Cheerful Days!

大好きなお酒を片手に 毎日楽しく過ごしたいな

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ほうとう屋敷・みさか路@河口湖

2008年06月30日 | 地方グルメ
6月29日の日曜日、、、雨の中、、、
河口湖のペンションを予約していたのでとりあえず出発



まずは山梨の名産・ほうとうを食べたいなぁ~と思い
ネットでワンコも入店OKのお店を探して行ってみました。

 

ほうとう屋敷・みさか路さんです。
お店に到着の頃、ちょうど雨足が強くなってきてお店の全体写真を撮れず

お店構えは団体も受け入れられる大きな店舗で
店内にはアロワナが居たり、駐車場には大きなリムジンがあったり
エンターテイメント性が強いお店となっています。
ワンコもOKのテラス席はウッドデッキ調でなかなかの造り。
ワンコ連れじゃなければ来なかったかも・・・



名物のほうとうは三種類。
手打ちの生麺を使用していると言うのでちょっぴり楽しみ



まずは前菜で馬刺しをいただきました。
添えてあるニセモノの葉っぱは悲しいですが
馬刺しはまったりとして美味しい



信玄カニほうとう鍋です。
大きな鉄鍋に入って出てきましたが麺が見えない
カニの出汁が出ているちょっぴりアッサリした味わいです。
メニューほどは具は入ってなかったですね



こちらは力もちほうとう鍋です。
やはり汁が多くて麺が見えなかったので上に出してみました。
このように普通のほうとうより薄い生麺でサッパリした感じ。
『ほうとう』と言うより『うどん』と言った方がいいかな。
食べ応えがありなかなかの味わいでした。



残念ながらワンコメニューは無かったので
まるるには普通のご飯に少しだけ馬刺しを乗せてあげました。

ちょっぴり肌寒い気候だったのでほうとう鍋はピッタリでした
コメント (4)

トゥエンティー ワン@ヒルトン東京

2008年06月28日 | 都内グルメ
昨日は誕生日だったので久々におのぼりさんしてきちゃいました



新宿に来るなんて久しぶり。
以前、会社員として働いていた時は良くこのNSビルで食事したなぁ~
でも今見ると古ぼけた感じに見えちゃうのがちょっぴり寂しい

 

そして昨日お食事したのはヒルトン東京にあるレストラン、トゥエンティー ワンです。
なんでもミシュラン東京で二つ星のレストランだそうで・・・



ドキドキでレストランに入りましたが
ギャルソンやソムリエの方々は優しく出迎えてくれました。
とてもスタイリッシュな店内でオープンキッチン。
料理長のステファンが見事に料理を作り、飾られていくのが見えて素敵です



まずはテタンジェのロゼ・シャンパンで乾杯
これに合わせて南仏風のベイクドケーキを出していただきました。
この味がとても美味しくてこの時点で最高に嬉しくなっちゃいました

 

コース料理の前にアミューズが2品登場です。
まずはトマトのムースです。酸味があって暑かったこの日にピッタリの一品。
そしてフレッシュ・フォアグラが出てきました
こんなにフレッシュなフォアグラは初めてです。
そして添えてあるバルサミコ・ソースは25年物で素晴らしい味わいです。
このお料理に合わせて甘口のマスカット種ワインを出していただきました

そしてコース料理の始まりです。
この時点で満足感いっぱいなのでお料理も楽しみです
それぞれのお料理合わせてワインを提供していただける
マリアージュコースにしてもらいました



メイン産ロブスターとギリシャ風オーガニックベジタブルです。
先ほどまで生きていたロブスターが調理されてきました。
半生状態でブリブリとして美味しい
ギリシャ風オリーブとジンジャーのソースが面白い味わいです。
ワインは冷えたセミヨン種の白ワインを出していただきました。

 

スナックエンドウのクリームスープ、チキンジュトースト添えです。
濃厚なスナックエンドウが甘みもあって美味しい
チキンブイヨンを含んだトーストと合わせるとまた最高です
このお料理に合わせてシェリー酒のティオ・ぺ・ぺを出していただきました



