安曇野ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

Iさん宅でタンノイスピーカーとオルトフォンカートリッジでブルーノート盤を試聴

2020-05-25 16:13:08 | オーディオ

(この記事は、amebaブログに2020年5月4日に投稿したものです。4月29日から5月10日までamebaブログに投稿した記事を順次gooブログに移していますが、これはその6回目)

連休前半に友人のIさん宅を訪問して、タンノイのスターリングで音楽を楽しみました。ホレス・シルバーのブルーノートリバティ盤などを持参しましたが、ジョー・ヘンダーソンのテナーがことに生々しく聴こえました。
 
カートリッジは、オルトフォンのSPUで、前のモデルらしいのですが気に入っているそうです。スピーカーのせいもありますが、ことに弦や木管楽器の質感がよく出ているように思いました。楽しい時間を過ごしました。

Iさん宅のオーディオ装置。細部は別として、大まかには機器は前回と同じでした。

スピーカーが座る位置の高さに合わせてセッティングされています。

英国のオーディオメーカー、TANNOYのSTIRLING。コルクを使っているモデルです。レベルの調整は特にしてありません。

アンプ類など

プレーヤー本体はテクニクスの製品です。

レコードに重しを乗せていますが、効果があるようです。

デンオンのCDプレーヤー

プリメインアンプはラックスマンの真空管のものを使用。

Iさんがかけてくれたカール・ベーム指揮ウィーンフィルによるブルックナー交響曲第4番。オリジナル盤で、ほれぼれするようなウィーンフィルのサウンドが聴けました。DECCAレーベルへの録音です。

僕が持参したホレス・シルヴァーの「Song Fro My Father」(Blue Note)

リバティー盤の音符レーベルのものです。

ヴァン・ゲルダーの刻印が入っています。結構いい音が聴けました。

これも持参したアート・ブレイキー「The Freedom Rider」(Blue Note)。ホレス・シルヴァーのものと同じく、リバティの音符レーベルでヴァン・ゲルダーの刻印入りです。

Iさんがコーヒーを淹れてくれました。豆を関西から取り寄せているそうです。コクと香りが素晴らしいコーヒーでした。
 

コメント (1)

コリー・ウィーズ「DAY BY DAY」と店内営業を再開したスタバ長野駅前店の話題

2020-05-24 19:50:00 | アルト・サックス

コロナの非常事態宣言の解除に伴い、先週から長野市内のスターバックスでも店内営業を再開しています。席数を少なくし、コロナ対策を行っての営業ですが、まずは再開ができてよかった。珈琲と季節のおすすめの「ピンクグレープフルーツ&ヨーグルトケーキ」をいただきました。このケーキ結構いけます。結構いけているアルバム。

CORY WEEDS (コリー・ウィーズ)
DAY BY DAY (CELLAR MUSIC 2019年録音)

   

2019年4月に拙ブログでコリー・ウィーズ(as)を初めて取り上げましたが、新作が出たので購入しました。カナダのミュージシャンですが、レーベルを主宰していて150作近いアルバムを出しています。ハードバップに根差した演奏をするアルトサックス奏者で、たまに聴きます。

メンバーは、コリー・ウィーズ(as)、デヴィッド・ヘイゼルタイン(p, 編曲)、ケン・レスター(b)、Jesse Cahill(ds)。好きなピアニストの一人であるデヴィッド・ヘイゼルタインが参加していて、全ての編曲もてがけているのが注目されます。

曲は次のとおり。
1  Blues De Troye (Cory Weeds)
2  Nancy with A Laughing Face (Jimmy Van Heusen)
3  It Could Happen to You (Jimmy Van Heusen)
4  Sterling Silver Sailboat (B.Weeds)
5  Relatively Minor (David Hazeltine)
6  Day by Day (Sammy Cahn)
7  Tangerine (Victor Schertzinger)
8  Lullabye of The Leaves (Bernice Petkere)
9  The Shining Sea (Johnny Mandel)
10  Nobody Else But Me (Jerome Karn)
「Day by Day」や「Lullabye of the Leaves」といった大スタンダードに加え「Tangerine」や「The Shining Sea」といった佳曲が入っているのが嬉しい。メンバーのオリジナルもなかなかよい曲想です。

