Cheerful Days!

大好きなお酒を片手に 毎日楽しく過ごしたいな

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ちょこっとボスニア・ヘルツェゴビナ、とホテルトラブル

2010年06月29日 | 海外旅行
トロギールを出発してホテルへ向かいます



途中、アドリア海を横目に東へ向かいます。
海側の反対側はすぐに岩山がそそり立っていて海側は所々にリゾート地があり素敵



クロアチアは果物も豊富で至る所に果樹園がありました。
ワインの産地でもあるのでブドウ畑も多かったですよ



途中、ボスニア・ヘルツェゴビナの国に入ります。
もちろん車の検査もされるわけです。 腰に銃を着けた人がすぐ目の前にいるのでちょっとドキドキ。



ボスニアはクロアチアよりも物価が安い為、ここでちょっぴりお買い物&トイレタイム。
他の国のツアー達も立ち寄る小さなスーパーマーケットです。



日用雑貨を売っているというより、観光客向けのお菓子やお土産物が多かったですね。
そんな中でもハムやチーズもいっぱい。 許されるのなら買って帰りたい~



『珍しいボスニアワインです!』と日本語でも説明が(笑)
確かに日本ではお目にかからないワインですね。 買って帰りたいけど重さが・・・
なので小さなワインを何本か購入してみました



長いバス旅。 やっとホテルに到着しました。

今回のホテルはこの旅一番良いホテル。 ロビーにもセレブっぽい雰囲気の人が多く
素敵なプールも見えてみんなでワクワクになりました

 ここでまたトラブル

4. 添乗員が「すみませ~ん、このホテルではありませんでした。」と
  みんなガックリ、、、疲れもドッと出た。。。



結局、また荷物をバスに乗せて出発。 5分ほど走って本来のホテルに到着です

ここでまたしても私達の部屋は最悪な場所に。
フロントオフィスの裏部分の部屋。 ロビーでは下手な歌手が大声で歌っててうるさいし
窓の外を見ると人が行き交う入り口部分。 これにはもうpecoさんキレた

添乗員にガガガーっ!!!とぶちまけて「この旅行、全然楽しくない!!!」と言い放ったのだ。

そしたらヤツは「そんな事言わないで下さいよ。私は一生懸命やってますよ。楽しみましょうよ~。」と

原因はオマエじゃあ!!!



怒りも収まらず、すでに8時になっていたので夕食会場へ。
ここではバイキング形式。 シェフも熱々のステーキなど焼いていて種類も豊富。
たまにはこうやって好きなものを食べられるのはいいですね

そして今回のホテル間違いトラブルの件でまたまたみなさんにドリンクサービスされました



お部屋は・・・と言うと、「私が頑張って交渉した結果、海の見えるお部屋に替えていただきました。」と。

別にそんなのを希望している訳ではないけど、他の人たちは3階や4階の部屋だったりして
とにかく添乗員が部屋割りをしっかりしていないのだ

頭来たので飲まなきゃ寝られない!!!

お土産用に購入したボスニアの赤ワインを空けちゃいました。 プンプン


次の日の朝・・・



最悪な事に大雨。。。  もうガッカリと心はズタズタです



朝食を終え、出発前にロビーに集合した時に添乗員から今までのトラブルの釈明(言い訳)発表。

メインホテル「イエゼロ」に泊まれなかった件ではオーバーブックがあり
エージェントの不手際だが旅行会社の責任として『一人15000円キャッシュバック』の形となりました。
それ以外の不手際にも切々と説明がありましたが・・・
この時点でとにかく納得が行かないので、帰国してからこちらもクレームしようと相談しました。

この日のホテル、ドブロヴニクのホテル・ティレナは決して悪いホテルではありませんでした。
三ツ星ホテルだし、アメニティーも揃っていて料理もGood
ただ最初に連れて行かれたホテルと比べると落ちてしまうし部屋割りによると思います。
とにかく、まだ旅行は半分。 楽しもう、楽しもう、と言い聞かせて
世界遺産・ドブロヴニクの観光へ向かいました
コメント (6)

オステリア西国分寺@西国分寺

2010年06月27日 | 地元グルメ
先日、ワイン会の仲間と久々に飲み会



お店も久しぶりにみんなで訪れました。 西国分寺のイタリアン・オステリアです



お疲れ様ぁ~でスパークリングで乾杯 この後遅れて一人入って総勢5人で飲み会です。



オードブル盛り合わせ。 茄子のトマト煮込みかぼちゃグリルキノコマリネスペイン風オムレツです。



大好きなお料理・トリッパです。 トマトがたっぷりで甘みもあって美味しい



本日のピッツァから小海老とプチトマトとモッツァレラチーズのピッツァです。
小海老がプリプリでトマトの酸味とピッタリ



取り分けちゃった後の写真ですが、本日のパスタからシラスと空豆のペペロンチーノ
ガーリックも利いてオイルの絡まり具合が最高



ここで面白い白ワインを注文。 
シーズン物ですがメゾン・リビエール サッカーラベルです。 フルーティーで酸味がキリリ
フランスワインですが、フランスは予選敗退だっけ?

