安曇野ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

コニー・エヴィンソン I HAVE DREAMED

2018-07-18 20:04:54 | ヴォーカル(A~D)

先日、久しぶりにファミリーレストランのデニーズに寄りました。お目当ては桃のデザートで、「桃のミニパルフェ」を注文して、美味しくいただきました。デザート類はカロリー高めなので、控えるようにはしているのですが、暑い夏にアイスクリームとともに味わう熟した桃の魅力には抵抗できません。贔屓の歌手の魅力溢れるアルバムを聴きました。

CONNIE EVINGSON (コニー・エヴィンソン)
I HAVE DREAMED (MINNEHAHA 1995年録音)

   

コニー・エヴィンソンについては、声の質が好みなのに加え、音程や発声が良いので、折に触れてはCDを購入してきました。拙ブログではこれまで4回取り上げて、今回で5枚目のアルバムになりますが、これは、彼女の初アルバムに当たり、ブロードウェイ・ミュージカルの曲を歌ったものです。

伴奏メンバーは、彼女が拠点としているミネソタ州のミュージシャンが起用されています。サンフォード・ムーア(p)、Severin Behnen(p)、Terry Burns(b)、Joy Young(b)、Phil Hey(ds)、Joe Pulice(ds)、Joan Griffith(g)、Jerry Rubino(cello)、Dave Karr(as,ts,Cl,Fl)、Kathy Jensen(as,ts)、Dave Jensen(tp,Flh)、Sob Hallgrimson(tp)、Peter Enblom(tb)などで、曲により編成を変えています。

曲はミュージカル・ナンバーです。「Show Me」、「Get Me to the Church on Time」、「Lazy Afternoon」、「Getting to Know」、「I've Grown Accustomed to His Face」、「Oh, What a Beautiful Morning」、「Wouldn't it be Loverly?」、「Lonely House」、「On The Street Where You Live」、「Something's Coming」、「I Have Dreamed」、「I'm Flying」の12曲。タイトル曲の「I Have Dreamed」は、ロジャース&ハマーシュタインの「The King & I」からの唄です。

初リーダー作とは思えないような完成度の高いアルバムで、ミュージカルナンバーをたっぷり楽しめます。「Show Me」からスタートし、「On The Street Where You Live」などスインギーで歯切れの良いエヴィンソンの唄が快調です。また、ギターの伴奏で歌う「Lazy Afternoon」、ピアノの伴奏で歌う「I've Grown Accutomed to His Face」というスローな曲では歌詞にそった雰囲気がよく出ています。チェロが伴奏に加わったうクルト・ワイル作曲の「Lonely House」は格調が高く、味わいが深い。

【コニー・エヴィンソン・ホームページ】

connieevingson.com

   

(ジャケットの裏面)

【デニーズのデザートなど】

デニーズ長野若里店。幟に「もも」の文字が見えます。

メニュー

とりあえずドリンクバーから。

お腹もすいていたので、ナスを乗せたミートスパゲッティを食べました。

デザートの桃のミニパルフェ

角度を変えて写してみました。

コメント

キアラ・パンカルディ WHAT IS THERE TO SAY

2018-05-16 21:54:36 | ヴォーカル(A~D)

朝などたまに寄る「スターバックス・コーヒー長野駅前店」で、前から気になっていたピーチ&アールグレイのケーキを珈琲を飲みながら食べました。スポンジにはアールグレイのほのかな味と香りがし、上にのっている桃も甘すぎず、爽やかで美味しいケーキでした。朝からケーキもいかがなものかと思いましたが、この味ならまあいいかな。爽やかな声質はかわりません。

CHIARA PANCALDI (キアラ・パンカルディ)
WHAT IS THERE TO SAY (CHALLNEGE 2017年録音)

   

イタリアの歌手、キアラ・パンカルディの3作目のアルバムで、昨年発表されたものです。最新のジャズ批評2018年5月号の特集は「ジャズ・ヴォーカル・イン・ヨーロッパ」というもので、そこのグラビアページの最初に彼女が掲載されていたので、改めて聴いてみました。前作の「I Walk A Little Faster」(拙ブログの掲載ページ)が好評で、日本でもファンが多いと思われる歌手です。

