安曇野ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

日帰り温泉「遊楽里館」で温泉と巨峰ソフトを愉しみ、自宅でオラホビール。(5月7日 長野県東御市)

2021-05-11 19:30:06 | 温泉

5月7日(金)は、石川県金沢市の温泉旅館に宿泊する予定でしたが、新型コロナの流行状況をみて中止しました。休暇をとってあったので、代わりに東御市の日帰温泉「遊楽里館(ゆらりかん)」を訪れました。

同館は休憩スペースが広くて寛げる施設で、お湯もさっぱりとして体が暖まりました。帰りに売店で、遊楽里館の隣にある地ビールのオラホビールの3缶セットを購入し、自宅で楽しみました。

大きな施設です。

玄関あたりからの眺望。晴れていると北アルプスまで見えるそうです。

玄関

浴槽は別棟です。

ここから先は、施設のホームページをご覧ください。

脱衣所から金網越しに撮った露天風呂。入りましたが、景色がよくて、せいせいとする露天風呂です。

お風呂から上がったあとは、「巨峰ソフトクリーム」をいただきました。東御市は、ぶどうなど果樹の産地です。

大広間。ここでゆったりと。

巨峰ソフトクリームのアップ。果汁が入っています。

帰りに物産ショップへ寄りました。

東御市にはワイナリーがいくつかあり、それらで作られているワインが販売されています。

購入したのは、オラホビールの3缶詰め合わせです。

遊楽里館の隣には、ビール工場があります。

こちらは、農産物の直売所。

広くて農産物が豊富です。

山菜もいろいろとあります。

3缶詰め合わせのセットです。

アンバーエールを飲みました。独特のアンバー(琥珀色の)カラーが特徴。ロースト麦芽由来のほろ苦さと豊かな風味が広がり、それを束ねるホップのアクセントが絶妙なバランスだそうです。香りがすごい。

天ぷらはやらないので、タラの芽を茹でて酢味噌でいただくことにチャレンジ。結論は、タラの芽は天ぷらが一層よいです。

買ってきた「酢みそ」とついでに買ってみた「田楽みそ」。

おでん用のダイコンが冷蔵庫にあったので、温めてみました。

大根に田楽味噌をつけていただきました。ビールは華やかな香りでコクもあり、肉や魚のつまみがあいそうでしたが、美味しくいただきました。

【遊楽里館】

住所:長野県東御市和3875
電話:0268-63-4126
ホームページ:湯楽里館 | 東御市の高台にある温泉施設です。 (tomi-kosya.com)

【オラホビール】

住所:長野県東御市和3875
ホームページ:オラホビール OH!LA!HO BEER | 長野県東御市のクラフトビール (ohlahobeer.com)

コメント (2)

東京フィル団員も大好きな「フレスガッセ」で夕食。(洋食・テイクアウト 長野県軽井沢町)

2021-05-10 19:31:17 | グルメ

5月4日の東京フィルハーモニー交響楽団の軽井沢公演の後、「フレスガッセ」に寄り夕食をいただきました。すぐ入店でき、ソーセージの盛り合わせ定食を注文して、読書しながら出来上がるのを待っていました。

その間に、仕事を終えた東京フィルの団員の皆さんが次々と訪れ、自家製のソーセージやベーコンを持ち帰りで購入していました。食事の方も合わせ20人ほどが来店したので、フレスガッセは同団で人気のようです。

東京フィルの公演が行われた大賀ホール。

お店の外観。出てきて撮影したので午後7時頃です。

   

メニュー。

店内。奥の座敷はいっぱいでした。

ヴァイオリンを背負った女性が、予約してあった商品を購入していきました。次々に楽器をもった東京フィルの皆さんがやってきてびっくり。

ソーセージ盛り合わせ定食。いつもこれを注文していますが、次回は違うものにしてみようと思います。味噌汁の味もよいです。

ソーセージのアップ。

ナイフを入れたところ。ジューシーで、美味しい。

お店を出て、軽井沢駅(北口)へ。シュエットのランチ、東京フィルのコンサート、そして、フレスガッセの夕食と、楽しく美味しい、軽井沢でした。

【フレスガッセ】

住所:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東29−15
電話:0267-42-8169
ホームページ:フレスガッセ (karuizawa-on.com)