そしてみんなが大好きなエスカルゴ香草バター焼きです。 最高



お店の方が「最近人気のピッツァなんですよ。」と薦めてくれた一品です。
ルコラ、オクラ、ズッキーニ、チコリのバジルペーストピッツァです。 出てきてビックリ
青々としたサラダピッツァですが、野菜のバランスとチーズ、バジルの味が深くて感動の味でした



ここで赤ワインを追加、私が好きなネロ・ターボラです。 Good



スペック(生ハムの燻製)と帆立小柱と水菜のトマトソーススパゲッティです。
やはり今の季節のトマトソースは絶品ですね。 ハムの燻製はイマイチ伝わらなかったけど美味しかった



ポルチーニ茸のリゾットです。 〆に入っても美味しくってモリモリ



最後にお肉が登場 頼んでいたのをすっかり忘れていましたぁ
イベリコ豚肩ロースのタリアータです。 タリアータとは薄切りの事。
でも薄切りではなくてしっかりステーキ状態。 脂も美味しくて味わい最高です



スイーツをみんなで少しずついただきました。 スッキリシャーベット



店内もお客さんでいっぱい。 いつ来ても人気のお店ですね。
今回は6月の誕生日が3人も居たのでそのお祝いもしました みんなどうもありがとう
そしてお料理もたくさんいただきました。 ご馳走様でした
コメント (2)

3日目☆世界遺産・トロギール

2010年06月26日 | 海外旅行
納得いかないホテルで旅行3日目になりました。



朝食はこのホテルが一番ショボかった。。。
パンとソーセージ、ハム、チーズだけ。 玉子も野菜も無かったのだ。
朝食会場は激混みで周りはほとんどフランスのご老人達ばかり。 どうやら何かの大会があったようです。

予定では国立公園を散歩する事になっていたので余計なあまり時間があり、ゆっくりホテルを出発。
ここから約4時間かけて世界遺産の街・トロギールへ向かいます



ガイドブックからの写真です。トロギールはご覧のような島になっています。

もともと島ではなく、都市防衛の為に塀を張り巡らせこのような島の形となりました。
本土とは10mほどしか離れていないので長崎の出島のようです。



正面に見えるのはカメルレンゴの砦です。
島の西側にあり敵を監視するために造られました。 今は展望台になっています。



トロギールに入ったら雨になっちゃって。。。
周りはパームツリーが植えてあり南国ムードのこの地区。 なのに肌寒い

例年この時期は夏モードで海水浴をする人の姿もみられるそうですが
今年はおかしい、とガイドさんも言っていました。 やはりアイスランドの噴火の影響かなぁ?
気持ち良さそうなカフェも人がまばらです。



一歩道を入ると可愛いお土産屋さんやレストランが立ち並んでいます。
海に囲まれた場所なのでシーフードのお店がたくさんありました。 どこも美味しそうな香り



そしてランチタイム。 日本人も多く訪れるレストランのようでドリンクメニューは日本語(笑)
トロギールではユーロも使えるようです。



クロアチアの魚スープ・ユーハサラダヒラメのフライです。
お魚が美味しくて感動。  デザートにチョコアイス入りクレープ。 甘すぎず美味しい



食後、ちょっとしたトロギール観光。 この頃ちょうど雨も止んできました。
左は聖ロブロ大聖堂です。奥にはトロギールのシンボル・時計台
横には現在も利用されている市庁舎があり、この広場がトロギールの中心になります。



ここで自由時間をいただいて聖ロブロ大聖堂に入りました。 10クナ。
12世紀に建造された大聖堂で天上や壁面に面白い彫刻が多くあります。
天上に逆さになった守護神の姿もありました

