安曇野ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

瑞牆山登山(2) (標高 2,230m 山梨県北杜市)【山頂、復路、蕎麦、ジャズ喫茶「AUTUMN」】

2018-06-20 20:11:13 | 登山・ハイキング

瑞牆山登山の(2)です。山頂からの景色、下山、蕎麦店、立ち寄ったジャズ喫茶について記します。行程を掲げておきます。

【行 程】

(上り) 瑞牆山荘(駐車場)発 6:35 → 富士見平小屋 7:16ー25(休憩) → 天鳥川 7:50→ 瑞牆山山頂 9:15 ~10:15(昼食休憩)

(下り) 山頂発 10:16 → 天鳥川 11:48 → 富士見平小屋 12:04ー21(休憩) → 瑞牆山荘 12:53

 【瑞牆山山頂】

山頂の標識。見えている山は、南アルプス。

山頂の様子。見えているのは、八ヶ岳。

大ヤスリ岩。山頂は、切れ落ちているので高度感があります。

左に金峰山、右に富士山。

富士山

金峰山の山頂と五丈岩

小川山では。

南アプルス方面。右端に見えているのは、多分御嶽山。

右に甲斐駒ヶ岳、左に仙丈ケ岳

右に北岳、左に間ノ岳

アップしてあってわかりにくいですが、御嶽山だと思います。

八ヶ岳

左端に網笠山。最も高いのが権現岳。

赤岳

右端に多分浅間山。浅間山まで見えて感激。

昼食。Aさんがコンロをもってきてくれて、コーヒータイムへ。

富士山を観ながらの珈琲は格別でした。

ごく小さな花が山頂で咲いていました。

ホタルブクロのような花がありました。

 【瑞牆山山頂~登山口】

下りはじめます。

シャクナゲの樹は登山道全体にわたり見かけました。これは山頂直下に咲いていたもの。御終いの花だろうと思います。

瑞牆山自然公園との分岐。

大ヤスリ岩。

登ってきた登山者

岩の間を下ります。

登山道わきに咲いていた花。ごく小さいものです。

続々と上ってきます。ガイドを先頭にしたツァーと思われる団体も3~4ありました。

鎖場。下りは、鎖を使いました。

桃太郎岩に到着

天鳥川を渡り、富士見平小屋に向っていったん上ります。

富士見平小屋に到着。

前の広場は下りてきた人で賑やかになっていました。

富士見平を出発。すぐ近くの水場へ寄ります。

水場。冷たくて、おいしい水です。

瑞牆山展望。朝よりもクリアに見えます。

登山口の手前にきました。

瑞牆山荘前の標識。到着しました。

道路を挟み瑞牆山荘。左にはトイレもあります(100円)。

駐車場へ通じる道。路肩駐車の車もありました。

【みずがきそば処】

駐車場から下りてきて左折し林道を下り、みずがきそば処によりました。

 外観。

素朴な蕎麦でした。ここでAさんと解散し、僕は安曇野市へ向かいます。

【ジャズ喫茶「Autumn】

ちょうどいい機会なので、同じ北杜市の白州に回り、「Autumn」に寄りました。

住所:山梨県北杜市白州町白須101
電話:0551-35-2884
ホームページ:オータム (食べログのページです。)

外観

久しぶりだったので、レイアウトが変わっていて驚きました。マスターに訊いたら、月に1回ライブをやるようになって、配置を変えたということでした。

お店の中央にあったスピーカーは、壁近くになり、テーブル席に向って音が出るようになっていました。

壁に貼られたジャズのレコードのジャケット。見ているだけで楽しい。

オータムブレンドを飲みました。このあと、小淵沢インターから中央道に乗り、安曇野市を目指しました。なお、今回は温泉は無しで、リフォームで新たに作った自宅(実家)の風呂に入りました。初めて使ってみたのですが、最近のバスユニットはよくできていて、いい湯加減でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瑞牆山登山(1) (標高 2,230m 山梨県北杜市)【登山口~山頂】

