安曇野ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

アート・ファーマー INTERACTION

2018-09-27 20:06:50 | トランペット・トロンボーン

安曇野市でよく利用するスーパー西友の果物のコーナーで、葡萄(ブドウ)をたくさん目にするようになりました。高値だった「シャインマスカット」や「ナガノパープル」にも値ごろ感が出ているように思えるので、多分出荷数量が多いのでしょう。こうした生食用のブドウの他に、長野県内では、最近ワイン用のブドウを栽培するところも増えてきているようです。「Wine and Roses」の入っているアルバム。 

ART FARMER (アート・ファーマー)
INTERACTION (ATLANTIC 1967年録音)

   

アート・ファーマー(tp,flh 1928~99年)のアトランティック・レーベルにおけるアルバムは4枚ありますが、フリューゲル・ホーンを用いて、静的でリリシズムを前面に出している演奏が多く、このアルバムを含めて3枚は、ジム・ホール(g)が共演していて、一層そのようなイメージを持ちます。

メンバーは、アート・ファーマー(flh)、ジム・ホール(g)、スティーヴ・スワロー(b)、ウォルター・パーキンス(ds)。ピアノ抜きで空間が大きく空いたところへジム・ホールの柔らかな音色が入ってきているのが特徴的で、ジム・ホールもリラックスしたプレイをしているように思えます。

曲は、スタンダードです。「Days of Wine and Roses」(酒とバラの日々)、「By Myself」、「My Little Suede Shoes」、「Embraceable You」、「My Kind Love」、「Sometime Ago」、「Loads of Love」の7曲。「Loads of Love」は、オリジナルLPには未収録だったものです。

久しぶりに聴き返してみましたが、フリューゲルホーンとギターの音色がマッチして、気持ちのよい音空間を形成しています。また、全体にテンポが遅めなので、曲のテーマやソロもしみじみとした抒情豊かなものになっています。ホール(g)の繊細なソロも素晴らしい「Days of Wine and Roses」やファーマー(flh)が音を選んだ美しいソロをとっている「Embraceable You」、哀愁を帯びた曲想が印象的な「Sometime Ago」と、じっくりと耳を傾けました。

【西友豊科店で販売していた葡萄など】

   

   

ぼけてしまいましたが、シャインマスカットは人気があるようです。

   

ひとつ購入しました。JA中野市(長野市の北側に位置する市の農協です)の出荷です。

   

ナガノパープルも皮ごと食べられ、種もありません。

   

ナイアガラは、塩尻市などこの近辺の特産と言っていいかと思います。子供のころ、ブドウと言ったらこの「ナイアガラ」でした。

   

長野県産の梨もたくさん入ってきていました。

コメント

マイルス・デイビス SOMEDAY MY PRINCE WILL COME

2018-07-28 20:05:01 | トランペット・トロンボーン

クラシック音楽情報誌「ぶらあぼ」の8月号の表紙は、「野外で楽しむクラシック音楽フェスティバル」の紹介です。9月23日に横浜赤レンガ倉庫特設会場で初めて行われ、スタンディングや飲食、0歳児からの入場OKなど、参加者が自由なスタイルで楽しめる音楽祭にするようです。こうした試みが、音楽に親しむきっかけとなればよいですね。親しみやすいアルバムです。

MILES DAVIS (マイルス・デイビス)
SOMEDAY MY PRINCE WILL COME (COLUMBIA 1961年録音)

   

マイルス・デイビス・グループから、ジョン・コルトレーンとキャノンボール・アダレイが退団して、ハンク・モブレイを入れたメンバーで録音したもの。ただ、コルトレーンを呼び寄せて2曲に起用していて、過渡期的な性格もあるアルバムになっています。日本盤のレコード、CDは持っていますが、今回、2eyesでオリジナルではありませんが、音のよいレコードを購入したので改めて聴いてみました。

メンバーは、マイルス・デイビス(tp)、ハンク・モブレイ(ts)、ウィントン・ケリー(p)、ポール・チェンバース(b)、ジミー・コブ(ds)、ジョン・コルトレーン(ts)。コルトレーンは、「Someday My Prince Will Come」と「Teo」に参加し、力強いソロを吹いています。