長崎産真鯛のポアレ 長野産グリーンアスパラ飾りです。
肉厚の真鯛は皮がカリカリで身はフワフワ♪
アスパラも新鮮で美味しいです
ワインはシャブリの白ワインを合わせてくれました。

 

メインに行く前のお口直し、ラベンダーのシャーベットです。
ラベンダーの香りがふんわり広がり爽やかです
パンも美味しくてたくさん食べちゃいました



最後のメイン料理は前沢牛のフィレステーキ、ポテトコンフィ ボルドレーズソースです。
前沢牛は口の中でとろける
岩塩と胡椒だけの味わいがお肉を楽しめて最高でした
スペイン産の赤ワインを合わせて出していただきました。美味しい



メインの次に出てきたのがプレ・デザート。 デザート前のデザートです
パイナップルとマスカルポーネチーズの冷菓子です。
甘みと濃厚なチーズが絶妙な味わいです



そして最後のデザートチョコレートとラズベリーのパゴダです。
チョコレートの苦味が効いて最高です。
Happy Birthdayの文字を入れてもらいました
ただ・・・この頃から甘い物がキツくなってきた

 

お店からは薔薇の花をプレゼントしていただきました。
この年になって薔薇の花をプレゼントしてもらったのは初めてですよ

そしてホテルのコーヒーってどうしてこんなに美味しいのでしょう
ただ添えてあるチョコのお菓子は・・・つらかった。。。

それでもコース料理は一品一品とても美味しくて
とても幸せな時間を過ごす事ができました
こんな贅沢は当分できないだろうな~ あー極楽でした



これからも美味しいものを食べられるよう健康第一で楽しく過ごして行きたいです
コメント (12)   トラックバック (1)

中華料理・一葉松@西国分寺

2008年06月27日 | 地元グルメ
西国分寺に住んでいた時、よくお世話になった中華料理屋さんがあります。
一般大衆向けで高級感はありませんが
昔懐かしい味で今でも時々食べたくなります



西国分寺の駅から5分ほどの場所にある一葉松さんです
先日、無性に食べたくなって思いつきで行っちゃいました~ 2年ぶりくらい?
店構えは昔から変わらず、店主もママさんも変わらずでした

メニューは豊富でセットメニューもあります。
その中でいつもだいたい注文するのは一緒なのだ



ラーメンとミニ炒飯セットです。
ここのラーメンはオーソドックスなラーメンで炒飯も懐かしい味。
もちろん炒飯スープも付いてきます



大好きな餃子です。このこげ具合がたまりません
味もサッパリで美味しい



油そばです。ここの油そば大好きな味。
ペッパーが効いていて具も多くてしつこくない。
ここの油そばは意外と人気があるらしく、確かに病みつきになる味なんですね~
麻薬が入っているのでは?との噂も



そして満足感たっぷりの五目やきそばばです。
これは野菜も魚介もたっぷりで麺がこげている部分があってそれがまた美味。
塩加減がまたたまりません~

ここの中華、オーソドックスな味わいなんだけど
忘れた頃にまた食べたくなる味です
コメント (12)

プリングルス・セレクト パルメザンガーリック味

2008年06月26日 | スイーツ&スナック
輸入食材店をブラブラしていたら見つけた一品
プリングルス・セレクト パルメザンガーリック味です。



パルメザンチーズとガーリックのフレーバーなんて最高の組み合わせ
ポテトもざく切りのチップになっているようであまり見ない商品です。

家に帰って調べたら、やはり日本製ではないみたい。



一口サイズの厚切りポテトでチーズの香りがふんわり広がります。
噛み締めるとガーリックも香ります。
歯ごたえもいいし軽い仕上がりでしつこくない
これは日本人に受けると思うな~
是非商品化してほしい一品です

ただ忘れたけど輸入品だったので高かった。。。
コメント (2)