コメント

片倉真由子「RUBY, MY DEAR」と松本なわて通りの喫茶店「いいてんき」の話題

2021-05-09 19:30:27 | ピアノ・トリオ

先日、松本市に買物に行った際に、なわて通りにある「いいてんき」という喫茶店に入りました。松本は、地方都市としては喫茶店が多いと思うのですが、こちらも個性的な店内で飲みやすい珈琲が提供され、また寄りたいお店でした。個性のあるピアノを。

片倉真由子 (MAYUKO  KATAKURA)
RUBY, MY DEAR (BS Jazz Support 2019年録音)

   

片倉真由子さんについては、前から注目していたのですが、ことに昨年出た新作がいい出来で、好きなピアニストの一人になりました。先日は、長野でライブ演奏を聴きました(そのレポートへのリンク)が、今回、南青山のジャズクラブ「Body & Soul」で収録された録音を聴いてみました。

メンバーは、片倉真由子(p)、佐藤ハチ恭彦(b)、ジーン・ジャクソン(ds)。ジーン・ジャクソンは、9年間もハービー・ハンコック・トリオのレギュラードラマーとして活動し、ウェイン・ショーターやブランフォード・マルサリス等ビッグネームとの共演も多く、米国と日本を往来して活躍中。

曲目は次のとおり。

1  Echo ~ Secret Love (Echo : Mayuko Katakura,  Secret Love : Sammy Fain)
2  Ruby, My Dear (Thelonious Monk)
3  Pinocchio (Wayne Shorter)
4  A Dancer's Melancholy (Mayuko Katakura)
5  Unconditional Love (Thomas Kelly, Cyndi Lauper, Billy Steinberg)
6  Inception (McCoy Tyner)
7  Ellington Medley The Star-Crossed Lovers~Melancholia~The Single Petal of A Rose
選曲は、ライブでよく取り上げている曲のようです。マッコイ・タイナーやデューク・エリントンの曲は、僕には親しみのあるものです。

ジャズクラブにおける、レギュラートリオにおける演奏だけに、片倉真由子(p)の現在(2019年時点)を知ることができ、内容も活気に満ちたアルバムです。片倉さんが右手で弾くアップテンポのシングルラインは聴いていて気持ちがよく、厚い和音はリズムと一体となって迫力があります。全体にブルージーなところも気に入っています。ショーター作「Pinocchio」やタイナー作「Inception」には興奮させられ、ソロで演奏した「Echo」やエリントン・メドレーは響きが様々に変化して面白い。

   

ジャケットにあった3人の演奏写真。

【片倉真由子さんツイッター】

片倉真由子さん (@mayukokatakura) / Twitter

【ジャズクラブ BODY & SOULの ホームページ】

BODY&SOUL (bodyandsoul.co.jp)

(参考)

マッコイ・タイナー(p)が弾く「Inception」を聴いてみました。このアルバムは、愛聴盤で、赤黒のインパルス(abc)レーベルのレコード。

【松本なわて通り いいてんき】

住所:長野県松本市大手4丁目3
電話:090-1828-8538

外観。位置的には、なわて通り商店街の東の端です。

入口

店内。

ロイヤルコペンハーゲンのプレートや陶磁器などが飾ってあります。

販売もしているようです。

珈琲と手作りのチョコレートバー。

珈琲は、神山という種類でしたが、とろっとしてほんのり甘く、なかなかよかった。

コメント

フランス郷土料理の「シュエット」でランチ、デザートに「軽井澤ソフトクリーム」(5月4日 長野県軽井沢町)

2021-05-08 19:32:17 | グルメ

5月4日に軽井沢大賀ホールで東京フィルの公演を聴いたのですが、早めに軽井沢へ行き昼食をいただきました。「フレスガッセ」に行ったら、ごはん売切れで閉店したので、旧軽井沢方向へ歩き「シュエット」へ。

シュエット(Brasserie Chouette)では、「ビストロまかないメニュー」を注文しチキンをいただきましたが、トマト味ベースの絶妙の美味しさでした。そのあと、散歩して軽井澤ソフトクリームもいただきました。