2018-06-19 20:14:50 | 登山・ハイキング

梅雨の合間の晴天が予想されたので、6月17日(日)に瑞牆山(みずがきやま、標高 2,230m)へAさんと一緒に登りました。天気予報どおりの好天に恵まれ、山頂からの素晴らしい景色を楽しみました。深田久弥さん選定の日本百名山でもあるせいか、人気がある山で、続々と登山者が上ってきて驚きました。

歩行時間は、上り2時間20分、下り2時間10分で約4時間30分でした。下りは、上ってくる方を待っている時間が結構あったので、実際に歩いた時間は、もう少し短いと思います。帰りに、登山口に比較的近い蕎麦屋に寄り、そのあと北杜市白州に回って、ジャズ喫茶「Autumn」で珈琲を飲んできました。

【行 程】

(上り) 瑞牆山荘(駐車場)発 6:35 → 富士見平小屋 7:16ー25(休憩) → 天鳥川 7:50→ 瑞牆山山頂 9:15 ~10:15(昼食休憩)

(下り) 山頂発 10:16 → 天鳥川 11:48 → 富士見平小屋 12:04ー21(休憩) → 瑞牆山荘 12:53

【登山口~富士見平小屋】

6時20分頃の駐車場。まだかなり空いています。

駐車場の端から瑞牆山荘からきている登山道へ。すぐです。

最初はなだらかで幅広な道です。

岩もあります

林道との交点に出るので、そこを横切り階段になっている道を進みます。

黒森区の里宮神社へ続く道が登山道から左へ行っています。

しばらくすると瑞牆山を展望できる場所へ。尾根ですが、ここを右折して進みます。

瑞牆山

山頂のアップ。

富士見平小屋目指して尾根を進みます。

左へ進むと、瑞牆自然公園へ行きます。

富士見平小屋まではたいへん歩きやすい道です。

水場の標識。復路で寄りました。

富士見平の標識。左へ行けば瑞牆山、右へ進むと金峰山です。

富士見平小屋の全景

この階段を上って、富士山ビュースポットへ。

富士山ビュースポット。ザックをおろして、しばし撮影タイムにしました。

ビュースポットから望む富士山。拡大してあります。

【富士見平小屋~天鳥川・桃太郎岩】

富士見平小屋を出発。出発前に登山届を小屋の玄関わきにあるポストへ入れました。

ここから天鳥川へ向かって、樹林帯の中を下りていきます。

アップダウンもありますが、歩きやすい道です。

小川山への登山道の分岐。右へ進めば小川山のようです。

小川山への分岐では、間違えないように標識が立っています。

すぐ下りになって沢(川)にでます。

天鳥川の標識。

水は流れていませんが川を渡ります。

天鳥川の上流方向。沢ではあるものの普段は水は流れていないようです。

すぐに桃太郎岩が目に入る平らな広場になります。

ベンチも設けられています。

進むと桃太郎岩があります。役に立つとは思えない、つっかえ棒がユーモラス。

桃太郎岩の横にある階段を上ります。

【天鳥川・桃太郎岩~瑞牆山自然公園からのコース分岐】

沢筋を上っていくようです。

一枚の岩なので鎖が設置されています。上りは使わずに右から回り込んで通過。

よく整備された階段を上ります。

段差があります。

花はほどんど見かけませんでした。小休憩したときにAさんが見つけてくれた、ごく小さな花。

ちょっと平らなところもあります。

ところどころで大きな岩があって、目を楽しませてくれました。

鎖場。ごく短いです。

この表示で右へ進みます。

道がわかりにくいところもありますが、要所要所にリボンがあります。

   

多分、大ヤスリ岩の見える地点にきました。

ここからも岩の間をぬって道が続きます。

瑞牆山自然公園からきている道との交点にきました。ここから山頂まではすぐです。

【自然公園への分岐~山頂】

鎖場。左から回り込みました。

鎖場を通過すると、岩に沿ってロープがあります。

階段。ここを上り、少し進むと山頂が見えてきます。

山頂にでました。

山頂の標識。

(2)へ続きます。(2)では、山頂からの眺望、復路の様子、立ち寄った蕎麦店、ジャズ喫茶などについて記します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DADDY'S SOCKS (ジャズ喫茶 東京都杉並区高円寺)