コリー・ウィーズ(as)とデヴィッド・ヘイゼルタイン(p)の明快な演奏で、スタンダードなどが楽しめます。編曲を行ったのはヘイゼルタインですが、「Nancy With A Laughing Face」と「Lullaby of The Leavesは、バラードではなく早めのテンポです。「Day by Day」は、アルトとベースのデュオで演じられ、ウィーズは低音部を用いて、スィンギーな中にかなり迫力を出しています。ペギー・リー作詞、ジョニー・マンデル作曲の「The Shining Sea」は、器楽で演奏するのは珍しく、ウィーズは、美しいメロディを情緒を込めて吹いています。

(録音光景)

【Cory Weeds ホームページ】

https://coryweeds.com

【スターバックスコーヒー 長野駅前店】

以下、スマホによる撮影です。

外からも中で営業が行われいることがわかりました。

店内

テーブルの上には、このような張り紙もありました。

注文した本日の珈琲とピンクグレープフルーツ&ヨーグルトケーキです。

この「ピンクグレープフルーツ&ヨーグルトケーキ」はかなり美味しい。思わず食べている途中で撮影。

コメント

スコット・ハミルトン「JAZZ AT THE CLUB」とアルストロメリアの話題

2020-05-23 21:00:41 | テナー・サックス

(この記事は、amebaブログに2020年5月3日に投稿したものです。4月29日から5月10日までamebaブログに投稿した記事を順次gooブログに移していますが、これはその5回目)

コロナウィルスの関係で卒業式などの式典や宴会の自粛が続き、花卉や畜産の農家が厳しい現状です。関係先から支援として、アルストロメリアと信州牛の購入依頼がきたので、購入しました。ジャズのライブも中止で実演が聴けないので、ライブ録音を聴いてみました。

SCOTT HAMILTON (スコット・ハミルトン)
JAZZ AT THE CLUB (O.A.P. RECORDS 2018年録音)

   

スコット・ハミルトン(ts, 1954年生)は、スイング系の人気テナーサックス奏者ですが、精力的に活動を続けていて、新作アルバムもたくさん出しています。どれも一定水準以上で、サイドメンと曲目で選んで購入していますが、まずは外れはありません。

メンバーは、スコット・ハミルトン(ts)、フランチェスカ・タンドイ(p、vo)、Hans Mantel(b)、Frits Landesbergen(ds)。オランダのハーグにある「Societeit De Witte」というクラブにおけるライブ録音です。タンドイ(1984年生)はイタリア出身ですが、オランダでジャズの勉強をして、そのままオランダをベースに活躍しています。

曲はよく知られたスタンダード。「Yours Is My Heart Alone」は、フランツ・レハールのオペレッタ「頬笑みの国」中の曲、「The Sheik Of Araby」(アラビアの酋長)は、ビートルズも録音しています。 

1  Yours Is My Heart Alone 
2  The Sheik Of Araby
3  Maybe You'll Be There  (歌:フランチェスカ・タンドイ)
4  Blue 'N' Boogie
5  How Deep is The Ocean
6  Old Folks
7  Estate (歌:フランチェスカ・タンドイ)
8  I'll Remember April

新型コロナウィルスで、ジャズライブに行けない日々が続いていますが、スコット・ハミルトンによる曲目紹介や、クロージングテーマが入るなど雰囲気の出ているこのアルバムは、多少ともライブに行った気分にさせてくれました。ハミルトン(ts)は、早いテンポの「Blue 'N' Boogie」やボサノヴァリズムの「How Deep is The Ocean」で素晴らしい乗りをみせ、タンドイ(p)はスイングするピアノに加え、2曲の歌がしみじみとして印象に残ります。