メンバーは、キアラ・パンカルディ(vo)、カーク・ライトシー(p)、ダリル・ホール(b)。ジェレミー・ペルト(tp)が「What is THere to Say」、ローレン・モーア(Harmonica)が「A Timeless Place」にそれぞれ参加しています。パンカルディは、ライトシー(p)とホール(b)と、ここ2年間共演の機会をもってきたとのことです。

曲目が、珍しいものが入っていて興味深い。「Everything I Love」、「Black is The Color of My True Love's Hair」、「Born to Be Blue」、「What is There To Say」、「I Don't Mind」、「A Timeless Place」、「Reverse The Charges」、「When You're Smiling ~ On The Sunny Side of The Street」、「Love Came」、「Since I Fell For You」の11トラック、12曲。デューク・エリントン作「I Don't Mind」やビリー・ストレイホーン作「Love Came」などは全く未知の曲でした。

選曲や伴奏に加え、パンカルディ(vo)の歌自体も即興的なところがあってジャズ色が出たアルバム。カーク・ライトシー(p)の重厚なタッチや和音の響きによる伴奏からもそんな感じを受け、歌も力強くなりスキャットも使っています。ダリル・ホール(b)はよくスイングしていて、ドラムの不在を補っています。僕は、力まずに軽く歌ったものがいいので、歌に抒情が漂いジェレミー・ペルト(tp)のトランペットも見事な「What is There to Say」、無伴奏で歌い始める「When You're Smiling」、ホールのベースが効いている「Everything I Love」が気に入りました。声質など好きな歌手なので、次回作にも注目したいと思います。

【キアラ・パンカルディ・ホームページ】

chiarapancaldi.com

【スターバックスのピーチ&アールグレイ ケーキカップ】

季節の商品のようです。

ケーキは、カップに入っているので、量的にもありました。

店内

【ジャズ批評 2018年5月号】

   

特集は、ジャズ・ヴォーカル・イン・ヨーロッパです。

カラーページの最初にキアラ・パンカルディが掲載されています。右ページには、スペインのアンドレア・モティス。

コメント

クリス・コナー THE RICH SOUND OF CHRIS CONNOR

2018-05-03 20:01:15 | ヴォーカル(A~D)

ゴールデンウィーク初日は、軽井沢で午後3時からのコンサートに行きましたが、その前に時間があったので、軽井沢の旧軽銀座あたりを散歩し、開場時間まで「旦念亭」で珈琲を飲みました。天気がよく歩いていると暑さも感じ、冷たいものがほしくなり、ミカド珈琲のモカソフトクリームを買いました。ほんのりと苦みがあって美味しいソフトクリームで、それを食べながらしばし木陰で涼みました。クールな歌声を。

CHRIS CONNOR (クリス・コナー)
THE RICH SOUND OF CHRIS CONNOR (BETHLEHEM 1953~55年録音)

   

ベツレヘムの「CHRIS」と内容は同じでジャケット違いのレコードを入手したので、改めて聴いてみました。安価でしたが、一応オリジナルなので、ジャケ違いとはいえ入手できて嬉しかったものです。クリス・コナーの代表作の一枚として知られているものです。

内容は4つのセッションからの未発表曲です。1953年録音のサイ・オリヴァーが編曲した3曲、1954年録音のエリス・ラーキンス・グループ伴奏の3曲、1954年録音のヴィニー・バーク・グループ伴奏の2曲、1955年録音のJ&Kグループ伴奏の4曲が収録されています。これらのセッションは、クリス・コナーの代表的な録音なので、残り物で作ったアルバムという感じは全くありません。

曲は、All About Ronnie」、「Miser's Serenade」、「Ev'rything I Love」、「Indian Summer」、I Hear Music」、「Come Back To Sorrento」(帰れソレントへ)、「Out Of This World」、「Lush Life」、「From This Moment On」、「A Good Man Is A Seldom Thing」、「Don't Wait Up For Me」、「In Other Words (Fly Me To The Moon)」の12曲。ナポリ民謡「帰れソレントへ」のジャズヴォーカル版も聴いてみたくなります。

