮りっぱなしだったので、その分早かったのかもしれません。

雪渓のところでは、安全を考慮してロープを掴みながら下りました。午後になり雪も緩んでいました。

2番目の雪渓を下りてきたところです。傾斜があり、やはり雪が緩んでいたので、念のためロープを使いました。

天狗原

白馬岳神社の祠のアップ

銀嶺水

水が湧き出ています。

真ん中あたりにロープウェー乗り場が見えてきました。

登山道入口に到着。

(3)へ続きます。(3)では、ツガイケジェラート、岩岳の湯、出会った花について記します。

コメント

白馬乗鞍岳、白馬大池登山(1) (標高 2,469m 長野県北安曇郡小谷村・新潟県糸魚川市)

2018-07-29 20:05:02 | 登山・ハイキング

7月27日(金)に栂池高原自然園手前の登山道入口から白馬乗鞍岳(標高 2,469m)を経て白馬大池へIさんと行ってきました。台風の接近が予想されたので、予定を早めて夏季休暇をとり出かけましたが、白馬岳への登山ルートに当たるので、平日にもかかわらず賑やかで驚きました。

山岳景色や花の写真をかなり撮ったこともあり、歩行時間は、往路が2時間38分、復路が2時間24分で、約5時間でした。白馬大池山荘の「肉うどん」、栂池高原の「ツガイケジェラート」も美味しくて、よい夏休みの一日となりました。 

【行 程】

(往路)
(栂池高原駐車場 6:30 ~ ゴンドラ乗車 7:05 ~) 登山道入口 7:58 ~  銀嶺水 8:28 ~  天狗原 8:53ー9:06(休憩) ~ 雪渓手前 9:45ー10:00(おやつ休憩) ~ 白馬乗鞍岳山頂 10:17 ~ 白馬大池 10:55ー12:00(昼食・散策)

(復路)
白馬大池 12:01 ~ 白馬乗鞍岳山頂 12:27 ~ 天狗原 13:30ー13:35(休憩) ~ 銀嶺水 13:54 ~ 登山道入口 14:30 (~ 栂池ゴンドラ駅着 15:12)

栂池高原駐車場~自然園】

6時30分頃の駐車場。ゴンドラの運行は平日は7時からなので、空いています。

展望デッキから撮ったゴンドラ・イブの栂池高原駅。

乗車します

ゴンドラから。左から、白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳の白馬三山。

左手には、鹿島槍ヶ岳も。

栂池ロープウェイに乗り換え。

栂池高原自然園ビジターセンター前。右手に行くと登山口です。

ビジターセンター横からの展望。左端に小蓮華岳が見えています。

【登山道入口~天狗原分岐】

登山道入口。

登山者を数えるカウンターが設置されています。

道はよく整備されています。

左手には白馬の山並みが望めます。

天狗原までは歩きやすい道です。

銀嶺水。水が湧き出ています。

天狗原手前は比較的平らです。

少し雲がかかってきました。

雪が残っています

天狗原は木道が整備されています。

天狗原(てんぐっぱら)の標識。2,180mです。

休憩適地です。前方には白馬乗鞍岳。

木道がよく整備されています。

池塘があります。天狗原では花もたくさんありましたが、それは別にまとめました。

風吹大池との分岐。左へ進みます。

【天狗原分岐~白馬乗鞍岳山頂】

乗鞍岳まで70分と表示されています。

岩のゴロゴロした道になります。

混雑しています。

ロープも張られています。

トラバースする雪渓の手前まできました。

前回の天狗岳登山の際にデビューしたオスプレイのザックです。前回は写真を撮り忘れたので、記念に一枚。

おやつタイムは、セブンイレブンのアーモンドクロワッサン。Iさんはいつものどら焼きです。

踏み跡がしっかりあるので、往路はロープは使いませんでした。

雪渓をわたり、上部から。

短いですが、雪渓の上部は少し急です。

白馬乗鞍岳の山頂付近は平らです。

見えている山は、小蓮華岳の手前のピークだと思います。

白馬乗鞍岳山頂に到着。

【白馬乗鞍岳山頂~白馬大池】

ハイマツを左右に見ながら白馬大池に向けて進みます。

白馬大池

道は池に沿って続いています。

岩がゴロゴロしています。

大池の横に出てきました

雪解け水ですが、水は澄んでいます。

花の群落の中を行きます。

白馬大池到着 (標高2.379m)

(2)へ続きます。(2)では、白馬大池山荘の昼食と周辺散策、復路、出会った花、温泉について記す予定です。

コメント (2)

ニュウ、天狗岳登山(3)【高見石小屋~白駒池駐車場、出会った花、諏訪湖SA温泉】

2018-07-17 20:02:09 | 登山・ハイキング

ニュウ、天狗岳登山の(3)で、最終です。高見石小屋~白駒池駐車場までと、出会った花、温泉について記します。

【行 程】

白駒池駐車場 5:40 ~ ニュウへの分岐 6:02 ~ ニュウ 7:10ー7:35(休憩) ~  中山峠 8:39 ~  東天狗岳山頂 9:53ー10:00 ~ 西天狗岳山頂 10:26ー11:16(昼食休憩) ~ 東天狗岳 11:39 ~ 中山峠 12:48 ~ 中山展望台 13:26ー13:35(休憩) ~ 高見石小屋 14:45ー15:47(休憩、高見石見学) ~ 白駒池 16:21 ~ 駐車場 16:35

【高見石小屋~白駒池駐車場】

白駒池へ下りるルートをとりました。もう一つ、白駒池を経由せず駐車場の近くに至るルートもあり、そちらは上ったことがありました。

石が若干滑りやすいので注意しながら歩きました。

白駒池にでました。

白駒荘には結構多くの人がいました。

ボートに乗っているお客様も。

静かな湖畔。

苔の森にも太陽の光が届き、面白いコントラストになっていました。

駐車場に到着。どちらかに宿泊する人が多いのでしょうか、結構多くの台数が停まっていました。

【出会った花】

見晴らし台のところで撮影したものです。

ゴゼンタチバナ

これから咲くところでしょうか。多分、バイケイソウ。

イワツメクサ

シャクナゲ

ミヤマダイコンソウ?

ハイマツ地帯に咲いていたシャクナゲ

ハイマツ地帯に花が咲いていて、一段と鮮やかに見えました。

コケモモ

ミヤマダイコンソウ?

ウラジロタデ

ハクサンチドリ?

【ハイウェイ温泉諏訪湖(下り線)】

諏訪湖サービスエリア下り線にも温泉があります。上り線の方は入ったことがあるのですが、こちらは初めてでした。

お湯は上諏訪温泉から引いてきています。

諏訪湖

ハイウェイ温泉 諏訪湖。高速道上にもかかわらず、多数のお客様がいて驚きました。

【ハイウェイ温泉諏訪湖(下り線)】

電話:0266-53-2323
営業:10:00~21:30 (土日祝は、9:00~22:00)
ホームページ:諏訪湖SA(下り線)

コメント