映画☆ザ・マジックアワー

2008年06月25日 | 映画・芝居・イベント
三谷幸喜監督の今とにかく宣伝のすごい映画・ザ・マジックアワーを観てきました



最近の三谷作品はイマイチ入り込めなくて・・・
作りすぎてる感があって、あまり期待しないようにして映画館へ行ったのですが~

素直に面白かったです



ストーリー展開は早く、出演者も豪華。何も文句ない映画ですね。
いつもは渋くキメてる佐藤浩一が爆発していて最高です。
素晴らしい役者さんですね



またホロッとするシーンも散りばめられていて、エンターテイメント性はバッチリですね
会場中が笑っていて、私も声を出して大声で笑っちゃいました

もう一度観てもいいかな~

映画ザ・マジックアワーの公式サイト
コメント

オステリア リベロ@恋ヶ窪

2008年06月24日 | 地元グルメ
先週一緒に飲んだマスターにお世話になった(した?)お礼に・・・と
日曜日の夜、友人と一緒にオステリア リベロへ行ってきました
外は生憎のスゴイ雨 行くのを止めようか迷っていたら、
ヒマそうにしていた父も誘って運転手をお願いしちゃいました
ちなみに母は同窓会で実家に帰ってます。。。



夜のリベロは久しぶり。
マスターとママさんは快く迎えてくれました
お洒落な雰囲気でいつも居心地のいい店内です。

 

メニューは手作りでとても可愛く、本日のお薦めは黒板メニューからチョイスです。

 

私達はスパークリング・ワインで乾杯
運転手の父は申し訳ないけどノンアルコールビールです。
でもこれがあるだけでも雰囲気がでますね。



カツオの叩き・ジャポネ風です。
新鮮なカツオの叩き刺身のサラダ仕立てで、ミョウガやシソも入った和風テイスト。
サッパリとした味わいです



エリンギ茸のソテーとイベリコ豚のラルドのせです。
この透明の物がラルドで背脂の塩漬けの事。
しっかりした塩加減でエリンギの旨味が引き立って美味。歯ごたえもバッチリです



カレイと燻製チーズの挟み揚げ
トマトがのってサッパリしていて、カレイは肉厚でサクサク。
チーズもしつこくない

 

いつも注文しちゃう大好きなお料理・里芋とゴルゴンゾーラのテリーヌです。
まったりとした味わいは変わらずに美味しい。
スペインの赤ワイン・テンプラニーニョとピッタリです



そして今回一番感動したお料理、鮎とルッコラのスパゲティーです
鮎の内臓もバッチリ入った苦々しくコッテリした味わいが最高に美味しい
今までに食べた事のない味わいです~
これはこの季節にしか食べられないパスタですね。 もう一度食べたい。。。

 


玉ねぎとサラミの手作りピザです。
そして最後にお肉料理、豚バラ肉のコンフィー
どちらも丁寧な作りで美味いです

お腹が空いていたから、ガツガツと一気に食べちゃったけど
気が付いたら2時間以上居たんですね。
楽しいおしゃべりと美味しいお料理、最高でした

三周年を迎えたオステリア・リベロ
これからも益々美味しいお料理を食べさせてくださいね
「あさぴょんのブログを見たよ」と言ったらサービスしてくれるかな?
コメント (6)

熊祥@国分寺 with まるる

2008年06月23日 | 地元グルメ
先週、国分寺でのプチオフ会でお知り合いになった384さんご夫妻
その後『まるる君に是非会わせてください。』と嬉しいお便りをいただきました

そこで週末がよろしいとの事だったので
天気が心配でしたが日曜日に武蔵国分寺公園で待ち合わせしました



タラタラと歩いて公園に到着し、先にまるるとたまごちゃん投げでお遊び。
ロングリードもどうにか慣れて楽しくなってきました
そうやって遊んでいたら384さんご夫妻登場

と同時に雨が本降りになってきた

ちょこっと呼び戻しで遊んでいただいて、、、
『ラーメン屋へ行きましょう♪』って事でぇ~



テケテケ歩いてラーメン屋・熊祥へ。

まるると一緒だとテラス席しかダメなのですが・・・
この日は雨なのに日曜日で満席
私は諦めて帰ろうと思っていたら・・・ お店の方が奥に席を作ってくれました
いつもありがとうございます



席を作ってもらっているところです
いつも平日に来るからそんなに混んでないけどぉ~
やはり休日は満席で人気があるんですね



実はラーメン熊祥さんは今月一周年記念
このチラシを持っていれば、いつも550円のラーメンが400円なのだ(今月中です)