タイトルが「The Rich Sound of Chris Connor」と付けられていますが、ベツレヘムレーベルが、クリスが移籍したアトランティックのアルバムと混同を避けたかったのでしょうか。タイトルを変更する理由がよくわかりませんでした。「All About Ronnie」、「Out of This World」、「Lush Life」、「From This Moment On」など、格調が高く、リズムへの乗りが格段に素晴らしく、ハスキーな声が女性らしさも漂わせていて、この時期のクリス・コナーの歌はどれを聴いても外れがありません。最初から最後まで歌とレコード(音質やジャケット)を楽しめ、連休に好適な一枚でした。

(レーベルの写真)

   

ベツレヘムレーベルのBCP-56です。

   

こちらは「CHRIS」の方のジャケットですが、日本盤のレコードのもの。内容は一緒です。

【軽井沢町内光景と喫茶「旦念亭」】

聖パウロカトリック教会

旧軽銀座

Mikado Coffeeのモカソフトを

甘すぎないところもよいです。

観光会館のようです。

旦念亭は、軽井沢の喫茶店の老舗です。

入口

店内。ストーブには残り火がありました。朝、火を入れたとのことです。外にテラス席があり、何組かのお客様がいました。

ブレンドコーヒー

【旦念亭(たんねんてい)】

住所:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東4-2
電話:0267-42-5616
ホームページ:tannentei

コメント (2)

アリーチェ・リチャルディ COMES LOVE

2018-04-18 20:06:22 | ヴォーカル(A~D)

 4月15日(日)に開催された長野マラソンのボランティアとして、給水所の運営に当たりました。今回は20回目の記念大会ということもあり過去最高の9,812人のランナーが参加しました。給水に必要なコップの数も半端ではなく、薬缶で水を注ぎ入れては、どんどんテーブルの上に置いていきます。高校生にもお手伝いいただき、片付けまで無事に終了しました。いい想い出になりますが、CDも「I'll Remember April」(四月の思い出)が入っているものを聴いてみます。

ALICE RICCIARDI (アリーチェ・リチャルディ)
COMES LOVE (BLUE NOTE 2007年録音)

   

イタリア出身の歌手、アリーチェ・リチャルディのファースト・アルバムです。彼女は1975年ミラノに生まれて、ジェゼッペ・ヴェルディ音楽院でピアノとヴァイオリンを学び、95年からミラノ国際音楽アカデミーで、ロバータ・ガンバリーニやティツィアーナ・ギリオーニらについて勉強しました。その後、ヴォーカルの先生や歌手として活動し、2005年にはモントレー・ジャズフェス・ヴォーカル・コンペで第2位に入賞しています。

リチャルディは影響を受けた歌手として、ビリー・ホリデイ、カーメン・マクレエ、シャーリー・ホーンなどを挙げていて、伝統を踏まえた歌唱をしています。伴奏メンバーは、イタリアとアメリカの若手メンバーで、ロベルト・タレンツィ(P,編曲)、マルコ・ボヴィ(g)、パオロ・ベネディティーニ(b)、ウィル・テリル(ds)、その他管楽器とヴァイブが加わります。2曲にゲストとして、ファブリッツィオ・ボッソ(tp)が加わっています。

曲はほぼスタンダードです。「Comes Love」、「Summer Song」、「Give Me The Simple Life」、「I Was Doing Allright」、「I'm Gonna Laugh You Right Out Of My Life」、「Who Cares」、「If I Should Lose You」、「The Boy Next Door」、「I'll Remember April」、「Ghost Of Yesterday」、「Here Lies Love」、「By Myself」、「Le Tue Mani」、「Where Are You」の全14曲。「Summer Song」は、デイブ・ブルーベック作曲、奥さんのアイオラが作詞。「Le Tue Mani」は、あなたの手という意味のイタリアの曲だそうです。