大聖堂の展望台へ登ってみる事にしました。



入り口部分はとても狭く、行き交う人とは声を掛け合い譲りながら登ります。
高いし狭いし怖かったぁ



天気はイマイチでしたが展望は気持ちいい。 クロアチアではどこでも見られるオレンジの屋根一色です。

ここからアドリア海を眺めながら5時間かけてドブロヴニクのホテルへ向かいます
コメント

ノーマン・ロックウェル展@府中市美術館

2010年06月25日 | 映画・芝居・イベント
旅行ネタはちょっとお休みして・・・

大好きな画家の展覧会があったので行ってきました



アメリカの有名画家・ノーマン・ロックウェルです

彼の作品は学生の頃から大好きで画集はもちろん、
部屋にはお気に入りの絵を飾りカレンダーも揃えていました



その展覧会が府中市美術館で開催されました。

府中市民でいながらこの府中市美術館へ入るのは初めてです。
小さな美術館ですが、綺麗で明るく、展示品が見やすくて何より空いてるのが嬉しいですね

ノーマン・ロックウェルは
アメリカの有名雑誌「サタデー・イブニング・ポスト」の表紙を47年間も毎週続けて描き続け
もっともアメリカに愛された国民的イラストレーターと言えます



誰もが目にしたことがあると思いますが、アメリカの文化・風刺を上手く表現していて
一枚の絵だけでその人のドラマや歴史が伝わります
家族を描いた作品は愛にあふれていて、こちらまで幸せな気分になります



展示品の数は多くはありませんでしたが、どれも心温まる作品ばかりで
ポスト誌以降の知らない作品もあり、彼の歴史映像もあり大満足でした

ミュージアムショップが小さいので、もうちょっとグッズがあると嬉しかったなぁ。
まぁ、お財布には嬉しかったですね
いつかはアメリカのマサチューセッツ州にあるノーマン・ロックウェル美術館に行きたいなぁ
コメント

プリトヴィッツェ湖畔国立公園&ホテルトラブル!

2010年06月24日 | 海外旅行
首都ザグレブからバスで移動して国立公園内に入ってきました



まずはランチ、とても可愛い雰囲気のレストランです

ここで今朝の徒歩観光になってしまったお詫びに一人一杯のドリンクサービスが告げられました。
この時はラッキーと思っていましたが、このお詫び行為がこの後何度も出てきます



私は白ワイン。 クロアチアはワインの造りが盛んで美味しいワインがいっぱいあります。
ビールも多く、一緒の席の旦那様がビールを頼んでいたので一口いただいちゃった

メニューはコンソメスープサラダ、そしてクロアチア料理のペカと言う壷焼き料理、この日は仔牛の壷焼き
ほとんどのメイン料理にはポテトが付いていますが、これが美味しい
食後には名物のげんこつドーナツ、沖縄のサーターアンダギーみたいなものですね。

お料理もなかなか美味しく満足、満足。 そしていよいよハイキングです。



世界遺産のプリトヴィッツェ湖群国立公園です。

ここには16の湖と90を超える滝がある壮大な国立公園です
たくさんの学生達や家族連れ、ワンちゃんの姿も見られました。



入り口すぐに壮大な景色が眼下に広がりました これにはもう感激。
写真だけではなかなか伝わりにくいですが、小さな矢印を入れました。 ここに人がいるんですよ。
標高差150mの中に滝が湖を作り、また滝があり、という景色。矢印部分までも歩いて行きます



約4時間ものハイキングなんて、きっと大変で途中リタイヤじゃないか心配していましたが
なだらかな遊歩道で歩きやすく、キレイな景色で贅沢なハイキング
水の透明度が素晴らしくお魚もくっきり。



大滝まで来ました。 水の量が豊富で圧巻の景色です。 しばしここでボーゼン



滝の降り口に登ってみたら虹が見えましたよ。 しゃべる声が聞こえないほどの水の量です



どこを見ても絶景。 湖の色がいろいろな青でキラキラ



約二時間半ほど歩いて一旦休憩ポイント。 ここでビールを一杯

そしてここからボートで別のポイントへ移動です。
ボートからの景色もどれも素晴らしいの一言。 ただここから天気が悪くなってきて雷ゴロゴロ・・・



みんな傘を差したりカッパになったり用意がいい。
私はまったく用意していなかったので~ 濡れながらも雨の公園を楽しみました



雨の中を約1時間のハイキングで終了。 最後はエコロジーバスに乗ってスタート地点に戻りました。

ここで本来宿泊する予定だったホテル・イエゼロ前を通って宿泊ホテルへ移動しました

はい、実はここでまたトラブル それも大トラブル

3. ツアーで最大の目玉ホテルに泊まれなかったんです。 今回のツアー名は
  『プリトヴィッツェ湖群国立公園内のホテル・イエゼロに宿泊・美しきクロアチア・スロベニアの旅8日間
  となっていて、そのタイトルとなっているホテルがオーバーブッキングした、と言うのです