先に食券を購入するのですが
今回はこのクーポン専用ボタンで購入です



お二人もこのお店は初めてなので真剣です
その間、まるるはぁ~



こんな状態になっていました

ラーメンが来るまではまたしても楽しいおしゃべり。
まるるの相手もしてくださって本当に楽しい時間でした



今回、384さんと私が注文したのはとんこつラーメンです。お互い好みは固麺です
キクラゲが歯ごたえが良くて美味しかったです スープも最高



奥様が選ばれたのはとんこつ付け麺
こちらは平麺で少し伸びていたようで残念。。。
次回は是非あぶらそばに挑戦してくださいね

まだまだおしゃべり足りない感じでしたが一緒にラーメンが食べられて嬉しかった
まるるとももっと遊んでもらいたかったけどまたの機会を楽しみにしております
コメント (9)   トラックバック (1)

名古屋コーチン専門店・串串@国分寺

2008年06月21日 | 地元グルメ
一昨日の水曜日ですが、
オステリア・リベロのシェフに誘われて飲み会でした

シェフとは西国分寺のオステリアのシェフをやっていた頃から顔なじみで
ずーっと一緒に飲みたいね~と話しててやっと実現しました
今月はオステリア・リベロさんが3周年記念なのと
私の誕生日もあるのでダブルでお祝いも兼ねての飲み会です(無理やりこぎつけ)



場所はのんびり飲めるかな~と行きつけの串串(クスクス)に決定。
しかしこの日は平日なのに大混雑
テーブル席が無くてカウンターでの飲み会になりました。



まずはビールで乾杯後、お刺身の盛り合わせです。
この日はメジマグロが獲りたてでとても美味しかったです

 

もちろんメインの名古屋コーチンの焼き鳥です。
前日に跳兎さんで焼き鳥もいただきましたがまた違う味わい。
お値段もいいですしね~



そして大好きな特製つくねです。 卵の黄身と合わせるとGoodです
興奮してボケボケです。。。

 

毎回注文しちゃう無水栽培トマトです。甘くて美味しい
それと甘エビの唐揚げは今回始めての注文です。
大きくてサクサク、食べ応えがありますよ。
もうこの頃にはかなりブッチャケトーク炸裂で大変でした

 

ワインをグビグビ飲みながら出汁巻きたまご海ぶどうの注文。
ちょっぴり複雑な組み合わせだけど味は最高です
他にもたくさん食べて飲んで大満足

今まで一緒に飲んだことが無かったので
かなり突っ込んだ話をし合って盛り上がっちゃいました
私のブログをチェックされているのも知っちゃったし~
もしお嫌でなかったらまたご一緒していただきたいです

オステリア・リベロも三周年のお祝いにお食事に行こうと思います
コメント (4)

ヤクルトvsソフトバンク@神宮球場

2008年06月20日 | スポーツ・テレビ
昨日は久々の野球観戦です



カードはヤクルトソフトバンクです。
交流戦だし、久しぶりだし嬉しい~

 

前回美味しかった宮崎地鶏炭焼き風を買っちゃいました。
しかぁ~し、前回よりも値上がり&少量になってたよ
味はまぁまぁなのにね。
神宮球場はもうちょっと美味しい料理の提供をお願いします

 

そして昨日はベジタブルナイターだったのです。
長野県川上村の村長さんがいらして村のアピールです。
今回はレタスのプレゼントで確率は10分の1。
これは見事大当たり レタス一個いただいちゃいました



試合の話はしたくないけど・・・
昨日は変な試合でした。。。
一緒に応援へ行ったまうみぃはソフトバンクと間違えて点が入ったら大声で喜んじゃうし、
その後の展開もスキッとしない試合運びでしたねぇ。
もちろん傘も振りました



でもこちらのシーンの方が多くて・・・
今シーズン現地で初負け試合です。。。

まぁそんな事もありますよね。レタスもらったからいっか



ここんとこ三連チャンで夜遊び三昧してて・・・
まるるごめんね
今日からはベッタリします
コメント (2)   トラックバック (1)

あなぐらで二次会@国分寺

2008年06月19日 | 地元グルメ
跳兎(ちょと)で思い切り楽しんだ後、
まだまだおしゃべりし足りなくて二次会へ行きましたよ

 