曲は、「Someday My Prince Will Come」、「Old Folks」、「I Thought About You」という3曲のスタンダードと、マイルス・デイビス作の「Pfrancing」、「Drad-Dog」、「Teo」の3曲で全6曲。マイルスの作った「Pfrancing」は、ハードバップ~ファンキーな曲で、こういう曲調のものも作って演奏するのかと、驚いた記憶があります。

マイルスのミュートをかけたトランペットで演じられる「Someday My Prince Will Come」や「Old Folks」の醸し出すリリシズムの魅力は語りつくされているところですが、オープンで吹く「Pfrancing」も気持ちがよく大好きなトラックです。今回、USA製のレコードを聴いて衝撃を受けたのは、ウィントン・ケリー(p)の音色の素晴らしさで、音に厚みがあり気品さえ漂っているように思いました。大手のコロンビアレコードの録音、制作は流石というほかありません。

【ぶらあぼ 2018年8月号】

   

「ぶらあぼ」8月号の表紙。横浜赤レンガ倉庫特設会場で、「Stand Up」クラシックと名付けて、従来の演奏会とは異なる形式で行われるようです。

   

ぶらあお8月号の目次。インタビューや全国の公演情報などが掲載されていて、面白く便利です。

   

ぶらあぼにあったNHK交響楽団がJAZZを演奏する演奏会のPR。よく見ると、後半の曲目はラテン関係で、ジャズではありませんが、バーンスタインやガ―シュインの曲は、ジャズファンも楽しめそうです。

   

レナード・バーンスタインがニューヨークフィルハーモニーを指揮して自作を録音した7枚組CDの一枚目は、キャンディード序曲やウェスト・サイド・ストーリーなどが収録されています。ニューヨークフィルもスイングしているように聴こえ、ベニー・グッドマン(cl)と共演した曲もあり興味を惹かれました。少なくとも一枚目はかなり面白いと思います。

コメント (2)

ブルー・ミッチェル BRING IT HOME TO ME

2018-07-11 20:02:11 | トランペット・トロンボーン

近所のセブンイレブンに寄ったら、雑誌「男の隠れ家」の別冊「夏、山へ。2018」があったので購入しました。メインは、槍ヶ岳登山ですが、尾瀬や針の木岳についても特集されています。パラパラと読んで、今回惹かれたのは、「尾瀬を行く」で、唄は知っていてもまだ尾瀬には出かけたことがないので、秋でもよいので一度訪れてみたいと考え始めました。一度聴いたら、手放せなくなったアルバム。

BLUE MITCHELL (ブルー・ミッチェル)
BRING IT HOME TO ME (Blue Note  1966年録音)

    

ブルー・ミッチェル(1930~79年)は贔屓のトランぺッターで、ブルーノートレーベルの「The Thing to Do」など1960年代前半のものも聴いていましたが、彼はファンク・フュージョン系の演奏も行ったので、その直前の66年録音のこのアルバムには興味を持てませんでした。しかし、たまたまレコードを入手したところ、まずまずよくて、愛聴盤になり、国内盤CDも購入しました。

メンバーは、ブルー・ミッチェル(tp)、ジュニア・クック(ts)、ハロルド・メイバーン(p)、ジーン・テイラー(b)、ビリー・ヒギンズ(ds)。ミッチェルとクックはいいコンビですが、このアルバムではクック(ts)のソロもたくさん聴けて、双頭バンドといってもよいくらいです。

曲は、ジャズ・オリジナルです。ジミー・ヒース作「Bring It Home To Me」と「Ginger Bread Boy」、ブルー・ミッチェル作「Blues 3 For 1」と「Blues's Theme」、トム・マッキントッシュ作「Port Rico Rock」、スタンダードの「Portrait Of Jennie」の6曲。ジミー・ヒース作の2曲の演奏がとりわけ注目されます。

このアルバムは、国内盤レコードが発売されなかったのではないかと思います。渋いメンバーで、演奏もおおらかなところがあって緩いと考えられたのかもしれません。しかし、メイバーン(p)、テイラー(b)、ヒギンズ(ds)の繰り出すリズムに乗って演じられるジャズロックの「Bring It Home To Me」や「Ginger Bread Boy」、バラード「Portrait of Jennie」、ハードバップ路線の「Blue's Theme」とミッチェル(tp)、クック(ts)、メイバーン(p)のプレイが大いに楽しめます。