それは移動中のバスの中で告げられ、一同騒然となりましたが
テキトー添乗員が『グレードアップしますから。』などと言ったもんだから
少しホッとした人たちも居ました。 でも私達は激怒です
  



今回の代替ホテル、ホテル・マコーラです。

ランクアップと言われたホテルですが、、、実は私達の部屋は矢印の3階部分。
ほぼ増築したと思われる屋根裏部分の部屋だったのです

窓は高い場所にあるので背伸びしないと外は見えず、その為に部屋は暗い。
ベットは小さくてドライヤーもなし。。。 これでグレードアップのホテルと言えるのか



狭いロビーには不思議な剥製がいっぱい居ました 可愛い仕草なんだけど微妙。
食事も普通で、このディナーでもまたドリンク一杯サービスがありました

唯一このホテルで良かったのは地下がスーパーマーケットだった事。
なのでお菓子などのお土産やワインなどここで購入できました。

でも・・・国立公園内のイエゼロに泊まるのは目的の一つで
次の日の朝は早く起きて公園内をお散歩するのが楽しみだったので非常に残念でした

今回、一番のトラブルでしたが、、、まだまだ続くのです
コメント (10)

2日目☆クロアチア首都・ザグレブ

2010年06月23日 | 海外旅行
フランクフルト空港から乗り継ぎオーストリアのグラーツへ

まず、ここでちょっとトラブルが・・・。


1.私達2人は自由行動をしたのでクロアチアの通貨・クナへの両替が出来たのですが
 他のみなさんはまったくできなかった、との事。
 添乗員が空港内を探したけど両替できる場所がない、と言い張ったのだとか。
 ここでみなさん添乗員への不信感がフツフツ・・・。

私達は良かったですが、他のみなさんはこの為に次の日の自由時間が両替時間となってしまいました。



さてさてグラーツへ出発、実はこの時点で2度目の乗り継ぎなのです
(最初はミュンヘンからフランクフルト入り)。

そう、すでに夜中。。。 そしてバスに乗り込み約2時間半でホテルに到着。
チェックインして部屋に入ったのは夜中の3時でした



朝食はハムにチーズ、フランクフルトに美味しいパンが揃っていて
今考えるとこのホテルが一番朝食が良かったなぁ

そしてロビーの集合時間8時半が過ぎてもなかなか出発しない
ここでまたトラブルが。。。

2. ここはクロアチアですが専任ドライバーはスロベニアの方。
  スロベニアはEU加盟国で規約により9時間以上の仕事はそれ以上の休憩が必要と言うのだ
  その為バスは使えず、歩いての市内観光となったのです。



最初はみなさん怒っていましたが市内をのんびり散歩できるのもまたいいもの。
(でも午後は約4時間のハイキングが予定されていたので体力は温存したかった)
途中、オシャレな本屋さんがあったり、大学の横を通り学生達の様子を見たり
町の空気を楽しむ事もできました(なるべく前向き。。)



そしてトラムへ乗りました。 市民にとっては大切な足となるトラム。
これに乗れたのはちょっとルンルン。 2駅分なら無料で乗れるのです。
揺れも少なく快適 街中を見学しながらクロアチアの方々と一緒に過ごせ嬉しかったです



首都・ザグレブの中心地、共和国広場です。
朝の通勤時間なので人がたくさん行き交っています。



新市街と言われるこの地区はオフィスやショッピングセンター、文化施設が集まり賑やかです。
少し路地に入るとカフェがたくさんあります。
クロアチアはカフェがとても多く、テラス席もたくさんあるのでワンコ連れも多く見かけました



ザグレブで有名な世界で一番短いケーブルカーです。
少し前の弾丸トラベラーでも紹介されていたので乗れるなんて嬉しい

ケーブルカーの高低差はわずか20メートル。
乗ってる時間も55秒とほんのわずかの時間です



丘の上は旧市街になっていて古い建物も多く残っています。

こちらは聖マルコ協会。 13世紀に建てられたゴシック形式の教会。
赤・白・青のタイルで造られて屋根のデザインがキレイ



もう一つの教会・聖母被昇天大聖堂です。 こちらはネオゴシック様式の建物。
高さ100mもあるのでザグレブのシンボルとなっています

ここ旧市街は昔、2つの地区に分かれてた歴史があり2つの教会が存在しています。



ここでフリー時間をいただいて、私達はお土産時間に走りました
クロアチア・ザグレブではハート模様の品々が有名でカワイイ雑貨屋さんがいっぱい。
このお土産屋さんはリーズナブルでいろいろサービスしてくれました