2018-06-18 20:04:24 | ジャズ喫茶

「Daddy's Socks」(ダディーズ・ソックス)は、2017年7月に高円寺に開店した新しいお店です。直訳すれば「パパの靴下」という店名がなんとも不思議で、そのあたりもマスターに訊いてみようと思いながら、高円寺駅南口を出て右の方に行き左折し、アーケード街を抜けてお店に到着しました。

「Daddy」というのは、デクスター・ゴードン(ts)のアルバム「Daddy Plays The Horn」(Bethlehem)のDaddyからとったもので、「Socks」は、やはりマスターが大ファンの大リーグ「ボストンレッドソックス」の名前からいただいたものだそうです。カウンターに腰をかけて、マスターや居合わせたお客様と話をしたり、レコード再生によるモダンジャズに耳を傾けたりと、頗る楽しいひと時を過ごしました。

高円寺駅南口を出て右手に進むとアーケード街があります。

雨降りの日だったので助かります。

アーケードを抜けてしばらくいと左手にお店があります。

外観

店内。腰かけたカウンター席から撮ったものです。

お店の入口近くに設置されているスピーカー。ウォーン・マーシュ(ts)のレコードが飾ってあり、ファンなのでしょうか。次回行った際に訊いてみようと思います。マーシュのファンは珍しいと思います。

お店のもっとも奥に設置されたスピーカー。JBL4312の新しいものだそうです。プレイヤーやアンプは、奥の事務室に置いてあるようです。

雑誌も置いてあって、ジャズ関連のものもあります。

スティーヴ・キューン(p)の懐かしいアルバムがかかりました。

次は、ビル・エヴァンス(p)の「Quintessence」

ダスコ・ゴイコヴィッチ(tp)の「After Hours」(Enja)。僕の大好きなアルバムです。レコードを片面ずつかける、かつてのジャズ喫茶のスタイルです。飽きがきませんし、いろいろなアルバムを聴くことができます。

珈琲。

クランベリージュース。こだわりのジュースということで、炭酸がちょうどいい塩梅でした。

メニューの一部。キーマカレーなど食べ物もあり、ランチにも利用できます。

【Daddy's Socks(ダディーズ・ソックス)】

住所:東京都杉並区高円寺南2-21-10 シャッツクヴェレ1F
電話:03-6383-1750
ホームページ:daddyssocks

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スティーヴ・グロスマン LOVE IS THE THING

2018-06-17 19:35:12 | テナー・サックス

原田マハの小説「モダン」(文春文庫)を読みました。5編の短編を集めてある文庫本ですが、すべてニューヨーク近代美術館(MoMA)を舞台として、そこで働く人に焦点を当てた小説です。また、文中にはワイエス、ピカソ、マティスなどの20世紀絵画の傑作が登場します。キュレーターとして仕事をしていた著者ならではの美術小説で、それぞれ面白く読みました。ちょっとアート風の写真を使ったジャケットのCDを聴きました。

STEVE GROSSMAN (スティーヴ・グロスマン)
LOVE IS THE THING (RED 1985年録音)

   

スティーヴ・グロスマン(1951年生)は、1969年から70年にかけてマイルス・デイビス・グループ、71年から73年までエルヴィン・ジョーンズ・グループで活躍していたので、当時から日本でも名の知れていたテナー・サックス奏者です。80年代に入ると、ソニー・ロリンズに近いプレイをするようになりましたが、これはコルトレーンへのトリビュート作です。 

メンバーは、スティーヴ・グロスマン(ts)、シダー・ウォルトン(p)、デヴィッド・ウィリアムス(b)、ビリー・ヒギンズ(ds)。イタリアのミラノ録音で、REDレーベルからのリリースです。REDは、米国のミュージシャンも多数録音し、注目すべきレーベルだと思います。グロスマンのワンホーンアルバムですが、最上のリズムセクションがバックを務めています。