場所は北口に行ってyossyさんの学生の頃から通っていたというお店、
あなぐらさんです。
同じビルの2階にある串串はよく行ったことがありましたが
このあなぐらさんは初めてです



地下に入っていく雰囲気はまさにあなぐら
暗めでダークなイメージかと思ったら逆に居心地がいいです



仕切りなおしで生ビールで乾杯
またまた面白トークの再開です。



そしてまだまだ食べるのだ
ミックスピザです。具がたっぷりでチーズはのびのび~
味わいも懐かしい感じでとっても美味しかったです。



もう一品はチーズリゾットです。
トマトベースのリゾットに海苔がのっているのが面白い。



ここにチーズをたっぷりと乗せちゃいます
これがまた美味い



yossyさんはカメラを購入予定で、この時の384さんのカメラに興味津々。
私もこのカメラは欲しくなっちゃうくらい
使い易くて高性能、軽くていいカメラでしたよね

地元の話でも盛り上がり、気が付いたらすごい時間
本当に初めて会ったとは思えないくらい楽しくて
久しぶりにいい気分で飲んじゃいましたよ

今回は本当に誘っていただいてありがとうございました
yossyさんは想像以上に綺麗な方で上品で素敵な方でした。
384さんはご夫妻で感性がとても若くてパワーがあり楽しい方でした。
三人の方に楽しい時間とエネルギーをいただいて私も元気になりました
また地元のディープな話をしましょうね
コメント (6)   トラックバック (1)

地元ッティ~とプチオフ会@跳兎(ちょと)

2008年06月18日 | 地元グルメ
昨日はね、突然ブログ仲間のyossyさんに誘われて・・・
プチオフ会が地元・国分寺で開催されました

場所はみんなの大のお気に入り跳兎(ちょと)さんです



今回はyossyさん384さんご夫妻とのオフ会に誘っていただいたんです。
yossyさんとは2年以上のブログ上でのお付き合い。今回初対面です。
そして384さんとはブログ上でチョコチョコとコメントをし合っていたので
本当に嬉しいお誘いでした。
ドキドキワクワクでお店に向かいましたよ

お先に384さんご夫妻がいらっしゃって少し自己紹介した後に
主役のyossyさん登場
いよいよ宴会の始まりです

まだデジカメ修理中の為
変な写真ですが(腕が悪いのよね)お二人のブログをチェキラして下さいね。

 

まずはお通しの甘~いキャベツです。お味噌が最高ですね。
それとキノコのマリネは旨味がギュっとしてサッパリ

 

定番で注文ですね大人のポテトサラダラタトゥユです。



今回嬉しかった初お料理①、マグロとアボガド和えです
大き目のマグロとアボガドがとろけて最高。
ソースがまた美味しいのですよね~
大事大事に一つ一つ食べちゃいますね。

 

もちろん串焼もいろいろいただきましたよ
炭火でジックリ焼いた串焼は最高ですね。



この頃にはみんな盛り上がっちゃって話が止まらない!
yossyさん384さんも奥様もとても楽しい方で
ブログやネットの話、お店の話やカメラの話まで盛りだくさん。
384さんは男性なのにスイーツのお話を熱く語っていて面白かったです

ワインもグイグイ進んじゃいました
なんでもここのマスターはソムリエの資格を持ってらっしゃるお方。
美味しいワインを用意されているのも納得ですね。
本当に美味しくクイクイ行っちゃいましたよ

ちなみにグラスの向こうでピースされているのが384さんです
写りが悪くてゴメンなさいねぇ。



今回嬉しかった初お料理②、鰻オムレツです。
フワフワのプルプルで登場 美味しそう



割ってみたらこんなにゴロゴロの鰻さん
濃い目の味付けで赤ワインにピッタリでした



今回嬉しかった初お料理③、焼きおにぎりです!
みなさん大絶賛のこの焼きおにぎりを食べられて嬉しい
カリカリで歯にくっ付かない素晴らしいですね。
みなさんの写真を見ていて大きいのを想像してたけど意外と小さめ。
この大きさがまたいいんでしょうね