ザグレブの台所・青空市場です。 天気も良く、果物や野菜がキラキラ
こちらで有名なドライフルーツやジャムも売られていて
別の場所では鮮魚市場や花市場、洋服やバック・靴などが売られている用品市場もありました。
見ているたけで楽しい



わずかな自由時間が終了。みなさんと合流し出発です。
私達はいろいろお土産を買ったりできましたが、みなさんは銀行へ両替へ行き
それだけで自由時間が終わってしまったそうです



首都・ザグレブを後にして約2時間ほどのバスの旅。
この日のメイン・プリトヴィッツェ国立公園へと向かいます
コメント

ルフトハンザ航空でフランクフルトへ

2010年06月21日 | 海外旅行
2010.5.31~6.7 憧れの地・クロアチア&スロベニア旅行をしてきました
ゆっくりになりますが少しずつ紹介していきますね



初日、成田空港を10時半に集合。 初めてのルフトハンザ航空です

まずは集合場所でみなさんと顔合わせ。 そして添乗員さんから説明をグダグダ聞かされて
早めに退散してランチへ



なぜか日本国を出発前には和食が食べたくなります
ここでpecoさんと意気投合。 お寿司に決定。 私はビールで景気づけ。
時間も無かったので急いで出していただいて一気食い。 この頃はまだワクワクでした



いよいよ乗り込みました。 新しい機体で2-4-2の席列で窓側2列に座れました。

ここでバラバラにされた同行者も居て少しゴタゴタしたりして、
この頃から添乗員さんに少し不信感がフツフツと・・・。 でも楽しい空の旅に気持ちを切り替えて



お楽しみの機内食です。 もちろんアルコールは飲み放題。本場のドイツワインをグビグビです

お料理は左は私、白身魚のサフランソース風味 クリーミーなほうれん草、タリアレッレパスタです。
右がpecoさんの和風牛肉のバーベキュー、タマネギ、人参、スイートポテト、枝豆、ご飯です。
共通に前菜がハム&グリーンサラダ、そしてなぜか沢庵巻きとかっぱ巻きも入ってました 

味も良くてゆっくり食べさせてくれたのが嬉しかったなぁ~ グビグビ



そしてお楽しみエンターテイメント、日本語吹き替えの映画もたくさんあり
私は「マイレージ・マイライフ」、「恋するベーカリー」、「しあわせの隠れ場所」の3本を鑑賞。
どれも楽しい作品でしたが、特に「幸せの隠れ場所」のサンドラ・ブロックは素晴らしかった
感動作品で幸せな気分になりオススメです



ルフトハンザは二階建てでした。 地下に行くと・・・



トイレがずらり。 個室も広めで明るくいいですね

ドリンクブースもあり常にジュースやミネラルウォーターが置いてありましたよ。



約12時間の空の旅。 日本では昼間の時間なのでなかなか寝られない。
北極圏を通ってドイツへ向かいます。 外を見ると氷の世界



到着2時間前には夕食タイム。
この時はpecoさんと同じお料理を注文しました。
フォーチーズトルテリーニパスタ、ベシャメルソース、ズッキーニとトマトコンカッセです。
クリーミーなパスタですが味付けが濃い。 おかげでワイングビグビです
ケーキはマロンケーキです。 

そして無事に空港に到着。

ここで2時間ほど時間があるので各自フリーにしてほしいのに添乗員が頑固。
空港でユーロからクロアチアの通貨・クナにチェンジをみんなでしましょう、と言うのです。
そんな時間のかかること・・・と、私達2人は別行動させてもらいました



フランクフルト空港は美味しそうなカフェがいっぱい。
そしてイケメンもいっぱい

私達はまず通貨の両替をして、ミッションをクリアしに行きます



オサレなバールに入りました



ドイツの本場ものビールが飲んでみたかった
しっかりしたコクで泡のキレもいい。 最高です



そして本場フランクフルトです 大きなプレッツェルも登場

絶対にフランクフルトでフランクフルトを食べるをやりたかったんです

もちろんドイツ語なんてわからないので「フランクフルト、フランクフルト」と連呼して
この定番2種類のフランクフルトを出してもらいました。
ジューシーで美味しい。 添えてあるマッシュポテトザワークラフトも最高。 

40分ほどしか無かったのでプレッツェルはお持ち帰り。
みなさんが待っている搭乗口に向かいました。 まだこの頃は楽しかったなぁ(苦笑) 続く・・・。
コメント (6)