【USA盤のレコードも聴きました】

   

   

ステレオ盤で、RVGの刻印が盤面にあります。

 【男の隠れ家 夏、山へ。2018】

   

表紙

   

目次。内容が充実しています。

   

上高地から槍ヶ岳に一度上ったことがあります。

   

上高地の記事も。

   

針ノ木岳も一度行ければいいなと考えています。

   

針ノ木小屋が手前に見えます。

   

尾瀬をのんびりと歩くのもよさそうです。ただ、長野からだと日帰りは難しそうなので、どちらかに泊まることも検討しなくてはいけないかもしれません。

   

尾瀬の周りの山もよさそうです。

コメント (4)

カイ・ウィンディング THE INCREDIBLE KAI WINDING TROMBONES

2018-04-29 20:03:07 | トランペット・トロンボーン

通勤途中の歩道の横にある植栽に、「ライラック」(リラ)が植えてあるのを見つけました。どちらかというと北国で育てる花で、札幌では「ライラックまつり」が行われるなどポピュラーですが、長野市近辺では見かけないので、写メを撮りました。ライラックの花言葉は、「青春の思い出」や「友情」ですが、紫色だと「恋の芽生え」や「初恋」 だそうです。「Love Walked In」(忍び寄る恋)が収録されているアルバム。

KAI WINDING (カイ・ウィンディング)
THE INCREDIBLE KAI WINDING TROMBONES (IMPULSE  1960年録音)

     

トロンボーン奏者のカイ・ウィンディング(1922~1983年)は、ジェイ・ジェイ・ジョンソンとのトロンボーン・デュオチーム、通称J&Kで名声を博しましたが、どうしてもジェイ・ジェイの影に隠れている印象がありました。1956年にチームを解散してからは、4本のトロンボーンを入れた自己のグループを結成して67年までそのチームで活動し、その成果の一つがこのアルバムです。

メンバーは、カイ・ウィンディング(tb)、ジョニー・メスナ―(tb)、ジミー・ネッパ―(tb)、ロス・トンプキンス(p)、ビル・エヴァンス(p)、ボブ・クランショー(b)、ロン・カーター(b)、Al Deldini(ds)、Sticks Evans(ds)など。二つのセッションからなっていて、3曲にビル・エヴァンスが参加しているのが注目されます。さらに、コンガのOlatunjiが「Speak Low」と「Mangos」に参加して妙技を披露しています。、

「Love Walked In」は、ジョージとアイラのガ―シュイン兄弟によって映画「ゴールドウィン・フォリーズ」(1938年)のために作られた曲。器楽では、オスカー・ピーターソン(p)やソニー・クラーク(p)をはじめ多くの録音がありますが、本アルバムのものも快演。「Speak Low」、「Lil Darlin'」、「Doodlin'」、「Love Walked In」、「Mangos」、「Black Coffee」、「Bye, Bye, Blackbird」というスタンダードに、カイ・ウィンディングの自作の「Impulse」、「Michie(Slow)」、「Michie(Fast)」の全10曲。

4本のトロンボーンアンサンブルとカイ・ウィンディングの柔軟なソロが楽しめる快作。「Speak Low」は、Olatunjiのコンガでリズミカルにスタートし、そのコンガが入ったままトロンボーンのアンサンブルによりメロディが演奏されて気持ちがよく、ウィンディングの豪快なソロに加えOlatunjiのコンガソロと、エキゾチックさもあり、ベストトラックでしょう。バラードの「Love Walked In」では、ウィンディング(tb)がヴィブラートをかけた温かな音色でソロをとっています。ラテンタッチの「Mangos」は楽しく、「Bye, Bye, Blackbird」では、ビル・エヴァンス(p)も登場。

【レコードで聴きました】

   

オリジナル盤ではないので、低価格でした。ジャケットはビニールコーティングで、盤はRVGの刻印入りです。結構いい音質で聴けました。

【ライラック(リラ)の花】

   