いやぁ~食事・お酒ともに大満足のお店ですね。
それでいてとてもリーズナブルで皆さんが通いたくなるのも納得です

この後も話が止まらず、、、
結局二次会へとお店を移動したわけです。
その話はまたねぇ~
コメント (4)   トラックバック (1)

世界遺産☆イスタンブール市内観光

2008年06月16日 | 海外旅行
6日目はカイセリ空港から飛行機でイスタンブールへ。



イスタンブールは市内が世界遺産に認定されています
バスでの移動中にも遺跡や古い城壁跡などを見ることが出来ます。
ローマ帝国時代に造られたヴァレンス水道橋です。
石造りでオスマン帝国時代まで市内へ水を供給していた物で
今ではここの下が車道になっています。



最初に訪れたのはローマ時代の大競技場跡です。
この時代には戦車の競技も行われていたり、反逆者の処刑の場でもありました。
今ではオベリスクの記念碑が残されています。



イスタンブールの象徴とも言えるブルー・モスクに来ました。



1616年に出来たモスクはヨーロッパではキリスト教が繁栄していたのに反して
イスラム教の象徴として造られました。
外観も素晴らしいですがタイルで装飾された広い内部も素敵です。
礼拝堂に向かってたくさんの人々がお祈りをしています。

 

メインドームの直径は23.5mもあり高さは43mとかなりの大きさ。
下から見上げると果てしなく高く感じます。
絨毯も綺麗で毎年敷き替えているそうです

 

次の場所への移動中でも遺跡調査中の場所がたくさんみかけます。
ここはホテル・フォーシーズンズの建築予定地でしたが
遺跡が出てきてしまったため建築できなくなり、今後は公園になる予定です



次に訪れたのがトプカプ宮殿です。
オスマン帝国時代に帝王の邸宅として造られた宮殿で
今ではその時代の豪華な調度品や財宝や資料を見ることが出来ます。

 

宝物殿には50カラットものダイヤモンドから眩しい位の宝石が展示されていたり
その時代の衣装や資料など見ることも出来ます。
この煙突の立っている建物は、スイーツだけを作るための台所です。
昔からトルコでは甘いものには目がなかったようです

  

宮殿奥には別料金でハレムに入る事が出来ます。
ハレムは男子禁制の場所で日本で言う大奥のような場所
国王と選ばれた者しか入ることが出来ない場所で
古いノスタルジックな雰囲気そのままで、奥に進むに連れて豪華な装飾品が多くなってきます。
一番奥の部屋には素晴らしいシャンデリアや大理石がふんだんに使われていたり
ため息が出るばかりです

 

最後にシルクロードを渡った日本の伊万里焼伊万里焼のお皿を見ることが出来ました。
こんなに昔でも日本とつながっていて、
今の時代にこのトルコで日本の古美術に会えるのかと思うと
本当に不思議な感じでした
コメント (5)

セレブ・デ・トマト@渋谷

2008年06月14日 | 都内グルメ
ブログ仲間のけんとさんが以前に行ったトマト料理の専門店。
ここがとても美味しかったと聞いたので
是非連れて行ってもらいたく今回、友人のまうみぃさんも誘って
渋谷まで行ってきました

 

セレブ・デ・トマトさんです。
さすが場所は青山。オサレな入口です
店内に入ると美味しそうな熟した可愛いトマト達がお出迎えしてくれます。
またトマトジュースからトマトジャム、トマトのスイーツが並んでいて
お店に入ってからテンションが上がってしまいます

メニューはもちろんトマトづくし。
どの料理にも必ずトマトが入っていてどれも美味しそう。迷っちゃいます

写真はデジカメ修理中の為写りが悪いですがお許し下さい。。。



スウィートトマトとカンパチのカルパッチョです。
トマトの甘みと酸味が爽やかで最高です。

 

グリーンゼブラのフリットです。
グリーントマトのゼブラ種をフリッターの生地で揚げた物で
トマトの酸味がしっかりありますがフリッターのふんわりした味わいとマッチ
トマトの塩とゴルゴンゾーラソースが付いています。
トマトの塩で食べると酸味が引き立ち
ゴルゴンゾーラソースで食べるとマイルドになってなんとも不思議な味わい。
もちろんそのままでも充分美味しいからもっと食べたくなっちゃいます