壺中天地 ル・クリマ@国立

2010年06月20日 | 地元グルメ
いなかの長崎からお魚がたくさん送られてきて嬉しいですが
お料理するのも大変なので、、、電話をしてからぁ



次の日の午前中にある場所へ持って行きました



はい、国立の壺中天地 ル・クリマさんです 母写ってるし

事前にお電話で確認し、お魚をしっかり見てもらって調理してもらえる事になりました。
(もちろん調理料はしっかり取っていただきました)
母の実家・長崎のお魚がどんなお料理に変身するのかとても楽しみです
せっかくなのでお友達も誘いましたよ。



一番に来店しましたが、この後お客様でいっぱいになりましたよ。



白ワインで乾杯。 お料理に合わせてセレクトしてくれたワインはすっきりふくよかな味わい



最初の一品は長崎産・鯛のこぶじめ すだち風味です。
新鮮な鯛だったので甘みもありまったり すだちの爽やかな香りも広がり上品です。



青森のあん肝です。 旬のそら豆は甘く、ジュレソースがあん肝にピッタリ



長崎産・野母アジのタルタルです。 キレイな彩りに感激
アジも夏のお野菜とマッチしてフレンチに大変身



お料理が美味しくてワインも進んじゃいます。
珍しくアルザスの白ワインを出していただきました。 余韻がありフルーティー



長崎産・鯛のポワレです。 鯛はカリカリに焼かれて酸味のあるバターソースも美味しい
鯛は調理が大変なので、このように食べられるなんて最高です



最後にカワハギのフリッタータです。 トマトの酸味もありふんわり揚がったカワハギはすごい
こんな食べ方があるのかぁ~と嬉しさいっぱいです

お腹もいっぱい大満足 と思っていたら、
シェフが「最後にもう一品用意してありますよ。」と言われビックリ そして出てきたのがぁ



鯛茶漬け 桜海老も乗せてあり豪華なお茶漬けです

お腹いっぱいでしたが感動の味でサラサラっと食べちゃましたよ
まさかクリマさんでお茶漬けが出るとは、、、最高です



食後酒もそれぞれに合わせて出していただいて贅沢な時間

今回はワガママを言って長崎のお魚を調理していただき本当に嬉しかったです。
お忙しい中ありがとうございました

今回は特別に調理していただきましたが、お魚も吟味してもらってからお願いし、
調理代もしっかり取っていただきましたので、みなさんご注意してくださいね
コメント (4)

長崎・野母崎からの贈り物

2010年06月19日 | おうちグルメ
先日、母の実家である長崎県・野母崎からお魚が届きました



いつもと同じくカワハギ、野母アジ、そして今回は初めての食材が



大きな鯛が三匹も入ってました 鯛大好き

配達する直前まで生きていたそうで目もキラキラ、とても新鮮



届いたこの日は野母アジの刺身、そしてちょっと前に送っていただいた地魚・ひっつう。



そして鯛は捌くのが大変なので、塩焼き

身もフワフワでとっても美味しかったです

まだまだ残ってしまった新鮮なお魚達は次の日・・・ 続く。。。
コメント

イタリアンレストラン アンクル@福島・猪苗代

2010年06月18日 | 地方グルメ
2010.GW  福島旅行で五色沼へ行きました。



天気にも恵まれて毘沙門沼は綺麗なエメラルドグリーン
ワンコ友達とまるるも一緒にボートにも乗りました。

ランチの場所は少し五色沼から走って猪苗代へ



イタリアンレストラン アンクルに来ました

休日だったので少し待ってからテラス席へ。 テラス席はワンコOKです



定番のイタリアン料理がずらり。 どれも美味しそう。
前菜には本格的なエスカルゴや生ハムもあります

私達はこのお店オススメのパスタを食べてみることにしました



ワインやアルコールのラインナップも素晴らしい



こちらがこのお店イチオシのパスタ・アルフレードのスパゲッティです

ローマの老舗レストラン「アルフレード」のスペシャルメニューで
羊乳チーズのペコリーノを使用したクリームパスタ。
シンプルですが濃厚でバランスが素晴らしい 感動の味わいです。



もう一つはズワイガニのクリームスパゲッティです。
ズワイガニたっぷりで旨味たっぷり こちらも感動の美味しさでした



食後にイタリアンブレンドをいただきました。 美味



ちなみに店内はこんな感じ。 美味しい香りいっぱい

パスタは一皿1380円と少し高めに感じますが納得の美味しさでした。
このような味に猪苗代湖で出会えるとは ごちそうさまでした

アンクル (イタリアン / 猪苗代)