イタリアはオペラの国なので、歌手には、美声が求められると想像しますが、リチャルディは、声の質感の良さが際立ち、しっとりと潤いを帯びたいい声をしています。また、伴奏も含めジャジーですが、リチャルディは、フェイクくらいにとどめ、そう崩して歌っていないのも好感がもてます。とりわけ「If I Should Lose You」や「Here Lies Love」では、哀愁が感じられて、彼女の歌に惹かれます。タイトル曲の「Comes Love」や「I'll Remember April」、そして、ファブリッツィオ・ボッソ(tp)のソロも入る「By Myself」あたりも快唱だと思われます。

【2018年長野マラソンの様子】

準備が終了したところです。給水車がきて、水をポリバケツにいれて用意し、薬缶や紙コップの用意も整えました。当日は雨だったので、用意した紙コップにビニールをかけるなど、雨対策も行いました。

トップ集団で速いです。

トップ集団の後ろ姿。手前に写っているのはゴミ箱で、使用済みの紙コップ用です。

合間に応援も。

集団の終わりの方です。このへんになると市民ランナーばかりで、和やかです。

コメント

クリス・ベネット BENNETT ON BROADWAY

2018-03-08 20:11:49 | ヴォーカル(A~D)

JR東日本の新幹線車内誌「トランヴェール」3月号の特集は、「山形、骨董探訪。北前船がつないだ庄内、新潟、金沢」です。温泉や食、自然、歴史的建造物などの旅の話題が多い同誌ですが、骨董というのは珍しく初めてかもしれません。お皿やお椀の写真も面白いですが、そこに盛られた料理も豪華で、金沢あたりに出かけたくなりました。豪華なアルバムを。

CHRIS BENNETT (クリス・ベネット)
BENNETT ON BROADWAY (Renegade 2005年録音)

   

ジャズヴォーカルを普段は聴いていますが、このクリス・ベネットのアルバムは、ブロードウェイのショー(ミュージカル)からの曲ばかりで、歌も比較的ストレートなので、どちらかというとポピュラーに近い感じです。声も中音域を中心とした柔らかいものなので、スタンダード曲を楽しむには格好です。

メンバーは、クリス・ベネット(vo,p)、Bill Augustine(p)、Cliff Hugo(b)、Armando Castagnoli(as)、Oliver Brown(per)、Kleber Jorge(g)、Thom Rotella(g)。ベネットは、歌とピアノばかりでなく、ポップス曲を作っていて、ティナ・ターナーやドナ・サマー、マンハッタン・トランスファーなどが録音しているものもあるそうです。

収録曲が壮観で、18曲も入っているのに加え、スタンダード曲ばかりでなくちょっと珍しいものもあります。「Come Back To Me」、「Just One of Those Things」、「Old Devil Moon」、「What Did I Have That I Don't Have?」、「Losing My Mind」、「He Was Too Good To Me」、「Summertime」、「Woudn't It Be Loverly?」、「If Ever I Would Leave You」、「September Song」、「All of You」、「All That Jazz」、「This Nearly Was Mine」、「Get Out of Town」、「Fascinatin' Rhythm」、「I'll Tell The Man in The Street」、「Cabaret」、「The Party's Over」。

ミュージカルからの名曲が、クリス・ベネットの癖のない発声と円熟した歌声で聴ける傑出したアルバム。編曲は、Bill Augustine(p)がやっていますが、曲ごとに楽器編成も考えた丁寧なもので、手がかかっているようです。ミュージカル『On A Clear Day』からの「Come Back To Me」や「What Did I Have That I Don't Have?」がこんなにいい曲だということが、彼女の唄で気づかされました。他にも、『Camelot』からの「IF Ever I Would Leave You」や『Silk Stockings』からの「All of You」、『Leave It To Me』からの「Get Out of Town」などなど楽しめます。曲によってAugustine(p)のソロも入り、ギターやパーカッションを加えた伴奏もしっとりだったり、リズミカルだったりで退屈しません。

【トランヴェール2018年3月号】

   

表紙

   

古美術店の話題も。

焼いたクチボソガレイが美味しそうです。

   

新潟の料理店「雪花」の桜鯛の薄造り。

   

同じく「雪花」の伊万里焼の煮物椀と輪島塗。

    

金沢の「紋」の料理。一段と華やかです。

  

コメント (2)