【スコット・ハミルトン・ホームページ】

scotthamiltonsax.com

【フランチェスカ・タンドイ・ホームページ】

francescatandoi.com

【購入したアルストロメリア】

職場に届いたアルストロメリア。切り花です。

花瓶にいけて玄関に飾りました。

たくさんあったので、キッチンにも飾りました。なお、牛肉は後日届く予定です。

コメント

ソニー製の43型テレビとブルーレイレコーダーを購入。BS4KとDVDを試聴してみました。

2020-05-22 23:30:39 | お出かけ・その他

安曇野市の自宅で使っているテレビの画面が小さく、また、DVDの再生プレーヤーも古いものなので、先日買い換えました。テレビはニュースくらいしか見ないのですが、DVDでオペラの映像を見ることが多くなり、小さな画面に不便を感じていました。

ノジマ電器で、ソニーの43型4K液晶テレビとブルーレイレコーダーを購入しました。前のものに比べ、DVDの映像がはるかにきれいで感激しました。接続などしていただいたIさんに感謝。将来的には音響の充実と大画面化の検討を行いたい。

今まで使用していたシャープの液晶テレビと三菱のDVDプレーヤー。ニュースを見るには支障がないので、隣の部屋で活用します。

出窓のところに設置した、ソニー製の43型テレビ。

テレビの下にはちょうど、ブルーレイレコーダーを置けます。

取扱い説明書。ブルーレイは録画容量の小さなものです。

NHKのBS4K放送の画面。4kと普通のBS放送では、普通に見ている分には、その差がほとんど感じられませんでした。

番組表

ジャンルごとの番組表が出てきたのには驚きました。知らない間に機能が進んでいました。本日の「音楽」ジャンルの放映予定が、地上デジタル、BSともに表示されています。これは便利です。録画をする機会も増えるかもしれません。

続いてDVD。時間の関係もあるので、有名オペラの見たいところだけをかけてみました。結局、結構な時間見いってしまいました。

「カルメン」。序曲を振るカルロス・クライバー(指揮)。大きな画面で表情や指揮棒の動きがよくわかります。天才指揮者とよく言われますが、指揮ぶりがスポーティーですごくて、思わず見とれました。

「椿姫」のヴィオレッタ役のアンジェラ・ゲオルギュー(ソプラノ)。人物とともに字幕が大きくてありがたい。

「メリー・ウィドウ」から初めの方のパーティー場面。チューリッヒ歌劇場における舞台ですが、画面と画質が改善されたので、その豪華さがよくわかるようになりました。

テレビを設置してあるのはかなり古い部屋なので、古いエアコンも買い換えました。ただし、エアコン本体が間に合わないので、6月第一週くらいの設置になります。あわせて、壁の造作やコード類の片づけも行ってもらう予定です。

【ノジマ豊科店】

住所;長野県安曇野市豊科南穂高1115 
電話:0263-71-1570
ホームページ:nojima.co.jp/shop/nagano/toyoshina

コメント

山故郷(やまざと)でランチ (蕎麦 長野市鶴賀問御所町)

2020-05-22 16:55:10 | グルメ

(この記事は、amebaブログに2020年5月2日に投稿したものです。4月29日から5月10日までamebaブログに投稿した記事を順次gooブログに移していますが、これはその4回目)

連休前に出勤したのですが、昼食に蕎麦を食べようと山故郷(やまざと)へ行きました。SBC信越放送が入っているトイーゴビルの2階にお店があり戸隠蕎麦を出しています。本日のランチは、蕎麦を3ボッチと筍たっぷりのご飯をいただき満腹になりました。

トイーゴビル。右の高い方のビルの二階にお店があります。以下、全てスマホによる撮影です。

入口

山故郷で「やまざと」と読ませます。

店内。少し早めに行ったので、誰もいません。

本日のランチ。

蕎麦は、3ボッチです。ボッチは蕎麦の一つかみで、馬蹄形をしています。これは4ボッチありそうにも見えます。サービスしてくれたのでしょうか。

たけのこご飯。筍がたくさん入っていました。

ほうれん草のお浸し。味噌と胡麻がかかっていました。

蕎麦湯をもってきてくれました。さらさらとしたものです。久しぶりに蕎麦を美味しくいただきました。

【山故郷(やまざと)】

住所:長野県長野市鶴賀問御所町1200
電話:026-234-8030
ホームページ:戸隠蕎麦山故郷(やまざと) (食べログのページです。)

コメント