コメント

白孔雀食堂@福島県・会津

2010年06月16日 | 地方グルメ
かなり前のネタ続きですが・・・ 2010.5.1

喜多方ラーメンを食べた後、喜多方・蔵の街を散策してランチへ。。。
向かった先は会津。 名物料理を食べようと出発しました



来たのは白孔雀食堂さんです。
ランチタイムだったのですでに満席。 2名の人が待っていましたがすぐに入店したので
次に並んで5分ほど待って入店できました



店内は懐かしい雰囲気の食堂。
最初は満席でギューギューの状態でしたが、一気にお客さんも入れ替わります

有名店のようで店内にはあちこち有名人のサインがありました。



メニューは壁に貼ってあるもののみ。
こちらの名物料理・ソースカツ丼を食べにやってまいりましたぁ

ちなみにメニューにある『伝統会津・ソースカツ丼の歌』が店内ずーっと流れていました



だいぶ待っていただくかも・・・と言われましたが早めに登場
名物ソースカツ丼です。 カツが丼からはみ出ているのがこのお店のウリです

これにスープとお漬物が付いて1150円。



開いてみるとこんな感じです。
私はご飯を少なめにしてもらいました



先に食べていた人がフタにカツを乗せて食べていたので真似して食べました。

ご飯にはキャベツの千切り。 カツは薄めでソースがガッツリ浸っています。
このソースがかなり甘め

そこでビックリなのがスープが味わい薄く感じたのですが、このソースにピッタリでマジック。
ちょっぴり感動のスープです



お腹いっぱい大満足でお店を出たらすでにお客さんが並んでいました。

駐車場もありますが台数少なめです。 ご馳走様でした

白孔雀食堂 (かつ丼・かつ重 / 会津若松、七日町)

コメント

まこと食堂@福島県・喜多方

2010年06月15日 | 地方グルメ
かなり前のネタになりますが、2010.5月のGWWのお話。

ワンコ友達のご夫婦と福島県・喜多方にやってきました

喜多方と言えばラーメン
事前にいろいろな方に情報を聞き、何軒かピックアップをして現地入り
時間は朝の8時です



来たのは坂内食堂さん。 クチコミでも評判が良く、お友達も薦めていたので来てみました。
やはり人気のようでまだ8時なのにこの行列



なかなか進まないので2手に分かれて近くにある別のラーメン屋を偵察へ。



まこと食堂さんです。
坂内食堂さんから5分ほどの場所にあり、若干並んでいる人が少なかったのでこちらに決定



入り口にはイキなオブジェがありました



10分ほど待って入店。 思ったより待たないでラッキー 
入り口では靴を脱いで入ります。



店に入ると長い廊下。 奥のお部屋に案内されました。まるで旅館のようです



このお部屋でいただきました。 写真は食べ終わってから撮影しましたが
相席で他に2組ほどと一緒にお食事しましたよ。



懐かしい電灯に有名人のサインがずらり。



メニューはこんな感じです。 「舌代」っていいですね。



私が注文した中華そばです。



男性人は大盛りを注文。 これだけの差があります。



実はチャーシュー麺の大盛りだったはずなのに
チャーシューが少なくないですか?と店員さんに聞いたら
すぐに別のお皿に乗せて持ってきてくれました

スープはカツオ出汁でコクがあるけどサッパリ。
平たい縮れ麺でスープによく絡んで、チャーシューも味わい優しく脂っこくない。
なので朝だったけどスイスイ食べられちゃいました。 美味しかったぁ。大満足です




食べ終わってお店を出たら並んでいるお客さんはいませんでした。
ちょうどピークだったようです

駐車場はありませんが、休日は近くの喜多方市役所が無料開放しているので停められます。
他にもたくさんの喜多方ラーメン店が点在しているこの場所。
また食べ比べに来てみたいです

まこと食堂 (ラーメン / 喜多方)