まずは駅近くの洋食店「フレスガッセ」へ。ちょうどごはんが売り切れて、早めにランチは終了。

気を取り直して、ランチによさそうなお店を探しながら旧軽井沢を歩いています。

「シュエット」外観。初めてですが、こちらのお店へ入ることに決めました。

ランチメニューが出ていました。

看板。フランス郷土料理の店とあります。

店内。奧の方から撮りました。

座ったテーブル

セットのサラダ。レタスとトマトが主です。酸味が効いていました。

メインのチキンの煮込み。

アップ。意外にチキンがたくさん入っていました。

パンではなくて、ごはんにしました。

食後にコーヒーを注文。深煎りのものなので、ちょっとだけクリームを入れました。

このコーヒーは、結構美味しかった。

食後の散歩へ。

ここからは人が溢れていたので、すぐにUターンしました。

「軽井澤ソフトクリーム」というテイクアウトのお店があったので、思わず注文。

   

「有限会社 高原牧場」の生乳を使ったソフトクリームです。和田村は、現在は、長門町と合併して長和町になっています。

チョコがけにしてもらいました。豪華です。

蕎麦の「川上庵」には、行列が出来ていました。

こちらのクレープのお店も人気があるようです。コロナ禍の中なので人混みは避けて、さっさとコンサート会場の大賀ホールに向かいました。ランチとソフトクリームには満足しました。

【シュエット】

住所:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1151ー14
電話:0267-42-0642
ホームページ:Brasserie chouette (karuizawa-chouette.com)

【軽井澤ソフトクリーム 草軽交通スクエアー(旧軽ロータリー)店】
 
住所:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢813-10
電話:0268-42-7530
ホームページ:軽井澤ソフトクリーム (karuizawa-softcream.com)
コメント (2)

アンドレア・バッティストーニ指揮 東京フィルハーモニー交響楽団演奏会 ドヴォルザーク第8番、チェロ協奏曲(佐藤晴真)(5月4日 軽井沢大賀ホール)

2021-05-07 19:36:42 | クラシック演奏会

軽井沢大賀ホールの「2021春の音楽祭」のプログラムの一つとして、アンドレア・バッティストーニ指揮東京フィルハーモニー交響楽団の演奏会があったので、聴きに行ってきました。

   

(出 演)
指揮:アンドレア・バッティストーニ
チェロ:佐藤晴真
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

バッティストーニさんは、1987年イタリアのヴェローナ生まれ。2016年に東京フィル首席指揮者に就任。スカラ座、バイエルン国立歌劇場、サンタ・チェチーリア管など世界の主要歌劇場、オーケストラと共演。佐藤さんは、2019年ミュンヘン国際音楽コンクールチェロ部門優勝。バイエルン放響はじめ国内外のオーケストラと共演を重ねている。

(曲 目)

ドヴォルザーク / 「スラヴ舞曲集」第1集 Op.46より第1番
ドヴォルザーク / チェロ協奏曲 ロ短調 Op.104
パブロ・カザルス(編曲) / 鳥の歌 (佐藤晴真のアンコール曲)

〈休 憩〉

ドヴォルザーク / 交響曲第8番 ト長調 Op.88
ドヴォルザーク / 「スラヴ舞曲集」第1集 Op.46より第8番(オーケストラアンコール曲)

(感 想)

全てドヴォルザークの作品というありがたい選曲で、始まる前からワクワクでした。特筆すべきは、チェロ協奏曲の演奏で、独奏の佐藤さんの潤いのあるサウンドがよく、盛り上げ方もよくて、うっとりでした。アンコール曲の「鳥の歌」では、サウンド、フレージングが背筋にジーンときました。

交響曲第8番ですが、バッティストーニさんの指揮はテンポが速めの颯爽としたもので、第3楽章と第4楽章は、休み無しでつなげられていました。チェロやヴァイオリンが主旋律を奏でる部分や木管楽器と弦楽器のやりとりなどが明瞭な音で届いてきていて、その憂愁美に満ちた旋律を大いに味わえました。

今さらですが、大賀ホールの音響が素晴らしくて、木管楽器はじめ各セクションの音が明瞭に聞こえ、各楽器の音の受け渡しもよくわかり、管弦楽を聴く愉しみに浸れました。チケットは完売でしたが、コロナ対策の故に客席の半数程度のお客様の数でした。

(パンフレットから)

   

   

(帰宅して、ドヴォルザークのスラヴ舞曲集のCDを聴きました)

   

ズデニュク・コシュラー指揮スロヴァキアフィル(NAXOS)

コメント