完熟トマトと野菜のポトフです。
グツグツと音を立てて登場
お野菜もたっぷり入っていてソーセージの出汁も出て最高に美味しいです。

 

お肉も食べたくなって・・・
イベリコ豚のグリル・フレッシュトマトソースです。
どちらがメインか分からないくらいトマトだたっぷり
グリルの状態も良くてジューシー。
そしてトマトそのままのソースと一緒にいただくとさっぱりします

ドリンクはけんとさんまうみぃさんはトマトの焼酎を飲んで
私はイタリアワインをいただきました。
爽やかな飲み口でトマトとぴったり。グイグイのんじゃいます



パスタの種類が多くて散々迷った挙句チョイスしたのが
牡蠣とトマトのクリームパスタです。牡蠣好きにはたまりません
プリプリの牡蠣が最高の味わいでトマトと不思議に合うからビックリ
クリームなので重たいかと思ったらトマトで爽やかに仕上がっていて
ウハウハ言いながら食べちゃいました



リゾットの種類も多くて今回は
完熟トマトとキノコのアンチョビリゾットをいただきました。
こちらも旨味はしっかりだけどしつこくなく美味しい
ご飯を白米か十穀米か選べますが、リゾットの出汁を楽しむなら白米で正解でした

ここでかなりお腹がいっぱいになって来たけど
もうちょっと食べたいなぁ~と欲を出しちゃって注文したのが・・・



フルーツトマトと雲丹のクリームパスタです
こちらもクリームだけどトマトの爽やかな味わいで
雲丹の濃厚なソースとビックリの美味しさでした

これだけ注文して店員さんもビックリしたのか
「これが最後のパスタになります。」と念押しされてしまった。。。
そりゃそうだよね~ 待ってるお客さんも居るしねぇ。

それなのにスイーツも注文しちゃいました



私は白ワインをベースにしたフルーツトマトのジュレ
まうみぃさん自家製トマトジャムのロールケーキ
けんとさんトマトのクリームプリュレです。
どれも甘ったるくなくてトマトの味わい満点のスイーツ
本当にどれも美味しくて最高でした

おしゃべりも楽しくて時間もあっと言う間。
店員さんも優しい対応で、料理も終わったら次が出てくるという徹底したサービス振り
メニューは他にもいろいろあるので、また来た時は食べていない料理にチャレンジしたいです
コメント (6)   トラックバック (1)

洞窟ホテルでハマム(トルコ風呂)体験♪

2008年06月12日 | 海外旅行
トルコでは6箇所のホテルに宿泊しました
今回のツアーでは全て五つ星のホテルと表示がありましたが・・・
本当にそうなのか?と疑いたくなるホテルもありました

そんな中でコンヤで宿泊したテデマン・コンヤは素敵なホテルで
プールもあったのでホテルライフを楽しもうと泳ぎに行っちゃいました



想像より小さいプールでしたが誰も居ずに貸切状態
思いっきりバカやって楽しんじゃいました。
上がる時にシャワーを浴びようと行ってみたらハマムがあったんです



ハマムとは伝統的なトルコ式浴場の事で、昔はとくに男性の集いの場所だったところです。

今ではほとんどの有名ホテルではハマムが設置してあり女性も利用できます
プロのマッサージ師がアカスリから洗い、マッサージまでしてくれるので
私はちょっぴり体験したかったんです



ここのプールに併設しているハマムは個人で利用する施設になっていました。
中央には大きな石盤があり、蒸気で常に温められていて
ここに横たわってマッサージをしてもらいます。
最近で言う岩盤浴みたいな感じでポカポカと温まります



そしてカッパドキアでは洞窟ホテルに泊まりました。
これは追加料金を払ってウチヒサル・カヤという洞窟ホテル指定です



部屋の中はシンプルだけどとても可愛くてアメニティーもバッチリ。
洞窟の家でも体験しましたが、落ち着いていてとても静か。

実はここのウチヒサル・カヤホテルのハマムはとてもいいよ、と
トルコ人ガイドさんから薦められたので思い切って挑戦する事にしちゃいました
一緒に行ったpecoさんは男性は絶対にイヤと言うので女性にお願いする事を約束で
基本のコースをお願いしました