コメント

ボン・マリアージュ@西国分寺

2010年06月14日 | 地元グルメ
2010.6.12 土曜日の午後

お友達のyumiちゃんと384さんの奥様を誘ってランチをしてきました。
そう、旅行の愚痴を聞いてもらうためぇ~



お店はお二人が始めてのフレンチレストラン、ボン・マリアージュに来ました。
私はオープン以来の来店。



入り口にはその日に届いた産直野菜が並べられています。
店内は黄色を基調としたカワイイ雰囲気。 yumiちゃんはかわいい、かわいいと気に入ったようです

11時半のオープンすぐに来ましたがすでにお客様もいて人気のお店。
オープンキッチンでキッチンすぐ前の席だったので店内の写真は撮れませんでした



ランチメニューです。 前菜・メインと選べるシステム。



ランチコースもあります。 私達はリーズナブルなランチコースをチョイス



この日は暑かったのでスパークリングで乾杯



お二人が選んだ前菜、メカジキのカルパッチョです。
野菜がたっぷりで脂の乗ったお魚で美味しそう



私は南仏野菜のラタトゥユ 半熟玉子と生ハム添えです。
半熟玉子を潰してラタトゥユと絡ませて食べるとまったり濃厚



そしてメインです。 お二人はお魚をチョイス。イサキのソテー 春キャベツのソースです。
カリカリにソテーされたイサキは香ばしく、ソースも優しい味わい

ここでグラスの白ワインも追加



私はブタ こだわり豚のロースト 粒マスタードと香味野菜のソースです。
旨みがしっかりの豚肉に粒マスタードの酸味がGood

何より、添えてあるお野菜がとても美味しかった。
私もyumiちゃんも人参が苦手ですが美味しくてペロリと食べられました これには感動。



食後にはデザートも登場。 アーモンドのブランマンジェです。
スイカも添えてあって夏気分 甘すぎず美味しい



この内容で1575円。 とってもお得です

何より私は旅行の話をいっぱい聞いてもらいスッキリ&大満足
以前に来店した時よりもとても美味しく感じました。 ご馳走様でした

ボン・マリアージュ (フレンチ / 西国分寺)



コメント (4)

備長炭串屋 跳兎@国分寺

2010年06月13日 | 地元グルメ
2010.6.11 金曜日



お友達&母と旅行報告会で備長炭串屋 跳兎へ行きました



「ただいまぁ~」の乾杯。 4人分のお通しキャベツは大盛りです。



まずは早く登場する大人のポテトサラダ



マスターからのサービス・豚肉と野菜の煮込み。 とろとろでGood。
そしてまぐろアボガトは欠かせません



串焼きトップバッターのささみ。 明太マヨ、ジェノバ、わさびです。 絶品



串焼きいろいろ~ 間違いありませんね



久しぶりに手羽先NY揚げです。 濃厚なソースが最高



ワインに合わせてふわふわチーズオムレス チーズたっぷり言うことなし



そして〆にはみんなが食べた事がなかったので例のおうどん。 ダブルです


混ぜ混ぜしてタマゴを和えてまったり
みんなも大満足です。



もうちょっと食べたくて〆の〆 焼きおにぎりも注文しちゃった。
うーん、この醤油の味がたまりません



お友達はスイーツ・博多の塩アイスです。 スッキリ

旅行の不満をみんなにぶちまけて私はスッキリ
そして美味しい和のお料理に大満足。 とても美味しかったです。ご馳走様でした
コメント (4)

ワンコオフ会@ABHIMANI(アビマーニ)

2010年06月11日 | 楽しかった
2010.5.29 旅行前にワンコ友達とオフ会をしました



場所は国立のABHIMANI(アビマーニ)さんです。

この日は昭和記念公園でドッグランフェスタのワンコイベントが開催され
遠くから来たワンコ仲間達とお食事会を計画したのです。
みなさん来てみたかったお店と言ってくれて、すぐにこのお店に決定。貸切でお願いしました



集まったのは8ワンコに13人。 ちょうどいい人数です。
お店には事前に予約をしておいてコースでお願いしました



まずは揚げたてえびせんです。 ちょっぴりスパイシーで美味しい



ソフトドリンクは飲み放題です
ウーロン茶、オレンジジュース、グァバジュース、ホットコーヒーにホットセイロンティー。
これだけ種類を用意してくれてみんな大満足



前菜には生春巻き海老トーストです。 私の大好きな一品
みなさんもこれには満足してくれたみたい



お肉料理は日向鶏のグリル、野菜添えです。
プリプリのお肉はジューシーでGood



麺類は海鮮あんかけ焼きそばです。 野菜もたっぷりであっさり味



コースはこれで終了のはずだったのですが、サービスでご飯物も出してくれました
牛肉タイバジル炒めご飯です。 混ぜ混ぜして肉味噌と卵の味わいが最高



これだけのコース料理で2000円。
希望した人は手作りイチゴアイスを追加で注文しました



男性人はもうちょっと食べたいよぉ~と追加でグリーンカレーを注文
7人前を一つの大きなお皿で出してくれてビックリ 美味しい、美味しいと食べてくれました
アジアン料理がちょっぴり苦手な方も居ましたが、みなさんモリモリ食べてくれて一安心



ワンコもご飯をいただいてまったり。 みんなイイコにしていました

たっぷり食べてたくさんおしゃべりして楽しい食事会が出来ました。
マスターもありがとうございました。 ご馳走様でした
コメント