曲目は、ジョン・コルトレーン作「Naima」、スティーヴ・グロスマンの自作「415 Central Park West」、あとは、よく知られたスタンダード曲で「Easy to Love」、「My Old Flame」、「Easy Living」、「I Didn't Know What Time It Was」、「What's New」で全7曲。コルトレーンの名曲とともに、バラードの名曲が並び、スタンダード集ともいえる内容です。

スティーヴ・グロスマン(ts)というとフュージョンだったり、ハード系ブロウテナーというイメージもありますが、本作は基本的にバラード集なので、聴いていると癒されます。ジョン・コルトレーンが蘇ったかのように聴こえる「Naima」は、グロスマンのコルトレーンへの敬愛の念が感じられ、胸を打つような演奏です。グロスマンは、どの曲もストレートにメロディを吹いていてわかりやすく、シダー・ウォルトン(p)のイントロやソロもよく、他の曲も素晴らしい。遅めのテンポの「Easy to Love」やゆったりと歌っている「Easy Living」など、楽しめます。

【原田マハ著「モダン」(文春文庫)】

   

原田マハさんは、いろいろな分野の小説を書いていますが、絵画を中心とした美術に関連したものが面白い。僕にとっては、全く知らない世界を垣間見させてくれるせいだろうと思っています。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

池田達也(b)・井上祐一(p)・松山修(ds)トリオ・ライブ (6月14日 長野県小布施町BUD)

2018-06-16 19:08:52 | 演奏会・ライブ

長野県小布施町のジャズ喫茶「BUD」で、ピアニストの井上祐一さんが加わった池田達也(b)トリオのライブが行われたので聴いてきました。会場はBUDですが、主催者は、小布施で「工房メアリー・アン」を経営している石黒さんという女性の方です。

   

(出 演)

池田達也(b)
井上祐一(p)
松山 修(ds)

(曲 目)

(前 半)

1 Cleopatra's Dream (クレオパトラの夢)
2 How Deep is Your Love (愛はきらめきの中に)
3 Milestones
4 Smoke Gets In Your Eyes (煙が目にしみる)
5 日本の曲
6 Beautiful Love

(後 半)

1 ジェームス・ボンドのテーマ
2 Smile
3 おぼろ月夜~ゴンドラの唄~千曲川
4 夕なぎ (池田達也)
5 いつかどこかで聴いた歌 (池田達也)

(感 想)

主催者の石黒さんと池田達也さん(b)が昔からの知り合いで実現したライブのようです。会場は40~50名の観客がいましたが、90%は女性で、主催者と係わりのある方のようでした。

主催者挨拶のあと、池田さんのお笑いも含めたトークで進行しましたが、演奏とともに最後まで皆さん楽しまれたようです。曲も親しみやすいものが選択され、ご当地ソングとして、おぼろ月夜、ゴンドラの唄、千曲川を当夜のために池田さんが編曲し、メドレーで演奏してくれました。

僕は、ピアノの井上さんの演奏が目当てでしたが、ソロも結構やってくれたので、出かけた甲斐がありました。会場のお店の名前「BUD」に因み演奏した、バド・パウエル作の「Cleopatra's Dream」、井上さん自身の編曲の「Smoke Gets In Your Eyes」、アップテンポでピアノとベースが力強くスイングした「Beautiful Love」と、キレのよいプレイが聴けました。

「Milestones」や池田さんのオリジナルでサザンオールスターズ風の「夕なぎ」などリズムを工夫した曲もありましたが、グルーヴィーなブルースっぽい演奏がほとんどなく、その点が物足りなく感じました。休憩時間に井上(p)さんのCDを購入し、サインももらいましたが、ライブもまた聴きたいと考えています。

(会場の様子など)

座った席が、最も後ろなので、写真の映りはいまひとつです。 

会場のジャズ喫茶「BUD」の入口

リーダーの池田さんがメンバー紹介をしているところ

井上祐一(p)

【会場で購入した井上祐一(p)のCD「THE CORE」】

   

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加