基本コースには水着になって、サウナ、アカスリ、洗い、マッサージ、そしてプール付。
今回はガイドさんがお願いしてくれて泥パックもサービスしてくれました



女性のプロの方が付いてくれてまな板の上の鯉状態。
たんたんと行程を済ませていきます。
面白かったのがこの泡で体を洗ってくれるもの。
バブルが体中を覆ってフワフワして不思議な感じなんです

そしてマッサージも最高に気持ちよくって
今までの旅の疲れを一気に取ってくれました



最後には泥パックもしてもらいプールでも遊んで大満足。
アカスリで体もツルツルで最高の気分でした。
ちょっとした王様気分です



素敵なホテルで本当だったらもっとゆっくりと滞在して
綺麗な外のプールでも泳ぎたかったですね

カッパドキアで有名なのが気球に乗って遊覧するツアーがあります。
早朝から気球に乗って渓谷や岩山の雄大な景色を楽しむのですが
私は高所恐怖症なので辞退しました



でも朝早くから起きて気球の浮かんでいる景色を楽しみました
朝焼けと共に次々と浮かんで来る気球は幻想的でした

またツアーの中で気球遊覧ツアーを体験した方々は大興奮で
「とても良かったよ~」と写真も見せてもらいお話を伺いました。
約23000円くらいしますが最高の思い出になると思います
またカッパドキアに訪れる機会があったら・・・チャレンジしてみようかな
コメント (2)

トルコ旅行五日目・世界遺産☆カッパドキア

2008年06月10日 | 海外旅行
四日目はマホメットの髭が展示されているメヴラーナ博物館へ行ったり、
神学校の跡地であるインジェ・ミナーレを見学しました



だいぶトルコ内地に入ってきたのでバスからの風景もちょっぴり違います。
この辺りでは羊飼いの姿も見られました
そして5日目は自然の力で出来上がった奇岩の渓谷が広がる
世界遺産のカッパドキアです。

 

宿泊地コンヤからバスで3時間行って到着。
バスから降り立ったら目の前には岩ばかりの渓谷が広がります
もうこの景色には大興奮です

 

この美しい風景にピッタリのラクダさんが居たり、、、
お土産屋さんもたくさん並んでいて、そこをプラプラも楽しいです

 

次に来たのはカイマルク地下都市の見学です。
入口を入っていくとヒンヤリと一気に涼しい空気になります。
背の高い人だと頭が付いちゃうような狭い洞窟が迷路のようになっています。



迷子にならないようにちゃんと順路も記されています。
この地下都市は10世紀以前にこの地に住んでいたキリスト教徒たちが
アラブ系民族から逃れるために造られた物と言われています。

ちゃんと礼拝所もあり、炊事場、ワイン貯蔵庫など
目的に合わせた部屋が迷路のようになって点在しています。
このような地下都市がカッパドキアには何箇所かあるそうです

 

カッパドキアで面白い体験がありました。
洞窟住宅でティータイムです
一般家庭におじゃまさせていただき、洞窟住居を体験させてもらうのです。
部屋の中は夏は涼しく、冬は温かい構造になっていてとても落ち着きます。



トルコのお茶・チャイを飲ませてもらってゆったり気分です



この後、ギョレメ・オープン・ミュージアムに行きました。
この地域にキリスト教徒が暮らし始め
岩をくりぬき教会や修道院を造ったものをそのまま博物館として残してあります。

 

この博物館には何箇所か教会跡がありますが
その中の「暗闇の教会」と呼ばれていた光があまり入らない教会には
保存状態がよいフレスコ画が残っています
別料金ですがもちろん拝観してきました。
このフレスコ画は「キリストの誕生」や「最後の晩餐」などを描いた作品もあり
素晴らしくてとても感動しました

 

左はラクダ岩、右の写真はキノコ岩です。
カッパドキアは見所が他にもたくさんあります
今回は忙しいスケジュールでゆっくりと見られなかったのが残念
トルコでもう一度行けたら今度はゆっくりしたいですね
コメント (5)