歩道の脇に植えられていました。

   

スマホによる撮影でアップが充分ではありませんが、雰囲気だけでも。

   

   

こちらはハナミズキだろうと思います。街路樹に多く目につき、長野市内もすっかり春になっています。

以下は翌々日の朝、コンデジで撮影した画像です。

歩道の脇の植栽

ライラック。雨と風で、花が散ってしまい、少ししか残っていませんでした。

コメント

ジョニー・コールズ LITTLE JOHNNY C

2018-04-01 10:02:13 | トランペット・トロンボーン

今日から新年度(平成30年度)が始まりました。昨年度は、町内会の役員として、公園や町内の清掃、子供神輿運営を中心としたお祭り、防犯の担当を行い、加えて各種会議出席や飲会の設営など、休日に時間を割くことも多く、慌ただしい一年でした。本年度も役員として残りますが、仕事は軽くなります。事務の引継ぎと宴会を近所の中華料理店「悟空」で行いましたが、この一年で知り合いも増えたし、よい経験でした。経験豊富なミュージシャン。

JOHNNY COLES (ジョニー・コールズ) 
LITLE JOHNNY C (Blue Note 1963年録音)

    

ジョニー・コールズ(1926~1998)は、どんな編成でも実力を発揮する優れたトランぺッターで、結構好きなのですが、拙ブログで取り上げるのは初めてです。僕がコールズの名前を初めて覚えたのは、ギル・エヴァンスの「Out of The Cool」(Impulse)における演奏を聴いてのことでしたが、実力が買われて、多くのバンドに参加しています。コールズのリーダー作では「The Warm Sound」(Epic)もお気に入りですが、今回はブルーノート盤を聴いてみました。

メンバーは、ジョニー・コールズ(tp)、レオ・ライト(as)、ジョー・ヘンダーソン(ts)、デューク・ピアソン(p)、ボブ・クランショー(b)、ウォルター・パーキンス(ds)、ピート・ラロッカ(ds)。ブルーノートレーベルではお馴染みのメンバーですが、デューク・ピアソンの推薦によりコールズの録音が実現し、しかも収録曲6曲中5曲をピアソンが提供しています。

曲は、デューク・ピアソン作の「Little Johnny C」、「Jano」、「My Secret Passion」、「Heavy Legs」、「So Sweet My Little Girl」の5曲に、ジョー・ヘンダーソン作「Hobo Joe」の全6曲。全てを参加ミュージシャンのオリジナルで固めるというのも思い切った選曲です。それだけ、ピアソンが信頼を得ていたということで、アルバムづくりをかなり任せられていのでしょう。

勢いのあるセッションで、全員が力強く演奏して爽やかな作品です。最初の「Little Johnny C」は、ウォルター・パーキンスの弾けるドラムで始まりますが、デューク・ピアソン(p)のウィントン・ケリーのプレイを想い起すようなイントロからテーマを経てレオ・ライト(as)の激情的なソロ、そしてジョニー・コールズ(tp)の余裕を感じさせるプレイと、この1曲だけでも堪能できます。「Hobo Joe」はジャズロックと4ビートが交錯する曲でかっこよく、作者のジョー・ヘンダーソン(ts)自身もソロをとっています。「So Sweet My Little Girl」はバラードで、コールズとともにピアソンのソロが美しい。ピアソンの作編曲能力も存分に発揮された作品です。

【町内会役員の事務引継ぎ会場の「悟空」】

3ページだけですが、引継書も作りました。表題部分だけ掲載。

 

これは別の日に夕食に立ち寄った際に撮ったものです。当日は引継ぎ事務のあと宴会があり、かなり飲み過ぎました。

外観。町の中華料理店という趣です。

店内。右手奥に個室があって宴会ができるようになっています。宴会は結構盛り上がりました。

注文は、タブレットを使って行うようになっています。

サラダは食べ放題で自分でとってきます。野菜の高値が続いている時に、レタスを出しているのは立派です。

ホイコーロー定食を頼みました。

 豚肉とキャベツのアップ

【悟空】

住所:長野県長野市 大字栗田76-7
電話:026-226-5911
ホームページ:家族亭 悟空 (食べログのページです)

コメント (2)